剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > もみの木の剪定|小さく整える剪定・お手入れ・枯れる原因について

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

もみの木の剪定|小さく整える剪定・お手入れ・枯れる原因について

もみの木は剪定をしなくても育つ植物ではありますが、とても大きくなりやすく、枝も密集しやすいため、「美しく健康に育てる」場合は剪定が必要です。剪定せずにもみの木を育てると、枯れ・変色がおこったり、害虫が発生したり、大きくなりすぎて近隣の土地に入り込んでしまったりと、トラブルも起きやすくなります。

この記事では、もみの木の剪定方法やお手入れ方法についてご紹介します。もみの木を自分で上手に育てたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

なお、先述のとおりもみの木は大きくなりやすく、枝も増えやすいため、剪定には大変な労力が必要です。剪定に不慣れな方の場合、自分でやろうとするよりも、業者に依頼するほうがデメリットが少ないです。業者に作業を任せると、お客様にとっては時間も手間も、身体への負担や危険もなくなります。自力で確実に剪定しきる自信がない場合は、業者への依頼をご検討ください。

プロに任せてすばやく・安全・キレイに剪定!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

もみの木の剪定時期と方法

まずは、もみの木の剪定時期と剪定方法について見てみましょう。剪定を業者に依頼する場合の費用相場についても、あわせてご紹介します。

もみの木の剪定は必要?

もみの木の剪定時期と方法

もみの木は剪定をしなくても成長しますが、剪定はしたほうがよいと言えます。もみの木を剪定せずに育てると、枝が伸びすぎてしまったり、変な方向に生えてしまったりすることがあるためです。

「もみの木をより美しい状態に保ちたい」という場合は、定期的に軽めの剪定をおこなってみましょう。もみの木は必ず一年ごとに剪定がしなければいけない植物ではないので、剪定が必要かどうかは、状況に応じてそのつど見極めましょう。

また、「クリスマスツリーにしたいので、大きすぎると困る」といった理由がある場合は、剪定によって大きさをコントロールすることもできます。

もみの木の剪定時期

枝の先端を切る程度の軽めの剪定ならば、年中いつでもできます。気になったときにこまめにおこなうと、もみの木の形やサイズを微調整できるのでおすすめです。

太い枝も切り落とすくらいしっかりとした剪定(強剪定)は、木の生長のスピードが緩やかになる冬におこなうのがよいです。10月~翌年3月くらいの時期にしましょう。12月のクリスマスの前に剪定しておくと、美しい樹形のクリスマスツリーとして使うことができます。

もみの木の剪定方法

もみの木の剪定のひとつに、「小透かし剪定」と呼ばれる方法があります。サイズが小さめ~中くらいの枝をこまめに剪定することで、葉や枝の密度を下げる方法です。これによって、日照性や通風性を維持でき、もみの木が健康に育ちます。

ただし、たとえ小透かし剪定であってもやりすぎると樹木へ負担がかかるため、もみの木が枯れてしまう原因になることもあります。ついつい枝を切りすぎてしまわないよう、気をつけましょう。

強剪定をおこなう場合

強剪定とは、太めの枝を大胆にたくさんカットする剪定のことです。もみの木の樹形をより美しく整えたいという場合は、 強剪定をおこないましょう。

強剪定は太い枝を切り落とす作業なので、樹木にはとても負担がかかります。剪定に不慣れな方が手探りで作業をおこなうと、もみの木が弱って枯れてしまうおそれも十分にあります。

強剪定は未経験者には難しいので、小透かし剪定をこまめにおこなうことで、樹形を維持するようにしましょう。

もみの木の剪定を業者依頼するには?

