剪定110番 トップページ > 剪定 > 植木の剪定|基本の方法や道具を紹介&お庭にオススメ植木の種類

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

植木の剪定|基本の方法や道具を紹介&お庭にオススメ植木の種類

美しい植木を長く楽しむためには、適切な方法で剪定してやる必要があります。剪定をする目的には、もちろん見栄えを整えるためというものもありますが、それだけではありません。風通しや日当たりを改善して病害虫を予防するなど、植木が健康に成長するために欠かすことのできない作業なのです。

この記事では、自分で剪定するときのコツや、プロに依頼したときの費用について解説します。大切な植木のために、きちんと剪定してあげましょう。

植木の剪定方法

剪定は植木の見栄えと健康のために必要不可欠な作業です。しかし、適切な方法で剪定をしないと、かえって木を傷つけ成長をさまたげてしまうおそれもあります。正しい方法で剪定をおこなうため、剪定の時期や方法を確認していきましょう。

剪定する時期

剪定する時期

植木の剪定は、主に夏と冬の2回に分けておこないます。夏剪定は軽剪定や弱剪定、冬剪定は基本剪定や強剪定とも呼ばれ、それぞれ剪定の方法が異なります。

【夏剪定(軽剪定・弱剪定)】
樹形を整えつつ、風通しや日当たりを改善するために、伸びすぎた枝葉を切る軽い剪定です。

【冬剪定(基本剪定・強剪定)】
不要な枝葉を大胆に切り落として樹形の骨格を作る、大がかりな剪定です。冬は木が休眠しているため、大きな枝を切っても木に負担がかかりにくくなっています。樹形をガラリと変えるような剪定は、木がダメージを受けにくい冬におこない、夏の間は避けるようにしましょう。

剪定時期は基本的には夏と冬の2回ですが、木の種類によって適した時期は微妙に異なります。針葉樹、落葉樹、常緑樹、花木、果樹に分けて剪定時期を確認していきましょう。なお、木の品種ごとに剪定の適期はそれぞれ少しずつ異なります。詳しくは剪定のプロに相談してみましょう。

【針葉樹(松、杉、ヒノキ、ゴールドクレストなどのコニファー類など)】
夏剪定:10月~11月
冬剪定:3月~5月

【落葉樹(アオダモ、アオハダ、ハナミズキ、ヤマボウシなど)】
夏剪定:7月~8月
冬剪定:11月~2月

【常緑樹(キンモクセイ、クチナシ、ツツジ、ツバキなど)】
夏剪定:8月~10月
冬剪定:3月~6月

【花木(梅、桜、桃など)】
基本的に、花を咲かせた直後に冬剪定をおこないます。品種によって異なるので、詳しくは植木のプロに相談するとよいでしょう。

【果樹(いちじく、みかん、びわなど)
木が休眠中の12月~2月が基本的な剪定時期です。花木と同様、品種によって剪定の適期が異なるので、詳しくは植木のプロに相談するとよいでしょう。

剪定の種類

続いて、剪定の種類を簡単に確認していきましょう。枝葉の切り方によって、以下のように分類できます。

【透かし剪定】
混み合って枝同士がぶつかったり、通気が悪くなったりしている部分の枝を間引く。

【切り戻し剪定】
自然な枝ぶりのまま樹形を小さくする。

【刈り込み剪定】
丸や三角など、人工的な樹形を作る。

【枝おろし剪定】
細かい枝葉が入り乱れるときなどに、不要な大枝をつけ根から切る。

【切り詰め剪定】
育ちすぎた枝を切って樹形を小さくまとめる。

剪定後には、あわせて以下のようなお手入れをすることで木の成長を促します。反対に、これからご紹介するお手入れをおこなわないと、不要な枝や花に養分をとられるなどして木が弱ってしまうかもしれません。

【花がら摘み】
咲き終わった花を摘みとる。

【芽かき】
葉と茎のつけ根といった、不要な場所に発生した芽を摘みとる。

【摘蕾(てきらい)】
不要なつぼみを摘みとり、果実を大きくおいしく育てる。

【古葉かき】
古い葉を摘みとる。

【みどりつみ】
マツ類の新芽と若葉をつみとり、芽の大きさと数を制限する。

剪定する枝

剪定するときは、混み合って風通しや日当たりを悪くしている枝、見栄えを悪くするような枝、元気のない細い枝や枯れた枝を中心に剪定していきます。このような、剪定するべき不要な枝には以下のようにたくさんの種類があります。

  • ふところ枝:幹の近くにある枝
  • 徒長枝(とちょうし):ほかの枝と比べて勢いよく飛び出て樹形を乱す枝
  • かんぬき枝:幹の同じ高さの場所からそれぞれ伸びている枝
  • 交差枝:ほかの枝と交差している枝
  • 絡み枝:ほかの枝に絡みついている枝
  • 下り枝:地面方向に向かって伸びる枝
  • 逆さ枝:木の内側に向かって伸びる枝
  • 腹切り枝:幹と交差するように生えている太い枝
  • 平行枝:2本以上の枝が同じ方向に平行に伸びている
  • 車枝:1か所から何本も出ている枝。生えているところを中心として、枝が放射状に広がる
  • 立枝:立ち上がるように伸びている枝
  • 胴吹き枝:幹の途中から生えた細い枝
  • ひこばえ(やご):幹の根元近くに生えた枝

