剪定110番 トップページ > 剪定 > ヤツデの剪定|縁起のよいヤツデのお手入れ方法や毒性について解説

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

ヤツデの剪定|縁起のよいヤツデのお手入れ方法や毒性について解説

ヤツデは玄関の飾りや庭木に植えられることが多く、目にすることが多いためとても身近な植物です。縁起がいい・魔除け・金運アップの効果なども期待されているため、縁起のよい植物としても人気があります。

ヤツデは病気にも強く、水やりもさほどする必要がないため育てやすいという利点もあります。しかし、放っておくと育ちすぎて上部の葉が多くなってしまったり、日陰ばかりにいると下部の葉が黄色くなり落ちてしまったりと見た目にも悪くなってしまいます。

ここではヤツデを美しく保つため、剪定する方法やタイミング、正しい育て方について解説していきます。

ヤツデを剪定するタイミングと方法

ヤツデは手入れが簡単で、育てやすい植物として知られています。ですがそんなヤツデでも3年に1度の剪定は必要になりますので、ポイントをおさえて、上手に剪定をおこないましょう。

ヤツデの剪定時期はいつ?

ヤツデの剪定時期はいつ?

ヤツデは一般的な庭木のように、頻繁に剪定する必要はありません。逆に剪定を毎年おこなってしまうと成長が抑えられすぎてしまい、株全体の勢いが衰えてしまいます。3年に1度程度、剪定するだけで大丈夫です。

ヤツデの剪定をするうえで、適している時期は2月~3月の間、もしくは10月~12月の間といわれています。2月~3月の間は表皮がはがれにくく回復が早いため、ヤツデの剪定に適しているのです。

また10月~12月の間に葉の枚数を減らす剪定をおこなうことで、株の成長が適度に抑えられるため翌春に出てくる葉を小さめにすることができます。

どちらかの時期に合わせ、剪定をおこなうようにしましょう。また、3年を待たずとも高く育ちすぎた場合には、4月~6月の間に枝葉を軽く切り詰めるとよいでしょう。

ヤツデの剪定方法

ヤツデの剪定方法は「間引き剪定」「切り戻し」「葉切り」の3種類からなります。

【間引き剪定】
枝の生え際から切り落とし、枝の数を減らす剪定方法です。「透かし剪定」とも呼ばれています。ほかにも、古くなった幹を株元から間引く方法もあり、幹の数を3~5本程度になるように間引くことで見た目にもスッキリさせることができます。

【切り戻し】
枝を根から3分の1ほどの高さのところで切る方法です。枝を根元から切ってしまうのではなく、3分の1残すことで健康な幹を保つことができます。

【葉切り】
ヤツデは大きな葉が特徴ですが、そのため圧迫感も感じることがあります。そこで大きな葉を減らし全体をコンパクトにする方法です。このとき、古い葉は切り落とし、上部の葉を3枚ほど残すようにしましょう。

ヤツデを種や挿し木で増やしてみよう

ヤツデは種まきと挿し木で増やすことができます。

≪種まきでの増やし方≫

ヤツデの種は秋に採取することができます。花が咲き終わった後、果肉ができるのでその中から種を取り出します。種をまくのに適した時期は3~4月ですので、それまで乾燥させないように保存しておきましょう。

種の保存方法として、少し湿らせた川砂に種を混ぜ、ビニール袋に入れ冷蔵庫で保管するのがおすすめです。

≪挿し木での増やし方≫

挿し木に適した時期は7~8月です。若い枝の先を10センチほどに切り、切った枝の葉は上部数枚を残して取り除いてください。残した葉は半分に切っておきます。

赤玉土を使用し、赤玉土に枝を指して発根するまで管理します。このとき、土が乾かないように注意しましょう。根と葉が成長してきたら、鉢植えや地植えに根替えてください。

剪定やお手入れ法で迷ったら……?

ヤツデはとてもお手入れが楽な植物ではありますが、それでも剪定や最低限のお手入れは必要になります。剪定方法は3種類あるため、どの方法で剪定したらいいのかわからない、手入れが難しいと感じた場合は業者に依頼するのもおすすめです。

自分で剪定するのに自信のない方も、剪定のプロに依頼すればヤツデを美しく剪定してもらうことができます。縁起がよく、魔除けや金運アップの効果が期待できる植物ですから、大切に美しく飾っておきたいですよね。

ヤツデの剪定費用は木の高さによって変わります。ヤツデは2~4メートルの高さに育ちますので、その高さに合わせた費用相場をご紹介します。

  • 【0~3m未満】・・・1本1,000~5,000円
  • 【3~4m未満】・・・1本4500円~7000円

弊社ではお客様のご要望に沿った業者をご紹介しております。365日24時間電話にて受付しておりますので、お気軽にご利用ください。

ヤツデの育て方は簡単!基本のお手入れ方法

ヤツデは「八つ手」と書くように、7~8枚に分かれた大きな葉が特徴で、その葉は肉厚で光沢もあります。育て方は簡単でお手入れも楽な植物です。ヤツデの正しい育て方について、見ていきましょう。