ここまでご説明してきたとおり、もみの木の剪定は、失敗すると樹木を枯らす原因にもなりうる難しい作業です。剪定業者へ依頼するにあたり、料金が気になるという方もとても多くいらっしゃることでしょう。

【剪定費用相場】(もみの木1本あたり)

  • 高さ3メートルまで:1,000円~5,000円程度
  • 高さ5メートルまで:4,500円~9,000円程度
  • 高さ7メートルまで:9,000円~20,000円程度

上記からもわかるとおり、剪定費用の相場には幅があります。これは、剪定の費用が地域や業者によって異なるためです。また、上記価格にゴミ処分代や重機使用料などが上乗せされることも少なくありません。

ご自分の依頼ではどのような料金になるか、正確なサービス内容と金額を正確に確認したいのであれば、業者から見積りを取る必要があります。また、一社からだけしか見積りを取らないと、その業者が正しい金額設定なのかを判断できないため、複数の業者から相見積りを取るとより安心です。

できるだけ安い、よい剪定サービスをお探しの方は、ぜひ一度、弊社の無料相談をご利用ください。弊社は、多くのお客様からご好評をいただき、価格満足度第1位をいただいております。ご契約より前であればキャンセル料もかからず、他社との相見積りも歓迎しております。どうぞお気軽にご相談くださいませ。

ご契約前はキャンセル料0円! 無料見積りのご相談はこちら
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

もみの木を健康的に育てるお手入れ方法

もみの木を健康的に育てるためには、剪定以外のお手入れも必要です。ここでは、剪定以外でやっておきたい、もみの木のお手入れ方法についてご紹介します。

もみの木が好む環境

もみの木を健康的に育てるお手入れ方法

もみの木を健やかに育てるためには、ストレスの少ない環境を整えてあげることが大切です。もみの木は夏の暑さや湿気に弱いという特徴があるため、高温多湿な場所への設置は避けましょう。すでに枝が密集している場合は剪定をして、湿気がこもらないようにしましょう。

また、もみの木は暑さに弱い一方、日当たりのよい場所を好む性質もあります。四季の気候に合わせて場所を変えられる、鉢植えで育てるのもおすすめです。

鉢植えで育てると、もみの木の根があまり増えなくなるので、庭植えのもみの木と比べて生長のスピードが遅くなります。つまり、鉢植えのもみの木には、剪定はそれほど頻繁におこなわなくてよいのです。

水やり

もみの木は湿気を苦手とする一方で、乾燥にも弱い植物です。土が乾いてしまっていると感じたら、すぐに水をあげましょう。日差しが強くなる夏場は地面が乾燥しやすいので、とくにこまめな水やりが大切です。

肥料

新芽が出はじめる春の時期(3月~5月頃)に、少し生長が遅れていると感じた場合は、肥料を与えるとよいでしょう。生育に問題がない場合は、肥料はあげずにそのまま育てれば、元気に育ってくれます。

クリスマスに室内に入れる場合は?

もみの木はクリスマスツリーとして活用されることも多いです。もみの木をクリスマスツリーに使おうとすると、屋外で育てている木をいつ室内に入れるか悩むこともあります。

もみの木は屋外で育てたほうがよく育つ植物なので、早い段階から室内に移動させると、枯れたり、色が変わったりすることがあります。したがって、クリスマスシーズンも、もみの木はなるべく直前まで屋外で生育し、クリスマス当日の2~3日前になったら室内に入れるようにしましょう。もみの木のてっぺんにお星さまを飾りつけて楽しんだら、クリスマスが終了次第すぐに屋外に戻してあげてください。

もみの木が大きくなりすぎたら……

もみの木は、放っておくとすぐに伸びて背が高くなってしまう木です。高くなりすぎた木は、剪定をするのにも高所での作業になるうえ、剪定後に出るゴミもとても多く、作業から後片付けまで本当に骨が折れます。とくに樹高が高くなりやすいもみの木は、剪定業者に形を整えて、後片付けまでしてもらうのがおすすめです。

弊社では、無料お見積りの際も後片付けなど諸作業が含まれた金額をしっかりとご提示し、あとから追加料金がかかることはありません。また、剪定後の木の形が理想通りになったかどうかの部門で第1位もいただいております。大きなもみの木の剪定が手間だと思ったら、一度お気軽に弊社へご相談ください。

お見積り時の金額で、準備・後片付けもしっかりおこないます!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

もみの木が「枯れる・変色する」3つの原因

もみの木は、正しいお手入れをおこなっていないと、枯れたり変色したりすることがあります。ここからは、もみの木が枯れる・変色する主な原因3つをご紹介します。

【原因1】水やりが足りない

もみの木が「枯れる・変色する」3つの原因

もみの木は湿気にも乾燥にも弱い、少しデリケートな植物です。湿気をおそれるあまりに水やりを控えてしまうと、もみの木が枯れてしまったり変色したりすることがあるので注意しましょう。

