剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > コウヤマキを剪定して美しい庭木に!剪定方法や時期などについて解説

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

コウヤマキを剪定して美しい庭木に!剪定方法や時期などについて解説

コウヤマキを剪定して美しい庭木に!剪定方法や時期などについて解説

コウヤマキの剪定時期は、剪定の強度によって異なります。基本的に軽く樹形を整える程度の剪定であれば、10月ごろにできます。強い剪定の場合、寒さに耐えられず枯れてしまうおそれがあるため、比較的暖かい3月~4月が剪定に適した時期となるのです。

そのため、コウヤマキを剪定するときは、剪定の強度に合わせた時期におこなうようにしましょう。この記事では、コウヤマキの剪定方法や手入れ方法などについてご紹介しています。また、弊社にご連絡いただければ、コウヤマキの剪定が可能な業者をご紹介いたしますので、ぜひお気軽にご連絡ください。

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

コウヤマキの剪定方法

コウヤマキを美しく保つためには、定期的に剪定で整えてあげることが大切です。しかし、間違った方法で剪定すると、枯れてしまうおそれがあります。そのため、正しい剪定方法を理解しておきましょう。この項目では、コウヤマキの剪定方法についてご紹介します。

剪定に必要な道具

剪定に必要な道具

まずは、コウヤマキの剪定に必要な道具を確認しておきましょう。コウヤマキの剪定に必要な道具は、以下のとおりです。

  • 軍手
  • 剪定ばさみ
  • 刈り込みばさみ

剪定では植物の枝葉や刃物で手をケガするおそれがあるため、軍手を装着して作業をおこないます。剪定ばさみは、植物の枝葉を切るのに適しています。刈り込みばさみは、強い剪定で全体を刈り込む際に使用してください。これらの道具は、通販やホームセンターなどで購入することができるので、事前に購入しておきましょう。

剪定時期

常緑針葉樹であるコウヤマキは、寒さに比較的弱い性質をもっています。寒い時期に枝を切ると弱って枯れてしまうおそれがありますので、冬場は剪定をしてはいけません。

剪定に最適な時期は、暖かくなり始めてから新芽が出る前の3月~4月ごろです。夏になると成長期になって枝が伸びていく時期ですので、樹形を大きく変えるように太い枝を切っても耐えられます。

夏に枝が伸びすぎてしまったといった場合、10月ごろにも剪定をすることが可能です。この時期に軽く樹形を整えておくことで、春ごろまで整えた樹形を保つことができます。ただし、これから寒くなっていく時期ですので、強い剪定は避けます。形は大きく変えず、不要な枝を取り除く程度に留めましょう。

刈り込み剪定と間引き剪定

3月~4月におこなう強い剪定の場合は、「刈り込み剪定」という方法で整えていきます。刈り込み剪定とは、全体の高さや幅といった外形部分を大きく整えていく剪定方法です。コウヤマキの場合、必要以上に伸びている枝葉を理想の樹形になるように、刈り込みばさみで整えてください。

10月におこなう軽い剪定の場合、「間引き剪定」という方法で整えていきます。間引き剪定とは、不要な枝を切り落として枝の数を減らし、全体の風とおしをよくする剪定方法です。コウヤマキの場合、全体の樹形を確認しつつ、飛び出している枝や込み合っている枝などを切り落としてください。

難しいと感じたら業者に依頼!

コウヤマキの剪定は、時期に合わせて強度を変えたり、全体の樹形を確認しながら整えたりする必要があります。そのため、コウヤマキの剪定が難しいと感じる方は、業者に依頼するのがおすすめです。

業者であれば、希望に合わせて最適な方法で剪定をおこなってもらうことができます。弊社にご連絡いただければ、コウヤマキの剪定が可能な業者をご紹介いたします。

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

コウヤマキの手入れ方法

庭木としてコウヤマキを育てていくためには、正しい手入れ方法を理解しておくことが大切です。間違った育て方をすると、うまく生長しなかったり枯れたりしてしまうおそれがあります。この項目では、コウヤマキの手入れ方法についてご紹介します。

栽培環境

栽培環境

コウヤマキは、日当たりのよい場所を好む植物です。しかし、真夏の西日や直射日光が当たる場所の場合、極端に乾燥してしまうおそれがあります。そのため、半日陰など適度に日当たりのよい場所で育ててあげるようにしましょう。

肥料の与え方

2月ごろに化成肥料か堆肥を与えることで、生長を促進させることができます。肥料を与えるタイミングは、剪定後や芽吹いた後がおすすめです。しかし、必要以上に肥料を与えると根が傷んでしまうおそれがあるため、必ず適量のみ与えるようにしてください。

水やりの方法

コウヤマキは乾燥に強いので、地植えなら自然の雨だけで十分です。夏場などに強い日差しが続き、極端に乾燥している場合のみ水やりをします。鉢植えの場合、土が完全に乾燥してから鉢底からこぼれるくらいの水を与えましょう。

コウヤマキで注意すべき病害虫

コウヤマキの調子が急に悪くなった場合、病害虫の被害を受けているおそれがあります。病害虫の被害は、生長を阻害させるだけではなく、最悪の場合枯れてしまうこともあるほどです。そのため、病害虫について理解しておき、できるだけ早く対処できるようにしておきましょう。この項目では、コウヤマキで注意すべき病害虫についてご紹介します。

すす病

すす病

すす病とは、葉の表面が黒いすすのようなカビに覆われる病気です。すす病に感染した植物は、葉がカビに覆われることで見た目の景観を落とすだけでなく、光合成ができなくなって枯れてしまうこともあります。すす病を見つけたら感染した箇所を切り取ったうえで、専用の薬剤を使って対処するようにしましょう。

黄葉病

黄葉病とは、葉が黄色や橙黄色に変色する病気です。黄葉病に感染した植物は葉の中位から変色が上部以外に広がっていき、生育初期の株は枯れてしまいます。生育後期の株の場合、葉が激しく枯れてしまいます。黄葉病を見つけたら感染した箇所を切り取ったうえで、専用の薬剤で対処しましょう。

業者に相談してみよう!

コウヤマキは病害虫に強く、とくに害虫の被害を受けることはほとんどありません。しかし、病気にかかる危険性は充分に考えられるため、少しでも調子が悪いと思ったら業者に相談してみましょう。

気づかないうちに病気にかかっていることもあります。業者に対処してもらうことで、コウヤマキが受ける被害を抑えることが可能です。弊社にご連絡いただければ、コウヤマキで注意すべき病害虫に対処可能な業者をご紹介いたしますので、ぜひお気軽にご連絡ください。

【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

庭木の伐採・剪定でお困りなら、植木屋のプロ剪定110番まで
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問