剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > コーヒーの木を剪定して健康的に栽培!剪定方法や育て方などをご紹介

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

コーヒーの木を剪定して健康的に栽培!剪定方法や育て方などをご紹介

コーヒーの木を剪定して健康的に栽培!剪定方法や育て方などをご紹介

コーヒーの木の剪定は、全体の風とおしが悪くなったタイミングにおこないます。コーヒーの木は、基本的に放置していても大きく樹形が乱れない植物です。しかし、放置し続けると不要な枝が増えて、全体の風とおしが悪くなってしまうおそれがあります。

そのため、コーヒーの木を剪定するときは「全体の風とおしが悪くなっていないか」「病害虫の被害を受けていないか」など、様子を確認してからおこなうようにしましょう。この記事では、コーヒーの木の剪定方法や育て方などについてご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

コーヒーの木の剪定方法

コーヒーの木は、基本的に剪定を必要としない植物です。しかし、放置し続けると全体の風とおしが悪くなって、さまざまな悪影響を及ぼしてしまうおそれがあります。そのため、正しいコーヒーの木の剪定方法を理解しておくことが大切です。この項目では、コーヒーの木の剪定方法についてご紹介します。

剪定に必要な道具

剪定に必要な道具

コーヒーの木を剪定する前に、剪定に必要な道具が揃っているか確認しておきましょう。コーヒーの木を剪定するのに必要な道具は、「軍手」と「剪定ばさみ」のみです。軍手は、剪定ばさみやコーヒーの木の枝葉でケガをしないために必要になります。

剪定ばさみは、剪定に特化した園芸用のはさみとなっているため、普通のはさみではなくこちらを用意しておきましょう。これらの道具は、通販やホームセンターなどで購入することができます。

コーヒーの木の剪定時期

コーヒーの木は、基本的にいつでも剪定することができます。そのため、コーヒーの木を剪定するときは、時期ではなく全体の風とおしが悪くなっているかどうかで判断するようにしましょう。

基本は間引き剪定

コーヒーの木を剪定するときは、基本的に「間引き剪定」と呼ばれる方法でおこないます。間引き剪定とは、不要な枝を根元から切り落とすことで、全体の風とおしをよくする剪定方法です。コーヒーの木の場合、枯れている枝や混み合っている枝などの、不要な枝を切り落としてください。

業者に依頼する

初めての剪定でうまくできるか不安だという場合は、業者に依頼するのがおすすめです。さまざまな樹木のお手入れをしている剪定業者であれば、コーヒーの木の状態を見て最適な剪定をしてくれるでしょう。また、業者には剪定作業だけでなく、剪定で出た切り枝の後片付けや処分を依頼することもできます。

剪定業者を利用したことがない、どうやって探せばいいのかわからないといったときには、ぜひ弊社にご相談ください。弊社には全国の数多くの剪定業者が加盟していますので、そのなかからご要望にそった最適な業者をご紹介いたします。

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

コーヒーの木の育て方

コーヒーの木を健康的に保つためには、正しい育て方を理解しておくことが大切です。間違った育て方をしていると、生長がうまくいかずに枯れてしまうおそれがあります。この項目では、コーヒーの木の育て方についてご紹介します。

育てる場所

育てる場所

コーヒーの木は、強い直射日光や寒さに弱い植物です。そのため、直射日光が当たる場所や寒い場所は避けるようにしましょう。一方でコーヒーの木は耐陰性に優れ、適度な日光を好むという植物でもあるため、午前中のみ日光が差し込むような半日陰で育ててあげるのが理想的です。

肥料の与え方

コーヒーの木に肥料を与えるときは、5月~10月にかけての春か秋が適しています。5月~10月ごろは、コーヒーの木の成長機になっており、肥料焼けを起こしにくくなっているためです。

しかし、真夏の時期は生長期であっても生育が衰えて、肥料焼けを起こしやすくなっています。そのため、真夏や冬などの寒い時期を避けて肥料を与えるようにしてください。肥料の種類は、緩効性の置き肥か液肥を与えるようにしましょう。

水やりの方法

コーヒーの木の水やりは、時期によって頻度が異なります。春から秋にかけては、土の表面が乾いたタイミングで、たっぷりと水を与えてください。冬などの寒い時期は、生育が衰えているため、土の表面が乾いてから2~3日経ったタイミングで水を与えるようにしましょう。

業者に相談してみよう!

「初めてコーヒーの木を育てるという方」や「自分ではうまく育てられるか心配だという方」は、一度業者に相談してみましょう。業者に相談することで、コーヒーの木の状態や栽培環境を確認したうえで、どのように育てればよいのかアドバイスをもらうことができます。

弊社にご連絡いただければ、コーヒーの木の育て方を熟知した業者をご紹介いたします。

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

コーヒーの木で注意すべき病害虫

コーヒーの木を健康的に保つためには、病害虫について理解しておくことが大切です。病害虫の被害に遭った植物は、生長が阻害されたり枯れたりしてしまうおそれがあります。そのため、コーヒーの木で注意すべき病害虫について理解しておき、対処できるようにしておきましょう。ここからは、コーヒーの木で注意すべき病害虫について見ていきましょう。

さび病

さび病

さび病とは、植物の葉裏などに斑点状の模様が出る病気です。さび病を発症した植物は、斑点状の模様に覆われていき、葉や茎が変形したり枯れたりしてしまうおそれがあります。そのため、さび病を見つけたら感染箇所を駆除してから、専用の薬品を散布して対処するようにしましょう。

アブラムシ

アブラムシとは、体長3mm前後で緑色や黒色などの種類が存在している害虫です。アブラムシは植物を食害して栄養分を吸い取ってしまうほか、病気の原因になる菌やウイルスを媒介することがあります。発見した場合は物理的に取り除くほか、専用の農薬や殺虫剤、殺菌剤などを使って駆除しましょう。

カイガラムシ

カイガラムシとは、体長1mm~3mm程度の白色や茶色の見た目をした害虫です。カイガラムシも植物の養分を吸い取ったり、病気の原因になったりします。また、枝葉に小さな貝殻のような虫がびっしりとこびりついている様は樹木の美観を著しく損なうでしょう。

成虫のカイガラムシには殺虫剤などが効きにくいので、発見した場合は歯ブラシなどを使ってこそぎ取って駆除するのが有効です。

業者に依頼して確実に対処!

専用の薬品や殺虫剤を持っておらず、自分では対処が難しい病害虫の場合、業者に依頼して対処してもらうのがおすすめです。業者であれば、病害虫の種類に合わせた方法で、確実に対処してもらうことができます。

弊社にご連絡いただければ、コーヒーの木で注意すべき病害虫に対処可能な業者をご紹介いたします。また、「剪定もおこなってほしい」「休日しか予定を空けられない」などのご要望にもお応えいたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
庭木の伐採・剪定でお困りなら、植木屋のプロ剪定110番まで
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問