剪定110番 トップページ > 剪定 > ユッカを剪定してコンパクトにまとめよう。剪定の時期や方法を紹介

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

ユッカを剪定してコンパクトにまとめよう。剪定の時期や方法を紹介

大きく育ちすぎたユッカは、剪定することでコンパクトにまとめることができます。剪定しないと2~5メートルほどに成長してしまうため、ご自宅のスペースにあった大きさに剪定することが大切です。

この記事では、剪定に適した時期や方法を紹介しますので、ユッカの大きさに困っている方は参考にしてみてください。また、育て方や枯れてしまう原因、およびその対策も知り、ユッカ健康に美しく育てて楽しみましょう。

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

ユッカを剪定してサイズを整える

ユッカは剪定をおこなって大きさを整えましょう。剪定に適した時期や方法など、剪定に大切な情報をご紹介します。剪定をおこなってユッカを健康に美しく育てましょう。

ユッカの剪定時期

ユッカの剪定時期

ユッカの剪定は5月~7月ごろまでに済ませておきましょう。この時期に剪定をおこなっておくと、剪定によるダメージを受けにくいだけでなく、切った枝からユッカを増やして育てることもできます。

ユッカを剪定せずに放置しておくと、地植えの場合には3メートルから5メートルほどまで育ってしまいます。また、観葉植物として鉢植えで育てる場合でも、ユッカは2メートルほどまで育ちます。育てるスペースに限りがある場合や、理想とする形があるときには剪定により調整しましょう。

ユッカの剪定に必要な道具

ユッカの剪定をするにあたって、まずは剪定ハサミとの園芸用ノコギリを用意します。幹から伸びる枝は細いためハサミで切れますが、幹は太いためノコギリをつかわなければなりません。

ユッカに菌がつかないよう、ハサミとノコギリは剪定前にアルコール消毒液などの殺菌剤か火であぶるなどして殺菌しておきましょう。剪定した枝から雑菌が入り込み、病気にかかるのを防ぐことができますよ。

それから、切り口から雑菌が入らないように癒合剤を塗りこみますので、用意をしておきましょう。植物用癒合剤はホームセンターやガーデニングショップで取り扱いがあります。

ユッカの剪定方法

ユッカの剪定方法について紹介します。ただ幹を切るだけでなく、ひと手間でより美しく育てることができるので、剪定とあわせておこなってください。

1.剪定
ユッカは剪定した幹の切り口より少し下から枝を生やし、葉を茂らせます。そのため、枝を生やしたい場所の少し上あたりを切ります。

2.切り口の消毒
幹の切り口に癒合剤を塗り、ユッカが感染症や雑菌などにかかることを防ぎます。癒合剤がない場合には、傷口を防ぐという目的なら木工用ボンドを塗っても代用することができます。

3.葉落とし
古い葉は落ちず、黄色や茶色に枯れてからも枝についているので剥ぎます。また、日照不足や水不足などにより一部が茶色く変色した葉も色がわるい部分だけ切り取ると見栄えがよくなります。

ユッカの剪定が難しいときは

ユッカは幹から直接葉が生えているように見える独特な形状をしています。ご自宅のユッカをどこまで剪定すればいいのか、どこを切ればいいのかわからないときには、プロに依頼することもオススメです。プロの手でおしゃれで健康的に剪定をおこなってもらえます。

剪定をプロに依頼するとなると、木の大きさによって価格は変動します。大きければ高くなり、小さければお手頃になる傾向があります。ユッカの場合は最大で5メートルほどの高さになるため、1本あたりの相場としては以下のようになります。

  • 3メートル以下:3,000円から
  • 5メートル以下:7,000円から

この価格は剪定の作業費となり、業者に依頼するとなると消毒費や出張費、枝の処分を依頼する際には処分費が加算されていきます。いくらになるのか知りたい場合には、見積りをおこないましょう。業者によって費用の計算方法は異なるため、見積りによって違いを比べることができます。

見積りをおこないたいときには、弊社におまかせください。無料で現地での見積りをおこなっていますので、正確な見積額をご案内することができます。剪定の事でお悩みでしたらいつでもご相談ください。

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

観葉植物であるユッカの基本的な育て方

観葉植物として育てられることの多いユッカの基本的な育て方についてご紹介します。植物をきれいに育てるには日頃のお手入れがかかせません。参考にしてください。

水と肥料をあげる

水と肥料をあげる

・水やり
ユッカは乾燥に強いため、頻繁に水を与える必要はありません。頻度としては1週間に1度くらいがオススメです。ただし、冬は休眠期に入るので、土が乾燥したころに月に1度くらいの間隔でおこないましょう。