ヤツデは縁起のいい植物

ヤツデは縁起のいい植物

ヤツデは古くから、縁起のいい植物として玄関先や店先などに飾られてきました。人間の手のような葉の形状から、「人をたくさん招く」「千客万来」などの縁起を担ぎ、飾られるようになったといわれています。

またヤツデは別名「天狗の葉団扇(テングノハウチワ)」と呼ばれ、天狗が手にもっている大きな葉はヤツデの葉といわれています。ヤツデを手にもつ天狗は、ヤツデの大きな葉で魔物を払い、厄を払うともいわれています。

そのため、ヤツデは縁起のほかにも魔除けの効果があると信じられてきました。風水的にも「家にヤツデを植えれば外からの邪気を防ぐ」とされ、玄関や西の方角にヤツデを植えれば「金運アップ」の効果も期待できるようです。

そんな、縁起・魔除け・金運アップを兼ね備えた植物ですから、大事に育てていきたいですね。

ヤツデが好む環境

ヤツデは「陰樹(いんじゅ)」に分類される植物のため、強い日差しを嫌い半日陰などジメジメしたような環境を好みます。

強い日差しにさらされ続けると、葉焼けなどの原因になりますので植える場所には注意が必要です。日差しに弱いからといって一日中、日の当たらない場所に植えると、下葉が黄色くなり落ちてヒョロヒョロになってしまいます。

目安としては、1日に2~3時間程度日が当たるような半日陰か、明るい日陰が理想的です。室内の場合でも、半日陰のスペースを選ぶなど、日当たりに十分注意しましょう。

ヤツデの水やりや肥料は必要?

庭植えならば水やりは不要です。雨水だけでほとんど水やりはしなくてもいいため、手間のかからない植物といえます。基本的には水やりは不要ですが、真夏など目に見て土が乾燥してしまっている場合などは、水をあげてください。

ヤツデを鉢植えで育てている場合は、一般的な樹木と同じように水やりをする必要があります。鉢の土の表面が乾いたら、水をあげましょう。

ヤツデで気をつけたい病害虫

ヤツデはとても病気に強い植物ですが、「カイガラムシ」という病害虫がついてしまう場合があります。カイガラムシは気温が高くなる5~7月頃に発生し、ヤツデの樹液や葉の水分を吸い、株を弱らせてしまう虫です。

このカイガラムシをそのまま放置してしまうと、その排泄物から「すす病」という病気まで発病してしまう恐れがあります。そのため、カイガラムシを発見した際はすみやかに駆除することをおすすめします。

カイガラムシの駆除方法として、幼虫のうちならば殺虫剤の使用が有効です。しかし、成虫になると殺虫剤が効かないため、成虫を見つけたらすぐに歯ブラシで落としたりガムテープを使ったりして駆除するようにしましょう。

ヤツデの意外な使い道と毒性について

ヤツデは、縁起や魔除けなどおまじない的な効果のほかにも、さまざまな使い道があります。ですが意外な使い道がある一方、ヤツデには毒性があるため、使い方を間違えると危険な植物でもあるのです。

危険性があるということを理解したうえで、正しく育てていきましょう。

ヤツデがもつ毒性とは

ヤツデがもつ毒性とは

ヤツデには「ヤツデサポニン」という少量の毒が葉や根、茎に含まれています。そのため、人間や動物がヤツデを誤って口にしてしまうと、腹痛や下痢、嘔吐などの体調不良を引き起こしてしまう危険性があります。

特に小さい子どもやペットは、わからず口にしてしまう可能性もありますので、ヤツデに近づかないように十分注意しましょう。

昔は虫よけとして使われていた

ヤツデには危険な毒が含まれていますが、昔はこの毒性を利用しヤツデの葉で殺虫剤を作っていたようです。虫はヤツデの毒を感じると近寄らなくなるため、大事な虫よけアイテムとして利用されてきました。

乾燥させたヤツデの葉は薬に使われることも

ヤツデの葉には毒のほかに「ベータアファトシン」「サポニン・アルファアファトシン」と呼ばれる薬用成分も含まれています。ヤツデの葉っぱを乾燥させて作る薬は「八角金盤(ハッカクキンバン)」といわれ、咳止め・去痰などの治療に利用されています。

ヤツデは育てやすく、手入れもしやすい植物です。またその葉の形から縁起がよく、魔除けや金運アップのアイテムとしても人気があります。

お手入れしやすいとはいえ、最低限の剪定は必要になりますので3年に1度程度、キレイに整えてあげましょう。そのとき、ご自身での剪定に不安がある場合は業者に依頼することをおすすめします。

弊社のサービス「剪定110番」でも、剪定などさまざまなご相談をお受けいたしております。ヤツデの剪定について何かお悩みがありましたら、いつでもお電話ください。

庭木の伐採・剪定でお困りなら、植木屋のプロ剪定110番まで
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test