剪定110番 トップページ > 剪定 > マキってどんな木?剪定方法や生垣・庭木でおすすめな種類を紹介

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

マキってどんな木?剪定方法や生垣・庭木でおすすめな種類を紹介

マキの剪定方法と時期について

丈夫な樹木と知られるマキは、成長が早く枝が伸びやすいため、定期的に剪定をおこなう必要があります。また、剪定には、マキに最適な時期や方法でおこなうことが大切です。きちんと手入れするためにも、マキの剪定方法と時期について、特徴を踏まえながらみていきましょう。

マキってどんな樹木?

マキってどんな樹木?

マキという樹木について、あまりなじみのない方の多いのではないでしょうか。マキは丈夫で育てやすいため、初心者の方にも庭木として植えるのに最適とされています。そんなマキは、どのような特徴をもっているのかみていきましょう。

マキの特徴

年中緑色のチクチクと尖った葉をした針葉樹の仲間として知られており、カラフルな雪だるまのような実をつけます。とても頑丈で成長も早いため、比較的簡単に育てることができ、強い風にも負けない強さをもつことから、家の生垣や風よけとして、植えられることも多いです。

松に比べて寒さには少し弱いですが、日陰でも十分に育つため管理もしやすいとされています。刈り込みなどで大きく枝を切っても、生育に影響が出ないため、自分好みの形に仕上げることができるのも魅力です。

庭木や生垣にオススメな種類

マキのほかにも、生垣として人気のイヌツゲや、強い潮風にも耐えるカイヅカイブキなどもおすすめです。また、日本ではポピュラーなサザンカやキンモクセイなども、庭木や生垣として植えるのに適しています。それぞれ、樹木に存在感があり、特徴的な花や香りをもっています。

マキの剪定時期

マキは、枝の成長が早く、形を整えるためにも剪定が必要になります。寒さに弱いマキは、気温が下がりだす秋過ぎの剪定は向いておらず、その前の9月~10月、もしくは6月ごろにおこなうのが最適とされています。

また、形を大きく変える刈り込みは、毎年おこなうと樹木に負担がかかってしまうおそれがあります。そのため、樹木の生育を損ねないようにするためにも、高い頻度で刈り込みをするのは控えるように心がけましょう。

マキの剪定方法

マキの剪定には、目的や役割が異なる2種類の方法が存在します。正しく剪定するためにも、きちんとそれぞれの方法の知識を深めておきましょう。

透かし剪定

枝が伸びすぎてしまうと、密度が上がって陽の光や風を取り込みづらくなってしまいます。それを防ぐためにも、枝の集中した箇所を透かすように切っていきましょう。そうすることで、成長をよくすることができるのに加えて、害虫や病気の予防効果も期待できます。

刈り込み剪定

マキの枝が成長を続けると、せっかくの整っていた形が乱れ、見た目を損ねてしまいます。その場合、刈り込みという方法で、乱れた枝を切りそろえていきましょう。基本的には、丸い形にすることが多いですが、用途によって四角形などさまざまな見た目にできます。

また、枝の刈り込み後には、枯れ葉や傷んだ葉が残ることがあります。残しておくと見た目を損ねるだけでなく、空気の通りが悪くなるため手作業で除去するようにしましょう。

剪定が難しいと感じたらプロに依頼しよう

剪定をして、マキを美しい形に仕上げるためにも、ある程度技術や経験があったほうが安心です。しかし、自分で剪定をおこなう場合、手間や労力が必要になるうえ、正しい方法でおこなう必要があります。

剪定が難しく、少しでも作業に不安がある場合は、プロに依頼するようにしましょう。プロに適切な剪定をしてもらうことで、きれいなマキに仕上げてもらうことができます。まずは1度、弊社の無料の相談窓口までお気軽にお問い合わせください。

マキを正しく育てるポイント

マキは、耐久性が高く、成長しやすいため比較的育てやすいとされています。元気に育てるためにも、日当たりや水やりなど、マキを正しく育てるためのポイントについてご紹介します。

マキの育て方

マキの育て方

元気で丈夫なマキを育てるためにも、植物に最適な方法で管理することが大切です。マキを育てるうえで大切なポイントをみていきましょう。

日当たり

マキは、柔軟な植物のため日陰でも育ちますが、日の光を好むため、より元気に育てるためにも日当たりのよい環境での生育がおすすめです。また、寒い環境には適していないため、雪深い地域や寒さの応える北国で育てるのは難しいとされています。

水やり

庭木として直接土に植えている場合は、根が張ってしまえば雨のみで育つため、基本的には水やりが必要ありません。しかし、夏場など雨が少ない場合は、乾燥させないように水与える必要があります。

マキを鉢に入れて育てている場合は、土が乾いていないかこまめにチェックして、十分に水やりをおこないましょう。また、土質によっては、与えた水がうまく流れ出ず根が悪くなってしまうおそれがあります。できるだけ、水がスムーズに染み込む土で育てるのがおすすめです。

マキの増やし方

マキを増やすには、成長してすぐの枝を切り除き水にしばらく浸した後に土に植えていく挿し木という方法があります。また、もう1つの方法に、種をまいて増やす方法もあります。マキは、秋に付く実から種を取ることが可能です。秋または春の季節に、種まきに適した、肥料が混ぜられた土にまくことで、増やすことができます。

