剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > 剪定道具・電動バリカン(ヘッジトリマー)おすすめ20選|庭木にはエンジン式より充電/電源コード式!選び方も紹介

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

剪定道具・電動バリカン(ヘッジトリマー)おすすめ20選|庭木にはエンジン式より充電/電源コード式!選び方も紹介

園芸・ガーデニングをする上では、生垣を刈り込んだり庭木を剪定したりして、見た目をきれいに保っておきたいですよね。しかし、これらの作業を植木ばさみや剪定ばさみでおこなおうとすると、なかなかに骨の折れる作業となります。

そんなときは、剪定道具を電動化してみることがおすすめ。なかでもヘッジトリマーと呼ばれる剪定電動バリカンを使うことで、非常に簡単に庭木の手入れをおこなえるのです。そこでこの記事では、おすすめヘッジトリマー(剪定電動バリカン)を、選び方や手入れ方法を交えながらご紹介していきます。

ヘッジトリマーとは?

ヘッジトリマー(剪定電動バリカン)とは、ノコギリのような形をした刃を動かして庭木や生垣を整えることができる剪定道具です。電動により刃が高速回転するため、剪定ばさみよりも切れ味が良くなっています。ここでは、ヘッジトリマー(剪定電動バリカン)の特徴やメリットについて簡単にご紹介します。

広範囲の刈込・剪定が可能!生垣・庭木を均一に整えられる!

広範囲の刈込・剪定が可能!生垣・庭木を均一に整えられる!

ヘッジトリマー(剪定電動バリカン)は刃の幅が長いので、広範囲を剪定することが可能です。塀の代わりとして使われている「生垣」などの植物に対して、効率よく剪定できるのがメリットといえます。

さらに、刃が平たくなっているので庭木・生垣の形を整えやすいというのも大きなメリット。たとえば庭木の形を丸めたり、生垣を角形にして整えたりしたいときにも、ヘッジトリマー(剪定電動バリカン)は役立つのです。

植木バリカン・生垣バリカンとは別物?

ヘッジトリマーと似たような道具に植木バリカン・生垣バリカンというものがあります。これらの剪定電動バリカンは別物のように思えますが、基本的には同じ機械です。メーカーによって機械の呼び方が違うというだけなので、検討する際は名前の違いを気にせず比較しましょう。

ヘッジトリマーを選ぶコツ|刈込幅・長さタイプ

剪定道具を電動化して効率よく作業をおこなうためには、自分にとって扱いやすいヘッジトリマー(剪定電動バリカン)を選ぶことが大切です。自分が剪定したい植物や使いたい状況によって最適な種類が変わってきます。

刈込幅が広ければ広範囲に活躍できるが…

刈込幅が広ければ広範囲に活躍できるが…

ヘッジトリマー(剪定電動バリカン)を選ぶときは、刃の広さのことをいう「刈込幅」に注目しましょう。刈込幅が広いほど広範囲の枝を一気に剪定することができます。剪定したい庭木や生垣が多いほど効率的に作業がしやすいでしょう。

しかし、刈込幅が長いヘッジトリマー(剪定電動バリカン)ほど重量も大きくなりがちなので、体力に自信のない方にとってはやや扱いにくいかもしれません。扱いやすさを重視するなら刈込幅が長すぎず、軽量なものを選ぶのがよいですね。

剪定電動バリカンの長さタイプは利用シーンに合ったものを

ヘッジトリマー(剪定電動バリカン)には、片手で作業できるものや高所作業に向いているものなど、さまざまな長さのタイプがあります。下記に各タイプの特徴についてまとめましたので、自分の状況に合ったものを選ぶときの参考にしてみてください。

