剪定110番 トップページ > 剪定 > ヒメシャラ剪定|適切な時期や元気に育てるコツ・枯らさない方法とは

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

ヒメシャラ剪定|適切な時期や元気に育てるコツ・枯らさない方法とは

ヒメシャラの剪定と特徴を紹介

ヒメシャラは細い幹や枝をもつ植物ですが、成長したヒメシャラの枝葉はそれを感じさせないほど逞しい雰囲気を醸し出します。シンボルツリーとして広まりを見せるのも、納得の美しさです。

そんなヒメシャラを剪定したい場合、その特徴や方法を知らずにおこなうと、枯れてしまう原因になるため、まずは正しい知識を身につける必要があります。ここではヒメシャラの特徴や、それに合わせた最適な剪定方法、時期についてご紹介していきます。

ヒメシャラの特徴

ヒメシャラの特徴

ヒメシャラを剪定するうえで、その特徴を理解することは重要です。事前知識のない状態で剪定をおこなうと、かえってヒメシャラに悪影響を与えてしまうこともあります。ここでは、ヒメシャラの特徴についてご紹介していきます。

芽吹きが悪い

ヒメシャラは萌芽力が弱いという特徴があります。新たな枝が生えにくいため、下手に剪定してしまうと枯れやすいので剪定の際には注意が必要です。また、もともと萌芽力が弱いので、芽が出なくても慌てずに、不用意に手出ししないようにしましょう。

株立ちが人気

株立ちとは、1つの株から複数の幹を生えさせる仕立て方です。地面から勢いよく噴き出すように枝葉が広がる樹形になるため、力強い印象をもたせることができます。また、幹の数が増えるぶん栄養も分散するため、樹高を低く抑える手法としても知られています。

ヒメシャラは剪定が必要?

ヒメシャラの剪定は必須ではありません。萌芽力が弱い樹木なので枯れてしまうおそれがあるほか、自然な成長に任せてもキレイな樹形になるため、形を整えるための剪定は不要とされています。

ですが、混みあった枝を落とすなど、最低限の剪定は必要です。その際に上手に剪定をすれば、日当たりや栄養をコントロールすることで萌芽力を高め、花つきや成長を促進することができます。剪定をする際は、ヒメシャラと剪定の正しい知識を身につけましょう。

ヒメシャラの剪定時期と方法

ヒメシャラを剪定するうえで、剪定時期と剪定方法の2つの知識は必要不可欠です。これを知らずに剪定をおこなえば、ヒメシャラの外観を損なうだけでなく、ダメージも与えてしまいます。ここではヒメシャラの剪定時期と方法についてご紹介していきます。

ヒメシャラの剪定時期

ヒメシャラの剪定時期は11月~2月です。この時期はヒメシャラの落葉期で、成長も遅くなります。葉が茂って成長している時期に剪定をおこなうと、不自然な枝が伸びてきたり、樹木全体の栄養の流れがアンバランスになって枯れてしまう原因になってしまうのです。また、花後に無駄な小枝を切り落とすことで、翌年の花つきがよくなるといわれています。

ヒメシャラの剪定方法

ヒメシャラの剪定方法として挙げられるのは、透かし剪定です。透かし剪定は、栄養が集中してしまう長すぎたり太すぎたりする枝を切り落としていく剪定方法です。透かし剪定をすることで健康な状態を維持できますが、前項で述べたとおり、ヒメシャラは大きな枝を切り落とすと枯れやすいため、正しい知識を身につけてからおこないましょう。

ヒメシャラは盆栽でも人気!

ヒメシャラは盆栽でもその人気を誇っています。ここではヒメシャラの盆栽での育て方と、その剪定方法についてご紹介していきます。

ヒメシャラの盆栽での育て方

ヒメシャラを盆栽で育てる際は置き場所に注意しましょう。夏場は葉が白く変色してしまう葉焼けを避けるために、西日の当たらないところへ置きます。寒さにも弱いため、冬は温度を一定に保てるような室内空間に置きましょう。水やりの頻度については、表面の土が乾いたと感じたら水をたっぷりとあげるようにしましょう。

ヒメシャラの剪定に不安を感じたらプロに任せよう!

