剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > 銀杏の剪定で高さを調節しよう!時期や方法などの手入れについて解説

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

銀杏の剪定で高さを調節しよう!時期や方法などの手入れについて解説

銀杏の剪定で高さを調節しよう!時期や方法などの手入れについて解説

銀杏(イチョウ)の木は、街路樹に植えられていることも多い身近な樹木です。そんな銀杏ですが、育てるためには適切な管理が必要な手間のかかる木でもあります。

なぜなら、銀杏の木は生育旺盛で樹高がよく伸びるためです。剪定をせず放置してしまうと、自力では手に負えなくなるほど高くなってしまうでしょう。

そこで、今回は銀杏の木を剪定して整える方法を解説。もし樹木の手入れが大変だと感じたら、無理をせず業者に依頼するのがよいでしょう。

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

正しく銀杏の剪定をする方法

銀杏の木をしっかりと管理できるように、銀杏の剪定を正しくおこないましょう。ここでは、銀杏の剪定の時期や方法について解説していきます。

銀杏の剪定時期

銀杏の剪定時期

銀杏の剪定時期は落葉のシーズンである11月ごろと、新芽が芽吹く準備をはじめる2~3月の年2回を目安におこないましょう。とくに落葉後の剪定では、葉が落ちて剪定すべき枝が分かりやすくなります。なお、反対に夏は剪定を避けるようにしてください。夏は樹木に負担がかかりやすい時期なので、剪定によって樹木が弱ってしまいます。

銀杏の剪定方法は4パターン

銀杏の剪定では「武者立ち」という、幹から多くの細い枝が伸びてほどよい大きさにまとまった樹形にしていきます。武者立ちをするためには、「摘心・切り詰め・透かし・切り戻し」の4種類を使い分けるのです。それぞれの剪定方法について解説しましょう。

・摘心

摘心とは、上へ伸びていく幹の頂点にある「生長点」を切ることで、幹の生長を止めることをいいます。幹の頂点をよく確認してから、剪定バサミなどで丁寧に切り取りましょう。摘心を1回おこなえばそれ以降幹が上へ伸びることは基本的にありません。

・切り詰め剪定

切り詰め剪定とは、樹木を小さくまとめるために太い枝をある程度の位置で切ることです。切り詰め剪定をするときは、太い枝に生えている芽よりも少し上を狙って切っておくのがコツ。そうすると、芽が枯れるのを防ぎやすくなり、新しい枝の生長をサポートできます。

・透かし剪定

風通しや日当たりをよくするために、不要な枝を切っていく剪定方法です。たとえば枯れた枝や真上や下方に向かって生えた枝、ほかの枝と交差している枝などは、付け根を狙って切り落としましょう。なお、透かし剪定は摘心と切り詰めをしてから翌年におこないます。

・切り戻し剪定

切り戻し剪定は、剪定後に新しく伸びた枝を元通りにするように切る方法のことをいいます。切り戻しは枝の先端部分を軽く切るようにしていきます。なお、切り戻し剪定は銀杏の樹形がある程度整った段階でおこなうようにしましょう。

銀杏の剪定が大変なら業者依頼しよう

銀杏の木はとても高くて幹も太くなりがちなので、剪定作業は大きな手間のかかるものになるでしょう。とくに枝の頂点を切る「摘心」は高所作業になるうえに切り取りにくいため、慣れてない方でないと難しいかもしれません。もし、ご自身での銀杏の剪定が無理だと感じた場合は、遠慮なく剪定のプロに作業を代行してもらうのがよいといえます。

とはいえ、業者依頼をするうえで気になるのは、「銀杏の剪定はいくらかかるのか」でしょう。多くの場合、剪定業者に依頼すると樹木の品種や樹高によって基本料金が変わってきます。たとえば、3~7m範囲であれば費用相場は5,000~2万円ほどになります。これを基本として出張費や枝の処分費用などが加算されて料金が決定されるのです。

ご自身の銀杏の具体的な剪定費用が知りたい場合は、ぜひ弊社にご相談ください。弊社では剪定の前段階として必要な現地調査と見積りを無料でおこなえる、銀杏の剪定業者をご紹介することが可能です。

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

銀杏を健康的に育てるためには

銀杏は病気や害虫に比較的強く、多少過酷な環境でも耐えられるほど丈夫な植物です。だからこそ、排気ガスの多い町中の街路樹として採用されている面もあります。しかし、油断して栽培管理をおこなっていると、銀杏が弱ってしまうこともあるでしょう。ここでは、銀杏を健康的に育てるための栽培方法を解説していきます。

銀杏に最適な栽培環境を整える

銀杏に最適な栽培環境を整える

先ほども伝えたとおり、銀杏は丈夫な植物です。そのため、日当たりに注意しながら植えておけば、十分に育つことができます。なお、銀杏は乾燥を嫌うため、用土は乾燥がしにくいものを選ぶのがベスト。赤玉土や腐葉土を混ぜた土を用土として使用するのがよいでしょう。

また、よく伸びて大きく根が広がる樹木なので、庭植えをする際は注意が必要です。できるだけ広いスペースにて栽培し、銀杏の剪定をして樹高を調整しておく必要があります。高さに気をつけておかないと銀杏の木が近所迷惑となり、伐採せざるを得なくなるので注意するようにしてください。

乾燥しやすい時期の水やりに注意

しっかりと地面に根付いた銀杏は、庭植えなら基本的に雨水だけで十分に育つことができます。水の与えすぎは逆効果となりますので、乾燥しやすい夏や雨がほとんど降らない時期などの例外を除いて水やりをおこないません。なお、真夏の時期では土の状態を確認し、極端に乾いていたタイミングにたっぷりと水を与えていきます。

また、鉢植えの場合は定期的な水やり管理が必要です。鉢の土を確認して乾いてきたのを確認してから水やりをおこないましょう。

追肥は1~2年に1回程度でOK

銀杏は肥料がなくとも十分に育つことができる植物であるため、追肥は頻繁におこなう必要がありません。1~2年間隔を目安として、冬の時期にリン酸が多く含まれる肥料を与えておくとよいでしょう。また、窒素分を多く含む肥料は、銀杏の葉が黄色になるのを邪魔してしまうため、与える前に肥料の成分について確認するようにしてみてください。

銀杏の木は「挿し木」で増やせる

銀杏の木をもっと増やしたい場合は苗の購入より、銀杏の剪定で使った枝で発根し栽培する「挿し木」をおこなうのがよいでしょう。銀杏の苗は相場が高い傾向にあるためです。ここでは、挿し木の時期と手順について解説していきます。

挿し木の時期と手順

挿し木の時期と手順

銀杏の挿し木は、3~4月ごろが適期となっています。挿し木に利用する枝は、長さが20cm以上で直径2cmほどの太さのものがよいです。剪定バサミと土を用意して、以下の手順で挿し木をおこなっていきましょう。

【銀杏の挿し木手順】
1.枝の先端から15~20cmほどの位置で斜めに切る
2.切り口付近にある葉を取り除く
3.用土を入れた鉢に枝を挿しておく
4.乾燥に気をつけながら水やりをして栽培する
5.根が生えて丈夫になってきたら植え替えをする

また、挿し木で増やした銀杏の木を鉢植えや盆栽として育てることも可能です。栽培管理や銀杏の剪定をしっかりとおこないながら、銀杏のきれいな葉を楽しんでみましょう。

【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

庭木の伐採・剪定でお困りなら、植木屋のプロ剪定110番まで
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問