剪定110番 トップページ > 剪定 > ブラックベリーの剪定は意外とかんたん!おいしい実をならす育て方

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

ブラックベリーの剪定は意外とかんたん!おいしい実をならす育て方

ブラックベリーの剪定は簡単!時期に注意

ブラックベリーを育てているかたで、「そろそろ剪定したい」とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。そうは思っても剪定の方法が分からず、なかなか剪定ができないという方も多いはず。

今回は、ブラックベリーの剪定方法や収穫した際の活用方法、育てていくにあたって気をつけなければならないこと」などについてご紹介いたします。

剪定をおこなう時期

剪定をおこなう時期

ブラックベリーの剪定は、目的によって時期が異なります。目的に沿った時期に剪定ができないと実がならなかったり、健康に育てることができなかったりするおそれがあります。正しい時期に剪定をおこなうようにしましょう。

剪定は、冬場と夏場の年2回おこないます。冬場の剪定は12月~2月におこないます。実がなった後、枯れてしまった枝を取り除くためにおこなう剪定です。

夏場の剪定は6月下旬~7月上旬におこないます。伸びきって密集している部分の枝を切り風通しをよくし、新しく伸びた枝の先端を剪定して新たな枝を生えさせるのです。また、実の収穫もこの時期におこないます。

剪定方法

冬場の剪定は、枯れた枝を取り除くのが目的です。ブラックベリーの枝は、枯れると茶色く変色します。その枝の基部から先を切り落とします。また、中には枝の途中から枯れているものもあります。そのような場合は、枯れている部分のみ切り落としましょう。

夏場の剪定は、ブラックベリーの木の環境をよくするためや、新しく枝を生やすためにするのが目的です。新しく伸びた枝の約90センチメートル~100センチメートルのところで切り落とします。次の年になると、そこから生えた枝へまた実がなります。

剪定したツルで苗を増やすことができます

ブラックベリーの繁殖力は強いため、剪定したツを利用して苗を増やすことができます。剪定したツルの先端を地面につけると、土の中に根を張ります。そうすることによって苗を増やすことができるのです。

ただし、これ以上苗を増やしたくないというかたは、剪定したツルや枝はすぐに処分しましょう。剪定したツルや枝を地面の上にそのまま放置してしまうと、そこから根を張ってしまい、新たなブラックベリーの苗が育ってしまいます。

剪定を業者に依頼する必要はある?

ブラックベリーの剪定は比較的簡単な作業なので、誰でもおこなうことができます。ですが、ひとりでおこなうのには時間や労力が必要ですよね。

普段忙しくてなかなか剪定できない、苗の数が多くてひとりでおこなうのは難しい。そのようなかたはぜひ、業者に依頼してみましょう。

弊社では24時間365日お電話に対応しており、いつでも業者のご紹介をすることができます。また、業者による無料見積りもできますので、事前に料金の確認ができて安心です。ぜひ、ご利用くださいませ。

ブラックベリーを剪定した後どうする?実の収穫ポイント!

夏の剪定は、実を収穫した後におこないます。では、その収穫した実はそのように活用すればいいのでしょうか。「収穫時のコツ」「実の保存方法」「美味しい食べかた」などについてご紹介いたします。

収穫するときのコツ

収穫するときのコツ

ブラックベリーの実は、収穫するタイミングが大切です。程よい赤色になったからと言って収穫してしまうと、まだまだ酸っぱいことがほとんどです。そのため、実が黒っぽくなったら収穫しましょう。

また、黒くなったから収穫しようとしたとしても、簡単に取れない場合はまだ収穫が早いです。実に触れるとコロっと取れる時期に、収穫しましょう。こうした収穫時期を逃してしまうと、熟しすぎた実が地面に落ちてしまいます。黒っぽいと思ったら、簡単に取れるかどうかを毎日確認しましょう。

収穫した実の保存方法

ブラックベリーは、全ての実が一気に黒っぽくなるわけではありません。実っている果実はそれぞれ少量ずつ色づいていきます。そのため、収穫した実を一度に大量に使用したい場合は、先に取った実を保存しておかなければなりません。

先に取った実を保存する際は、収穫したままの状態で水に濡らさないようにして、保存容器に入れ冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。ブラックベリーは水に濡らすと、一気に傷んでしまうためです。収穫した実はそのまま集め、使用する際に水で洗いましょう。

ただし、野菜室での保存はおよそ1日~2日しか持ちません。もっと長く保存したい場合は、冷凍室で保管するようにしましょう。

生食だけじゃない!ブラックベリーのおいしい食べ方

ブラックベリーは生のまま食べるのも美味しいですが、調理をして他の物と一緒に食べてもおいしいです。

ブラックベリーは調理法によってジャムやジュース、お酒にすることができます。また、ケーキやパンの中に入れて一緒に焼くと、ベリーの酸味と甘みがアクセントになりさらにおいしくいただくことができます。他にもさまざまな調理法がありますので、調べてみると良いかもしれません。