ヒメシャラはそれほど剪定を必要としませんから、無理に剪定をおこなう必要はありません。ですが、花つきや成長を妨げないように、最低限の剪定はした方がよいでしょう。

最低限の剪定といっても、ヒメシャラはデリケートなため、大丈夫だと思って剪定しても枯れてしまうおそれがあります。そんな場合はプロの業者に任せましょう。剪定業者なら、豊富な知識と経験による剪定で、より美しいヒメシャラにすることができるでしょう。

ヒメシャラの育て方と注意点

ヒメシャラの育成はそれほど難しいものではありません。決められた手順を踏んでいけば、確実に成長を促すことができます。ただ、その手順を知らなければ、成長する間もなく枯れてしまいます。

ここでは、ヒメシャラの育て方や、枯れてしまう原因や対策についてご紹介していきます。

基本の育て方

基本の育て方

ヒメシャラは比較的、お手入れが楽で手間のかからない樹木といわれています。手間はかかりませんが、どんな環境でも育てやすいというわけではなく、楽に育てるためには植えつける環境が大切とされています。ここではヒメシャラの育て方と注意点について解説していきます。

日当たり

ヒメシャラは乾燥を嫌うため、夏場の直射日光が当たらない場所に植えましょう。また、湿気が多い場所だと病害虫の原因となるおそれもあるため、できるだけ風通しのよいところがおすすめです。

水やり

地植えであれば基本的に水やりは不要です。晴天が続く場合のみ与えれば大丈夫でしょう。鉢植えの場合は土の表面が乾燥してきたらたっぷり与えるようにすれば大丈夫です。いずれの場合でも、ヒメシャラは水分が不足すると葉が垂れてくる性質があります。葉が垂れていたらすぐに水やりをしましょう。

肥料

ヒメシャラは年に2回、冬と夏に肥料をあげます。冬の1月~2月に緩効性肥料と呼ばれる、効果が長く続く肥料をあげることで、1年間の健康を保てます。夏の6月~7月には、緩効性肥料か有機肥料をあげることで、開花後の疲労したヒメシャラに栄養を与えます。

用土についてですが、ヒメシャラは土の乾燥に弱いため、水はけと保水性のよい、腐葉土などがおすすめです。

枯れてしまう原因と対処法

ヒメシャラの育成は、ポイントを抑えれば難しいものではありません。ただ、そのポイントを知らなければ、あっという間に枯れてしまいます。ここでは、ヒメシャラが枯れてしまう原因と対処法についてご紹介していきます。

夏枯れに要注意

ヒメシャラは乾燥することを嫌います。とくに真夏の炎天下では常に土が強い日差しにさらされているため、土壌に含まれていた水分がとんでしまいます。暑い日にはヒメシャラの土をよく観察し、表面が乾いたと感じたらすぐに水やりをしましょう。

強剪定は控える

一度に大量の枝や芽を切り落とすような強剪定をしてしまうと、芽が出なくなる可能性もでてきます。強剪定や頻繁な剪定は避けましょう。

害虫・チャドクガを駆除

チャドクガはヒメシャラの属するツバキ科の葉っぱを好物とする毒蛾で、幼虫の毛には人が触れると炎症を起こす毒があります。幼虫は6月や9月ごろに発生し、ヒメシャラの葉を食害します。見つけた際には殺虫剤などを使って駆除しましょう。死骸の回収の際にも毛に触れないように注意が必要です。また、ヒメシャラの枝葉に毛が残っているおそれもあるので、場合によっては枝ごと切り落とさなければならない場合もあります。

ヒメシャラは寄せ植えがオススメ!

ヒメシャラには寄せ植えがオススメとされています。寄せ植えとは、さまざまな種類の植物を寄せて植えることを指します。同一の環境でも育つ植物を選ぶ必要がありますが、うまく植えることができれば華やかな印象を演出できます。また、土に日陰ができることで保湿性が上がるため、乾燥を嫌うヒメシャラには大きなメリットとなるのです。

ヒメシャラのお手入れが大変に感じたら

ヒメシャラは適切な環境に植えさえすればお手入れの手間はそれほどかからず、適切な環境が用意できない場合は、寄せ植えなどの工夫をすればより楽に育てることができるでしょう。しかし、ヒメシャラは移植を嫌うため、すでに植えてしまっている場合は、移動すると枯れてしまう場合があります。適切な環境でない場合はお手入れが少し大変かもしれません。

そんな時は剪定業者に相談してみましょう。剪定の依頼や相談はもちろん、お手入れ方法の相談にのってもらえる場合もあります。豊富な知識と経験をもつ剪定業者であれば、さまざまなアドバイスをくれることでしょう。お手入れが大変だと感じた方は、ぜひ、プロの業者に依頼することをオススメします。

業者に依頼するメリットとは?

