剪定110番 トップページ > 剪定 > 切り戻しは剪定方法の一種!おこなうタイミングや仕方について解説

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

切り戻しは剪定方法の一種!おこなうタイミングや仕方について解説

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

切り戻し剪定とは?適正時期と方法

剪定は、樹木の形を整えたり生育を促したりするうえで重要な作業で、目的によってさまざまなやり方があります。その中でもここでは、主に「切り戻し剪定」についてご紹介していきます。切り戻し剪定に失敗しないためにも、「剪定がはじめてでよくわからない」「剪定がうまくできない」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

切り戻し剪定って何?

剪定料金はどれくらい?料金相場と出費を抑える方法、業者の選びかた

切り戻し剪定とは、枝や茎の伸びすぎている部分を切り取って、樹木を小さくする作業です。枝の途中から、または枝元から切っていきます。

同じような意味として「摘芯(てきしん)」もありますが、摘芯は茎先から新芽を取り除くことを意味します。切り戻し剪定は全体的に不要な部分を取り除くことを意味するため、異なる作業なのです。

切り戻し剪定をする目的

切り戻し剪定には、主に以下の3つの目的があります。

・樹形や大きさを整える

切り戻し剪定の大きな目的は、樹形や大きさを整えることです。見た目を美しくするだけではなく、樹木を小さくすることで管理しやすくしたり、強風で伸びた枝が折れたりするのを防ぎます。

・病害虫の予防

切り戻し剪定をおこなうことで、病害虫予防にもなります。病害虫は風通しの悪い場所や日当たりが悪い場所に発生することが多いので、切り戻し剪定によって風通しや日当たりがよくなり、害虫を予防できるのです。

・花や実などを成長させる

花や実などの成長を促すこともひとつの目的です。枝が伸びたまま放置すると、伸びた枝が邪魔をして、短い枝に日光が当たらなくなってしまいます。すると、短い枝は光合成をおこなうことができずに成長することができないのです。

切り戻し剪定によって枝を切りそろえることで均一に日光が当たり、樹木全体の花や実などの成長を促すことができるのです。

切り戻し剪定のタイミング

切り戻し剪定は、以下のタイミングでおこなうことをおすすめします。

  • 開花した後
  • 休眠期が終わる前
  • 不要枝がある場合

花が咲いた後に切り戻し剪定をおこないましょう。開花後の花も養分を吸収するので、残しておくとこれから咲く花や新芽に与えられる養分が減ってしまいます。そのため、開花した後の花を切り落としましょう。切り落とすときは、花首(花のすぐ下)か枝元から切り落としてください。

休眠期が終わる前にも、切り戻し剪定をおこないましょう。弱った木や枯れている木の場合は、休眠期に切り戻し剪定をおこなうことで、再び良好な樹勢を取り戻せる場合があります。大胆にカットするため、翌年は枝が生長するのみで花を咲かせることができませんが、その次の年は花を咲かせる可能性はあるのです。

また、不要な枝がある場合には、時期に関わらず切り戻し剪定をおこないましょう。切り戻し剪定で切り落とす不要な枝とは、樹木の風通しや日当たりを悪くする枝、ほかの枝の成長を阻害している枝のことを指します。

切り戻し剪定の方法

ここからは、切り戻し剪定の方法について見ていきましょう。

・剪定が必要な枝の種類

切り戻し剪定で切り落とす不要な枝とは、以下のようなもののことです。

徒長枝(とちょうし):上に向かってまっすぐ伸びている枝。3分の1程度残して切る。

ひこばえ:根元から出てくる細い枝。株元から切る。

逆さ枝:ほかの枝とは逆の方向に伸びる枝(内側に伸びる枝)。枝元から切る。

立ち枝:樹形を崩しているほど真上に向かって伸びている枝。枝元から切る。

下がり枝:真下に向かって伸びている枝。枝元から切る。

車枝:ひとつの枝からさらに複数の枝が生えている枝。1~2本だけ残して切り取る。

絡み枝:ほかの枝と絡まっている枝。片方を残し、もう片方を切る。

平行枝:平行に伸びている枝。1本残して枝元から切る。

ふところ枝:枝の内側から出てくる枝。枝元から切る。

・使用する道具

切り戻し剪定には、以下のものを使用します。

  • 手袋
  • 長袖長ズボン
  • 剪定ばさみ
  • 脚立
  • ゴミ袋

切り戻し剪定の際は、長袖・長ズボンと手袋を着用してください。枝が肌に刺さって痛いだけではなく、庭木には害虫が潜んでいる場合があり健康被害を及ぼすものもあります。たとえば、チャドクガやカイガラムシは、皮膚に触れるとかゆくなり、炎症にもなるほどです。

