剪定110番 トップページ > ケヤキの剪定|小さくする方法と盆栽の作り方・お手入れについて

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

ケヤキの剪定|小さくする方法と盆栽の作り方・お手入れについて

ケヤキの特徴と小さくする剪定方法

ケヤキは大きく生長する木のため、ご自宅の庭で育てるのは難しいと考えていませんか。たしかに、場所や環境によってはケヤキを育てることは難しいかもしれません。しかし、剪定をして、小さい状態を維持できれば、ケヤキをご自宅で育てることは十分にできます。

ここでは、ケヤキの特徴や剪定の方法を解説していきます。そのほか、ケヤキを盆栽で育てる場合の方法やお手入れ、さらには剪定を業者に依頼する場合の選び方のコツまでご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

ケヤキの特徴

ケヤキの特徴

街路樹としてよく目にするケヤキは、ほうきを逆さまにしたような形が特徴の木です。大きいものではマンションの6階くらいの高さまで成長することも特徴でしょう。家具の材料としても多用される人気の木です。日本全国に広く分布しており、目にする機会も多いです。

ケヤキの剪定って必要?

樹木の多くは、生長するにつれて形が乱れてくるため、それを整える剪定の作業が必要になります。しかし、ケヤキに関しては、そうとは限らないのです。

・本来は必要ない
そのままの形が最も美しいとされるケヤキは、剪定する必要がないとされています。しかし、植えている状況や環境によっては、剪定をしなければいけない場合が出てきます。

・ケヤキの剪定が必要なケース
本来必要のないケヤキの剪定をおこなうケースとして、植えている庭が狭いといったものがあげられます。大きく育つケヤキは、庭が狭いと収まりきらず、形を整えて小さくする剪定が必要です。また、病気や虫の発生予防として、軽めの剪定が効果的な場合があります。

ケヤキを小さくする剪定方法

ケヤキが大きく生長する前に、小さい段階から剪定を続ける必要があります。絡んだ枝や枯れた枝、ほかの枝と異なった方向に伸びた枝を剪定していきましょう。

軽めの透かし剪定を定期的におこなうことで、小さい状態を保ったままケヤキの姿を楽しめるでしょう。

混みあった枝同士の風通しを、剪定でよくしてあげるようなイメージです。枝の分岐点から、まずは太めの枝を剪定し、その後、全体の形を見ながら進めていきましょう。

剪定をおこなう時期としては、ケヤキが休眠する秋~冬の時期がおすすめです。それ以外の時期に強めの剪定をおこなってしまうと、剪定した部分から腐ってくるおそれがあります。

ケヤキの剪定をプロに依頼したほうがいい理由

ケヤキの剪定時期は、秋~冬が最適ですが、このほかのタイミングにおこなってしまうと、樹木が腐るなど、悪影響を及ぼす場合があります。さらに、きちんと太い枝や枯れ枝を見極めて切らないと、ケヤキの形が乱れてしまうかもしれません。

そのようなことにならないためにも、きちんとした知識や技術をもった、ケヤキ剪定のプロに依頼するのがおすすめです。また、大きなケヤキを剪定するには、手間や労力がかかってしまいます。

弊社は24時間365日無料の電話対応をおこなっております。どうぞお気軽にご相談くださいませ。

ケヤキは盆栽で育てるのもオススメ

ケヤキを育てるにも、その大きさが収まるように広い敷地が必要になります。しかし、「そのスペースの確保が難しい……」、そんな方にはケヤキを盆栽で育ててみるのがおすすめです。ケヤキを盆栽として、小さなスペースで育てる方法をご紹介します。

ケヤキの盆栽を作る方法

ケヤキの盆栽を作る方法

ケヤキを植える場所にお困りの場合は、新芽がついた枝を切り、そこから盆栽を作ってみましょう。新芽が3つ~4つほどついた枝を15cmほど切り(挿し木といいます)、水に1日浸けます。その後、肥料を混ぜた土に挿しましょう。挿し木の時期は5月~7月が最適です。

挿し木を使うことで、ケヤキを盆栽として育てることができます。詳しいお手入れ方法などは、次章で紹介します。

ケヤキのお手入れ方法

ケヤキの葉が茶色に変化してきている場合は、水が足りていない場合があります。乾燥や水分不足を防ぐためにも、1日1回はたっぷりと水を与えるとよいです。

また、陽当たりを好むケヤキは、できるだけ太陽光を浴びることができる場所で育てるのがおすすめです。まんべんなく陽を当てるためにも、定期的に盆栽を回転させて陽当たりを調節しましょう。

ケヤキ盆栽の剪定・葉刈り・芽摘み

ケヤキを盆栽として育てる場合、1年を通してお手入れがかかせません。枝の伸びが早いケヤキは、2月~3月ごろに枯れ枝の除去とともに形を整えるための剪定が必要になります。

