剪定110番 トップページ > 剪定 > 剪定の意味は?よくわからない人もストンと納得!剪定の基本まとめ

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

剪定の意味は?よくわからない人もストンと納得!剪定の基本まとめ

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

剪定の意味は木の美と健康を保つこと

剪定という言葉は、不要な枝葉などを切り落とし、木の形を整える作業を指します。もとは枝を切る作業のことでしたが、近ごろは花や茎などの間引きも含める意味となっています。

剪定で枝葉などを間引くのは、木をよりよい状態で生長させるためにおこないます。剪定をすると、木は美しく健康に育つことができるようになります。剪定をすることで具体的にどのようなメリットがあるのか、ご紹介します。

樹形の乱れを防ぐ

樹形の乱れを防ぐ

のびすぎた枝を切ることにより、木全体の形(樹形)を整えることができます。樹形は剪定の方法によって、大きく2つの種類にわかれます。

  • 自然樹形:木本来の自然な形を保った樹形
  • 人工樹形:幾何学的な樹形・生垣など

2つの方法では、枝の切り方が大きく異なります。自然樹形にしたいときは、いらない枝や葉っぱを必要最低限間引きます。木の形が不自然にならないよう配慮しながら、必要な枝と不要な枝を見極めるのが大切です。

一方、人工樹形を作るときは、もともとの樹形をふまえず、剪定者のイメージ通りの樹形を思い描きながら枝を切ります。枝を一本ずつ切るというよりは、何本も同時に刈り込むことが多いです。

大きくなりすぎるのを防ぐ

剪定をすることで、木が大きくなりすぎるのを防ぐことができます。木は放置するとしだいに根をはり、どんどんと好き勝手に大きく育ってしまうためです。木がある場所の広さに合わせて、のびた枝を切って小さくし、大きくなりすぎないよう理想の高さや幅を調節します。

花や実のつきが悪くなるのを防ぐ

正しく剪定をすると、木に花や実がつきやすくなります。不必要に大きい状態の木では、木が吸い上げた養分が余分に消費されてしまい、花や実をつけるために必要なエネルギーが不十分になるのです。

また、木の種類によっては、その年にのびた枝ばかりに花実がつきやすく、古い枝にはつきにくいものもあります。新しい花や実まで十分に養分がいきわたらせるためにも、いらない枝を切るのは大切なことなのです。

枯れや病害虫の発生を防ぐ

剪定で不要な枝葉を落とすと、木の枯れや病害虫の発生を未然に防ぎやすくなります。不要な枝や葉っぱを剪定でとりのぞくと、養分が木全体にいきわたります。

すると、木全体が持つ免疫力が高まり、病気や害虫に負けにくい健康な状態になるのです。木の寿命を延ばすという意味でも、剪定は大切ということです。

事故が起きるのを防ぐ

木を正しいサイズに保っておくと、事故の防止にもつながります。剪定をおこなわないと、木は自由奔放に枝をのばし、大きくなることがあります。すると、木が敷地内からはみ出して近隣住民の生活の邪魔になったり、電線に枝がかかったりするおそれがあるのです。

また枯れかけている弱い枝(支障木)は、しっかりと剪定をおこなわないと、いつ折れて落下するかわかりません。古い木はとくに注意して剪定しましょう。このように、剪定を怠ると、自分や他人に被害が及ぶ場合もあります。こまめに剪定できないという方もいらっしゃるかとは思いますが、剪定をせずに木を放置しておくのは危険なことです。

そんな方は、剪定業者に相談して、樹木の手入れをしてもらうのが安心です。ご依頼者様の手間も時間も一切かけず、お庭の樹木を見栄えよく健康な状態に整えてもらうことができます。剪定110番では、どんな種類の木でも庭木1本から剪定のご依頼を承っております。自分で剪定するのが難しいという方は、お気軽にご相談ください。

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

剪定にはふさわしい時期がある

剪定に最適な時期は、木の種類ごとに異なります。剪定の時期を間違えると、木を健康に保つどころか、かえって弱らせてしまうこともあります。

ここからは、剪定の種類と、剪定の時期について詳しくご説明いたします。正しい剪定をして木を健康に美しく保つために、どんな時期にどんな方法で剪定をすればよいのか、みていきましょう。

剪定の種類

剪定の種類

一口に剪定といっても、じつはさまざまな種類があります。それらは大きく「強剪定」「弱剪定」の2種類に分類することができます。

【強剪定】
強剪定とは名前のとおり、いらない枝や葉っぱを大胆に除去する剪定のことで、「基本剪定」とも呼ばれます。強剪定は大がかりな剪定のため、木にとって大きな負担です。木の活動がゆっくりになる「休眠期」(冬~春)にかけておこなう必要があり、時期を間違えると木が枯れてしまうこともあります。

