剪定110番 トップページ > 剪定 > レンギョウの剪定|美しい花が咲くお手入れ法と枯れる原因への対処

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

レンギョウの剪定|美しい花が咲くお手入れ法と枯れる原因への対処

春の季語にもなっているレンギョウは、4月前後になると美しい黄色の花を咲かせます。葉がつく前に花をつけるので、枝いっぱいに咲いた黄色の花を楽しむことができるでしょう。

そんなレンギョウを育てるには、剪定が欠かせません。剪定をせずに放っておくと、レンギョウが病気にかかったり、弱ったりしてしまうのです。そのため、レンギョウを長く楽しむには、適切な方法で剪定をすることが重要になります。

そこで、今回はレンギョウの剪定方法についてご説明します。よろしければ、剪定の際に参考にしてみてください。

レンギョウの剪定時期と方法

レンギョウは成長する力が強いので、放っておくと枝が伸び放題になります。枝が伸びていると樹形が悪くなったり、木が弱ったりするので、定期的に剪定しましょう。そこで、以下ではレンギョウの剪定時期と方法をご説明します。

レンギョウを剪定する必要性

レンギョウを剪定する必要性

レンギョウは枝が伸びすぎると、長い枝に栄養を奪われて弱ってしまうことがあります。また、長い枝があることで通気性が悪くなり、病気が発生する原因にもなるのです。そのため、適度に枝を短くするとよいでしょう。

レンギョウの剪定時期は花が咲いた後

レンギョウの剪定は4月の終わりがけから5月前後の、花が散ってすぐのタイミングでおこないます。花が散ってから1か月足らずで、翌年の花の芽がつくので、6月以降に剪定すると花の芽を切り落としてしまうおそれがあるのです。そのため、花の芽がついていない5月前後に剪定をすることで、翌年もたくさんの花を咲かせられるでしょう。

レンギョウの剪定方法

レンギョウの剪定ではおもに、長く伸びすぎた枝を短く切り戻します。全体的な樹形を確認しながら、少し深めに枝を切り戻してください。仕上げたい樹形より深く切り戻さないと、すぐに新しい芽が生えて、長い枝が出てしまうのです。枝の長さを整えることで、樹形も美しく仕上げることができるでしょう。

また、木の内部に枝が多い場合は、根元から剪定して枝数を減らします。枝数が多いと湿気が強くなり、病気が発生しやすくなるのです。梅雨になって湿度が高くなる前に、枝数を減らして風通しをよくしておきましょう。

どこまで剪定したらいいか分からない場合は?

レンギョウの風通しをよくしたり、樹形を整えたりするには剪定が欠かせません。しかし、具体的な剪定加減が分からない、と思う人もいるでしょう。

レンギョウの剪定に不安があるときは、業者に依頼をするのもおすすめです。剪定知識の豊富な業者なら、レンギョウを正確に剪定してくれるでしょう。また、業者の剪定を見ておくことで、自力で剪定する際の見本になるかもしれません。

業者に依頼をするなら、まず費用の相場を知っておきましょう。費用相場を把握しておくことで、適正価格で依頼できる業者を見つけられるのです。以下に、剪定を依頼したときの費用相場についてまとめてみました。

  • 3メートル未満:約3,000円~5,000円前後
  • 3~5メートル:約6,000円~8,000円前後
  • 5メートル以上:約15,000円~18,000円前後

 

剪定の料金は、おもに木の高さで決まります。しかし、業者によっては時給制や日給制でおこなう場合もあるので、依頼をする前に業者のホームページを閲覧するなどして確認してみましょう。

レンギョウの花を咲かせるお手入れ方法

レンギョウの美しい花を咲かせるには、日常的な木の手入れと栄養も大切です。元気に育てるためにも正しい育て方を知っておきましょう。以下ではレンギョウの育て方をご紹介します。

レンギョウの特徴

レンギョウの特徴

レンギョウは春になると、小さな黄色の花をたくさん咲かせます。明るく華やかな見た目は「ゴールドベル」という別名にふさわしく、庭木や生垣にすると絢爛な景色を楽しむことができるでしょう。

また、樹高もあまり高くなく、大きくても3メートル前後にしかなりません。大きく育ちすぎてしまう心配もないでしょう。

レンギョウの種類

レンギョウには、おもに3つの品種があります。それぞれ樹形や花のつき方が違うので、自分好みの品種を見つけて育ててみるのもおすすめです。

 

  • シナレンギョウ:花と一緒に葉をつけるので、黄色と緑の色合いを楽しめます。
  • チョウセンレンギョウ:枝が下向きに曲がりやすいので、しだれたような枝ぶりが特徴です。
  • アイノコレンギョウ:明るい黄色の花をつけますが、花数がやや少ない傾向にあります。