ブラックベリーは剪定だけじゃない!栽培で気をつけること

ブラックベリーを育てていくにあたって、気をつけなければならないことは剪定だけではありません。日々の栽培の管理もおこなわなくてはなりません。もし栽培の管理を怠ってしまうと、根腐りや水不足、病気や害虫に侵されるおそれがあります。

この章では「苗の管理」「水と肥料」「根詰まり」などについてご紹介いたします。しっかり把握して、より丈夫なブラックベリーを育てていきましょう。

苗の管理には十分気をつける

苗の管理には十分気をつける

ブラックベリーは繁殖力が高いため、枝やツルを増やしすぎてしまうとどんどん増殖してしまいます。苗が増えすぎていないか、伸びすぎていないかなどをチェックして、予想外の増殖を阻止しましょう。また、剪定した枝やツルも繁殖力が高いため、その場に放置せずに処分しましょう。

水と肥料の与え方

水と肥料の与え方にも注意しましょう。水やりは鉢で育てる場合と、庭で育てる場合で少し頻度が異なります。

鉢でブラックベリーを育てる場合は、土が乾き次第水を与えます。庭で育てる場合は植えた後に水を与え、真夏以外は雨が降ったときの水でかまいません。ですが、真夏などの日照時間が長い暑い季節は土の水分が抜けきってしまい、水切れが起こってしまうおそれがあります。

実のなった後に水切れが起こってしまうと、実が大きくなりません。そのため、水切れが起こってしまう前に水を与えるようにしてください。

肥料は、与えるタイミングに注意しましょう。肥料を開花前に与えてしまうと、葉にその養分が取られてしまい、花よりも葉が育ってしまうおそれがあります。肥料は開花した後に与えるようにしましょう。肥料を与えるのによいタイミングとしましては、6月と9月が主な時期です。寒い時期ですとうまく養分が生産されないため、2月にも与えるようにしてください。

根詰まりに注意しましょう

生長するにあたって、根が多くなってしまい根詰まりを起こす場合があります。根詰まりを起こしてしまうと、根が密集しすぎてしまいうまく養分を吸収することができなくなってしまいます。そうするとブラックベリーに栄養が行き渡らず、弱ってしまうおそれがあるのです。

根詰まりを起こしてしまったら、鉢替えをしましょう。もともと入っていた鉢よりも大きいものを選ぶことによって、根の範囲に余裕を持たせます。

根詰まりを起こして生長することが難しくなってくると、花がたくさん咲くことがあります。それは植物の本能で、自分を発展させるために生命を保存する力があるからです。もし花がたくさん咲き始めたら根詰まりのおそれがありますので、鉢の大きさがあっているかなどを確認してみましょう。

管理が大変になってきたら

ブラックベリーを育てるのは、意外と手間がかかりますよね。水や肥料、根詰まりの管理をしつつ剪定するのは大変だなと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのようなかたは、とくに手間のいる剪定だけでも楽におこなうために業者に依頼してみてはいかがでしょうか。業者に依頼すると、正しい専門知識で剪定をおこない、今後のアドバイスなどもしてくれます。少しでも負担を減らしたい方は、業者に頼んでみてください。

業者に依頼したくなったときに注意すること

実際に業者に依頼する際は、いくつかのポイントがあります。以下のポイントに注意して、よりよい業者を選べるようにしましょう。

相見積りを取る

相見積りを取ることによって、費用や施工内容を確認することができます。どの業者がどのような内容でおこなってくれるのかを一目で比較できるので、より自分の希望に沿った業者を選ぶことができます。

実績や口コミを見る

業者のサイトを見ることによって、実績がどれほどあるのかを確認することができます。実績が多ければ多いほど、経験が多いので信頼して依頼することができます。

また、口コミを見ることによって、実際に体験した第三者の意見を見ることができます。実際に体験した人の意見を参考に、その業者がどのような業者なのかを把握することができるので自分が依頼したらどうなるのかを想像しやすいです。

対応が丁寧か

施工内容や費用の内訳など、細かいところまで丁寧に教えてくれる業者ですと、具体的なところまで知ることができるので安心ですよね。また、自分が疑問に思ったことに対して丁寧に教えてくれる業者ですとより信頼して依頼することができます。

弊社では24時間365日お電話の対応をしておりますので、いつでもお客様に合った業者をご提案することができます。業者による無料お見積り作成をおこなっておりますので、事前に料金を確認することができます。お気軽にご利用くださいませ。

庭木の伐採・剪定でお困りなら、植木屋のプロ剪定110番まで
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test