剪定110番 トップページ > 剪定 > 剪定時期を知ることが木を健康に育てる第一歩|種類ごとに解説!

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

剪定時期を知ることが木を健康に育てる第一歩|種類ごとに解説!

剪定時期を知ることが木を健康に育てる第一歩|種類ごとに解説!

大切な庭木を健やかに、そして美しく育てていくためには、“剪定”を定期的におこなうことが大切です。剪定には、余計な枝を間引くことによって日光を木に当てやすくしたり、樹形を美しく整えたりするなど、とても重要な役割があります。

一方で剪定には“最適な時期”というものがあり、その時期におこなわないとあまり効果が得られません。しかし実際のところ、「どの時期に剪定をおこなうのが最適なのか」ということを知っている方は少ないものです。

そこで今回は、”庭木の最適な剪定の時期”についてご紹介します。「今まで適当に植物の剪定をおこなっていた」という方は、ぜひこの記事を読んで、最適な時期に剪定をおこなってみてくださいね!

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

庭木の剪定は年2回おこなうのが理想的

庭木の剪定は年2回おこなうのが理想的

庭木の剪定は、基本的に夏と冬の年2回おこなうのが理想です。夏剪定と冬剪定は、それぞれ剪定の目的が異なります。ここからは、夏剪定と冬剪定でそれぞれどのようなことをおこなうのかについて、ご紹介しましょう。

夏剪定でおこなうこと

夏剪定の最大の目的は、枝を間引いて風通しや日当たりをよくしてあげることです。具体的には上に向かって伸びてしまっている、いわゆる“徒長枝(とちょうし)”を中心に剪定していくことになるでしょう。徒長枝は、見た目が悪いだけでなく日当たりの邪魔になることがあるため、根元1センチメートル程度を残してバッサリと切断します。

これにより、樹木はより健やかに生長していくことができるのです。なお夏剪定は、樹形を基礎から整えるというよりは、軽いメンテナンスのような作業になるため、“軽剪定”と呼ばれることもあります。

冬剪定でおこなうこと

冬剪定の主な目的は、樹形を美しくすることです。植物が眠っているこの時期にしっかりと剪定をおこなっておくと、翌春や翌夏にキレイな状態で庭木が生長してくれます。

冬は植物の休眠時期であり、枝をカットをしても木への負担が少ないことから、夏と比較して大胆に剪定できるのがメリットです。なお美しい樹形を作り上げる上で基礎となるような、しっかりとした剪定をおこなうことから、冬剪定のことを“基本剪定”と呼ぶこともあります。

真夏の剪定は気をつけよう

夏剪定は、夏であればいつおこなってもよいというわけではありません。多くの庭木は真夏に最盛期を迎えます。枝や葉がどんどん伸びる分、蓄えられていた養分をたくさん消費することになるので、庭木は栄養不足状態であると考えられるでしょう。

そんなときに剪定をおこなってしまうと、切断されたことによって負ったダメージを、養分で補うことができません。つまり、真夏の剪定は庭木が弱ってしまう原因になりえるのです。真夏の最盛期には、剪定をおこなうのは控えたほうがよいでしょう。

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

剪定時期を木の種類別にご紹介!

剪定時期を木の種類別にご紹介!

ここまで、基本的な庭木の剪定時期として、夏剪定と冬剪定をご紹介しました。しかし庭にある樹木の種類によっては、夏剪定をおこなうべきでなかったり、秋に剪定をおこなったほうがよかったりする場合もあります。そこでここからは、庭の木の種類別に、より最適な剪定時期をご紹介していきましょう。

【種類1】落葉樹

落葉樹(らくようじゅ)とは、冬の休眠期を迎える前に、葉がすべて落ちてしまう木のことをいいます。落葉樹に分類される木の種類や、落葉樹に適した剪定時期は、以下のとおりです。

・落葉樹に分類される木
イロハモミジ、アオダモ、ジューンベリー、ハナミズキ、ライラック、ハクモクレン、アジサイ、ヤマボウシ

・最適な剪定時期
落葉樹は、落葉を境に休眠時期に入ります。樹形を整えるための基本剪定は、11月~翌2月頃の休眠時期におこなうとよいでしょう。また、イロハモミジやアオダモなどの場合は、枝を間引く程度の軽剪定であれば、夏季の剪定も可能です。ただし落葉樹は、木の種類によって夏に剪定しないほうがよい場合もあるので注意してください。

【種類2】針葉樹

針葉樹(しんようじゅ)とは、まっすぐ上に伸びた幹と、先端の尖った細身の葉っぱが特徴的な種類の木のことです。以下が針葉樹に分類される木の種類や、針葉樹に適した剪定時期になります。

・針葉樹に分類される木
松、スギ、モミの木、ゴールドクレスト、カイヅカイブキ、コニファー、ヒノキ

・最適な剪定時期
針葉樹の基本剪定は、3月~5月頃にかけておこなうとよいでしょう。新芽が誕生する前に基本剪定をおこなっておくことで、よりキレイに樹形を整えることができます。また、軽剪定は最盛期が落ち着く9月~11月の秋頃におこなうのがおすすめです。そのほか、針葉樹は高い耐寒性を持つため、冬の間に剪定することもできます。

【種類3】常緑樹

常緑樹(じょうりょくじゅ)とは、その名のとおり1年を通じて常に緑を楽しむことができる木のことです。基本的に、紅葉することはありません。常緑樹に分類される木の種類や常緑樹に適した剪定時期は、以下のとおりです。

・常緑樹に分類される木
オリーブ、アオキ、ソヨゴ、シラカシ、キンモクセイ、アベリア

・最適な剪定時期
常緑樹は耐寒性が低いため、真冬に剪定をおこなうのは避けたほうがよいでしょう。基本剪定は4月~6月頃のおだやかな気候の時期におこなうのがおすすめです。軽剪定は、9月~10月頃におこなうとよいでしょう。