ヘッジトリマーのタイプまとめ
種類 特徴 こんな人におすすめ
両手タイプ ・両手で使う基本的なタイプ ・刈込幅が長いものもある ・庭木や生垣を剪定したい人 ・広範囲をきれいに剪定したい人
片手タイプ ・片手での剪定が可能 ・比較的重量が軽め ・小さめの庭木を剪定したい人 ・体力に自信がない人
ロングタイプ ・柄が長いため対応の幅が広い ・楽な姿勢で作業がしやすい ・高い枝や芝生を剪定したい人 ・体に負担をかけたくない人

 

ヘッジトリマーの種類|電源コード式・充電(コードレス)式

ヘッジトリマー(剪定電動バリカン)は電気コード式と充電(コードレス)式の2つのタイプが主流となっています。どちらのタイプが自分に合っているか、メリット・デメリットを確認しておきましょう。

電源コード式

電源コード式

電源コード式は、コンセントにコードをつなげて電力を供給するタイプの剪定道具です。電動タイプのなかでは比較的パワーがあり、切れ味の面で安定して使えるのが大きなメリットといえます。

ただし、場合により延長コードが必要な点、作業時はコードに引っかからないように注意が必要な点に気をつけましょう。また、コードさえつなげればいつでも使用できるため、長時間の剪定をしたい方におすすめのタイプです。

充電(コードレス)式

充電(コードレス)式は、あらかじめ充電しておいたバッテリーを取り付けて使用するタイプの剪定道具です。電源コード不要で使用できるのでコードをひっかける心配もなく、快適に剪定をおこなうことができます。

ただ、バッテリーを充電し忘れるとすぐに剪定道具を電動で動かせない、長時間の剪定に向かないというデメリットも。それでも剪定時はストレスが少なく使用できるので、扱いやすいヘッジトリマー(剪定電動バリカン)を使いたい人におすすめです。

エンジン式もあるが……

家庭用としては一般的ではありませんが、エンジンで動くヘッジトリマー(剪定電動バリカン)も存在します。エンジン式は動力が燃料なのでコードレスで使用でき、充電の待ち時間も必要ない剪定道具です。電動よりも便利に使うことができますが、エンジン音や振動が大きいため、住宅地で使うと近所迷惑になってしまうのがデメリットです。

おすすめヘッジトリマー(剪定電動バリカン)|充電(コードレス)式10選

ヘッジトリマー(剪定電動バリカン)の種類や選び方をひと通り解説したところで、実際にどのような商品があるのか見てみましょう。まずは、剪定時のストレスなく作業がしやすい充電(コードレス)式から10商品をご紹介します。

また、電源コード式のヘッジトリマー(剪定電動バリカン)を検討したい方は、こちらをご覧ください。

マキタ 260充電式ミニ生垣バリカン MUH265DSH

参考価格(税込) 14,408円
サイズ 560×170×160mm
重量 1.5kg
刈込幅 260mm
長さタイプ 片手タイプ
運転時間 約40分

マキタのMUH265DSHは、比較的軽量で扱いやすいタイプのヘッジトリマー(剪定電動バリカン)です。片手作業も可能なので、効率よく剪定をおこなえるでしょう。また特殊コーティング仕様の刃なので、ヤニが付きにくくなっています。

工進 KOSHIN 18V 充電式 ヘッジトリマ SHT-18N

参考価格(税込) 9,983円 (税込)
サイズ 185×805×180mm
重量 約2.7kg
刈込幅 350mm
長さタイプ 両手タイプ
運転時間/充電時間 約50分/約70分

工進のSHT-18Nは、両手持ちで安定して作業がしやすいヘッジトリマー(剪定電動バリカン)です。運転時間が50分と長いため、長時間の剪定作業をする方に向いているでしょう。また刃の先が丸くなっているので、取扱い時にケガをしにくい設計になっています。

マキタ 充電式生垣バリカン MUH364DRF

参考価格(税込) 27,097円
サイズ 729×175×165mm
重量 2.4kg
刈込幅 360mm
長さタイプ 両手タイプ
運転時間 約60分

作業音が気になるなら、マキタのMUH364DRFを使用するとよいでしょう。心理音響技術というものを採用しているため、ほかの電動バリカンと比べて作業音が抑えられています。さらに、ラバー仕様により振動も抑えられているので、快適に作業がしやすいです。