剪定を業者に任せることで、育て方についての相談ができるなど、たくさんのメリットが得られます。しかし、そこで気になってくるのは剪定にかかる費用ではないでしょうか。

ここでは、そのような不安を解決するために業者に依頼した際のメリットから、ヒメシャラを剪定する場合、いくらの費用がかかるかをご紹介していきます。

自分と業者の違い・メリット

自分と業者の違い

自分で剪定をおこなうよりも、業者に任せることでたくさんのメリットを得られます。ここでは業者に任せることでどのようなメリットが得られるのかご紹介していきます。

ケガの恐れが少ない

ヒメシャラは高木であるため、成長すると15メートルにもなります。高所での作業は落下事故のおそれがあるため、十分な安全対策が必要です。業者に依頼すればその危険と手間がないのはもちろん、ロープなどで樹木を傷つけてしまう心配もありません。

作業スピード

経験豊富な業者は作業スピードが早く、剪定を一気に進めることができます。日々成長して状態が変わる樹木を剪定するうえでは作業スピードの早さは大切な要素でしょう。

キレイな仕上がり

経験豊富な業者は、樹木がどのように成長していくかも考慮して剪定をおこなうことができます。ヒメシャラの魅力である、自然で美しい樹形を乱さないように不要な枝を切り落とし、より美しいヒメシャラの木に仕立てることができるでしょう。

剪定費用・失敗しない見分け方

剪定業者に依頼する際の費用はできるだけ安いほうがよいのはもちろんですが、できるだけ技術力の高い、信頼できる業者を選びたいものです。ここでは剪定にかかる費用や、失敗しない業者の見分け方についてご紹介していきます。

剪定にかかる費用

剪定費用は、作業費用、出張費用、ゴミの処分費用をもとに決められます。ここではヒメシャラの剪定をする場合、どれぐらいの費用がかかるのかを確認していきます。

  • 1本あたり  (単価制):15,000~17,000円前後 (約5mから7m)
  • 業者1人あたり(日当制):15,000~30,000円前後
  • 出張費用:6000円程度(地域によって変動)
  • ゴミ処分費(ゴミ袋):500円前後
  • ゴミ処分費(軽トラック):3,000~8,000円前後

ヒメシャラの剪定を依頼する場合は大体これぐらいの費用がかかります。ほかにも、土日祝の追加費用や出張費などによって変わる可能性もあります。なお、ゴミ処分費については、自らゴミ処理センターなどで処分すれば費用を抑えることができます。

失敗しない業者の選び方

インターネットなどで剪定業者について調べると、多くの業者がみつかります。その中から、良質な業者を選ぶにはまず、どのような点を確認すればいいのかを知る必要があります。ここでは、安心して任せられる業者を選ぶために確認するべきポイントをご紹介していきます。

・追加料金がかからない
見積りの金額が実際の請求料金だと思っていたら、作業後の支払いの段階で、追加料金がかかることを知ってトラブルになることがあります。見積り後に追加料金が発生しないと明記してある業者であれば安心です。

・いつでも対応可能
仕事が忙しいとなかなか立ち合いの時間がつくれないという方もいるかもしれませんが、依頼主が不在の場合でも剪定業者は作業をしてくれます。もし立ち合いを希望する場合は、休日でも対応が可能な剪定業者を選ぶとよいでしょう。

・相談に乗ってくれる
親身に相談に乗ってくれる業者を選ぶことで、庭や庭木の状態を適切に伝えることができます。個々に見合う作業をしてくれるような業者を選びましょう。

・実績がある
業者を選ぶ際は実績も確認しましょう。また、気になる業者のホームページなどから口コミや評価を参考にすることで、実際に利用した人の意見が聞けるため、より確実な業者選びが可能となります。また、お住まいの近くの業者であれば、すぐに対応してもらいやすいですし、普段の仕事の様子、利用した人から直接話を聞くこともできるため、安心できる要素のひとつといえるでしょう。

まずは見積もりをしてみよう!

気になった業者をいくつかピックアップしたら、見積もりをしてみましょう。正確な費用を確認することで、剪定を任せられるかどうかの判断材料になります。また、なるべく金額を抑えたいという方は、複数の業者で見積もりをしてみましょう。

弊社“剪定110番”では日本各地の剪定業者と提携しており、お客様のご要望に合わせた剪定業者をご紹介いたしております。電話相談、現地調査、見積りまで無料でおこなっておりますので、ご相談だけでもお気軽にお電話ください。

0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test