剪定110番 トップページ > 剪定 > ソテツに剪定はいらないって本当?時期や植え替え・基本の育て方

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

ソテツに剪定はいらないって本当?時期や植え替え・基本の育て方

ソテツは必ずしも剪定をおこなう必要はありません。しかし、外観を保つためにも定期的に剪定をおこないましょう。剪定をしないで放っておくと、見栄えが悪くなったり、大きくなりすぎたりするからです。

ここでは、ソテツの剪定方法や基本の育て方についてご紹介していきます。ソテツの剪定方法を知ってキレイに整えましょう。

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

ソテツは定期的に剪定をしよう

ソテツは一度茂らせると、ちょっとやそっとのことでは枯れません。ソテツは成長スピードが遅いため、手入れの頻度も少なく剪定をしなくても健康的に育ちます。ただし、ソテツをシンボルツリーや観賞用として育てたいなら、見栄えが悪くなったり巨大化したりしないように定期的に剪定をおこないましょう。

ソテツの剪定時期

ソテツの剪定時期

ソテツは毎年剪定する必要はありませんが、剪定をする場合は夏の時期におこなうのがおすすめです。ソテツはほかの樹木のように枝が伸びてくる植物ではありません。そのため、新芽が出てくる夏の時期に葉を整える目的で剪定をします。

ソテツの新芽は幹のてっぺんから伸びてきます。幹のてっぺんから新芽が伸びてきているようだったら剪定のタイミングでしょう。また、古い葉が水平方向より垂れ下がってきた場合も剪定のタイミングになります。

ソテツは幹のてっぺんが生長点となっており、そこから芽吹くのが特徴です。葉が出てきたばかりのころは上を向いていますが、ソテツが成長して生長点が伸びると葉が出てきたところが幹となり、葉は次第に垂れ下がっていきます。新芽が伸びてきたころと古葉が垂れてきたら剪定をしましょう。

ソテツの剪定方法

ソテツの剪定は垂れ下がった葉や、黄色く変色した葉を付け根から切り取っていきます。刈込バサミを使って、幹にあてるようにして切り落としていきましょう。葉の途中から切り取ってしまうと、断面が茶色くなり見た目が悪くなるので注意してください。新芽の成長が遅くなる原因にもなります。

また、ソテツは「不定芽」と呼ばれる小さな株のような見た目をした芽が、幹から伸びてくることがあります。不定芽が大きかったり、伸びてくる場所が悪かったりする場合は切り落としましょう。切り落とした不定芽は、株分けとしてソテツを増やすことができます。

巨大化したソテツの対処法

ソテツの成長は遅いですが、最大で8mほど成長することがあります。8mも大きくなってしまうとお手入れだけでなく、管理するだけで大変です。巨大化したソテツの対処法についてご紹介していきます。

巨大化したソテツを小さくする方法は伐採しかありません。ソテツは生長点が幹のてっぺんにあり、ソテツが生きている限り生長点はどんどん伸びていきます。だからといって、これ以上伸びないようにと生長点を切ってしまうと、枯れてしまう原因になるのです。

そのため、今育てているソテツを小さくして育てたい場合は、株分けをしましょう。伐採をする前に株分けをしておくのがおすすめです。

ソテツは成長が遅いですが、それなりの大きさに成長します。ソテツを伐採しないにしても大きくなってしまったソテツを剪定するのは大変です。ハシゴを使って足場の悪い中で作業をしなくてはならなかったり、量が多くて一人で作業できなかったりします。

そんなときは弊社へご相談ください。弊社では庭手入れのプロをご紹介しております。剪定の知識や技術が豊富な業者だけでなく、伐採にも対応した業者をご紹介することも可能です。

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

ソテツ基本の手入れ

南国の暖かい地域に自生するソテツを育てるにはちょっとしたコツが必要です。いまいち育て方がわからないという方のために、ソテツの基本の手入れ方法をご紹介していきます。

土づくり

土づくり

ソテツは土質を選びませんが、水はけのよい土を好みます。地植えで育てる場合は、植え付ける2週間前から土を掘り起こしておきましょう。そして3~5割ほどの腐葉土を混ぜてください。

鉢植えで育てる場合は、赤玉土と腐葉土を5:5で混ぜ合わせた土で育てます。市販で売られている観賞植物用の土でも十分です。水はけが悪い場合は、固まりにくく通気性のよい川砂というサラサラとした砂を混ぜておきましょう。

水やり・肥料

ソテツは乾燥に強い植物ですので、水やりはほとんど必要ありません。地植えで育てている場合は、植え付け直後と非常に乾燥しているときだけで十分です。

鉢植えで育てている場合は、土が乾燥しきってから水をあげてください。ソテツは水不足で枯れることよりも、水の与えすぎで枯れること多い植物なので与えすぎに注意しましょう。