アイリスオーヤマ 草刈機 ヘッジトリマー 18V JHT530

参考価格(税込) 10,800円
サイズ 890×185×174mm
重量 2.4kg
刈込幅 530mm
長さタイプ 両手タイプ
運転時間/充電時間 約40分/約60分

「とにかく広範囲を刈りたい」のであれば、アイリスオーヤマのJHT530がおすすめです。刈込幅だけでなく刃の回転数も速いので、大量の庭木や生垣をスムーズに剪定しやすくなります。さらに、ダブルロック仕様により安全性にも十分配されている点もうれしいポイントですね。

リョービ ヘッジトリマー 充電式 BHT-3000

参考価格(税込) 14,631円
サイズ 657×210×203mm
重量 2.2kg
刈込幅 300mm
長さタイプ 両手タイプ
運転時間/充電時間 約30分/約30分

リョービのBHT-3000は、切れ味の良さが大きな特徴のヘッジトリマー(剪定電動バリカン)です。刃の仕様が3面研磨刃となっているので、効率的に剪定作業がしやすくなっています。また、作業時の振動が比較的少ないという点も魅力です。

ボッシュ 18Vコードレスヘッジトリマー AHS50-20LIJ

参考価格(税込) 29,660円
サイズ 高さ956×幅192mm
重量 2.5kg
刈込幅 500mm
長さタイプ 両手タイプ
運転時間/充電時間 約50分/約60分

高いパワーと扱いやすさを兼ね備えているヘッジトリマー(剪定電動バリカン)が、ボッシュのAHS50-20LIJです。18Vもの高性能なバッテリーにより力強く剪定ができ、さらにクイックカットという独自機能で効率よく作業ができます。

HiKOKI コードレス植木バリカン FCH14DSL

参考価格(税込) 13,320円
サイズ 576×176×174mm
重量 1.7kg
刈込幅 300mm
長さタイプ 両手タイプ
充電時間 約40分

HiKOKIのFCH14DSLは、庭木や生垣をきれいに整えたいときに役立ちます。三面研磨刃というものが採用されており、切り口がきれいに仕上がるだけでなく剪定した植物に負担がかかりにくくなっているのです。

ブラック&デッカー 18Vヘッジトリマー GTC1850LN

参考価格(税込) 18,480円
サイズ 890×190×190mm
重量 約2.5kg
刈込幅 500mm
長さタイプ 両手タイプ
運転時間/充電時間 約46分/60分

ブラック&デッカーのGTC1850LNは刈込幅が広く、バッテリーも長く持つので多くの庭木や生垣を剪定することが可能です。さらに低振動設計になっているので、作業時の体への負担がかかりにくいのも大きなメリットといえます。

リョービ 充電式ヘッジトリマ BHT-2600

参考価格(税込) 15,054円
サイズ 535×110×70mm
重量 1.0kg
刈込幅 260mm
長さタイプ 両手タイプ
充電時間 60分

リョービのBHT-2600は約1kgと軽量であるため、体力に自信のない方でも片手で剪定作業をすることができるでしょう。また、カットした枝や葉を受け止めるための「チップレシーバー」が付いているため、剪定後の枝をゴミとして処分しやすくなっています。

山善 充電式 2Way芝刈り機 7.2Vバリカン&ヘッジトリマー LPHC-725OR

参考価格(税込) 9,499円
サイズ 1445~1750×80×120mm
重量 約1.6kg
刈込幅 120~200mm
長さタイプ ロングタイプ
充電時間 2時間

山善のLPHC-725ORは高い枝や芝生を剪定するときに役立つヘッジトリマー(剪定電動バリカン)です。柄の長さを自由に伸縮できるので、自身の体に負担のかからない体勢で作業することができますよ。

