剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > グミの木の剪定時期と方法|収穫した実の食べ方もご紹介します!

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

グミの木の剪定時期と方法|収穫した実の食べ方もご紹介します!

グミの木の剪定時期と方法|収穫した実の食べ方もご紹介します!

グミの木には「常緑種」と「落葉種」があり、それぞれ剪定の適期が異なります。そのため、剪定前に自身が育てているグミの木の種類を確認しておくようにしましょう。もし剪定期を間違えてしまうと、グミの木を枯らす原因になってしまうからです。

この記事では、グミの木の剪定方法について解説していきます。そのほかに、栽培方法や収穫した実の食べ方などについてもご紹介していますので、ぜひ参考にしていただきグミの木の栽培を楽しんでください。

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

【グミの木】種類ごとの剪定時期と方法を把握しよう

この章では、種類によって異なるグミの木の剪定時期と方法を解説します。参考にしていただき、正しくおこなうようにしましょう。

グミの木の種類と剪定時期

グミの木の種類と剪定時期

グミの木には大きく分けて「常緑種」と「落葉種」があります。それぞれ剪定に適した時期を確認してください。

〇常緑種

常緑種にはナワシログミやツルグミなどあり、生垣に使用されることが多い種類です。剪定に適している時期は、実を収穫したあとの6月~7月になります。

〇落葉種

落葉種にはビックリグミ(ダイオウグミ)やナツグミなどの種類があります。剪定に適している時期は、落葉し休眠期に入る12月~2月です。

剪定方法

剪定方法も種類ごとに異なるので注意しましょう。またグミの木にはトゲがあるため、刺さらないように厚めの手袋を装着して剪定します。

剪定で使う道具は、おもに剪定バサミと剪定のこぎりになります。そのほか手が届かない高い枝がある場合、脚立があると便利です。

〇常緑種の剪定方法

生垣として利用される常緑種のグミの木は、樹形を整える「刈り込み」で剪定します。まずは、刈り込むグミの木が完成したあとの樹形をイメージしておきましょう。イメージしたら、樹形を整えるために少しずつ剪定バサミで切っていきます。

最初にイメージした樹形になったら完成です。剪定後は、切った枝葉をほうきで集めゴミ袋に入れて処分するようにしてください。

〇落葉種の剪定方法

落葉種のグミの木は、混み合って日当たりや風通しを悪くしている枝葉を剪定バサミや剪定のこぎりで切っていきます。切り取る枝は、幹に向かって生えている枝や枯れて弱っている枝などです。

それらの枝を根元から切り取っていきます。ある程度切り終えたら、グミの木全体の樹形を確認し、はみ出している部分がある場合は表面に沿って、切りそろえていきましょう。枝を切ったあとは、枝葉をゴミ袋に入れて処理します。

業者に剪定を依頼するのもひとつの手段

グミの木の剪定は、自分でおこなうことができますが、正しい時期と方法でおこなわなければ枯れてしまうおそれがあります。少しでも、剪定時期や方法に不安がある場合は無理におこなわず業者に依頼しましょう。業者はさまざまな植物の剪定をおこなっており、植物に関する知識も豊富なためグミの木を枯らしてしまう心配が少なくなります。

しかし、業者をどうやって探せばいいか悩んでしまう方もいらっしゃることでしょう。そのようなときは、一度弊社までお問い合わせください。弊社では、全国にある加盟店の中から、お客様にあった業者をご紹介するサービスをおこなっております。ご相談だけの利用でも構いません。お気軽にご連絡ください。

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

グミの木の栽培方法

グミの木に実をつけるためには、育て方にも気を付けなければいけません。収穫時期に実を収穫できるように、これからご紹介する栽培方法を参考に育ててみましょう。

栽培環境

栽培環境

グミの木は常緑種・落葉種ともに水はけがよく、日の当たる場所で育てましょう。また、グミの木はどの品種も暑さや寒さに耐えることができるので、日差しや防寒などの対策をする必要はありません。

水やり

グミの木を鉢植えで育てている場合は、基本的に土が乾いたら水をたっぷり与えます。夏場は1日2回(朝夕)水やりをおこない、水が切れないようにしましょう。

地植えの場合は、植え付けのときに水をたっぷり与えます。そのあとは降雨で十分成長するので水やりは必要ありません。ただし、日照りが長期間続く場合は土の乾き具合を確認し、乾燥していれば水を与えるようにしましょう。