 

どの品種も黄色の花を楽しむことができるので、庭木として育てるのにおすすめです。園芸店や通信販売でも販売されているので、簡単に入手できるでしょう。

レンギョウのお手入れ方法

レンギョウが花を咲かせるには、水と肥料が欠かせません。以下ではレンギョウに合った育て方についてご説明します。

・水やり

レンギョウは乾燥に強いので、普段は水を必要としません。しかし、夏のような乾燥する時期は水不足になりやすいので、水を与えます。水の温度が高いと根を傷めるため、水やりは朝や夕方など気温の低い時間帯にしましょう。

・肥料

春先は木の栄養が不足しがちなので、冬のうちに有機肥料を与えておきましょう。冬の間は木が養分の吸収をストップさせるため、春に土壌に十分な栄養がないと弱ってしまうことがあるのです。

また、花が散ってからの5月前後には、粒状の化成肥料を与えます。花が散った後、花芽をつけるのに十分な栄養が必要です。花芽がつく前に化成肥料を与えておけば、翌年もたくさん開花させられるでしょう。

レンギョウの剪定後・生け花後の枝で増やす方法

レンギョウの剪定後や、生け花に使った枝は、挿し木として利用できます。挿し木とは、木の枝を土にさして、そのまま苗として育てる方法です。そこで、以下ではレンギョウを挿し木にする方法についてまとめました。

 

  1. 1.生えてから1年前後の若い枝を選ぶ
  2. 2.15センチ前後の長さに切る
  3. 3.切り口を30分~1時間ほど水につける
  4. 4.切り口に発根剤をつける
  5. 5.枝の下半分についた花や葉を取る
  6. 6.鉢の中に水はけのよい赤玉土を入れておく
  7. 7.枝を半分まで土に挿す
  8. 8.日当たりのよい場所に置き、まめに水を与えて育てる
  9. 9.葉が5枚ほど生えてきたら成功

 

枝を切るときには、切り口が斜めになるようにカットしてください。水を吸う切り口が大きいほど、根が出やすくなります。

レンギョウが枯れる原因は何?

レンギョウは枯れにくい性質の木ですが、病気や害虫が発生すると枯れてしまうことがあります。とくに、うどんこ病という病気はレンギョウに発生しやすいのです。そこで、以下ではレンギョウにつく病害虫の特徴と、防除方法について説明します。

【病気】うどんこ病

【病気】うどんこ病

うどんこ病とは、葉の表面に粉のようなカビがつく病気です。うどんこ病にかかると、葉の光合成が妨げられるため、最悪の場合は木が枯れてしまうのです。高温多湿な環境で発生しやすいので、定期的に剪定をして、湿度が上がらないように対策しましょう。

【害虫】カイガラ虫

カイガラ虫はレンギョウの幹や枝に寄生します。群れで発生して樹液を吸うので、木が弱りやすくなるのです。専用の乳剤で駆除するか、剪定して枝ごとカイガラ虫を取り除きましょう。

予防するために剪定で風通しをよくしよう!

剪定していない木の内部は日当たりや通気性が悪く、高温多湿になるため、病害虫が好む環境になります。レンギョウの剪定をして風通しを改善し、病害虫を予防しましょう。

しかし、自力でできるか不安な人もいるかもしれません。もし、剪定が難しいと感じた場合は、無理せず業者に任せるのをおすすめします。業者に剪定をしてもらうことで、レンギョウを健康に保つことができるでしょう。

レンギョウの剪定をお考えの場合は、私たち剪定110番にご連絡ください。剪定110番で手配させていただく業者には、病害虫の予防にも対応している場合が多いのです。剪定110番は24時間いつでもお電話をお待ちしていますので、よろしければお気軽にご相談ください。

まとめ

レンギョウは春になると黄色い花を咲かせるため、庭木にすることで美しい風景を楽しむことができます。しかし、レンギョウの花を長く楽しむには、剪定が必要不可欠です。レンギョウの枝が伸びたままになっていると、栄養を

奪われて花つきが悪くなったり、木が弱ったりします。

また、レンギョウの剪定をしないと湿気がこもり、病害虫の温床にもなります。そのため、定期的に剪定をして通気性をよくしましょう。剪定したレンギョウの枝は挿し木の材料や生け花として楽しむことができるので、収穫もかねておこなうのもいいでしょう。

もし、レンギョウの剪定が大変だと感じた場合は、業者に依頼をするのもおすすめです。経験を積んだ業者に任せることで病害虫を予防し、レンギョウを美しい形に仕上げることができるでしょう。

庭木の伐採・剪定でお困りなら、植木屋のプロ剪定110番まで
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test