剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > 【マキの木の剪定】方法・時期&ポイントを知って庭木を手入れしよう!イヌマキ以外の種類&特徴も解説

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

【マキの木の剪定】方法・時期&ポイントを知って庭木を手入れしよう!イヌマキ以外の種類&特徴も解説

マキはさまざまな樹形に仕立てられることから、庭園の庭木として代表的な樹木です。また生垣として利用することもでき、さらに育て方が比較的簡単であることから人気のある樹木でもあります。

なお育て方が簡単とはいえ、まったく手入れが不要であるというわけではありません。とくに魅力である樹形をきれいに整えるためには、マキの木は剪定をこまめにおこなうことが非常に大切です。そこで本記事では、そんなマキの剪定について、作業に適した時期や方法を詳しく解説していきます。なお、育て方に関してもご紹介していくので、日々の手入れの際にぜひ参考にしてください。

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

1.マキってどんな樹木?特徴から見る剪定の必要性

マキってどんな樹木?特徴から見る剪定の必要性

マキの木を庭木として育てる上では、魅力である樹形をきれいに整えて楽しみたいという方も多いでしょう。なおこのためには、マキは剪定という手入れをこまめにおこなうことが非常に大切です。

この理由は、マキの特徴にあります。そこでまずは、マキの木に剪定が必要な理由を、この樹木の特徴から確認しておきましょう。

放置しておくと枝が伸び放題に!樹高も高くなる!

マキに剪定が必要な理由、それは主に枝の生え方と樹高にあります。

そもそもマキという樹木は、生長するスピードはそこまではやくありません。しかし、なにも手入れをせずに放置しておくと、枝が縦横無尽に伸びるという特徴から、大きく樹形が乱れてしまうことがあるのです。

また、マキは樹高が高くなる樹木でもあり、10m~20mほどにまで大きくなることもあります。これほどまでに大きくなってしまうと、庭木としては大きすぎるということもあるでしょう。加えて樹高が高くなりすぎると、手入れをおこなうことも非常に大変となってしまいます。

上記のような特徴があることから、マキの木の剪定はこまめにおこなうことが大切なのです。

自分で手に負えないなら→剪定110番を利用!

樹高が高くなりすぎてしまったなどで、自分でマキの木の剪定をおこなうことが難しいという場合は、当サイトの剪定110番を利用してプロの業者に手入れを依頼することがおすすめです。

剪定110番では、1,500以上という業者のなかから最適なプロをご紹介することができます。樹形をきれいに整えることはもちろん、高所での剪定作業でも安全におこなってくれるでしょう。

また剪定110番では、現地調査を実施した上での見積もりを無料でおこなっています。そのため、剪定を業者へ依頼しようか検討されている方は、お気軽にまずは一度ご連絡ください。

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

マキのその他の特徴・種類

マキという樹木に対して、そもそもどのような植物なのか詳しく知らない、という方も多いかもしれませんね。そこでここでは、簡単にマキの木の特徴や種類についてご紹介していきます。

マキは、年中緑色のチクチクと尖った葉をした針葉樹の仲間として知られており、カラフルな雪だるまのような実をつけることが特徴のひとつです。そんなマキは、冒頭でもお伝えしたようにさまざまな樹形に仕立てることができ、かつ丈夫で育てやすいということから庭園の庭木や生垣として人気があります。また、強い風にも負けない強さを持っているため、風よけなどとしても植えられることが多いです。

なお、マツと比較すると寒さには弱いですが、日陰でも十分に育つため管理もしやすいとされています。またマキの木は、剪定で枝を切られても生育に大きな影響が出ない、ということも魅力のひとつといえるでしょう。

ちなみに、マキという樹木にはいくつか種類があります。各種類と特徴を以下で確認してみましょう。

【イヌマキ】
種類があるなかでも、最もポピュラーとされるのがイヌマキです。このイヌマキは、丈夫な樹木であることから建材として使用されることもあります。また、樹高が20mを超す大木となることもあるのです。

【ラカンマキ】
ラカンマキもイヌマキ同様、マキの種類のなかではポピュラーな樹木です。なお、樹高が5mほどとイヌマキと比較すると小さいことが特徴です。そのため、庭木として人気があります。

【コウヤマキ】
コウヤマキは、コウヤマキ科コウヤマキ属と分類され、1種類しか存在しない希少な日本の特産種の樹木です。このコウヤマキは、なかには40mを超える樹高になるものもあります。用途としては、風呂桶などとして使われることが多いようです。

