剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > ミモザの剪定は花が咲いた後!剪定方法や花が咲かない原因を解明

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

ミモザの剪定は花が咲いた後!剪定方法や花が咲かない原因を解明

ミモザの剪定は花が咲いた後!剪定方法や花が咲かない原因を解明ミモザの剪定は花が咲いた後!剪定方法や花が咲かない原因を解明

ミモザを庭木として育てている方のなかには、自分で剪定をしたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。ですが、剪定といってもなにをおこなえばいいのかわからないですよね。

ミモザの剪定をおこなうには、まずミモザの特徴を把握しておきましょう。特徴を把握することによって、正しく剪定をおこなうことができます。この記事ではミモザの特徴から剪定時期、剪定の方法などについてご紹介していきます。

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

ミモザの特徴と剪定方法とは?

早速、ミモザの特徴・剪定時期・剪定方法について、ここではご紹介していきます。

ミモザことギンヨウアカシアの特徴

ミモザことギンヨウアカシアの特徴

ミモザは黄色いフワフワとした花で、とてもかわいらしい見た目をしていますよね。ミモザは別名「ギンヨウアカシア」「フサアカシア」といい、オーストラリアが原産です。生育が早く、地植えをすると10メートルほどの高さになる場合があります。

ミモザの剪定は花が咲いた後?

ミモザは3月から4月頃に開花します。剪定する場合は4月頃の開花した後から7月までにおこないましょう。夏を過ぎると来年に開花する芽が出てきます。もし剪定して花の芽を取ってしまうと、花が咲かなくなってしまうのです。

また、ミモザは成長が早いですが根は浅いです。大きくなりすぎてしまうと、根が浅いので風などにあおられて倒木してしまうおそれがあります。成長して伸びた枝は毎年剪定するようにしましょう。

剪定の方法

剪定する際は、どこでも切っていいというわけではありません。剪定時期や切り方を間違えてしまうと、形が不自然になってしまったり、枯れてしまったりする場合があります。正しい剪定方法を把握してきれいに整えられるようにしましょう。では、剪定する箇所と方法をご紹介いたします。

剪定する枝の選び方とは?

剪定する枝は、長く伸びた古い枝から切るようにしましょう。枝を伸ばしたままにしてしまうと、長く伸びた枝が折れ始めてしまい、辺りが枝だらけになってしまいます。

また枝を伸ばしたままにしてしまうと、木の内側の風通しは悪くなってしまい全体的に日光が当たりづらくなってしまいます。

ミモザの剪定方法とは?

剪定する際は、新しく伸びてきた短い枝はのこしておきましょう。古い枝を、根元から切るようにしてください。また、冬の寒い時期に剪定をおこなうと枯れてしまう場合があります。

ミモザは1年中葉をつけている常緑樹です。常緑樹は、光合成を毎日のようにおこなっています。養分を常に作り消費しているため、その栄養をためることができません。

日照時間の短い冬に剪定をおこなってしまうと、光合成をしても少ししか養分を作れずに枯れてしまうことがあるのです。冬の剪定もやめておきましょう。

剪定が不安なときには

新しい枝と古い枝の区別ができない場合や、自分で剪定するのが不安な方は業者に依頼することをおすすめします。

業者に依頼すると専門的な知識で正確に剪定をおこなってくれます。弊社ではお電話1本で剪定業者を手配することができます。24時間365日お電話を受け付けており、迅速に対応いたしますのでいつでもご連絡ください。

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

ミモザを健康に育てる方法

ミモザを健康に育てるにはいくつかのポイントがあります。それらのポイントを把握して、きれいなミモザを育てられるようにしましょう。この章では「ミモザをきれいに育てる方法」「花が咲かない理由」などについてご紹介していきます。

若木のうちは支柱でささえる

若木のうちは支柱でささえる

若木のミモザは風で折れやすいため、かならず支柱をしましょう。支柱の種類はさまざまなものがありますが、今回は比較的簡単な「八つ掛け支柱」というものをご紹介いたします。では、支柱を組み立てるときに必要な道具と方法をご説明いたします。

「八つ掛け支柱」

〇必要な道具
  • ・杉皮
  • ・竹
  • ・針金
  • ・シュロ縄

〇組み立て方法

3本~4本の竹をミモザを囲むように斜めに立てかけます。幹を傷つけないために杉皮を上から巻き、シュロ縄で固定します。

支柱が必要な期間は、苗木の場合で1年程度です。根が成長するまでは、支柱で幹を支えましょう。今回は一般的でもっとも知られている支柱の方法を紹介しました。しかし、「八つ掛け支柱が自分の庭ではうまくできない……」というご家庭もあることでしょう。そんなときは剪定をしてくれるプロの業者に相談してみることをおすすめします。あなたに合った支柱を教えてくれるかもしれません。