肥料

肥料の与え方は、常緑種と落葉種で異なります。与え方を間違えてしまうと、グミの木を枯らしてしまうなどの原因になってしまうため、肥料の与え方には注意しましょう。

〇常緑種

2月~3月に緩効性肥料などを寒肥として与えます。また、花後(10月~11月)に花をつけるのに消耗した体力を回復させるために、緩効性肥料などを与える(お礼肥)のもよいでしょう。

〇落葉種

常緑種と同じように2月~3月に緩効性肥料などを寒肥として与えます。落葉種も、花をつけるのに消耗した体力をを回復させるために花が咲き終わったころの9月~10月に緩効性肥料を与える(お礼肥)のもよいでしょう。

鉢植えは植え替えが必要

鉢でグミの木を育てている場合は、根詰まりを起こさないために植え替える必要があります。植え替える時期も、常緑種と落葉種で異なるため注意しましょう。

〇植え替え時期

《常緑種》
植え替え時期は、新芽が生育を始める3月ごろがおすすめです。この時期であれば、少し根が傷ついても回復してくれます。

《落葉種》
植え替え時期は、休眠期に入った12月~2月になります。この時期は、春に新芽や花芽を出すために力を蓄えているため、グミの木が弱りにくいです。ただし、寒さが厳しい場合は弱ってしまうおそれがあるため避けるようにしましょう。

〇植え替え方法

植え替え方法は常緑種と落葉種は同じですので、以下の手順を参考におこなってみましょう。植え替えを始める前に必要なものを準備します。

《準備するもの》

  • 今の鉢よりひと回り大きめの新しい鉢
  • 鉢底ネットと鉢底石
  • 土(市販の培養土でOK)
  • はさみ

《手順》

  1. 新しい鉢の底に鉢底ネットと鉢底石を敷き、土を入れる
  2. 古い鉢からグミの木を取り出し、腐っている根などをはさみで切り取る
  3. 新しい鉢にグミの木を植えて、まわりに土を入れていく
  4. 鉢の底から水が出るくらい水を与えて植え替え完了

注意すべき害虫

グミの木は基本的に病気や害虫は発生しない植物です。しかし、お庭で育てる場合、アブラムシが発生することがあるので注意しましょう。アブラムシは1ミリメートル~4ミリメートルほどの大きさで、植物の養分を吸う害虫です。

繁殖力が強く1匹だからといって油断していると、あっという間に増えてしまい、植物を枯らしてしまうおそれがあります。そのため、1匹でも発見した際は早めに駆除しましょう。アブラムシの駆除方法は以下にまとめましたので、参考にしてみてください。

〇駆除方法

・歯ブラシでアブラムシを落とす
使わなくなった歯ブラシで、アブラムシをこすり落とす方法です。この方法をおこなうときは、こすり落としたアブラムシを入れる容器を準備しましょう。アブラムシが地面に落ちると、再度植物に上ってくるおそれがあるからです。また新芽など柔らかい部分は、歯ブラシだと植物を傷つけるおそれがあるため避けるようにしましょう。

・石鹸水を散布する
石鹸を水に溶かし、アブラムシが発生しているところに散布します。散布後10分ほど待ち、葉から落ちていたり、動かなくなっていたりしたら駆除成功です。その後、雑菌が繁殖してしまわないように、水で洗い流すことを忘れないようにしましょう。

・殺虫剤を散布する
アブラムシが大量発生している場合は、殺虫剤を散布して駆除しましょう。ただし、植物の種類などによって使用する殺虫剤が異なります。そのため、使用する前に必ず容器に記載されている使用方法などを確認するようにしましょう。

収穫した実を食べてみよう

グミの実をうまく育てると、花が咲き終わったあとに赤い実をつけます。収穫する時期としては、5月~7月ごろです。赤く熟したものを順々に収穫し、袋に入れて冷蔵庫で保存しましょう。生でグミの実を食べる場合は、1週間ほどを目安にして食べるようにしてください。

グミの実は日持ちしないため、1週間ほどで食べきれない場合はジャムや果実酒にすることをおすすめします。そのほかにも、お菓子に入れてみたり、裏ごししたグミの実に塩とレモン汁を混ぜてドレッシングにしたりするのもよいでしょう。

グミの実を楽しむためにも、お手入れを忘れずにおこなうことが大切です。もし、剪定するのに自信がないときは、業者に任せましょう。弊社にご連絡をいただければ、お客様のご希望・ご要望にあった業者を弊社加盟店からご紹介することが可能です。

お電話受け付けは24時間年中無休ですので、いつでもお問い合わせくださいませ。

【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

庭木の伐採・剪定でお困りなら、植木屋のプロ剪定110番まで
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問