2.マキの木の剪定時期と方法|ポイントを押さえて正しい作業を

マキの剪定は、きれいな樹形に整えて、それを維持するために非常に大切な手入れです。とはいえ、とにかく枝を切ればよいというわけではありません。

マキの木の剪定をおこなう上では、適切な時期と方法でおこなうことが大切なのです。そこでここでは、そんなマキの剪定時期と方法を解説していきます。

剪定時期|年2回の手入れをおこなおう

マキの剪定の手入れをおこなうのに適した時期は、年に2回とされています。それぞれの細かい時期は以下のとおりです。

【マキの剪定時期】
9月~10月
6月

マキは基本的には剪定で枝を大きく切られても、弱って枯れてしまうということはありません。とはいえ寒さに強い樹木ではないため、そのような時期に剪定をおこなうことはできるだけ避けるようにしましょう。

剪定方法|透かし剪定と刈り込み剪定

マキの木を剪定する際は、基本的には透かし剪定と刈り込み剪定という2種類の方法でおこないます。それぞれの方法は目的や役割が異なるため、正しく剪定をおこなうためにもここでしっかりと確認しておきましょう。

透かし剪定

樹木というものは、枝が伸びすぎてしまうと内部の密度が上がって日当たりや風通しが悪くなってしまいます。それを防ぐためにも、混みあって集中した箇所の枝を間引くように切っていきましょう。そうすることで、生長をよくすることができることに加えて、害虫や病気の予防効果も期待できます。

刈り込み剪定

マキの枝が生長を続けると、せっかくの整っていた樹形が乱れ、見た目が悪くなってしまいます。そんなときに、乱れた枝を切りそろえるのが、刈り込み剪定です。基本的には丸い形の玉散らしにすることが多いですが、生垣の場合は四角形などと用途にあわせて刈り込み剪定をおこなっていきましょう。

また、枝の刈り込み後には、枯れ葉や傷んだ葉が残ることがあります。これらに関しても、残しておくと見た目を損ねるだけでなく、風通しが悪くなるため手作業で除去するようにしましょう。

マキ剪定のポイント

マキの木の剪定をおこなう際にはあるポイントがあります。それは、最上部を優先的に剪定すること、です。

すでにお伝えしたとおり、マキは生長スピード自体ははやくありません。しかし、最上部は生育が旺盛なのです。

ここをしっかり手入れしないと、樹形が乱れて見た目のバランスが悪くなってしまいます。そのため、最上部は優先的に剪定をおこなう必要があるのです。

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

3.マキの育て方の基本|好みの環境や日々の手入れ

マキの育て方の基本|好みの環境や日々の手入れ

マキを育てる上では、剪定以外に当然日々の手入れなどをしっかりとおこなうことも大切となります。丈夫で健康なマキの木に育てるためにも、育て方の基本についてもしっかりと覚えておくようにしましょう。

日当たり・水はけ

マキに限らず植物を育てる際には、最適な環境での生育が大切です。ここでは、日当たり・水はけという2項目における、マキの木の好みを把握しておきましょう。

日当たり

まず日当たりに関してですが、マキは非常に柔軟な樹木です。そのため、日陰でもしっかりと育ちます。しかし、より元気に育てるためには、やはり日当たりのよい場所での生育がおすすめです。

ちなみに、寒さに関してはそこまで耐性があるわけではありません。そのため、雪深い地域や寒さの応える北国で育てることは難しいとされているので、この点は頭に入れておきましょう。

水はけ

次に水はけについてですが、これも多くの植物同様、水はけのよい場所で育てることが望ましいです。水はけが悪いと、マキは根腐れを起こしてしまうこともあるため、注意しましょう。なお、赤玉土と腐葉土を混ぜた用土などを使うことで、水はけをよくすることができます。

植え付け

マキを育てる際には、そもそも植え付けるところから始まります。

マキの植え付けをおこなう時期としては、4月~5月もしくは8月~9月が適期といわれているので、この時期におこないましょう。なお、この時期は鉢植えと庭植えのいずれの場合も同様です。

実際に植える際、鉢植えの場合はマキの木よりも大きめの鉢を用意して、これに植えましょう。一方、庭植えにする場合は、前述のような好みの環境に、マキの木よりも大きめの穴を掘り、そこに植えるようにしてください。

なお、植え付けた後に水をたっぷり与えることを忘れないようにしましょう。

肥料・水やり

植物を育てる上での日々の手入れとしては、肥料を与えることと水やりをおこなうことがあげられます。なおこれらは、マキを育てる上でも必要な手入れです。

肥料

肥料に関しては、まずは前述の植え付けるタイミングでゆっくりと効果の出る緩効性化成肥料を土に混ぜて与えます。その後は、毎年2月に同様の肥料か有機質肥料を与えましょう。