枝の切り方

剪定するときは、上記でご紹介した不要な枝をバランスよく切っていきます。切りすぎて木がスカスカになってしまわないよう、ときどき木から離れて全体像を確認しながら剪定していくとよいでしょう。ここからは、木にできるだけ負担をかけずきれいに切るためのコツをご紹介します。

【コツ1:外芽の少し上で切る】
外芽といって、先端が外側に向いている芽の1cm上あたりを平らに切りましょう。剪定すると、切り口に近い部分の芽が成長しやすくなります。幹のほうを向いて成長する内芽を残すと枝が密集しやすくなってしまうため、内芽は残さず、外芽を育てましょう。

また、芽のすぐ横を切ってしまうと、枯れてしまうかもしれません。そのため、切るときは外芽の1cm上を意識するのが上手に剪定するコツです。

【コツ2:つけ根ギリギリで切る】
できるだけ、枝はつけ根ギリギリで切りましょう。中途半端に枝が残っていると、枯れたりこぶになったりしてしまいます。

【コツ3:太い枝の切り方】
太い枝は3ステップに分けて切りましょう。少し手間ですが、1回で切ろうとすると途中で枝が折れて失敗してしまうおそれがあります。まずは枝の地面側から切りこみを入れます。

次に、その切りこみから少し離れた枝先部分の、上側から枝を切ります。いったん枝を切り落とした後、最後に中途半端に残った枝を切り口がきれいになるよう切り直しましょう。

剪定に必要な道具

剪定に必要な道具

ここまでの剪定方法を読んで、ご自分で剪定に挑戦したいと思われた方は、これから紹介する道具をそろえてください。枝の高さや大きさによって道具を使い分けることで剪定作業がスムーズに進むでしょう。

【植木バサミ】
小枝を切るときに使います。

【剪定バサミ】
植木バサミでは切れない大枝を切るときに使います。

【刈り込みバサミ】
木や生垣を刈り込んで形作るときに使います。

【高枝切りバサミ】
持ち手部分が長くなっており、高いところの枝を切るときに便利です。

【剪定ノコギリ】
ハサミで切れない太い枝は、剪定ノコギリを使うとよいでしょう。

【軍手】
剪定では刃物を使いますし、枝で手を切ってしまうことも考えられます。剪定中は必ず軍手などの丈夫な手袋をつけておきましょう。

【脚立】
高枝切りバサミでも届かない高所の枝を切るときや、高枝切りバサミを使用し続けると重くて疲れてしまうといったときに脚立があると便利です。

【傷口癒合剤】
剪定後、木の切り口を放置していると、水分や養分が出ていってしまったり、雨水や雑菌が侵入してしまったりします。それを防ぐため、切り口は傷口癒合剤で保護しましょう。

剪定の樹形

剪定初心者は、まずはもともとの樹形を生かした自然な雰囲気に仕上げるのがおすすめです。先ほどご紹介した不要な枝や、バランスを乱している枝を間引くように切っていくとよいでしょう。

切る枝を最低限にとどめることで失敗しにくくなります。思い切って樹形を人工的にガラリと変えて楽しみたいという方は、これからご紹介する仕立て方を参考にしてみてください。

  • 円錐形仕立て:遠くから見ると三角形に見える
  • 玉仕立て:球形
  • 円筒形仕立て:円形の筒のような形
  • 円柱形仕立て:円筒系よりも細い筒のような形
  • 生垣仕立て:四角形を基本にした仕立て方

そのほか動物などをモチーフにする方法もあります。

プロなら美しい剪定が実現します

剪定の技術をゼロから勉強するのは大変ですが、プロに依頼すればご自分でおこなうよりもスピーディーかつ美しく仕上げてもらえます。ここまでお伝えしてきたように、剪定は時期や切り方などさまざまなポイントをおさえておこなわなければいけません。木にダメージを与えず、きれいに切るためには豊富な知識と経験が必要でしょう。

「植木を剪定したいけれど自分でやるのは大変」「剪定を失敗してみすぼらしい木になってしまったらどうしよう……」そんなときは“剪定110番”にお任せください。知識と経験が豊富なプロが、大切な植木を丁寧に剪定いたします。

剪定に関する費用について

この章では、剪定をプロに依頼するときにかかる費用についてご紹介します。剪定に知識と技術が必要なことがわかっても、あまりにも高額な料金だと依頼するのをためらってしまいますよね。剪定にかかる費用相場や、安心して任せられる業者を選ぶためのポイントを確認していきましょう。

剪定にかかる費用とは

剪定にかかる費用は主に人件費、作業費、ゴミ処分費です。剪定に使用する道具代、交通費、見積り料はこの中に含まれることが多いです。ただし、危険な場所や高所での作業になると別途費用が発生することもあります。