このほか、不要な枝を切るための剪定ばさみ、高所の枝を切るための脚立、切り落とした枝や葉を集めて処分するためのゴミ袋も用意しましょう。

・作業手順

枝元か枝の途中で切っていきましょう。どの枝をどの部分で切るのかは、上記にある「剪定が必要な枝の種類」のところでご説明したとおりです。

枝の途中で切る場合は、新芽(少し膨らんでいる部分)のすぐ上を切り落としましょう。新芽を残しておくことで、枝や花を増やすことができます。不要な枝を切ったら、剪定によってできたゴミをゴミ袋に入れて処分して、作業終了です。

切り戻し剪定で気をつけること

切り戻し剪定は、晴れた日の午前中におこなうことをおすすめします。なぜなら、晴れた日の午前中におこなうことで、枝の切り口が乾燥しやすいからです。切り口が樹液で湿っていたりすると害虫の被害にあいやすいので、切り口を乾燥させる必要があるのです。

また、道具は清潔なものを使用しましょう。清潔でない剪定ばさみや手袋を使用すると、切り口から樹木にとって悪い菌が入ってしまいます。樹木が発症する病気のほとんどは菌によるもので、病気によって枯れてしまうおそれもあるため、必ず清潔な道具を使いましょう。

菌の侵入を防ぐためには「癒合剤」を使うこともおすすめです。癒合剤とは、剪定で切り落とした枝の切り口に塗るものです。癒合剤を塗ることによって、菌が入ってくることや、水分や養分が出ていくことを防ぐ効果があります。

もし、「自分で切り戻し剪定をおこなうのは難しそう」「切り戻し剪定をおこなっている時間がない」という方は、プロの剪定業者に依頼するとよいでしょう。業者の中には立会いがなくても作業してくれるところもあります。そうした業者に依頼すれば、どれほど多忙であったとしても、大切な庭木を適切な剪定によって美しく保つことが可能です。

剪定110番では、全国各地の加盟店と提携しているため、幅広い地域からのご依頼に対応することが可能です。都心部にお住まいでない方であっても、問題なくご依頼していただけます。庭木のお手入れでお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

目的に合わせたその他の剪定方法

剪定には、切り戻し剪定以外の方法もあります。ここからは、それぞれの剪定方法についてご紹介していきます。剪定方法によって樹木に与える影響も異なるため、大切な庭木の状態と照らし合わせて、適切な剪定をおこなうようにしてください。

【剪定の種類1】透かし剪定

基本の育て方

透かし剪定とは、枝や葉が増えすぎてしまった場合に、不要な枝葉を間引く作業のことです。庭木の大きさをコンパクトにするというよりは、樹木の内側にしっかりと風を通したり、内側まで日光を当てたりすることが目的になります。

具体的には、以下の枝を切り落としていきましょう。

  • 徒長枝
  • 交差枝
  • 絡み枝

この透かし剪定をおこなわないでいると、樹木の内側の風通しが悪くなって病害虫が発生したり、日の当たらない内側の枝葉が枯れてしまったりするおそれがあります。枝葉が密集しているせいで、風通しや日当たりが悪そうだと感じたら、透かし剪定をしましょう。

【剪定の種類2】刈り込み・刈り上げ剪定

枝が伸びてきたり、形が崩れてきたりしたら、刈り込みや刈り上げ剪定もおこないます。刈り込みや刈り上げ剪定は、あくまでも樹木の見た目をよくする目的でおこないます。

そのため、どの枝を切り落とすのか、あまり考える必要はありません。全体を均等に刈り込んでいきましょう。

【剪定の種類3】芽摘み・みどり摘み

芽摘みとは、新芽を摘む作業のことです。みどり摘みも新芽を摘む作業で、松類に対しておこなうときにそう呼びます。

春先に伸びる新芽は生長する勢いが強くなります。伸びる勢いが強い新芽を放置すると、その部分だけ伸びてしまい、その下の枝の生長を阻害してしまいます。そのため、下の枝を問題なく生長させるために、新芽を摘む必要があるのです。

剪定を業者に依頼するといくらかかる?

剪定は自分でおこなうことが難しい場合、業者に依頼するのがおすすめです。業者に依頼することで、手間をかけずに自分でおこなうよりキレイにおこなってもらうことができます。

ただ、業者に依頼するとなると、費用面が気になる人も多いでしょう。剪定費用は業者によって計算方法が異なり、日当制や時給制のところと単価制のところがあります。

日当制の場合は一日あたり15,000円~30,000円、時給制の場合は1時間あたり2,000円~3,000円が相場です。単価制の場合は木の高さによって料金が異なり、3m未満の場合は3,000円~4,000円、3~5mの場合は7,000円前後、5~7mの場合は15,000円~20,000円が相場となっています。これに加えて、業者によっては出張費や処分費などもかかる場合があります。

剪定に自信がない、心配な人はプロに任せよう!