冬におこなうことが多いので、「冬季剪定」と呼ばれることもあります。木への負担をよく考慮した上で、正しい季節におこなうようにしましょう。

【弱剪定】
強剪定とは対照的に、木の形を整えたり、風通し・日当たりを確保したりするためにおこなわれる軽度の剪定を「弱剪定」といいます。木の健康を必要最低限に保つのが目的なので、大胆に枝を切ったりはしません。不要な枝や葉っぱを間引くのがおもな作業です。

夏から秋にかけておこなうことが多いため、「夏剪定」とも呼ばれます。剪定には細かくみると以下のような種類がありますが、強剪定か弱剪定かはそれぞれの剪定の強度によっても変動します。

■刈り込み、刈り上げ
生垣・トピアリーなど、木の本来の形とは違う人工的な樹形にするときにおこない、強剪定に分類されることが多い剪定方法です。最初に、どんな形にしたいのかを具体的にイメージして、それに合わせて剪定をします。

枝の不要な部分を剪定バサミで少しずつ切り落とし、形を整えるのがポイントです。枝は葉よりも少し奥まったところでカットするときれいに仕上がります。

■切り戻し剪定
中程度の剪定です。切り戻し剪定では、枝を切ることによって、木の幹への負担を減らしたり、花付きをよくしたりするためにおこなわれます。切り方は簡単です。剪定に使うハサミで、枝の半分~3分の1くらいの位置で枝を切ります。

あまりたくさんの部位で切り戻しをしすぎると、枝を切った場所のそばから新しい枝が次々生えることになり、かえって木の形がくずれてしまうことになるので、注意しましょう。

■透かし剪定
木を健康に保つためにおこなわれる剪定です。いらない枝を間引くことで、木の枝の密度を最適に保ちます。間引く度合いによって、強剪定にも弱剪定にもなります。まずは、太い枝・長い枝を根元から切ります。それから、枝についている葉っぱの数がだいたい等しくなるように、葉っぱの密度を調整します。

枝の先のほうにある短い枝や葉っぱを切り取り、枝の先の形を整えたらおしまいです。たくさん間引きをしすぎると強剪定のようになってしまい、木に負荷がかかるので、間引く程度に気をつけて剪定をするようにしましょう。

■みどり摘み、芽摘み
春の終わりに新芽を手などで摘み取る、弱剪定です。新芽を摘み取ると、芽はそれ以上生長しないので、木を穏やかに生長させることができます。今ある樹形を保ちたいときにおこなう作業のひとつです。

■切り詰め剪定
伸びすぎてしまった枝を途中で短く切る方法です。太い枝を切り詰める場合は、強剪定になります。枝が伸びすぎて大きくなった木を小さくするためにおこないます。一年以内に伸びた枝などの若い枝のうち、正しく木の外側に伸びていく位置に芽がついている場合は、正しい位置にある芽(定芽)のすぐ上の部分で枝を切ります。

剪定の時期

強剪定と弱剪定をどの季節におこなうのかは、植物の種類によって異なります。

■常緑樹:年中とおして葉をつける植物
常緑樹は、強剪定は春に、弱剪定は初夏・秋におこないます。

常緑樹の代表格は、次のとおりです。

  • クスノキ
  • ツバキ
  • オリーブ
  • ゲッケイジュ

■落葉樹:秋~冬は葉を落とす植物
落葉樹は、強い剪定は冬に、弱い剪定は春・秋におこないます。

落葉樹の代表格は、次のとおりです。

  • モミジ
  • ハナミズキ
  • アジサイ
  • ライラック

花が咲く植物の場合、花が咲き終わった後に剪定をします。花が咲く前に剪定をすると、蕾まで切り取ってしまうことになり、開花する花の数が少なくなってしまうからです。植物は剪定の時期を間違えるとかえって弱ってしまい、花や実がきちんとつかなくなることもあります。

木を健康に保ち、花実を楽しみたいなら、プロの剪定業者に手入れをしてもらうと安心です。剪定110番では、植物の剪定についての豊富な知識を持ったプロの業者が、お客様からのご依頼に的確に対応します。「正しく剪定できるか不安」「樹木を美しく健康的な状態に保ちたい」とお思いの方は、ぜひ一度ご相談ください。

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

剪定の方法とコツ

つぎに、剪定の方法とコツについて、具体的にご説明します。剪定をするときにはどんな木を切ればよいか、どのような道具を使うか、どんな切り方のコツがあるのか見ていきましょう。

切るべき枝の種類

切るべき枝の種類

切るべき枝・切ってはいけない枝を見分けられるようにならないと、自分で剪定するのは不安でしょう。「きれいに外側にむかって生えている枝」を残すように剪定するのが基本ですが、詳しくみると、切るべき枝にはたくさんの種類があります。