夏場の湿気と乾燥を同時に防ぐためには、水やりの時間帯がポイントとなります。日照りが強い昼間に水やりをおこなうと、そのまま「蒸れ」につながることがあるので、早朝もしくは夕暮れどきにおこなうようにしましょう。

「水やりは1日に〇回」といった決まりはありませんが、地面が乾いていたらなるべく水をあげると、もみの木が健康に育ってくれやすいです。

【原因2】水のやりすぎ

前述のとおり、もみの木は湿気に弱い樹木です。水やりをおこないすぎても枯れてしまうことがあります。水を与えすぎると、根が腐ってしまうことがあるのです。

水を過剰に与えてしまわないように、「雨が降った日は水を与えない」「土が乾いているときだけ水をあげる」など、臨機応変な対応を心がけましょう。

【原因3】害虫の被害

アブラムシなどの害虫の大量発生によっても、もみの木は枯れてしまうことがあります。もし葉っぱに変色や食害といった異変があったときや、実際に害虫を目にした際は、すぐに植物用の殺虫剤などで駆除するようにしましょう。植物用殺虫剤は、ホームセンターなどで手軽に購入することができます。

一度枯れてしまったもみの木を復活させることは、難しいものです。定期的に樹木の状態を確認し、重大な被害に陥ってしまう前に対処するようにしてください。

鉢植えの場合に気をつけたいこと

もみの木を鉢植えで育てている場合は、設置場所にも注意が必要です。もみの木を健康的に育てるためには、十分な日光が必要となります。きちんと日光があたる場所を選んで設置してあげるようにしましょう。

また、鉢植えの場合、木が生長していくにつれて鉢のサイズが合わなくなってくることがあります。小さい鉢を使っていると根が詰まってきてしまうので、少し大きめの鉢に植え替えましょう。

このように、もみの木のお手入れはなかなか大変です。水やりや日当たりの問題はご自分で工夫できますが、意外と弱りやすいため注意しましょう。

もみの木を健康に育てるためのお手入れについては、ぜひ一度弊社にお気軽にご相談ください。もみの木の剪定だけでなく、木の周囲の下草を除草して水はけをよくしたり、適切な肥料や防虫薬剤をしようするなどして、よりもみの木が育ちやすい環境を整えることができます。お見積りや現地調査は無料ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

【コニファーの剪定・お手入れに関する記事はこちら】

【庭木の手入れ方法】ゴールドクレストの剪定のコツと時期|ハサミが苦手という特徴に注意!
コノテガシワの剪定は年に一度!正しい方法や害虫の被害について
ニオイヒバの剪定は必ずやろう!正しい方法・時期とは|育て方も解説
ヒバの剪定は新芽の季節にあわせて!枯らさずに剪定するポイントとは
メタセコイアの剪定をしよう!美しい紅葉を楽しむための育て方
イチイの木の剪定は定期的に!剪定時期やキレイに剪定するコツとは
イトヒバの剪定|生い茂っている状態からサッパリさせる剪定方法
【生垣・庭木】レッドロビンの剪定方法・時期|バリカン利用のコツや日々の手入れ&気をつけたい病気を紹介
ベニカナメモチの剪定方法と時期|生垣の手入れ方法・病気情報を紹介!レッドロビンとは同じ樹木?
キンメツゲは生垣に最適!美しく形を整える剪定やお手入れ方法まとめ
生垣の剪定|想定外の重労働?時期や方法とメンテナンスに必要な作業
トキワマンサクの剪定|生垣にも庭木にもおすすめ!育て方も解説
ラカンマキの剪定はやりすぎ注意!方法と時期を守って美しい見た目に
マキ(槙)の剪定方法と時期|まきの木の特徴を押さえて正しく栽培しよう!
イヌマキの剪定は年2回がベスト!元気に育てるコツもご紹介します

庭木の伐採・剪定でお困りなら、植木屋のプロ剪定110番まで
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問