鉢植えは年に1度植え替え

鉢植えは年に1度くらいのペースで植え替えをしましょう。ミモザの根は、鉢の中がいっぱいになるほどよく伸びますので、鉢を替える際は少し大きいものを選ぶようにしましょう。

また、根を傷つけると枯れてしまおそれがあります。植え替える際は土を落とさずに優しく植えてください。

病害虫に注意する

病害虫にも気をつけましょう。ミモザに発生するおもな病害虫は「イセリアカイガラムシ」「ミノガ」などが挙げられます。

イセリアカイガラムシは植物の樹液をエサとする病害虫です。また、イセリアカイガラムシの排せつ物が葉などに付着してしまうと、すす病という葉に黒いすすのようなものがこびりつく病気になってしまいます。早期発見であればイセリアカイガラムシは取り払うことができます。あまりにも大量発生していたら、専用の薬剤などで駆除しましょう。

ミノガは葉を食べる病害虫で、夏の時期に発生しやすいです。そのままにしてしまうと、大量に増えてしまうため、発見したらすぐに取り除いて薬剤を撒くなどの駆除をおこないましょう。

ミモザの花が咲かない3つの原因

ミモザを植え始めや育てているなかで、花が咲かないという悩みをかかえてはいませんか?それには3つの原因があります。原因を改善して花を咲かせられるようにしましょう。

1.植えてから3年程は開花しない

ミモザを苗の状態から育てると、花が咲く大きさに成長するまでにおよそ1年~3年かかります。また、花の数が少ない時期があります。それはミモザの株が生長中のため花が少ないだけです。

ですので、花が少ないからといって肥料や水やりを多くすることはやめましょう。肥料が多いと自力で成長する力が弱くなってしまいます。また、水を多く与え過ぎてしまうと根腐りを引き起こしてしまう原因にもなります。

2.生育環境が悪い

ミモザを育てている環境が悪いと、開花にも影響してしまいます。日光が当たらない場所、極端に水や肥料が少ない場所、鉢が小さい、などの環境では花が咲きにくいです。

3.剪定の時期を間違えた

花に適した剪定時期はそれぞれ異なります。ミモザは4月~7月の間に剪定をおこないましょう。剪定時期を間違えて、花が咲かないといったことがないように注意しましょう。

ミモザの花をきれいに咲かせるなら

自分で剪定をおこなったとき、もし間違ってしまうと花が咲かなかったり、形が悪くなってしまったりしないか不安になりますよね。そのようなときは専門の知識を持つ業者に相談してみましょう。

業者に依頼すると、専門の道具や知識で正しく剪定をおこなってくれます。さらに、今後どのように育てていけばいいのかなどをアドバイスしてくれる業者もいます。

弊社では24時間365日お電話を受け付けており、早朝でも深夜でもご相談いただけます。ぜひご連絡くださいませ。

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

剪定の業者選びと費用相場

実際に業者に依頼するとき、どのような業者を選んだらいいのか把握しておきたいですよね。また剪定の際に発生する費用も、あらかじめ知っておくと業者選びの参考になります。この章では、「業者選びのポイント」「剪定費用」などについてご紹介していきます。

業者選びのポイント

業者選びのポイント

業者選びの際は以下の点に注目して、自分に合った業者を選ぶようにしましょう。

口コミを確認

口コミを見て第三者の意見を参考にしてみましょう。その業者が実際どのような対応をしてくれるのかを把握することができます。

相談ができる

些細な疑問や相談にも親身になって丁寧に対応してくれる業者なら、安心して作業を任せることができるでしょう。

適切な説明がある

剪定作業や費用についての詳細な説明があると、どのような作業をどれほどの時間や料金でおこなってくれるのか把握することができます。そのように具体的な内容を説明してくれる業者は信頼することができますよね。

見積りをしっかりおこなう

見積もりを取ることで、剪定にかかる費用を事前に把握することができます。また、追加料金がないかどうかも聞くと、より安心できますよね。

剪定費用の相場はいくら?

剪定の費用は業者によって異なりますが、主に「時間制」と「単価制」があります。時間制は、「剪定の際に1時間いくらで」という形です。単価制は、「剪定をする木の本数や敷地の大きさでの料金」となります。

時間制や単価制以外にも、業者の出張費、材料費、ゴミ処理費用などがかかる場合もあります。費用を比較したい場合は、いくつかの業者から見積りを取る、相見積りをしましょう。

平均的な剪定料金は低木で1本3,000円ほど、中木で1本6,500円ほどです。あくまでも平均ですので、参考程度に把握しておきましょう。

まずは電話相談をしてみよう

剪定をご検討されている方に向けて、弊社に電話していただければ剪定のプロである業者を手紹介することができます。ご相談は24時間365日お電話で受け付けており、早朝でも深夜でも対応が可能です。