  • 逆さ枝:枝が外側ではなく、幹にむかって内側に生えている枝
  • 腹切り枝:木の幹の前を横切るようにのびている枝
  • かんぬき枝:幹の両側から左右対称に生えて、幹を貫いているように見える枝
  • 平行枝:幹から生えたある枝に対して平行にのびている枝
  • 交差枝:ある枝に対して交差するようにのびている枝
  • 徒長枝:ある枝から垂直に上の方向へのびている枝
  • 下がり枝:ある枝から下の方向へのびている枝
  • ひこばえ:根元の地面から上にむかって勢いよくのびている枝
  • 車枝:枝の一点から何本も放射状にわかれている枝
  • からみ枝:枝同士が絡まっているもの

これらの枝を、専用のはさみやノコギリなどを使って剪定していきます。

剪定の道具と使い方

■剪定ばさみ
剪定ばさみは、片手で扱える小型のものです。太い枝を切るときには、刃の真ん中あたりまで深く枝を噛ませます。細い枝は刃先で挟むと切ることができます。

直径1.5センチメートルくらいの枝が切れるタイプを選ぶと使いやすいでしょう。「バイパスタイプ」「アンビルタイプ」の2種類があります。

・バイパスタイプ
はさみの両側に刃がついていて、それが交差することによって枝を切ります。切り口きれいになるのが特徴で、こまかな枝などの剪定に適しています。

・アンビルタイプ
バイパスタイプよりも薄い刃で、はさみの片側に刃がついています。枝を固定して切ることができるのが便利で、バイパスタイプよりも小さな力できれいに剪定できます。

■刈り込みばさみ
刈り込みばさみは、ハサミと長い二本の持ち手がYの字のようになったはさみです。生垣やトピアリーなどを作るときに、何本もの枝をまとめてざっくり切ることで、樹形を整えます。

■ノコギリ
園芸用のノコギリです。剪定ばさみでは挟めない太い枝の剪定に役立ちます。25~30センチメートルほどものが使いやすく、一般的です。

■脚立、はしご
高さのある植物を剪定する場合、はしごや脚立を使います。脚立は三脚タイプを使うと、足場が安定するので安全です。このほか、切り口がけば立っているときに便利な金属やすりや、病気の予防のため木の切り口に塗る傷口癒合剤を使うこともあります。

切り方のコツ

枝の切り方にもいくつかのコツがあります。初心者でも実践しやすい4つをみてみましょう。

■上から順に切る
樹形は、上にいくにつれて細くなっていきます。木の下のほうから切ると、一番はじめに切った枝を基準として、上にいくにつれさらに短く切る必要があります。

最初の枝を切りすぎると、枝を切りすぎるか樹形が不格好になるかの二択しかなくなってしまうのです。上から切ることで、樹形の微調整をしながら剪定をおこないやすくなります。

■枝の付け根から切る
枝を途中で切ると、見栄えが悪くなるばかりか、切り口から新しく芽が生えてきます。樹形が余計に乱れる要因となりますので、枝の付け根からしっかり剪定しましょう。

■枝分かれしている部分のすぐ上で切る
枝分かれしている場所よりも少しだけ先の場所で切ると、見栄えの不自然さが少なくなります。木の節があるところよりも少し上で切るようにしましょう。

■外芽を残して切る
「外芽」とは、枝を真ん前から見たときに、幹の反対側についている芽のことです。幹側についている芽を「内芽」といいますが、内芽は幹のほうにむかってのびてしまうので、樹形が悪くなる原因となります。

外芽を残すように気をつけて、外芽の5~10ミリメートルほど上の場所を、外側から内側にむけて斜めに剪定するとよいでしょう。

自分では難しそう……業者に頼むと高いの?

剪定について知っても、自分でできるか不安だというかたもいらっしゃることでしょう。剪定を失敗すると樹木の生長や花付き・実つきに大きな影響がでることがあり、さいあくの場合は木が枯れてしまいます。

しかし、剪定は樹木を健康に保つために不可欠なので、おこなわずに済ますわけにもいきません。「もしも安く作業してもらえるなら、業者に頼みたい」そう思っている方も多いかもしれません。実際に業者に依頼したときにかかる費用の相場は、次のようになります。

  • 0~3m未満:1,000~5,000円(1本あたり)
  • 3~5m未満:4,500~9,000円(1本あたり)
  • 5~7m未満:9,000~20,000円(1本あたり)

業者の多くは、木の高さ別に料金を設定しています。実際には、木の種類などによっても金額が変動する場合があります。とくに、松のように処理に手間がかかる種類の木は、別料金が設定されていることもあります。

依頼しようとしている業者が実際にどのような金額で剪定をおこなってくれるのかは、実際に見積りを取ってみてはじめてはっきりします。業者の無料現地調査や見積りサービスを利用し、数社の見積り金額を比べてみましょう。

正しい方法で剪定をしてもらえば、木は美しく健康になり、花つき・実つきもよくなります。納得できる料金とサービスの剪定業者を見つけて、お庭の景観を整えてもらい、木の持つ雰囲気・花実の魅力をぞんぶんに感じてみてはいかがでしょうか。

庭木の伐採・剪定でお困りなら、植木屋のプロ剪定110番まで
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test