剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > 夏椿の剪定は時期が大切!剪定方法や時期・育て方などについてご紹介

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

夏椿の剪定は時期が大切!剪定方法や時期・育て方などについてご紹介

夏椿の剪定は時期が大切!剪定方法や時期・育て方などについてご紹介

夏椿の剪定は、休眠期(落葉期)である11月~2月の間におこないます。夏椿は、基本的に剪定を苦手としており、間違った時期に剪定すると枯れてしまうおそれがあります。しかし、休眠期であれば、剪定のダメージを抑えて枯れる危険性を低くすることができるためです。

そのため、夏椿を剪定するときは、正しい剪定方法と時期について理解しておくようにしましょう。この記事では、夏椿の剪定方法や時期などについてご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

夏椿の剪定方法

夏椿は、基本的に自然樹形でも楽しむことができる植物です。しかし、放置し続けていると、樹形を乱す枝などが出てくることもあります。そのため、夏椿を剪定して整えてあげることが大切です。この項目では、夏椿の剪定方法についてご紹介します。

剪定に必要な道具

剪定に必要な道具

夏椿の剪定をおこなう前に、剪定に必要な道具が揃っているか確認しておきましょう。夏椿の剪定に必要な道具は、以下のとおりです。

  • 軍手
  • 剪定ばさみ
  • 癒合剤

軍手は、剪定中に枝葉や剪定ばさみで手をケガしないために装着してください。剪定ばさみは、グリップとバネの力で曲線状の刃を動かすことで、普通のはさみよりも枝葉を切るのに特化した剪定道具となっています。

癒合剤は、枝を剪定した際にできる切り口に塗っておくことで、夏椿のダメージを抑えることができます。これらの道具は、通販やホームセンターなどで購入できるので、事前に用意しておきましょう。

夏椿の剪定時期

夏椿の剪定に適した時期は、11月~2月です。11月~2月は、夏椿の休眠期(落葉期)となっており、剪定で受けるダメージを抑えることができます。休眠期以外の時期に夏椿を剪定すると、弱って枯れてしまうおそれがあるため、必ず剪定時期を守るようにしましょう。

全体を間引いていく

夏椿は、剪定を苦手としている植物であるため、基本的に軽く間引く程度で問題ありません。夏椿の場合、混み合った枝や枯れている枝などの不要な枝を切り落していきます。また、全体を間引いて樹形が整ったら、剪定の際にできた切り口に癒合剤を塗って保護しておきましょう。

業者に依頼するという手もある!

夏椿は、剪定方法を間違えると、弱って枯れてしまうおそれがあります。そのため、自分で夏椿を剪定できるか不安だという方は、業者に剪定を依頼するのがおすすめです。業者であれば、熟練した技術で夏椿をキレイに仕上げてもらうことができます。弊社にご連絡いただければ、夏椿の剪定が可能な業者をご紹介いたします。

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

夏椿の育て方

夏椿を健康的でキレイに育てていくためには、正しい育て方を理解しておくことが大切です。もし、間違った方法のまま夏椿を育てると、生長が阻害されたり枯れたりしてしまうおそれがあるためです。この項目では、夏椿の育て方をご紹介します。

栽培環境

栽培環境

夏椿は、日当たりと水はけのよい場所を好む植物です。日陰でも育てることは可能ですが、花付きが悪くなってしまうため、おすすめはできません。そのため、最低でも半日は日が当たる、半日陰などで育ててあげるようにしましょう。

しかし、真夏の時期に直射日光が当たるような場所で育てると、夏椿が乾燥して枯れてしまうおそれがあるため、注意してください。

肥料の与え方

夏椿は、基本的に多くの肥料を必要としません。そのため、寒肥として冬場に有機肥料を与える程度で問題ありません。また、肥料を与えるときは、株元の周辺に埋めて与えるようにしましょう。

水やりの方法

夏椿の水やりは、基本的に乾燥しやすい夏場のみおこないます。土が乾燥したタイミングで、朝か夕方ごろにたっぷりと水やりをおこなってください。しかし、夏場以外の時期に乾燥した日が続くようであれば、夏椿の様子を見ながら適時水やりをおこなうようにしましょう。

疑問は業者に相談しよう!

「どうしても夏椿をうまく育てられない」「具体的にどう育てればよいのかわからない」などの疑問がある場合、業者に相談するのがおすすめです。業者であれば、豊富な知識と経験を活かして、夏椿が健康的でキレイに育つようにアドバイスをもらうことができます。

弊社にご連絡いただければ、夏椿の育て方を熟知している業者をご紹介いたしますので、ぜひお気軽にご連絡ください。

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

夏椿で注意すべき病気・害虫

正しく剪定をして育てているのにも関わらず、夏椿の調子が悪くなっている場合、病害虫の被害を受けているおそれがあります。そのため、夏椿で注意すべき病害虫について理解しておき、素早く対処することが大切です。ここからは、夏椿で注意すべき病害虫について見ていきましょう。

うどんこ病

栽培環境

うどんこ病とは、植物に白いカビが生える病気のことです。うどんこ病を発症した植物は、葉や茎が白いカビに覆われりことで光合成が阻害され、枯れてしまうおそれがあります。そのため、うどんこ病を見つけたときは、感染箇所を除去して専用の薬品で対処するようにしましょう。

アブラムシ

アブラムシとは、体長3mm前後でさまざまな種類が存在している害虫です。アブラムシに寄生された植物は、葉や新芽から栄養を吸い取られたり、排泄物から「すす病」を発症させられたりしてしまうおそれがあります。そのため、アブラムシを見つけたときは、専用の殺虫剤で駆除するようにしましょう。

カイガラムシ

カイガラムシとは、体長1mm~3mm程度で白色や茶色の見た目をしている害虫です。カイガラムシに寄生された植物は、葉や茎などの場所から栄養を吸収されて生長を阻害されてしまいます。そのため、カイガラムシを見つけたときは、つまようじや歯ブラシなどで剥がすようにして駆除するようにしましょう。

病害虫の対処は業者に依頼!

病害虫の対処は、自分でもある程度おこなうことができますが、素人による作業のため見落としが出てしまうことが考えられます。そのため、効率的に対処するのであれば、業者に依頼するのが一番です。業者であれば、病害虫の種類に関わらず、効率的に対処してもらうことができます。

弊社にご連絡いただければ、夏椿で注意すべき病害虫に対処可能な業者をご紹介いたします。また、「アフターフォローがあるところがいい」「休日に対応しているところがいい」などのご要望にもお応えいたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

庭木の伐採・剪定でお困りなら、植木屋のプロ剪定110番まで
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問