剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > ウツギを剪定してキレイな花を咲かせよう!剪定方法や育て方をご紹介

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

ウツギを剪定してキレイな花を咲かせよう!剪定方法や育て方をご紹介

ウツギを剪定してキレイな花を咲かせよう!剪定方法や育て方をご紹介

ウツギの剪定は、「12月~3月」と「6月中旬~7月上旬」の2回に分けておこないます。

12月~3月には、徒長枝や混み合った枝を切り落して、5月~6月に迎える開花の準備をおこなう必要があります。6月中旬~7月上旬には、ウツギの花が咲き終わる時期となっており、次に花芽を付け始める7月中旬までに樹形を整える必要があるためです。

そのため、ウツギの剪定は時期を見極めてからおこなうようにしましょう。この記事では、ウツギの剪定方法や育て方などについてご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ウツギの剪定方法

ウツギの花をキレイに咲かせるのであれば、剪定は欠かせません。ウツギは、放置すると枝が伸びて樹形が乱れてしまうため、剪定で整えてあげる必要があるのです。そのため、正しいウツギの剪定方法を理解しておきましょう。この記事では、ウツギの剪定方法についてご紹介します。

剪定に必要な道具

剪定に必要な道具

ウツギの剪定をおこなう前に、剪定に必要な道具が揃っているか確認しておきましょう。ウツギの剪定に必要な道具は、基本的に「軍手」と「剪定ばさみ」の2つです。

軍手は、剪定の際に枝葉などで手をケガしないように、装着して作業をおこなってください。剪定ばさみは、枝葉を切るのに特化した作りとなっているため、普通のはさみではなくこちらを用意しておきましょう。これらの道具は、通販やホームセンターなどで購入することができます。

ウツギの剪定時期

ウツギの剪定に適した時期は、「12月~3月」と「6月中旬~7月上旬」となっています。12月~3月には、不要な枝を剪定して5月~6月の開花に備えることができるためです。6月中旬から7月上旬には、次に花芽を付け始める7月中旬に備えて、樹形を整えることができるためです。

基本は間引き剪定

ウツギの剪定をおこなうときは、基本的に「間引き剪定」と呼ばれる方法でおこないます。間引き剪定とは、混み合っている枝などを切り落して、全体の風とおしや日当たり・樹形を整える剪定方法です。ウツギの場合、混み合った枝以外に徒長枝や枯れた枝などを切り落すようにしましょう。

不安な場合は業者に依頼!

初めてウツギの剪定をおこなう場合、慣れない作業でうまく剪定できないことが考えられます。そのため、自分で剪定するのが不安だという方は、業者に依頼するのがおすすめです。業者であれば、ウツギが健康的でキレイに育つように剪定してもらうことができます。弊社にご連絡いただければ、ウツギの剪定が可能な業者をご紹介いたします。

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

ウツギのお手入れ方法

ウツギを健康的でキレイに育てるためには、剪定だけではなく正しい手入れの方法も理解しておくことが大切です。間違った手入れをしていると、ウツギを弱らせたり枯らせたりしてしまうおそれがあります。この項目では、ウツギのお手入れ方法についてご紹介します。

栽培環境

栽培環境

ウツギを栽培するのであれば、基本的に日当たりがよく湿気の多い場所が最適です。また、西日にも耐えられるため、乾燥しやすい場所であっても育てることができます。植え付ける土に関しては、通気性と水はけのよいものを用意してあげるのが最適です。

肥料の与え方

ウツギに肥料を与える際には、基本的に剪定時期と同じく「12月~3月」と「6月中旬~7月上旬」に与えます。12月~3月は、堆肥と緩効性加工肥料を混ぜたものを、株の周囲に埋め込んで与えてください。6月中旬~7月上旬は、花が咲き終わった後にお礼肥として、緩効性化成肥料を同じく株の周囲に埋め込むようにしましょう。

水やりの方法

ウツギの水やりは、鉢植えか地植えかによって異なります。鉢植えの場合、夏期だけウツギが水切れを起こさないように、朝たっぷりと水やりをおこなってください。地植えの場合は、雨水だけで充分足りるため、基本的に水やりをおこなう必要はありません。

疑問は業者に相談!

普段ウツギを育てていくなかで、なにか疑問がある場合は一度業者に相談してみましょう。業者に相談することで、自分が抱えている疑問に対して、豊富な知識と経験から的確にアドバイスをもらうことができます。弊社にご連絡いただければ、ウツギの育て方を熟知している業者をご紹介いたします。

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

ウツギで注意すべき病気・害虫

ウツギを健康的に保つためには、病害虫に素早く対処することが大切です。もし、病害虫の対処が遅れると、生長が阻害されたり枯れたりしてしまうおそれがあるのです。そのため、ウツギで注意すべき病害虫について理解しておきましょう。

うどんこ病

うどんこ病

うどんこ病とは、植物の葉や茎などにかびが生える病気です。うどんこ病を発症した植物は、白いかびに覆われて生育不良や開花の阻害などの被害を受けてしまいます。そのため、うどんこ病を見つけたら、感染している箇所を切り落としたうえで、専用の薬剤を散布して対処するようにしましょう。

さび病

さび病とは、植物の葉や茎・果実などに黄色と白色の斑点が出る病気です。さび病を発症した植物は、斑点が拡大していき、感染箇所が変形したり変色したりしてしまいます。最悪の場合、枯れてしまうおそれもあるので、非常に危険です。そのため、さび病を見つけたら、感染している箇所を切り落したうえで、専用の薬品を散布して対処するようにしましょう。

アブラムシ

アブラムシは、体長1mm~3mm程度で黄緑色や黒褐色などの見た目をしている害虫の一種です。アブラムシは、植物の新芽に寄生しやすく、茎や根から栄養を吸い取って枯らせてしまうおそれがあります。そのため、アブラムシを見つけたら、水で洗い流して対処するようにしましょう。

病害虫の対処は業者に!

ウツギが病害虫の被害を受けている場合、早急に対処することで被害を抑えることが可能です。しかし、病害虫の種類がわからなかったり、専用の薬品や殺虫剤がなかったりする場合は、業者に依頼するのがおすすめです。

業者であれば、病害虫の対処に関わらず、素早く的確に対処してもらうことができます。弊社にご連絡いただければ、ウツギで注意すべき病害虫に対処可能な業者をご紹介いたします。また、「見積りを確認してから依頼するか決めたい」「休日に依頼したい」などのご要望にもお応えいたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
庭木の伐採・剪定でお困りなら、植木屋のプロ剪定110番まで
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問