剪定110番 トップページ > 剪定 > キウイの剪定時期と方法|人工授粉・摘果・収穫も自分でやってみよう

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

キウイの剪定時期と方法|人工授粉・摘果・収穫も自分でやってみよう

キウイの剪定は、年2回おこなう必要があります。なぜなら、成長するスピードが早いため、放置しておくと枝や葉が混み合ってしまうためです。また、さらに水やりや施肥、摘果などのお手入れも必要です。

そこで、ここではキウイの剪定方法をはじめ、お手入れ方法や収穫のしかたなどをご紹介いたします。キウイを育ててみたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

キウイの剪定|時期に合わせた正しい方法

まずはキウイの剪定時期や方法について見ていきましょう。剪定の仕方を間違えるとキウイが生長できずに、実を付けることができなくなるおそれがあります。以下の内容をしっかりと理解しておいてください。

キウイの成長はスピードは早い!

キウイの成長はスピードは早い!

キウイは成長のスピードが早い植物です。キウイを放置すると枝同士が混み合い、全体に日光が当たらなくなったり風通しが悪くなったりします。剪定をおこなうことで、余分な枝を取り除いて日当たりや風通しを改善することができます。

キウイの剪定時期は「夏」と「冬」

成長が早いキウイは、夏(6月下旬から7月上旬)と冬(12月下旬~2月中旬)の年2回剪定をおこないます。春に剪定をおこなってしまうと、切り口から樹液が流れて木が弱ってしまいます。

キウイのオスとメスに気を付けよう!

キウイには、オスの木(雄花がなる木)とメスの木(雌花がなる木)があり、雄花は花粉のある花を、雌花は実を付ける役割があります。そのため、メスの木を切ると実の数が減ってしまうので、剪定をおこなう際は、オスの木なのか、メスの木なのかを把握して剪定する必要があります。

「近くに植えて枝が絡まってオスメスが見分けられない」という方は、花に注目してください。オスは花の中心が黄色い部分しかありませんが、メスは花の中心に黄色の部分と柱頭(花の中心にある白い部分)があります。

それぞれ花が咲いている時期に木や枝に印を付けておくと、剪定の時期にオスとメスを見分けることができるでしょう。

キウイの夏の剪定方法

夏の剪定は、勢いよく伸びている枝を切って全体に栄養を行きわたらせるためにおこないます。勢いよく伸びている枝のほかにも、実の付いていない枝や混み合っている枝も剪定しましょう。

このとき、メスの枝を切ってしまうと実が付かないので、オスの枝を切り落とすように意識してください。また、昨年実が付いた枝には実が付かないので、切り落としてしまいましょう。

キウイの冬の剪定方法

勢いよく上に伸びた枝や混み合っている枝を切りましょう。そうすることで、全体に養分を全体に行きわたらせ、日当たりや風通しをよくします。

慣れない剪定に不安を感じたらプロに依頼しよう!

剪定の方法を間違えると、キウイがうまく育たずに実が成らないおそれがあります。そのため、「自分で剪定をおこなうのは難しい」と感じた方は、業者に依頼することをおすすめします。

業者に依頼することで、知識や技術があるスタッフが剪定をおこなってくれるので、失敗するリスクがありません。また、プロの剪定を見ることができるので、次の剪定に役立てられることもメリットのひとつです。

ただ、業者に依頼するとなると、気になるのが費用のことではないでしょうか。業者によって費用の計算方法が「日当制または時給制」のところと「単価制」のところがあり、単価制の場合は木の高さによって料金が異なります。それぞれの費用相場は以下のとおりです。

・日当制(1日あたり)
15,000~30,000円

・時給制(1時間あたり)
2,000円~3,000円

・単価制(1本あたり)
3m未満:3,000円~4,000円
3~5m:6,000円~8,000円
5~7m:15,000~20,000円

より正確な費用を知りたい方は、業者に見積りを依頼しましょう。このとき、複数業者に見積りを依頼すると、より多くの費用を比較できるのでおすすめです。

弊社の加盟店では見積りは無料でおこなっております。正式なお見積りからの追加料金もかかりません。「他社と比較するために、まずは見積りだけ取りたい」という方も大歓迎ですので、お気軽にご依頼ください。

キウイの「お手入れ・人工授粉・摘果」の方法

キウイは剪定以外にも、水やりや施肥、人工授粉や摘果といったお手入れが必要です。そこで、ここでは剪定以外のお手入れ方法についてご紹介します。上手にキウイを育てるためにも、しっかり理解しておきましょう。

キウイの特徴

キウイの特徴

「キウイのお手入れは大変そう」と思う方も多いかもしれませんが、じつは知識のない方でも育てやすい植物です。キウイは寒さや暑さに強くて耐久性があり、特別なお手入れが必要ないからです。

また、ひとつの株からたくさんの実が成るので、育てがいのある植物でもあります。では、そんなキウイのお手入れ方法を以下で見ていきましょう。

キウイの基本のお手入れ方法

水やりは、地植えの場合はほとんど必要ありません。ただ、夏は気温が高く土が乾燥しやすいので、様子をみて水を与えましょう。鉢植えの場合は、土が乾いたときにたっぷり水をあげましょう。土が乾いているかは実際に触って判断しましょう。

肥料は年に2~3回を目安に与えましょう。11月にはじっくりと効果が表れる「有機肥料」、7月と9月には即効性のある「化成肥料」をあげてください。

キウイの人工授粉の方法

キウイはオスとメスを一緒に植えることで受粉をさせることができますが、状況によっては人工授粉が必要になります。

なぜなら、キウイは品種によって開花時期に若干違いがあるためです。だいたいどれも5月ごろに開花しますが、品種によっては開花時期が1週間から10日程度ずれてしまうことがあります。その場合は、実を付けるために人工授粉をおこなう必要があります。人工授粉の方法は簡単で、雄花の花粉を雌花の柱頭に押し当てるだけです。

ただ、雌花は開花してから3日ほどしか受粉できないため、5月は雌花が咲いているかをこまめにチェックしておくのがよいでしょう。

キウイをおいしく育てるなら「摘果」をしよう!