それぞれの剪定費用の相場

・木の剪定
庭木の剪定は、剪定したい木の高さごとに料金が変わることが多いです。なお、松などの手入れが難しいものは別途見積りとなることもあります。

【庭木の剪定の料金相場】

低木(~3m) 3,000円~
中木(3m~5m) 6,000円~
高木(5m~7m) 15,000円~

※これ以上は別途見積りのところが多い

【生垣の剪定の料金相場】
高さ1mの生垣の場合、長さ1mごとに500円~

【植え込みの剪定の料金相場
高さ1mの植え込みの場合、長さ1mごとに500円~

失敗しない!優良剪定業者の特徴

失敗しない!優良剪定業者の特徴

剪定業者を選ぶときに重視したいのは費用だけではありません。数ある剪定業者の中から安心できる業者を選ぶために、以下のポイントも基準にしてみるとよいでしょう。

【見積りがわかりやすい】
どんな作業にいくらかかるのか、費用にはどんな作業が含まれていて、反対にどんな作業はおこなわないのかなど、見積りがわかりやすいかどうかチェックしましょう。「この作業が見積りに含まれていると思っていたのに、実際はやってもらえなかった」といったトラブルを防ぐことができます。

【見積り後の追加料金がない】
費用面を心配せず依頼するためには、見積り後の追加料金がないと確約してくれるかどうかも大きなポイントです。「安いからこの業者に依頼したのに、想定外の作業が発生して結局高くついてしまった……」なんてことにならないよう、費用についてはきちんと確認しておくことが重要です。

【質問に丁寧に答えてくれる】
作業についてわからないこと、植木のお手入れについてなど、気になることはどんどん質問してみましょう。わかりやすく答えてくれる業者であれば知識や経験が豊富そうですし、丁寧な対応だと気持ちよく依頼することができますね。

業者選びでお悩みの方は、お気軽に“剪定110番”の相談窓口・無料見積りをご利用ください。

植木の種類をご紹介

ここからは、比較的手入れがラクで育てやすいおすすめの植木をご紹介します。「緑のある素敵なお庭にあこがれるけれど、手入れが大変そう……」「センスがないから、木を植えてもゴチャゴチャしそう……」そんな方は必見です。植木のあるおしゃれなお庭作りにお役立てください。

植木と庭木の違い

植木と庭木はどちらも植えて育てるための木のことです。植木は場所を問わず、植えられることを目的とされた樹木全般、庭木は植木の中でもとくに庭で育てるのに向いている木を指します。

植木の選び方

木を植えて美しいお庭を作るためには、植木の選び方がポイントです。庭の雰囲気に合う植木を選ぶことで、美しく整った印象を与えることができるでしょう。ここからは、おすすめの植木の選び方をご紹介します。

【和風か洋風か】
建物や現在の庭の雰囲気にあわせて、和風にするか洋風にするか決めると自然な庭作りができるでしょう。基本的に、木は葉が厚いものが和風、薄いものが洋風の庭に合います。

【主役を決める】
お気に入りの植木があるなら、それにあわせて雰囲気の合うサブの植木を選びます。主役を決め、主役を引き立てる植木を選ぶことでまとまりのある庭になることでしょう。

【常緑樹か落葉樹か】
落葉樹は冬になると葉が落ちるので、1年中緑を楽しみたいなら常緑樹を中心に植えましょう。季節感を味わいたいなら落葉樹も積極的に取り入れつつ、冬に庭が殺風景にならないよう、常緑樹もバランスよく植えるのがおすすめです。

【大きさや手入れのしやすさ】
きれいなお庭をキープするためには、今後のお手入れを見越して植木を選ぶのも重要です。忙しくてあまり植木の世話に時間をかけられないという方は、初心者でも育てやすい植木を選ぶとよいでしょう。

お手入れがラクな植木とは

お手入れがラクな植木とは

最後に、初心者でも育てやすいといわれている植木をご紹介します。ガーデニング初心者は、まずはお手入れがラクな植木を選んでおくと安心ですね。

【ハナミズキ】
落葉性の花木です。春ごろに白、赤、ピンクの花を咲かせます。

【ウツギ】
落葉性の花木で、生垣に向いています。春ごろから初夏にかけて白やピンクの花を楽しむことができます。

【オリーブ 常緑】
洋風の庭に合う常緑性の木です。花は6月ごろで、秋ごろには実を収穫することができます。

【ローズマリー】
さわやかな香りを楽しむことができる常緑性の木で、生垣に向いています。葉はハーブティーやお菓子の香りづけに利用することもできます。ここでは比較的お手入れが簡単な植木をご紹介しましたが、それでも剪定や育て方に迷うことがあるかもしれません。

そんなときは、いつでもお気軽に“剪定110番”までご相談ください。困ったときはお庭のプロを頼って、気軽に花や緑のある暮らしを楽しみましょう。

庭木の伐採・剪定でお困りなら、植木屋のプロ剪定110番まで
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test