ユッカは水切れを起こして葉が落ちてしまったあとでも、水を与えることによって再び生長します。ですが、あまり水を与えすぎても根腐りが起きてしまいますので、少し葉が落ちたら水やりをおこなうなど、適度に調整してください。

乾燥が原因で枯れることはあまりないものの、葉が乾燥していると害虫が棲み付きやすくなってしまいます。葉の乾燥を防ぐために、1日1度は霧吹きで水を与えると害虫が寄りにくくなります。ハンディモップなどでホコリを払いながら霧吹きをすると、ツヤが出て健康的な葉になるでしょう。

・肥料
基本的には肥料を与えなくてもよいですが、生長を早めて大きくさせたいときには肥料を与えましょう。ユッカは春から秋が生長期となります。この時期に化成肥料を与えてください。

日に当てる

ユッカを屋外に植える場合、日陰か1日数時間しか日の当たらない半日陰を選んでください。ユッカは強い直射日光には弱く、西日に当たると葉焼けをおこしてしまいますので避けるようにします。

屋内で育てる場合には、日光が当たる窓際に置くと健康的な株に育ちます。ただし、直接クーラーが当たると葉が乾燥してしまうので、そのような場所に置くのは控えるようにしてください。

植え替え

鉢植えで育てている場合には、2年に1度ほど新しい大きな鉢に植え替えます。生長期である5~9月ごろにおこないましょう。鉢の底から根が出ていたら根詰まりを起こしていますので、一回り大きい鉢を用意してください。育てているうちに土も劣化していきますので、植え替えの際に新しい土を敷き詰めましょう。

挿し木で増やす

ユッカは挿し木をして増やすことができます。剪定後の切った枝でも挿し木として育てることは可能です。挿し木にする場合は5~10センチメートルほどに切り取りましょう。以下、挿し木のやり方をご紹介します。

  1. 1.挿し木としてつかう枝の葉を数枚だけ残してあとは剥ぎます。
  2. 2.挿し木としてつかう木の枝の切り口に発根促進剤を塗ります。
  3. 3.鉢に植えこみ、水をやって完了です。根が張るまでは倒れやすいため、割りばしなどで補助してください。

ユッカは大きく育つ

国内のユッカのほとんどは観葉植物として室内で育てられます。しかし、観葉植物だからといっても放置していると気づけば天井に届いてしまっていることも少なくありません。

原産であるアメリカ大陸では地植えにしていると、5メートルを超えるほど高くなります。国内で育てていても、放置していると同じだけ大きく育ってしまいます。

自分でサイズを保つためのお手入れをおこなうには、剪定が必要です。もし自分で剪定をするのが難しいというときには、プロに依頼してみましょう。弊社に連絡いただければ、お客様のお近くの剪定業者を派遣いたしますので、お気軽にご相談ください。

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

ユッカが枯れてしまう原因と対処法

ユッカは特別難しいお手入れはとくに必要なく、育てやすい樹木です。しかし、ユッカの特徴を知っておかないと、枯らしてしまうことがあるかもしれません。最後に、ユッカを枯らさずにのびのびと育てるコツをご紹介します。

直射日光に当たっている

直射日光に当たっている

ユッカは直射日光が苦手です。とくに夏の日差しや西日が当たると葉焼けを起こしてしまい、枯れる原因になってしまいます。地植えをおこなう際には、直射日光や西日が当たる場所は避けるようにしましょう。

だからといってまったく日の当たらない日陰で育てると、葉付きがわるくなり、あまり元気に育ちません。夏の間だけ日が当たらないように、遮光ネットを使用することもオススメです。

根が腐っている

ユッカは湿気が高い場所を好みません。そのため、土が乾いてないのに水をやりすぎてしまうと、根腐りを起こして枯らすことがあります。

根腐れは腐った根を刈り取り、植え替えをすることで解消できますが、元気な株となるのに時間がかかってしまいます。むやみに水やりをせず、土が乾いたころに水をやりましょう。

病害虫の被害を受けている

ユッカはハダニの被害を受けやすい植物です。ハダニは葉の裏について養分を吸っていく害虫で、被害を受けると葉の色がわるくなり、育ちもわるくなってしまいます。ハダニを見つけたら、殺虫剤を使用して駆除をおこないましょう。

ハダニは水に弱いため、葉を毎日霧吹きで濡らして予防することをオススメします。また、風通しがよい状態であればハダニは発生しにくくなるため、込み入った枝は剪定して、すっきりさせてください。

自分で剪定をする時間や自信がないというときには、プロにまかせてみるのもひとつの手です。近くに剪定業者があるのかわからないというときには、弊社におまかせください。ご要望にあう、お近くの剪定業者を派遣いたします。お気軽にご相談ください。

庭木の伐採・剪定でお困りなら、植木屋のプロ剪定110番まで
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test