水やり

水やりに関しては、鉢植えと庭植えのどちらで育てているのかでおこない方が変わってくるため注意が必要です。

まず庭植えの場合ですが、根が張ってしまえば雨のみで育つため基本的には不要です。しかし、夏場など雨が少ない場合は、乾燥させないように水を与えましょう。

一方、マキを鉢植えにしている場合は、土が乾いていないかこまめにチェックして、乾燥していればしっかりと水やりをおこなってください。なお、土質によっては与えた水がうまく流れ出ず、根が悪くなってしまうおそれがあります。そのため、水はけのよい用土で育てるようしましょう。

挿し木

マキの木をさらにたくさん育てたいという場合は、挿し木もしくは種まきによって増やすことができます。

挿し木をおこなう時期としては、3月~4月もしくは9月~10月が適期です。なお、どちらの時期におこなうのかで使う枝が異なります。

【春におこなう】
前の年に伸びた枝を使う

【秋におこなう】
その年に伸びた枝を使う

手順としてはまず、各時期における利用する枝を10cm~15cmの長さで用意しましょう。そして、これをしばらく水に浸けてから土に植えることで挿し木は完了です。

一方種まきに関しては、秋につく実から種を採ることでおこなうことが可能です。種まきをおこなう時期は、種を採取したその秋もしくは保管した後の翌年の春が適期となります。

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

4.マキの木を育てる上で注意が必要な病害虫

元気なマキを育てるためには、病害虫にも注意しなくてはいけません。とくに気をつけなければいけない害虫や病気について、ここでは確認しておきましょう。

害虫:カイガラムシ・アブラムシ

マキの木に発生しやすい害虫としては、カイガラムシとアブラムシがあげられます。これらの害虫は、マキの生育を阻害してしまうことがあるため、発見したら早急に対処するようにしましょう。

被害としては、葉に排泄物をつけるということがあげられます。なおこれによって、生育に悪影響を及ぼしてしまうのです。ちなみに、この害虫の排泄物が原因で、後述するすす病という病気を発生させてしまうこともあります。

またアブラムシに関しては、排泄物が甘いという特徴があります。そのため、アリが群がってしまうということもあるのです。

対処法としては、これらの害虫を駆除するという方法でおこないましょう。駆除する際は、歯ブラシなどでこすり落とすなどの手作業でおこないます。なお、大量に発生している場合は、適切な殺虫剤を使用して駆除しましょう。

病気①:すす病

マキを育てる上で発生しやすい病気としては、まず前述でも軽く触れたすす病があげられます。これは、葉にカビが発生することによってまだらの模様が出ることが特徴で、見た目が悪くなるだけでなく、植物の生育を阻害してしまうのです。

なお、発生してしまった場合は、その病気の箇所を取り除いてください。また、この病気が発生してしまう原因のひとつが前述のような害虫となります。そのため、それらの害虫を駆除して予防するようにしましょう。

病気②:ペスタロチア病

ペスタロチア病も、マキを育てる上では発生しやすい病気です。この病気は、葉の傷口に病原菌が侵入することで発生します。

被害としては、葉の一部を変色させてしまうということがあげられます。また、枯らしてしまうこともあるため注意が必要です。

この病気の発生は葉の傷口からなので、マキの剪定時に葉を傷つけないようにしましょう。なお、葉が部分的に枯れているものはこの病気にかかっていることが疑われるため、早めに処分して殺菌剤をまくなどして対策をしておきましょう。

マキの手入れが大変と感じたら専門の業者に相談

マキの木の剪定を自分でおこなうことが不安な場合や、病害虫を防ぐために正しく手入れしたいという場合は、専門業者に依頼するのがおすすめです。業者に依頼することで、正しく剪定をしてもらうことができ、また病害虫の予防をすることもできるでしょう。

なお、いざ業者に依頼をしようとしても、どこに相談すればよいのか悩んでしまう方もいるかもしれませんね。そんなときは、当サイトの剪定110番の利用がおすすめですよ。

剪定110番では剪定を含め、庭のお困りごとに対応することができます。また、1,500以上という業者をご紹介することができるため、最適なプロがきっと見つかるでしょう。

弊社では見積りを無料でおこなっており、またお問い合わせにも24時間365日対応しております。そのため、剪定や庭木の手入れにお困りの際は、お気軽にいつでもご連絡ください。

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

5.剪定業者で失敗しないためのポイントとは?

剪定業者で失敗しないためのポイントとは?

自分での剪定が不安な場合や、手間を省きたい場合には、業者に依頼するのが安心です。しかし、美しい樹木になるよう仕上げてもらうためにも、業者選びには注意が必要です。剪定業者を選ぶうえで失敗しないためにも、気をつけるべきポイントをみていきましょう。

業者選びをするならココに注目!

