桜の剪定と時期を解説!桜は切っちゃダメって本当?

2017.11.22

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

桜の剪定の必要性とは?剪定の手順とおさえておきたい注意点

桜の手入れは、水やりや肥料、害虫を予防するために行う冬の対策などやるべきことがたくさんあります。そのなかでも、剪定に注目します。桜の剪定を正しくおこなうために、まずは桜の特性を知り手順と注意点を頭に入れておくことが大切です。桜の特性を踏まえながら、正しいケアをしていきます。

 

ここでは、桜剪定の特徴やポイントなど基本的なことを確認していきます。難しいとされる桜の剪定をどうすすめていくか判断するための参考にしてみてください。

桜を切ってはいけないといわれていますが…

桜の剪定の必要性とは?剪定の手順とおさえておきたい注意点

「桜を切るバカ、梅を切らぬバカ」と言われていますが、大きく生長する桜の特性を踏まえて樹形を整えたり、病害虫から守るために剪定は必要です。しかし、剪定の時期や切るべき枝を守らなければ、木を枯らしたり病気になったりするなどの問題が発生することがあります。

 

桜は太い枝を切ることは厳禁です。人間にとっての腕と例えられることもある太枝を切ることで、桜の体力を奪い枯らすことがあります。切り口が病気の原因になることも多いので、消毒等のケアを行う事が大切ですが、太い枝ではいくら消毒をしても病気に敵わないこともあります。

 

太い枝が生長したあとに剪定をすることにならないよう、桜は小さな枝のうちに剪定を行うことが必要なのです。

桜を切る時期と樹齢によってかわる剪定方法

■桜剪定の時期
落葉後の11月~2月ごろに行うのが良いです。地域の気候によって適期が変わってしまうので、葉が落ちた直後と考えるとわかりやすいでしょう。間違った時期に行うと、切り口が傷んだり、菌が繁殖する、樹勢を弱めるという問題がでてくることがあります。

 

■桜剪定の手順
桜剪定で切るべき枝の判断は、桜を植え付けてから何年目かというのに注目します。

 

・2~5年目まで
ひこばえや台芽、ふところ枝、絡み枝、地面から1.5~2センチメートルの間に生えている枝は剪定します。

 

・6年目以降
上で挙げた枝に加えて、樹形を乱すおそれのある、さかさ枝も切るようにします。

 

■桜剪定が難しい理由

  • ・切り口が弱いので、適切なケアを怠らないようにしなくてはいけない
  • ・枝を途中で切るなどの間違った剪定で、木の腐朽が進む
  • ・太い枝に生長する前に剪定を行う必要がある、小さな枝のうちの対処が肝心
  • ・剪定の枝の見極めを怠ると、病害虫が発生したり枝が枯れる、不定芽によって形を乱すことがある
  • ・花芽をつきやすくするために、木が植えてある場所を考慮しつつ木全体に日が当たるように剪定する必要がある
  • ・桜の品種ごとの特性を知る必要がある

大切な桜の剪定はプロにお任せください

桜の剪定を自分でやろうと思っている方も少なくないと思いますが、切り口から病気になったり、腐ったりします。業者に剪定してもらえば、樹形もきれいに育ちながら木の健康にも気を使ってくれます。桜は繊細な木とも言えるので、剪定の業者にまかせた方が所有者や桜にとって安心です。

 

きれいな花が咲く桜の木を大切に育てていきたいと思っている方は、剪定のプロに相談してみませんか?剪定はもちろん、桜に必ず必要な切り口のケアまでおまかせ下さい。

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

桜の剪定料金の内訳

桜の剪定を業者に頼む場合は、料金の内訳はどのようにして決まるのでしょうか?桜の剪定料金は、主に作業費と切った枝の処分費などに分かれています。料金の設定方法は業者によって変わります。一律料金か日当料金かなど、自分にとって最適な料金プランを選ぶようにします。

計算方法の違いには注意が必要

桜の剪定料金の内訳

桜の剪定料金は、木1本あたりの「一律料金」と作業員の工数によってかわる「日当料金」に分かれることが多いです。

 

「一律料金」は、木1本あたりで料金が決まる仕組みです。木の高さや高さで金額が変わります。木の本数が少ない場合や、まだ木が若くて高さがない場合は、一律料金で対応してくれる業者の方が安く済むこともあります。

 

「日当料金」は、作業員の工数によって金額が変わる仕組みです。作業員の人数が増えたり、時間がかかる作業になると金額が上がることが多いです。作業する範囲が広い場合は日当料金制の方が分かりやすいかもしれません。

依頼方法を工夫すれば料金も安くなる

剪定を依頼する際には、少しでも安くしたい…と考える方が多いのではないでしょうか?
ここでは、依頼するときに少しでも安くするコツをご紹介します。「剪定の依頼ってハードルが高い」という考えが少し楽になるかもしれません。

 

【コツ1】 依頼前の見積もりは必須
剪定をする際には、予算を考えると思います。そこで役に立つのが見積もりです。いかに自分の望む予算に近いかたちで剪定ができるか、確認するのに良い判断材料になります。見積もりは金額だけでなく、作業内容やサービスについても確認しておくことも必要です。あとで後悔しないように、見積もり後に追加料金が発生しないかの確認もしておくと安心です。

 

【コツ2】 自分でもできる作業は依頼しない
剪定を依頼するときは、枝の処分や片付けなど、自分でできることは自分で行うと費用をおさえることができます。作業内容や木の大きさにもよりますが、枝の処分などができそうであれば自分でやってみるのも一つの手です。可燃ごみや粗大ゴミとして処分することになりますが、自治体のルールに基づいて処分をするようにしましょう。

 

【コツ3】 剪定を放置しない
剪定を放置してしまうと、枝が太くなってしまいます。桜の剪定で大切なことのひとつが枝が細いうちに対処することです。太い枝を切ることは桜にとって致命傷です。剪定の業者に依頼するときは、作業が困難になるほど料金があがるというケースもあります。早めに、そして定期的な剪定が、結果的に費用をおさえることに繋がります。

桜の剪定はいつでもご相談ください

桜の剪定は不要枝の排除が基本になるが、樹形を考えて切ったり、切った後のケアも考えなければいけないので、素人では失敗のリスクもあります。毎年きれいな花を咲かせたい場合は、業者の利用をおすすめします。
業者に依頼をしたいけどあまりお金を使いたくない…という方であれば、最低限の作業だけ依頼することも可能です。自分でできる作業はやってみて、あとは業者にまかせるのも良いでしょう。

剪定110番は一律料金でわかりやすく、無料見積もりの相談もできるので便利にご利用いただけます。料金を安くおさえてきれいに剪定してくれる業者さんを探しているなら、まずは見積もりだけでも取ってみませんか?

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0120-949-075

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-075

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-949-075
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
test