また、枝同士が込み合いやすいケヤキは、陽当たりにムラができやすいです。6月ごろに葉をすべて刈ることで、まんべんなく陽が当たるように改善することができます。

そして、盆栽の枝付きをよくするためにも、春に芽摘みとよばれる作業をおこないましょう。新たに芽が出る春に、樹木の形を乱す芽を手作業で取り除いてあげることで、枝付きをよくすることができます。

ケヤキで発生しやすい病害虫

ケヤキを健康な状態で育てるためにも、病気や害虫の発生に注意が必要になります。発病しやすい病気や、ケヤキに被害を及ぼす害虫について紹介していきます。

・病気
発病しやすい病気に、褐斑病や白星病、とうそう病などがあります。これらの病気は、病原菌によって葉に茶色い水玉模様を発生させます。それにより、見た目を悪くするだけでなく、別の葉に伝染させる場合もあるのです。殺菌剤などを使って被害の拡大を防ぎましょう。

・害虫
ケヤキに発生することの多い害虫に、クワカミキリやニレハムシ、ケヤキヒトスジワタムシなどがいます。クワカミキリやニレハムシは、ケヤキの葉を食い荒らすうえに、卵を産み付ける場合があります。薬剤散布や入り組んだ枝の剪定をすることで対策をしましょう。

ケヤキのお手入れで困ったらプロに相談してみよう!

ケヤキの剪定を自分でおこなうとなると、細かな点に注意を払い、気をつけながらおこなう必要があります。せっかく育てたケヤキを枯らさないためにも、自分での剪定が難しいと感じたら、業者に相談してみるのがおすすめです。

業者にケヤキを正しくお手入れしてもらうことで、美しく育てることにつながります。また、弊社では24時間365日電話受付をおこなっています。剪定やお手入れにお困りの場合は、ぜひお気軽にご相談ください。

業者に依頼するならココに注目!

ケヤキを正しく手入れしてあげるためにも、剪定は業者に任せるのが安心です。しかし、依頼する業者選びも慎重におこなわなければなりません。ケヤキ剪定を依頼するときの費用相場と業者選びのポイントについて、注意点を含めながらみていきましょう。

剪定業者を選ぶときのポイント

剪定業者を選ぶときのポイント

信頼できる剪定業者を選ぶためにも、いくつかのポイントに注意するとよいです。業者を選ぶ際に、みておくべきポイントについて説明していきます。

・見積りが出せる
剪定をおこなってもらうにも、費用がどれくらいするのか気になる方も多いのではないでしょうか。きちんと費用を把握するためにも、樹木それぞれに適切な見積りを出してくれる業者を選ぶとよいです。

・相談にも対応
樹木の剪定には、どのような作業にいくら費用がかかるのか素人には判断が難しい場合があります。そんなときに作業内容や費用について、気軽に相談にのってくれるかも大切です。

・追加料金がかからない
適切な業者であれば、見積りの費用内で、きちんと作業をおこなってくれます。後から追加で料金を請求してきて、トラブルなどに発展してしまわないためにも、前もって確認しておくようにしてください。

・迅速に対応
  依頼や相談にスピーディーに対応してくれる業者であるかも重要です。困ったときに、すぐに駆け付けてくれる業者は信頼できる場合が多いでしょう。

・実績がある
多くの実績をもつ業者を選ぶことが、正しく剪定をしてもらうためにも大切です。実績があるほど確かな技術をもっており、経験が豊富である場合が多いからです。

ケヤキの剪定にかかる費用相場

ケヤキの剪定には、一般的にどのくらいの費用がかかるのか、気になる方も多いのではないでしょうか。基本的なケヤキ剪定にかかる費用の相場をみてみましょう。

・費用は本数・大きさで変動
ケヤキ剪定を依頼する場合、本数や樹木の大きさで費用が変わってきます。樹木が3m未満の場合、1本あたり3,000円~5,000円前後が相場の目安です。3m以上5m未満といった樹木は費用が6,000円~8,000円前後が多いです。

また、5m~7mもの高木は15,000円~\20,000円前後が一般的な費用相場とされています。

・別途で出張費やごみの処分費、駐車料金
基本的な剪定作業の費用のほかにも、別途で料金が加算されるケースにも注意が必要です。業者が遠方から駆け付ける場合、出張費用や作業車を止めておくための駐車料が加わってきます。

また、作業の際に出たごみを処分してもらうにも、処分費がかかることがあります。費用がかさまないためにも、事前に業者へ別途料金についても相談しておくと安心です。

まずは見積りをしてみよう!

正確な費用を知るためにも、依頼する前にまずは業者に見積りを依頼してみましょう。 剪定110番では、弊社加盟店による現地でのお見積りを無料でおこなっております。

もし、お見積りをキャンセルされた場合でも、料金は一切発生しません。また、相談窓口は24時間365日で受付しております。剪定にお困りの場合は、1度お気軽にご相談ください。

0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test