剪定110番 トップページ > 剪定 > ブラシの木の剪定方法と時期はいつ?元気に育てる6つのコツ

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

ブラシの木の剪定方法と時期はいつ?元気に育てる6つのコツ

ブラシの木は、南国を彷彿とさせる独特の雰囲気をもっていることで人気が高いため、お庭で育てたいというかたも多いことでしょう。このブラシの木は、剪定を毎年おこなわなくてもある程度樹形を保って生長します。さらに、病害虫の被害が非常に少なく、乾燥にも強いという性質をもっています。そのため、ガーデニング初心者のかたでも育てやすい樹木なのです。ただし、このブラシの木を元気よく育てるためには、少しコツがいります。

そこでこの記事では、ブラシの木を元気に育てるための、剪定方法や温度管理などといった育て方のコツをご紹介します。この記事を読んで、自宅の大切なブラシの木の剪定を正しくおこない、健康的に育てていきましょう。

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

ブラシの木の剪定方法と時期について

ここでは、ブラシの木の剪定方法や剪定をおこなうのに適した時期をご紹介していきます。ポイントを押さえて剪定することで、ユニークできれいな花を咲かすことができるので、しっかりと確認してください。

ブラシの木の剪定方法と時期

ブラシの木の剪定方法と時期

ブラシの木は、剪定をある程度怠っても樹形が乱れることが少なく、ある程度きれいなまま生長していきます。そのため、剪定の頻度は少なくても大丈夫です。ただし、健康的に生長させて美しい花を咲かせるために、剪定はおこなったほうがよいのです。

剪定の適期は3月の上旬になります。新芽が伸び始めてから剪定をおこなってしまうと、花が咲かなくなってしまうため注意が必要です。さらに、寒さには弱いため、寒い時期の剪定は絶対にやめましょう。寒い時期に剪定をおこなうと、霜や寒気によって樹木が弱ってしまい、ひどい場合には枯れてしまうおそれがあります。

・透かし剪定
ブラシの木の剪定をおこなうときは、透かし剪定という方法が適しています。細くて弱弱しい枝や枯れている枝などを、根元から切り落としていきましょう。次に、理想の樹形から大きく飛び出した枝も切り落として、全体の形を整えましょう。最後に、改めて樹木全体を見渡してみて、まだ枝が込み入っている部分があれば透かすように切って、作業完了です。

花が咲かないのは剪定が原因?

ブラシの木の花が咲かないというときは、「剪定の仕方や時期が悪かった」「樹齢がまだ若い」「植え替えなどの環境の変化」などの原因が考えられます。剪定の失敗によって花が咲かなくなることは、誰もが避けたいことでしょう。そこで、剪定に不安があるというかたは、剪定のプロに依頼してみてはいかがでしょうか。

剪定業者に依頼してかかる費用

剪定をプロに依頼する前に抑えておきたいのが費用相場だと思います。ここでは、ブラシの木の剪定を業者に依頼した場合に、どれくらいの料金がかかるのかをご紹介していきます。

ブラシの木は低木に分類されるため、樹高はおよそ1メートルから3メートルほどになります。そのため、業者に依頼したときの料金は、低木料金の相場である「約3.000円~」くらいになるでしょう。また、業者によって料金に違いがある場合や出張料金、ごみ処分代、駐車場代などが追加でかかる場合もあるため、依頼する前に確認しましょう。

弊社は、お電話によるご相談や現地でのお見積りを無料でおこなっておりますので、料金体系の透明度が高く安心できます。ぜひ一度、弊社にご相談ください。

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

ブラシの木の特徴と元気に育てる6つのコツ

名前のとおり、ボトルブラシのような花を咲かせることで有名なブラシの木ですが、その独特で鮮やかな見た目や育てやすさから、人気の高い樹種です。ここではそんなブラシの木の特徴や、元気よく成長させるコツをわかりやすくご紹介していきます。

ブラシの木の特徴

ブラシの木の特徴

ブラシの木はボトルブラシのような形のユニークで色鮮やかな花を咲かせるという特徴をもった木です。開花時期は5月~6月ごろで、開花後すぐに落ちてしまうという儚さがあります。

葉は、長さが10センチメートルほどの楕円形をしており、先端はとがっています。マキという植物の葉と似た特徴を持っているため、「花槇(はなまき)」とも呼ばれています。