おすすめヘッジトリマー(剪定電動バリカン)|電源コード式10選

つづいて、電源コード式のおすすめヘッジトリマー(剪定電動バリカン)を見てみましょう。こちらも、良い性能で扱いやすいものを10商品ご紹介します。

ブラック&デッカー 2in1ヘッジ&芝生バリカン GSH1000

参考価格(税込) 14,799円
サイズ 490×105×140mm
重量 約1.2kg
刈込幅 260mm
長さタイプ 片手タイプ
コードの長さ 約10m

※庭木バリカン用の情報を記載しています

ブラック&デッカーGSH1000は庭木用・芝生用として最適な2種の刃が付いているため、対応の幅がかなり広いです。片手操作できるほど軽量なので、ストレスなく作業しやすいでしょう。また、延長コードが10mもあるので作業の融通が利きやすいです。

リョービ ヘッジトリマ HT-2110

参考価格(税込) 6,860円
サイズ 454×90×118mm
重量 0.85kg
刈込幅 210mm
長さタイプ 片手タイプ
コードの長さ 10m

今回ご紹介する電動バリカンのなかで、最も軽量なのがこのリョービのHT-2110です。ソフトグリップ仕様により片手で扱いやすくなっている上に、直径1cmまでの枝に対応しているので切れ味も十分なものとなっています。

山善 電気ヘッジトリマー

参考価格(税込) 6,480円
サイズ 635×175×170mm
重量 約2kg
刈込幅 約350mm
長さタイプ 両手タイプ
コードの長さ 10m

山善の電気ヘッジトリマーは刃の上に枝受けのトレーが付いているので、剪定で出た細かい枝や葉を処分しやすくなっています。さらに、事故防止の安全ガードが搭載されているため、安心して作業をおこなうことができるでしょう。

リョービ ポールヘッジトリマ PHT-2100

参考価格(税込) 10,267円
サイズ 1220×76×139mm
重量 1.4kg
刈込幅 210mm
長さタイプ ロングタイプ
コードの長さ 10m

リョービのPHT-2100は、高い位置にある庭木や生垣に最適なロングタイプの電動バリカンです。柄を最大まで伸ばすと1,480mmもの長さになるため、対応できる幅の広さが魅力。角度調整機能により、操作の融通が利きやすいのも大きなポイントです。

ボッシュ ヘッジトリマー AHS 45-16

参考価格(税込) 9,980円
サイズ 770×190×190mm
重量 2.6kg
刈込幅 450mm
長さタイプ 両手タイプ
コードの長さ 10m

ボッシュAHS 45-16は、刃の切れ味と耐久性に優れた電動バリカンです。搭載されている刃はスイス製で、特殊な技術によりつくられています。これにより、剪定をしても刃が摩耗しにくく、手入れをきちんとしていれば刃が長持ちしやすいです。

HiKOKI 植木バリカン CH35SH

参考価格(税込) 15,300円
サイズ 665×174×160mm
重量 約1.6kg
刈込幅 350mm
長さタイプ 両手タイプ
コードの長さ 10m

HiKOKIのCH35SHは、工具を使わずに刃を交換できる構造になっています。そのため、剪定する植物に合わせて刃の入れ替えがしやすい点が魅力。また、操作を楽にするためにハンドルが搭載されており、手に負担がかかりにくいです。

ブラックアンドデッカー 1台5役 マルチ園芸ツール ポール付きヘッジトリマー&芝生バリカン GPSH1000

参考価格(税込) 20,820円
サイズ 490×105×140mm
重量 約1.2kg
刈込幅 260mm
長さタイプ ロングタイプ
コードの長さ 10m

庭の全体的な手入れをしたいなら、ブラックアンドデッカーのGPSH1000を検討するとよいでしょう。芝・庭木・生垣などに対応し、効率よく作業ができます。さらに約1.2kgと軽量なので扱いやすいのもメリットです。