また、現地でのお見積り作成なども無料でおこなっておりますので、ご安心してご利用いただけます。ぜひご連絡くださいませ。

【高木の剪定・お手入れに関する記事はこちら】

ウバメガシの剪定|刈り込みの方法や育て方・病害虫の被害について
シラカシの剪定方法や時期|育て方の基本と気を付けるべき害虫や病気
ウラジロガシに必須の剪定。方法と適期を知って元気な木を育てよう!
もみじ剪定の時期は冬がいい?キレイに紅葉させる方法もご紹介!
しだれもみじの剪定は冬!美しい紅葉を叶える条件とお手入れ方法
イロハモミジの剪定は時期が重要!正しい方法とは|育て方も解説
キャラボクの剪定は初心者にも簡単!自分でできる手入れ法&育て方
ハナミズキの剪定方法まとめ!時期や剪定方法まで解説します
ケヤキの剪定|小さくする方法と盆栽の作り方・お手入れについて
ユーカリ剪定の方法|ひょろひょろ、枯れた!などよくあるお悩み対策
モッコク剪定|お手入れは簡単でも剪定にはコツが!育て方のポイント
マテバシイの剪定方法と注意点!病害虫に気をつけて健康的に育てよう
アオギリの剪定方法と育て方|大きくなりすぎた場合の対処法も紹介
レンギョウの剪定|美しい花が咲くお手入れ法と枯れる原因への対処
シルバープリペット剪定の仕方と時期|生垣の手入れに困ったら業者依頼もひとつの方法
ネズミモチの剪定|すぐに大きくなるのでこまめに剪定をしよう!
ライラックの剪定でキレイなお花を育てたい!お手入れのポイントとは
キンモクセイの剪定方法|基本から学ぶコツ&プロに相談したとき
ライラックの剪定|切りすぎると枯れることも!きれいに育てるコツ
銀木犀を剪定する方法を解説!基本を学んできれいな花を咲かせよう
ハゴロモジャスミンの剪定方法と時期|魅惑の花を自分好みに育てよう
コブシの剪定|時期を間違えると花が咲かないことも!正しい剪定方法
木蓮の剪定方法|時期を間違えると花が咲かない原因に!育て方も解説
ソヨゴを剪定で弱らせてしまわないために。剪定の時期と方法について
クロガネモチの剪定時期っていつ?剪定方法や挿し木の手順とコツ
月桂樹の剪定方法|健康に育てるお手入れ・葉のオススメ活用法まとめ

庭木の伐採・剪定でお困りなら、植木屋のプロ剪定110番まで
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
{ "@context" : "http://schema.org", "@type" : "FAQPage", "mainEntity" : [ { "@type": "Question", "name": "ミモザの特徴と剪定方法とは?", "acceptedAnswer": { "@type": "Answer", "text": "

ミモザを庭木として育てている方のなかには、自分で剪定をしたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。ですが、剪定といってもなにをおこなえばいいのかわからないですよね。
ミモザの剪定をおこなうには、まずミモザの特徴を把握しておきましょう。特徴を把握することによって、正しく剪定をおこなうことができます。

" } }, { "@type": "Question", "name": "ミモザの剪定は花が咲いた後?", "acceptedAnswer": { "@type": "Answer", "text": "

ミモザは3月から4月頃に開花します。剪定する場合は4月頃の開花した後から7月までにおこないましょう。夏を過ぎると来年に開花する芽が出てきます。もし剪定して花の芽を取ってしまうと、花が咲かなくなってしまうのです。
また、ミモザは成長が早いですが根は浅いです。大きくなりすぎてしまうと、根が浅いので風などにあおられて倒木してしまうおそれがあります。成長して伸びた枝は毎年剪定するようにしましょう。

" } }, { "@type": "Question", "name": "剪定する枝の選び方とは?", "acceptedAnswer": { "@type": "Answer", "text": "

剪定する枝は、長く伸びた古い枝から切るようにしましょう。枝を伸ばしたままにしてしまうと、長く伸びた枝が折れ始めてしまい、辺りが枝だらけになってしまいます。
また枝を伸ばしたままにしてしまうと、木の内側の風通しは悪くなってしまい全体的に日光が当たりづらくなってしまいます。

" } }, { "@type": "Question", "name": "ミモザの剪定方法とは?", "acceptedAnswer": { "@type": "Answer", "text": "

剪定する際は、新しく伸びてきた短い枝はのこしておきましょう。古い枝を、根元から切るようにしてください。また、冬の寒い時期に剪定をおこなうと枯れてしまう場合があります。ミモザは1年中葉をつけている常緑樹です。常緑樹は、光合成を毎日のようにおこなっています。養分を常に作り消費しているため、その栄養をためることができません。
日照時間の短い冬に剪定をおこなってしまうと、光合成をしても少ししか養分を作れずに枯れてしまうことがあるのです。冬の剪定もやめておきましょう。

" } } ] }