ブラシの木は実も特徴的な付き方をします。花が咲いた後に、枝に直接くっついた形で実がなります。これは害虫の卵のような形をしているで、誤って取ろうとする方が非常に多いです。この実は数年間枝にくっついた状態で生育し、発芽する能力もそなえています。自生しているブラシの木は、近くで火事が起きた際などに、この実をはじけさせて種を撒き、ほかの植物よりもスピーディーに子孫繁栄をおこなうようです。

その1|幼木は寒さに弱いので、防寒対策をしよう

ブラシの木は暑さや乾燥には強い反面、寒さには弱いので寒さの厳しい地域などでは冷たい風にさらされないような場所で育てるとよいです。とくに苗が幼いときは、寒さへの耐性がいっそう低いため、より強固な防寒対策が必要となります。寒冷地で育てる場合は鉢植えで育てるようにして、寒さが強まってきたら鉢ごと屋内へ移動してあげましょう。

その2|肥料のあげ過ぎに注意!

ブラシの木は、生長するのに多くの肥料を必要としません。地植えで育てている場合は、1年に1度、2月ごろの寒い時期に寒肥(かんごえ)として効果がゆっくり長く効く緩効性の固形肥料を与えるとよいでしょう。

鉢植えで育てている場合は、年に2回肥料を与えます。上記と同様に寒肥を与えるのに加えて、春に追肥(ついひ)を与えるとよいです。これらの肥料の量は少なめにしておくとよいでしょう。肥料の与えすぎはかえって花付きを悪くするおそれがあります。

その3|日光に当てて、間延びするのを防ごう

ブラシの木は日当たりがよい場所や明るい日陰という環境でよく生長します。日陰でも耐性が強く枯れることは滅多にないですが、日照量が不足すると間延びしただらしない樹形になってしまいます。そうならないためにも、日当たりがよく風通しのよい場所で育てましょう。ただ、強風で枝や幹が折れてしまうこともあるので、強い風の吹いている日は風よけなどの対策を講じるとよいです。

その4|植え替えは「根詰まり」した場合のみしよう

ブラシの木を鉢植えで育てるときは「根詰まり」を起こした場合のみ植え替えをおこないましょう。ブラシの木は移植を嫌う性質をもっているので、植え替えを何度もおこなうと弱ってしまいます。

およその目安は2年~3年に1度のペースです。そのペースで植え替えをおこなっていけば「根詰まり」を起こさずに育てていくことができるでしょう。また、植え替えをするときは、根鉢からできるだけ土を落とさずにスムーズにおこなうと、ブラシの木に対するダメージを抑えることができます。植え替え直後のブラシの木は大変デリケートです。しっかりと根を張るまでは、日当たりと風通しのよい場所で管理し、適度に水を与えましょう。

その5|鉢植えの用土は、赤玉土と腐葉土が6:4

鉢植えで育てるときは赤玉土が6割、腐葉土が4割という比率で混ぜ合わせた土壌が、生育に適しています。地植えで育てている場合は、水はけがよく栄養が豊富な、中性からやや酸性の土壌でよく育つため、植え付けの前に堆肥などを混ぜこんで生育に適した土壌を作り上げましょう。

その6|不要枝を切って、花付きを良くしよう

ブラシの木は、剪定をある程度おこなわなくても自然に樹形が整う樹木です。そのため、剪定の手間が少なく、ガーデニング初心者でも比較的育てやすいという特徴があります。ただし、細くて弱弱しい枝や根元から生えている枝や枯れている枝は切除しましょう。ほかにも、樹木のシルエットから大きく飛び出した枝、枝が混み合っている部分などの不要な枝を切り落とすとよいです。不要枝をしっかりと切ることによって、花付きがよくなります。適切な剪定をおこなうことが望ましいのです。

弊社では24時間365日、時間を問わず剪定に関するあらゆるご相談を承っております。ブラシの木の剪定に関しても、丁寧な対応をさせていただくことが可能です。プロの剪定業者が多数加盟していることから、ご要望に合った業者を迅速に手配させていただくことができます。ブラシの木の剪定から、ほかの剪定に関するお悩みがあれば、ぜひご連絡ください。

庭木の伐採・剪定でお困りなら、植木屋のプロ剪定110番まで
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test