マキタ 生垣バリカン MUH3501

参考価格(税込) 10,567円
サイズ 全長660mm
重量 1.8kg
刈込幅 350mm
長さタイプ 両手タイプ
コードの長さ 10m

マキタMUH3501は低騒音・防振動のつくりになっています。そのため、住宅地などであまり大きな音が出せない環境でも使いやすいでしょう。また、直径15mmまでの枝に対応しているため、切れ味も十分なものになっています。

セフティ3 電動ヘッジトリマー SHL-350

参考価格(税込) 10,780円
サイズ 627×165×144mm
重量 1.35kg
刈込幅 350mm
長さタイプ 両手タイプ
コードの長さ 5m

セフティ3のSHL-350は軽量かつ使いやすさを重視した構造になっています。そのため、工具を使うことにあまり慣れていない方でも操作しやすい電動バリカンといえるでしょう。また、刃はサビ対策としてクロムコーティングされています。

ムサシ Mr.ポールバリカン P-2001

参考価格(税込) 18,130円
サイズ 1670×95×110mm
重量 2.3kg
刈込幅 300mm
長さタイプ ロングタイプ
コードの長さ 2心キャプタイヤコード400mm

ムサシのP-2001は高い位置の枝でもカットしやすい、ヘッジトリマー(剪定電動バリカン)となっています。肩掛け用のベルトが付いているため、安定した作業がしやすくなっているのが大きなポイント。長さを調節すれば足元の草を刈ることも可能です。

ヘッジトリマーの手入れ方法

ヘッジトリマー(剪定電動バリカン)の刃は消耗品で、長く使えば使うほど切れ味が悪くなっていきます。そのため、性能の良い刃を長く使うためには作業後の手入れを念入りにすることが大切です。ここで、ヘッジトリマー(剪定電動バリカン)の正しい手入れ方法を見てみましょう。

切れ味が悪くなったら刃を交換しよう

切れ味が悪くなったら刃を交換しよう

刃物の手入れといえば刃を鋭く研ぐことです。しかし、ヘッジトリマー(剪定電動バリカン)を研ぐ場合は「グラインダー」とよばれる道具が必要な上に、危険な作業がともないます。安全性を考えて、刃を研がずに専用のクリーナーでヤニ(樹液)を落とすだけでも十分手入れが可能です。

またクリーナーでどうしても落ちない汚れや刃こぼれが見られたら、刃を交換することも大切。悪くなった刃をそのまま使い続けると切れ味が悪くなるだけでなく、事故の発生にもつながります。効率よく剪定するためにも、刃の状態や手入れは気にしておきましょう。

替え刃セットのヘッジトリマーもある

ヘッジトリマー(剪定電動バリカン)のなかには、最初から替え用の刃がセットで販売されているものもあります。自分がおこなう剪定作業の頻度や量が多いなら、替え刃セット付きのヘッジトリマーを選ぶのもよいでしょう。

また、剪定作業時に身を守るものとして保護メガネや手袋が付属しているものもあります。これらの防具を持っていない方は、保護メガネ・手袋付きのヘッジトリマー(剪定電動バリカン)を選ぶのが最適です。

まとめ

剪定道具を電動化すると効率の良い作業ができますし、庭木や生垣をきれいに仕上げやすくなります。とくに作業が必要な枝や葉が多い方はヘッジトリマー(剪定電動バリカン)を利用すると効率がよいでしょう。

ただし、ヘッジトリマー(剪定電動バリカン)にはさまざまなタイプと性能の違いがあり、自分に合ったものを選ぶことが大切。自分が剪定したい枝の高さや、体力や状況を考えて扱いやすいものを選んでみてくださいね。

また、効率的に庭木や生垣を整えるために業者に依頼するという方法もあります。弊社では、経験豊富な剪定業者を紹介することが可能です。もし剪定のことでお悩みがあれば、ぜひ弊社にご相談ください。

【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】

庭木の伐採・剪定でお困りなら、植木屋のプロ剪定110番まで
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問