剪定時期が特殊な種類に要注意

同じ種類の木であっても、中には剪定時期が特殊なものもあります。そういった木は、個別に剪定時期を確認する必要があるので注意しましょう。剪定時期が特殊な木には、たとえば以下のようなものがあります。

・アジサイ
落葉樹に分類されるものの、アジサイはしっかりした剪定をおこなうと翌年に花が咲かなくなることがあるので、基本剪定にあたる冬剪定は避けたほうがよいとされています。どうしても樹形を整えたい場合は冬剪定をおこなうこともできますが、数年に1度のペースにとどめておきましょう。

・サクラ
サクラは落葉樹に分類されますが、繊細な樹木であるため、時期を問わずしっかりとした基本剪定は避けるべきです。もし剪定をするのであれば、サクラが活動を休止している秋頃を狙っておこなうとよいでしょう。

「うちの庭木の剪定時期はいつが適切なのだろう?」と悩んでしまった場合は、自分で剪定をおこなうよりも、剪定のプロである業者にお願いしてしまったほうが早いかもしれません。剪定業者なら、剪定時期をしっかりと見極めてくれるほか、作業も的確スピーディです。大切な庭木のメンテナンスを、安心してお任せすることができます。

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

花木・果樹はいつ剪定する?

花木・果樹はいつ剪定する?

花を咲かせる花木(かぼく)や、果実を実らせる木(果樹)にも、それぞれ最適な剪定時期があります。ここからは、花木や果樹の剪定についてご紹介していきましょう。

花木の剪定で気をつけること

花木の剪定は、以下の点に注意しておこなうことが大切です。

・花の芽ができる時期を知っておくこと
花木の剪定は、花をキレイに咲かせるためにおこなうものです。開花する前に花芽(はなめ)を切り落としてしまうことがないように、花芽ができる時期を把握しておくようにしましょう。なお花芽が誕生する時期は、木の種類によって異なるので注意してください。

・花芽がつく場所、花のつき方を知っておくこと
木の種類によって、花芽がつく場所や、花芽のつき方には違いがあります。誤って花芽を剪定してしまうことがないように、花木の剪定をおこなう際は木の種類に応じて花芽がつく場所、花のつき方を把握しておくことが大切です。これによって、花芽を切り落としてしまうリスクを減らすことができるでしょう。

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

花木の剪定時期は「花が咲き終わった」後

花木の剪定に適切なのは、“花が咲き終わったすぐ後”の時期です。もし花が咲き終わる前に剪定をおこなってしまうと、花芽を誤って切り落としてしまう可能性があるからです。

花芽を切り落としてしまうと、次回の開花を楽しむことができません。その点、花が咲き終わった直後に剪定をおこなえば、花芽はほとんどないため、失敗しにくいのです。

果樹の剪定は冬がおすすめ

果樹の剪定における最大の目的は、“実のつき方をよくすること”です。養分を吸い取っている余計な枝や芽を切り取り、ひとつひとつの実に十分な栄養が行き届くようにしましょう。なお庭木にある果樹の“おすすめ剪定時期”は、一般的な剪定と同様に“”です。

果樹は枝を切ると切り口から栄養分が漏れ出してしまうことがあるので、休眠時期である冬に剪定したほうがダメージが少なくて済みます。冬に本格的な剪定をおこなえば、春~夏にかけては軽いメンテナンスをする程度でよいでしょう。

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

プロに依頼して剪定時期の間違いを予防しよう!

プロに依頼して剪定時期の間違いを予防しよう!

さてここまでご紹介してきたとおり、剪定時期というのは木の種類によってさまざまです。大まかな知識だけで庭木の剪定時期を決めてしまうと、失敗してしまうこともあります。

剪定時期の間違いを予防したいのであれば、プロに剪定をお願いしたほうがよいかもしれません。プロの業者に剪定を依頼した場合、気になるのがその費用です。以下が業者に剪定を依頼した場合の費用相場となります。

【剪定費用相場】(庭木1本あたり)

高さ3メートル未満 ~6,800円程度
高さ4メートル未満 ~9,400円程度
高さ5メートル未満 ~12,200円程度
高さ6メートル未満 ~17,400円程度
高さ7メートル未満 ~23,800円程度

なお上記の価格には、作業費用のほか、ゴミ処分代も含まれます。ゴミ処分代はゴミの量によって変動することが多いため、剪定する枝の数が少なくゴミがあまり出なかった場合はもう少し安くなると考えてよいでしょう。

自力で剪定をおこなうよりは費用がかかってしまいますが、失敗するリスクや費やす時間労力を考えれば、業者に依頼したほうがコスパがよいかもしれません。もし剪定業者を探す場合は、ぜひ弊社までご相談ください。

弊社では、加盟店として登録されている多数の剪定業者の中から、お客様にぴったりの業者をご紹介することができます。事前の現地調査や見積りは原則として無料でご提供しておりますので、「まずは値段だけ知りたい」といったお客様もぜひお気軽にご連絡ください。

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

まとめ

今回は、”庭木の最適な剪定時期”についてご紹介しました。剪定は、植物が健康かつ美しく育っていくためにとても重要な作業です。時期を間違えると、庭木を枯らしてしまうことにもつながるので注意してください。

もし庭木の剪定時期に悩んでしまった場合は、迷わず業者に頼りましょう。剪定業者の技を目の前で見てみることは、今後自分で剪定をおこなう際の参考にもなります。ぜひ一度、プロへの依頼を検討してみてくださいね。

庭木の伐採・剪定でお困りなら、植木屋のプロ剪定110番まで
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test