剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > ギョリュウバイを剪定して美しい花を咲かせよう!剪定方法などを解説

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

ギョリュウバイを剪定して美しい花を咲かせよう!剪定方法などを解説

ギョリュウバイを剪定して美しい花を咲かせよう!剪定方法などを解説

ギョリュウバイの剪定は、5月ごろにおこないます。ギョリュウバイは、夏になると翌年開花する花芽を付け始めるため、夏が来る前に剪定を終わらせておく必要があるのです。そのため、ギョリュウバイを剪定するときは、しっかりと時期を確認してからおこなうようにしましょう。

この記事では、ギョリュウバイの剪定方法や栽培方法などについてご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。また、弊社にご連絡いただければ、ギョリュウバイの剪定が可能な業者をご紹介いたします。

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

ギョリュウバイの剪定方法

ギョリュウバイは細かい枝が密集しやすく、樹形が乱れやすい植物です。樹形が悪くなると、全体の日当たりや風とおしが悪くなって、生長を阻害してしまうおそれがあります。そのため、正しいギョリュウバイの剪定方法を理解して、樹形を整えてあげましょう。この項目では、ギョリュウバイの剪定方法についてご紹介します。

剪定に必要な道具

剪定に必要な道具

まずは、ギョリュウバイの剪定に必要な道具を確認していきましょう。ギョリュウバイの剪定に必要な道具は、基本的に「軍手」と「剪定ばさみ」です。軍手は、ギョリュウバイの枝葉や剪定ばさみなどで、手をケガしないようにする目的があります。

剪定ばさみは、曲線状の刃とバネの力で植物を切るのに特化しており、普通のはさみよりも効率的に作業を進めることができます。これらの道具は、通販やホームセンターなどで購入することができるので、事前に揃えておくようにしましょう。

ギョリュウバイの剪定時期

ギョリュウバイの剪定時期は、基本的に5月ごろとなっています。ギョリョウバイは夏になると、翌年の花芽を付け始めるため、夏が来るまでに剪定を終わらせておく必要があるのです。そのため、ギョリュウバイを剪定するときは、夏が来る少し前の時期に終わらせておくようにしましょう。

基本は透かし剪定

ギョリュウバイの剪定は、おもに「透かし剪定」と呼ばれる方法でおこないます。透かし剪定とは、不要な枝を切り落して全体のボリューム感を均一にする剪定方法です。ギョリュウバイの場合、混みあっている枝や長すぎる枝などの不要な枝を全体的に切り落していきます。

また、ギョリュウバイを小さく保っていきたい場合は、全体の枝が2/3程度になるように剪定してください。こうすることで、全体の樹形を整えつつ、コンパクトに仕上げることができます。

業者に剪定を依頼するという手も!

初めてギョリュウバイの剪定をおこなうという場合、思ったとおりに樹形を整えられないことが考えられます。そのまま無理に剪定を進めると、樹形が悪化したり生長を阻害する原因を作ったりしてしまうおそれもあるでしょう。

そのため、キレイに仕上げたいのであれば、業者に剪定を依頼するのがおすすめです。業者であれば、依頼者の希望に合わせてギョリュウバイをキレイに剪定してもらうことができます。弊社にご連絡いただければ、ギョリュウバイの剪定が可能な業者をご紹介いたします。

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

ギョリュウバイの栽培方法

ギョリュウバイは正しく栽培することで、美しい花を咲かせることができます。しかし、間違った育て方をすると、うまく生長しなかったり開花しなかったりすることも考えられるでしょう。そのため、正しいギョリュウバイの栽培方法を理解しておくことが大切です。この項目では、ギョリュウバイの剪定方法についてご紹介します。

栽培に適した場所

栽培に適した場所

ギョリュウバイは、日当たりがよく風とおしのよい場所を好む植物です。しかし、真夏の強すぎる日差しを受けると、弱ってしまうおそれがあります。また、真冬に強く冷え込む地域などでは越冬できないこともあります。

そのため、ギョリュウバイは極端な日差しや冷え込みがないという条件を満たしたうえで、日当たりがよく風とおしのよい場所で栽培してあげるようにしましょう。

肥料の与え方

ギョリュウバイは、基本的に肥料を必要としない植物です。しかし、肥料を与えることで成長を促進させることができます。ギョリュウバイに肥料を与える場合、春と秋の2回にわけて、根元に緩効性肥料を施してあげるようにしましょう。

水やりの方法

ギョリュウバイの水やりは、植え方によって方法が異なります。鉢植えの場合、土の表面が乾いたタイミングで、鉢いっぱいに水を与えるようにしてください。地植えの場合は、基本的に水やりをおこなう必要はありませんが、真夏日などで極端に乾燥しているのであれば、水やりをおこなうようにしましょう。

ギョリュウバイで注意すべき病害虫

ギョリュウバイを健康的で美しく育てるためには、病害虫について理解しておくことが大切です。ギョリュウバイに限らず、植物は病害虫の被害に遭うことがあります。ギョリュウバイは、非常に病害虫の被害に遭いづらい植物ですが、一部注意しておく必要があります。ここからは、ギョリュウバイで注意すべき病害虫について見ていきましょう。

ミノムシ

ミノムシ

ギョリュウバイは、基本的に病害虫の被害に遭うことはありませんが、ミノムシには注意が必要です。ミノムシとは、みの状の巣の中に生息しており、体長1cm~2cm前後で黒茶っぽい色をした害虫の一種です。

ミノムシに寄生された植物は、全体を食い荒らされてしまいます。これによって、植物の生長が阻害されたり、枯れたりするおそれがあります。そのため、ミノムシを見つけたら手で捕まえて駆除するようにしましょう。

病害虫の対処は業者に依頼!

自分ひとりでうまく病害虫の対処ができるか不安だという方は、業者に対処を依頼するのがおすすめです。業者であれば、病害虫の種類に関わらず、最適な方法で対処してもらうことができます。

弊社にご連絡いただければ、ギョリュウバイに発生した病害虫に対処可能な業者をご紹介いたします。また、「剪定もお願いしたい」「栽培方法で相談したいことがある」などのご要望にもお応えいたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

庭木の伐採・剪定でお困りなら、植木屋のプロ剪定110番まで
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問