剪定後に注意すべき!剪定枝の処理方法

樹木の剪定を行った後、剪定枝や刈り草の処理にお困りの方は多いのではないでしょうか。植物は燃えることから、可燃ゴミとして出してもいいのでは?と思われがちですが、環境保全やゴミの焼却量を減らしてリサイクルの促進を図るなどから、細かいルールを定めている自治体も存在します。そのため、自治体や剪定業者などが回収した剪定枝・刈り草は、焼却処分かリサイクル原料となるのかゆくえが異なることがあります。地域のルールを守り、適切な方法で剪定枝・刈り草の処理をしていただくためにも、処理方法・どのようにリサイクルして再利用されているのかなどをご紹介いたします。

剪定枝・刈り草の処理方法

剪定枝・刈り草を処分するには、自治体または剪定業者に処理してもらう方法があります。それぞれ収集方法や利便性が異なりますので、一度比較してみましょう。

自治体へゴミとして出す

可燃ゴミまたは粗大ゴミ
可燃ゴミまたは粗大ゴミのイメージ

剪定枝の太さ・長さによって可燃ゴミと粗大ゴミに分けていることがあります。可燃ゴミであれば無料で収集してもらえるので費用はかかりませんが、量に制限を設けている自治体が多いです。また、袋にいれるのか束ねて縛るのかも自治体によって異なります。剪定枝・刈り草が大量にある場合、一度では処理できないことがあるので注意しましょう。

収集方法
収集方法のイメージ

自治体が定めている収集日に、収集場所に持ち出しておけば回収してもらえます。収集希望日と定められている収集日が一致しない場合、自分でゴミ処理場・粗大ゴミ破砕処理場・環境事業センターなど剪定枝や刈り草の受け入れをしている施設に持ち込む方法もあります。また、剪定枝をリサイクル原料として活用している自治体では、予約制で収集していることもあります。
※一般家庭からの剪定枝を受け入れていない粗大ごみ破砕処理場などもあります。

収集場所
収集場所のイメージ

自治体によって定められているゴミ集積所、各戸収集であれば家の前に持ち出します。

剪定業者による引取り

剪定枝の処理も任せられる
剪定枝の処理も任せられるのイメージ

剪定作業を請負っている業者では、剪定後の掃除・片付けはもちろんですが剪定枝・刈り草の収集・処理も行っていることが多いです。樹木の手入れと同時に、大量の剪定枝・刈り草であってもすぐに処分できるので非常に便利です。

目的によって扱いが異なる

一般廃棄物・産業廃棄物という言葉を聞いたことがある方もいらっしゃると思います。剪定の目的によって剪定枝はどちらかに分別されます。製造業などで剪定枝を廃棄物として大量に排出する場合には、産業廃棄物として扱われます。例えば、木製品・加工品(家具など)を製造する際の剪定枝。また、建設事業において建築廃材など共に生じた剪定枝も産業廃棄物として扱われます。一般家庭から排出される剪定枝、庭園などの手入れでの剪定枝は、一般廃棄物になります。庭仕事に携わる業種を造園業ということから、造園業廃棄物というのではないかと思われるかもしれませんが、造園業廃棄物という種類はありません。

特性を生かした剪定枝のリサイクル

樹木の枝や葉、草は枯れた後に土に還るという特性を持っています。その特性から、剪定枝・刈り草をゴミとして処分するのではなく、貴重なリサイクル原料として活用することが注目されています。特に、製造業や建設事業などで産業廃棄物として排出された剪定枝の処理としてチップ化の割合が多くなっています。一般家庭における剪定枝に関してもチップ化してマルチング材として活用することが可能ですので、ご参考にしていただければ幸いです。

チップ化には粉砕機が必要

剪定枝をチップ化するメリット
剪定枝をチップ化するメリットのイメージ

剪定枝をチップ化することは、焼却処分するゴミを減らし資源化できるというメリットがあります。公園や遊歩道に敷き詰めて、自然のクッションとしてリサイクルしている自治体も存在します。また、業者が回収した剪定枝も、自治体と協力してチップ化し、たい肥として地域住民に配布しているところもあります。

チップ化するには
チップ化するにはのイメージ

剪定枝をチップ化するには、専用の粉砕機が必要です。粉砕機の処理能力を超えてしまうような太い枝・硬い枝は枝処理できずに機械が故障する原因になりますので注意しましょう。枝粉砕が終われば枝チップの完成です。自治体によっては粉砕機の貸し出し制度を設けています。申し込みの手続きや貸し出し期限などがありますが、利用してみるのもいいのではないでしょうか。

チップ化に適している樹木

樹種によって枝チップ化に適しているもの・適していないものがあります。観賞価値が高く、庭木として人気なスカイロケットなどは枝が細くて弱いため枝チップ化に適しています。竹やツル性の樹木は枝が丈夫なため枝チップ化には適していません。

マルチング材による効果

マルチング材による効果のイメージ

マルチングとは、土表面や株元を覆うことです。ポリフィルムやビニールフィルムの他、自然素材の藁などがマルチング材として使用されます。そして、これらマルチング材の代用として枝チップが利用されており、下記のような効果が期待できます。

・雑草の発生を抑制
・分解された栄養素により草木が健康に育つ
・土の乾燥防止
・雨天時の土の跳ね返りを抑える
・土埃の舞い上がり防止


剪定枝・刈り草の処理方法に関しては各自治体によって異なります。量が多ければ多いほど、自治体に処理してもらうのは手間がかかりますが、剪定業者に依頼すれば楽に処理できますし、正しい方法で処理してくれます。また、ツゲ・プラタナス・カシワなどの高木を剪定する際は高所での作業で危険が伴います。剪定作業から剪定枝・刈草の処理までを業者にお任せすれば、安全かつご自身の手間をかけずに樹木のお手入れができます。樹木の剪定、剪定枝・刈り草の処理でお困りの方は、業者の力を借りてみてはいかがでしょうか。

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0120-949-075

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-075

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-949-075
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