6月~7月には、摘果をおこないましょう。摘果とは、形が悪かったり傷んでいたりする実を摘み取ることです。

形が悪かったり傷んでいたりする実も栄養を吸収するので、摘果によってこういった実を取り除くことで、健康な実により多くの栄養を届けることができるのです。枝の長さによって以下のようにいくつ実を残すかの目安の数が決まっています。

  • 10cm以下:2~3本に1つ
  • 30cm以下:1つ
  • 60cm以下:2つ
  • 60cm以上:2~3つ

摘果を正しくおこなうことで、甘くて大きいキウイになります。実を取るのはもったいないと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、甘くて大きな実を作るためにも、形が悪かったり傷んでいたりする実は取り除いていきましょう。

キウイの収穫方法と注意したい病害虫

キウイは収穫後、追熟といって実を収穫してからさらに熟します。そのため、ほかの植物と比べて収穫時期や食べごろを見極めるのが難しいです。

そこでここからは、キウイの収穫方法や追熟の方法をご紹介します。また、病原虫についても説明します。おいしくキウイを食べるためにも、収穫のタイミングや追熟の方法を理解しておきましょう。

キウイの栄養価は高い!

キウイの栄養価は高い!

キウイは栄養価が高いことで知られています。たとえば、美肌効果が期待できる「ビタミンC」や糖の吸収をおだやかにする食物繊維、塩分を排出する手助けをする「ミネラル」「カリウム」など、さまざまな成分が含まれています。そのため、キウイを食べると美容や健康に対する高い効果を期待できるのです。

キウイの収穫は硬いうちにおこなおう!

キウイは追熟(収穫してから熟させること)をおこなうので、硬いうちに収穫する必要があります。見た目からは収穫時期を見極めるのは難しいので、品種ごとに収穫時期を覚えておき、その時期になったら収穫をおこないましょう。

ここでは代表的な品種の収穫の目安となる時期をご紹介します。ヘイワードは11月上旬から中旬、香緑、ゴールデンキングは10月下旬、ジャンボイエローは11月上旬が収穫時期となっています。

収穫する際は、果実の付け根を残しておきましょう。その年に実が成った枝は翌年実が成らないため剪定の際に取り除きますが、果実の付け根を残しておけば切り取る枝の目印になります。

キウイの収穫後の追熟期間はどれくらい?

収穫をしたら、常温に置いて追熟させます。追熟期間は保管した場所の温度によって異なり、収穫してから1カ月以内であれば15℃で2週間程度、20℃で1週間程度になります。

もし、収穫して2~3カ月冷蔵庫に保存していた場合は、冷蔵庫に出してから15℃で8日程度、20℃で6日程度が追熟期間です。キウイをそっと持って、弾力を感じるくらいになったら食べごろでしょう。

追熟期間を早めたい方は、ビニール袋にリンゴやバナナと一緒に入れておきましょう。リンゴやバナナから発生するエチレンが、キウイの追熟期間を早めてくれます。

反対に追熟を遅らせたい方は、冷蔵庫で保存をするのがよいでしょう。ただ、キウイはマイナス1.7℃を下回ると低温障害を起こすおそれがあるので、温度管理には十分注意してください。

キウイはマタタビ科なので猫が寄ってくることがある

キウイを育てていると、猫が寄ってくることがあります。猫は「マタタビ」という木を好みますが、キウイもマタタビ科だからです。「猫にキウイの木を荒らされるのが嫌だ」という方は、猫除けネットをして近づけないように対策しておきましょう。

キウイを育てるうえで注意したい病害虫

キウイを育てるうえで気を付けたいことに病害虫があります。注意すべき虫には、以下のようなものがあります。

【害虫】

  • ・アオバハゴロモ
  • ・アブラムシ
  • ・イモムシ
  • ・カメムシ
  • ・ハダニ
  • ・ハマキムシ

【病気】

  • ・うどんこ病
  • ・灰色かび病

病気や害虫に侵されると、キウイの生長を阻害する原因となります。そのため、病原虫対策として薬剤を散布しておくとよいでしょう。

ここまでキウイの剪定やお手入れ方法をご紹介してきましたが、「キウイを育てるのは大変だな」と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

もしお手入れをおこなうのが大変だと思う方や、お手入れしている時間がない方は、大変なである剪定作業だけでも業者に依頼することをおすすめします。業者に依頼することで、手間をかけずに正しい方法で剪定をおこなってもらうことができるからです。

弊社では、全国にある多くの剪定業者と提携していて、その中からご依頼内容に最適な業者を派遣いたします。フリーダイヤルは24時間365日受付対応しているので、ご都合のよい日時にいつでもご相談していただけます。また、作業日もご都合のよい日の中から調整いたしますので、お仕事などで忙しい方もご依頼いただくことが可能です。剪定についてお悩みの方は、ぜひ弊社までご連絡ください。

庭木の伐採・剪定でお困りなら、植木屋のプロ剪定110番まで
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test