注意すべき病害虫

元気なマキを育てるためにも、病害虫にも注意しなくてはいけません。とくに気をつけなければいけない害虫や病気についてみてみましょう。

カイガラムシやアブラムシ

マキに発生しやすいカイガラムシやアブラムシは、生育に影響を及ぼす危険があります。これらの害虫は、葉に排泄物をつける習性をもっています。それによって葉の成長が悪くなることがあるため注意が必要です。

また、アブラムシに関しては、甘い排泄物を付着させます。それにより、アリが群がってしまう可能性があるため、手で除去するか早めに殺虫剤などで駆除をするようにしましょう。

すす病

マキが発病する病気にすす病があります。これは、葉にカビが発生することによって、まだらの模様が出るのが特徴で、見た目が悪くなるだけでなく、植物が正しく育たない可能性があります。このすす病は、前項で紹介したカイガラムシやアブラムシの排泄物が原因で発病することが多いです。そのため、きちんと害虫を駆除することで病気予防につながります。

ペスタロチア病

この病気は、葉の傷口に病原菌が入り込むことで発病します。これにより、葉の一部を茶色く変色させ枯らしてしまうおそれがあるため注意が必要です。対策として、葉が部分的に枯れているものは発病がうたがわれるため早めに処分し、殺菌剤をまくなどすることで防止につながります。

マキのお手入れが大変と感じたら専門業者に相談しよう

剪定を自分でおこなうのが不安な場合や、病害虫を防ぐために正しく手入れしたいという場合は、専門業者に依頼するのがおすすめです。業者に依頼することで、正しく剪定をしてもらい、病害虫を予防することができます。弊社では24時間365日電話受付をおこなっています。剪定やお手入れにお困りの場合は、ぜひ1度お気軽にご相談ください。

剪定業者で失敗しないためのポイントとは?

自分での剪定が不安な場合や、手間を省きたい場合には、業者に依頼するのが安心です。しかし、美しい樹木になるよう仕上げてもらうためにも、業者選びには注意が必要です。剪定業者を選ぶうえで失敗しないためにも、気をつけるべきポイントをみていきましょう。

業者選びをするならココに注目!

業者選びをするならココに注目!

依頼する業者を選ぶのに、どんな点に注意すればよいのか判断が難しい方も多いのではないでしょうか。信頼できる剪定業者を選ぶためにも、以下のポイントに注意してみましょう。

親身に相談にのる

剪定や手入れだけでなく、費用についても、親身に相談にのってくれるかということも大切です。小さな疑問に対してもきちんと相談対応をおこなってくれる業者は、信頼できる場合が多いとされています。

実績がある業者

実績の多い業者は、きちんとした技術や豊富な経験をもっている場合が多いです。安心して作業を任せるためにも、業者の実績について確認しておくとよいです。

評価が良い

業者に剪定を依頼する際に、サイトの口コミや知人から評判を参考にするのもおすすめです。しかし、評価には個人差があるため、おおまかな参考程度にするのがよいかもしれません。

追加費用がかからない

見積りをしたにもかかわらず、後から追加料金が発生してしまったというケースもみられます。そうなってしまわないためにも、あらかじめ業者のホームページを確認するか、電話で相談をしてみることがおすすめです。

見積りが出せる

剪定をおこなってもらうにも、どのくらい費用がかかるのか判断が難しい場合があります。正確な費用を知るためにも、きちんと見積りを出してくれるかということも大切です。業者によっては無料見積りをおこなっている場合があるので、いくつか依頼して見比べるのがおすすめです。

剪定の費用相場と抑え方

業者に剪定を依頼する場合、日当制と単価制で費用相場が異なります。それぞれの相場がどれくらいなのかみてみましょう。

日当制は、作業する業者1人あたり15,000~30.000円前後が一般的な費用相場とされています。地域や剪定を依頼する業者によって価格に差が生じる可能性があります。

樹木1本あたりの単価制の費用相場はこのようになります。

  • 低木 (0m~3m未満) \3,000~\5,000前後
  • 中木 (3m~5m未満) \6,000~\8,000前後
  • 高木 (5m~7m未満) \15,000~\20,000前後

を超える大きな樹木に関しては、直接見積りを依頼しないと費用が判断できない場合が多いです。

そして、少しでも費用を抑えるためには、そのほかで発生する料金を削減することが重要です。できるだけ出張費が張らないようにするためにも、近辺の業者を選ぶようにすることで、費用を抑えられる場合があります。

また、作業の際に出た枝や葉を処分してもらうのにも、処分費がかかることがあるため注意が必要です。しかし、自分での処分やゴミ処理センターにもっていくことで費用を節約することができます。ゴミとして出す場合は、きちんと自治体の分別方法を守って処分するように気をつけましょう。

まずは見積りをしてみよう!

ご家庭の庭木の大きさや状態によって、費用が異なってきます。そのため、費用を明確にするためにも、依頼する前にまずは業者に見積りを依頼してみましょう。

剪定110番では、弊社加盟店による現地でのお見積りを無料でおこなっております。もし、お見積りをキャンセルされた場合でも、料金は一切発生しません。また、相談窓口は24時間365日で受付しております。剪定にお困りの場合は、1度、お気軽にご相談ください。

庭木の伐採・剪定でお困りなら、植木屋のプロ剪定110番まで
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test