依頼する業者を選ぶのに、どんな点に注意すればよいのか判断が難しい方も多いのではないでしょうか。信頼できる剪定業者を選ぶためにも、以下のポイントに注意してみましょう。

親身に相談にのる

剪定や手入れだけでなく、費用についても、親身に相談にのってくれるかということも大切です。小さな疑問に対してもきちんと相談対応をおこなってくれる業者は、信頼できる場合が多いとされています。

実績がある業者

実績の多い業者は、きちんとした技術や豊富な経験をもっている場合が多いです。安心して作業を任せるためにも、業者の実績について確認しておくとよいです。

評価が良い

業者に剪定を依頼する際に、サイトの口コミや知人から評判を参考にするのもおすすめです。しかし、評価には個人差があるため、おおまかな参考程度にするのがよいかもしれません。

追加費用がかからない

見積りをしたにもかかわらず、後から追加料金が発生してしまったというケースもみられます。そうなってしまわないためにも、あらかじめ業者のホームページを確認するか、電話で相談をしてみることがおすすめです。

見積りが出せる

剪定をおこなってもらうにも、どのくらい費用がかかるのか判断が難しい場合があります。正確な費用を知るためにも、きちんと見積りを出してくれるかということも大切です。業者によっては無料見積りをおこなっている場合があるので、いくつか依頼して見比べるのがおすすめです。

剪定の費用相場と抑え方

業者に剪定を依頼する場合、日当制と単価制で費用相場が異なります。それぞれの相場がどれくらいなのかみてみましょう。

日当制は、作業する業者1人あたり15,000~30.000円前後が一般的な費用相場とされています。地域や剪定を依頼する業者によって価格に差が生じる可能性があります。

樹木1本あたりの単価制の費用相場はこのようになります。

【剪定費用の相場】
低木 (0m~3m未満) \3,000~\5,000前後
中木 (3m~5m未満) \6,000~\8,000前後
高木 (5m~7m未満) \15,000~\20,000前後

7mを超える大きな樹木に関しては、直接見積りを依頼しないと費用が判断できない場合が多いです。

そして、少しでも費用を抑えるためには、そのほかで発生する料金を削減することが重要です。できるだけ出張費が張らないようにするためにも、近辺の業者を選ぶようにすることで、費用を抑えられる場合があります。

また、作業の際に出た枝や葉を処分してもらうのにも、処分費がかかることがあるため注意が必要です。しかし、自分での処分やゴミ処理センターにもっていくことで費用を節約することができます。ゴミとして出す場合は、きちんと自治体の分別方法を守って処分するように気をつけましょう。

まずは見積りをしてみよう!

ご家庭の庭木の大きさや状態によって、費用が異なってきます。そのため、費用を明確にするためにも、依頼する前にまずは業者に見積りを依頼してみましょう。

剪定110番では、弊社加盟店による現地でのお見積りを無料でおこなっております。もし、お見積りをキャンセルされた場合でも、料金は一切発生しません。また、相談窓口は24時間365日で受付しております。剪定にお困りの場合は、1度、お気軽にご相談ください。

【コニファーの剪定・お手入れに関する記事はこちら】

【庭木の手入れ方法】ゴールドクレストの剪定のコツと時期|ハサミが苦手という特徴に注意!
コノテガシワの剪定は年に一度!正しい方法や害虫の被害について
もみの木の剪定|小さく整える剪定・お手入れ・枯れる原因について
ニオイヒバの剪定は必ずやろう!正しい方法・時期とは|育て方も解説
ヒバの剪定は新芽の季節にあわせて!枯らさずに剪定するポイントとは
メタセコイアの剪定をしよう!美しい紅葉を楽しむための育て方
イチイの木の剪定は定期的に!剪定時期やキレイに剪定するコツとは
イトヒバの剪定|生い茂っている状態からサッパリさせる剪定方法
【生垣・庭木】レッドロビンの剪定方法・時期|バリカン利用のコツや日々の手入れ&気をつけたい病気を紹介
ベニカナメモチの剪定方法と時期|生垣の手入れ方法・病気情報を紹介!レッドロビンとは同じ樹木?
キンメツゲは生垣に最適!美しく形を整える剪定やお手入れ方法まとめ
生垣の剪定|想定外の重労働?時期や方法とメンテナンスに必要な作業
トキワマンサクの剪定|生垣にも庭木にもおすすめ!育て方も解説
ラカンマキの剪定はやりすぎ注意!方法と時期を守って美しい見た目に
イヌマキの剪定は年2回がベスト!元気に育てるコツもご紹介します

庭木の伐採・剪定でお困りなら、植木屋のプロ剪定110番まで
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問