費用はかかってしまいますが、手間や体力的な負担、仕上がりを考えると、剪定に自信のない方は業者に依頼したほうがよいでしょう。

業者に依頼する場合は、より正確な料金を知るために、業者から見積りを取るのがおすすめです。このとき、より自分に合った業者を見つけるためにも、複数業者から相見積りを取るとよいでしょう。

剪定110番と提携している加盟店では、現地調査とお見積りは無料でおこなっています。キャンセルも可能です。他社との相見積りも、ご相談があれば快く対応いたします。現地調査やお見積りだけでも問題ありません。ぜひ一度、お気軽にご連絡ください。

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

庭木の種類で剪定時期が変わる

剪定時期は庭木の種類によって異なり、間違った時期に剪定をおこなうと木が枯れるおそれがあります。ここからは正しい剪定時期について見ていくので、参考にしてください。

正しい樹木の剪定時期

年間スケジュール

樹木は「常緑広葉樹」「常緑針葉樹」「落葉針葉樹」の3つに分類されます。それぞれの剪定時期についてご説明していきます。

  • 常緑広葉樹(キンモクセイ、サザンカなど):3月下旬~4月下旬または5月下旬~6月
  • 常緑針葉樹(マツ、スギなど):3月~4月
  • 落葉広葉樹(アオハダ、ヤマボウシなど):12月~2月

常緑広葉樹は3月下旬~4月下旬または5月下旬~6月、常緑針葉樹は3月~4月におこないましょう。この時期に剪定をおこなうことで、生長に負担がかかりません。

また、落葉広葉樹は休眠期である、12月~2月に剪定をおこないましょう。休眠期に剪定をおこなうことで、生育期に入ったときに樹木が元の状態になろうとするため、枝の伸びがよくなるのです。

剪定時期を間違えるとどうなる?

剪定時期を間違えると、樹木に負担がかかってしまいます。その結果、樹木が弱り、花芽が付かなくなるおそれがあります。最悪の場合は枯れてしまうおそれもあるのです。

また、剪定方法も間違っていると危険で、樹木の生長が阻害されてしまったり、見栄えが悪くなってしまったりします。剪定は正しい時期に、正しい方法でおこないましょう。

プロに依頼をするメリット

剪定を業者に依頼することで、以下のようなメリットがあります。

  • 仕上がりがキレイ
  • 剪定する手間を省ける
  • ケガを防げる

剪定のプロが作業をおこなってくれるため、自力でおこなうよりは確実に仕上がりがキレイです。また、正しい方法で剪定をおこなってもらえるため、樹木の生育をより確実によいほうへと促すことができます。

また、手間をかけずに剪定をおこなえるのも、業者に依頼するメリットのひとつです。剪定は道具を用意する手間があったり、コツが必要だったりと、素人がおこなえば時間がかかってしまいます。しかし、プロに依頼することでこういった手間を省くことが可能です。

ほかにも、業者に依頼することで、ケガをするリスクを避けることができます。剪定は高所での作業になることもあり、そうしたときは脚立が必要です。そのため、慣れていないと落下して負傷するリスクがあります。ですが、業者に依頼すれば、落下するリスクを避けることができるのです。危険なことをする必要なく、庭木を理想の状態にしてもらえます。

剪定が困難な場合はプロに相談してみよう

樹木を剪定せずに放置してしまうと、生育状態が悪くなってしまって、最悪の場合は枯れてしまいます。ほかにも、病害虫が発生するリスクが高まったり、見た目が悪くなってしまったりするおそれがあります。

そのため、樹木の剪定を怠ってはいけません。もし、剪定する樹木が高木の場合や、剪定する本数が多くて自分でおこなうのが大変な場合は、業者に依頼しましょう。

業者に依頼するときは、複数業者から相見積りを取ることをおすすめします。そうすることで費用や作業内容の比較検討ができて、自分に合った業者を見つけることができます。

剪定110番と提携している業者では、無料で現地調査と見積りをおこなっております。費用に納得ができなかった場合にはキャンセルも可能です。また、電話相談も24時間365日受け付けております。「まずは庭木の剪定について話だけでも聞きたい」という場合でも喜んで対応させていただきます。ぜひ一度、ご連絡ください。

庭木の伐採・剪定でお困りなら、植木屋のプロ剪定110番まで
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test