また、ソテツは痩せた土地でも育つため肥料を必要としません。肥料をあえて与えるのであれば、植え付けをするときや4月~5月の成長期に緩効性の化成肥料を少しだけ施すだけで十分でしょう。

植え替え

鉢植えで育てている場合は、植え替えが必要です。ソテツは成長スピードが遅いため、3~5年に1回おこなう程度がよいでしょう。植え替えをするときは5月~9月にひと回り大きい鉢に植え替えてください。

病害虫

ソテツは病害虫に強く、発生することがあまりありません。しかし、熱帯アジアに生息しているクロマダラソテツシジミが食害することがあります。クロマダラソテツシジミは、熱帯地域にしか生息していませんでした。しかし、昨今は関東でも被害が確認されているため注意しておきましょう。

増やし方

ソテツは株分けで増やすことができます。株分けは5~9月におこなうのがおすすめです。幹から伸びる不定芽をこぶしサイズの大きさになったら、切り取ってください。切り取った不定芽は鉢植えで、ある程度大きくなってから地植えにしましょう。

ソテツのお手入れは手間がかかりませんが、もともと南国に自生する植物のため、お手入れの方法がわからなくて困ることもあるでしょう。そんなときは、お庭手入れのプロに相談をしましょう。弊社では植物の知識が豊富な業者をご紹介しております。ソテツの剪定がうまくできなくてお悩みならご相談ください。

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

ソテツを育てるときのポイント

ソテツは手を加えなくても成長をします。しかし、ソテツの管理や手入れを全くしないと枯れてしまう原因になるので注意をしましょう。ソテツを育てるときのポイントを紹介していきます。

日当たりと風通しを意識しよう

日当たりと風通しを意識しよう

ソテツは熱帯地域に自生する植物です。そのため、日当たりと風通しがよい場所で育てることを意識しましょう。水はけの悪い場所で育てると成長が弱まり、最悪の場合、根腐れを起して枯れることがあります。また、日当たりが悪い場所で育てると、葉が伸びすぎてしまうので注意をしましょう。

冬は温度に気をつけよう

ソテツは寒さに弱い植物です。そのため、冬の時期は防寒対策をして冬越しをしましょう。地植えの場合は幹にワラを巻いて寒さ対策をします。鉢で育てている場合は、冬の時期だけ室内で育てるのがおすすめです。とくに気温が5度を下回ると弱ってきますので、気温を目安にして寒さ対策をしてください。

庭のお手入れで困ったことがあったら弊社へ

ソテツの育て方やお手入れなどで困ったことがあれば、いつでも弊社へご相談ください。弊社ではお庭のお手入れに詳しい剪定業者をご紹介いたします。数多くの植物の剪定に対応しておりますので、ソテツだけでなくほかの庭木と合わせてご依頼いただけます。

【低木の剪定・お手入れに関する記事はこちら】

ビバーナムティヌスの剪定方法と時期|正しい手入れで花実を楽しもう
ツキヌキニンドウの剪定を解説|上手に育てて甘い花を咲かせよう
オオデマリの剪定方法と時期!美しい花と紅葉を見るための育て方
ハコネウツギの剪定のコツは?花がもっと賑やかに咲く!育て方まとめ
藤剪定の仕方|適切な時期と気をつけるポイント・上手な育て方を紹介
クロロウバイの剪定は意外と手軽?育て方や楽しみ方もご提案!
蠟梅の剪定時期は花が落ちたころ!剪定方法ときれいな花を咲かすコツ
クラリンドウを剪定したい!ワサワサで邪魔…タイミングや方法を紹介
紫陽花(アジサイ)の剪定時期は6月~7月!挿し木で花を増やすポイントも解説
沈丁花を剪定するときのポイント!春ごろに実施するのがおすすめ
ブッドレアの剪定はこまめにやろう!方法とタイミング・育て方を解説
シャリンバイの剪定は時期に注意!元気に育てるコツも解説します
ハクチョウゲの剪定|刈り込みで形を整えよう!寿命の前に増やすには
万両の剪定なら取り木がおすすめ!花や実を残して樹形を整える方法
ツゲの剪定時期と方法を解説|キホンの育て方とは?
ムクゲの剪定方法と時期|育て方・花が咲かない原因もお教えします!
南天の剪定のコツ・時期|基本の手入れ~鉢植えの植え替えや挿し木の仕方まで!庭木の栽培方法を紹介
ヒイラギナンテンの剪定について|正しい方法・時期を教えます
タラの木は強剪定しながら収穫!育てかた・収穫アップの方法もご紹介

庭木の伐採・剪定でお困りなら、植木屋のプロ剪定110番まで
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問