剪定110番 トップページ > 剪定 > ゆずの剪定は実や木を育てるために欠かせない!剪定方法と栽培のコツ

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

ゆずの剪定は実や木を育てるために欠かせない!剪定方法と栽培のコツ

ゆずの剪定と摘果の方法

ゆずの木を上手に育てるポイントは、「剪定」と「摘果(実の間引き)」です。これらを適切におこなうことで、病害虫を予防やおいしい実の収穫につながるのです。ゆずの木をしっかりと育ておいしい実を収穫するために、剪定と摘果について知っておきましょう。

ゆずの剪定時期

ゆずの剪定時期

ゆずの樹形を整える剪定に適した時期は、2月~4月です。また、10月ごろに“去年あまり実をつけず、今年も花が咲かなかった枝”を切り戻して、これから実をつけさせるための枝として残しておくこともオススメです。

というのも、ゆずは「枝を伸ばして成長する時期」と「実をつける時期」を交互に繰り返すという特徴があります。毎年木に実をつけるようにするためには、「成長する枝」と「実をつける枝」がまじるようにバランスよく剪定することがコツなのです。

ゆずの樹齢で異なる剪定方法

ゆずは樹齢によって剪定方法が異なります。

・1~4年目までの剪定方法

あまり実がつかない若い木は、基本的にほとんど剪定はしません。枝を横に伸ばすと実がつきやすくなるので、上を向いて成長している枝はロープで引っ張るなどして横向きに成長させるとよいでしょう。

・5年目以降の剪定方法

実を収穫した後に、混みあって通気を悪くしている枝や、伸びすぎて飛び出ている枝といった、不要な枝を切り落とします。これにより風通しや日当たりの改善、病害虫の予防や早期発見につながるのです。

ゆずの成長に必要な摘果の方法

ゆずの木は実をつけすぎると弱ってしまうので、摘果という実を間引いてやる作業をおこなうことが重要です。ゆずの摘果は、剪定と同じく樹齢によって方法が異なります。

・幼木(最初の3年)

少しもったいないかもしれませんが、すべての実を取ってしまいましょう。木に養分をいきわたらせ、大きく成長させるためです。

・成木

長期間実をつけたままにしていると、木が弱ってしまいます。傷んだ実や形の悪い実を間引いてあげましょう。目安は、葉っぱ100枚につき実をひとつ残すくらいといわれています。

ゆずの剪定方法で困ったらプロに相談しよう!

ゆずは樹齢によって手入れの方法が異なるため、難しそうと感じる方もいらっしゃるでしょう。剪定の時期や方法についてわからないことがあったら、無理せずプロに相談してみてはいかがでしょうか。プロに依頼すれば、豊富な知識と技術を生かして、ゆずの成長状態にあわせた適切な方法で剪定してくれることでしょう。

“剪定110番”では24時間365日、無料で相談・見積りのご依頼を受け付けています。剪定やお庭のお手入れについてお悩みごとがあれば、お気軽にご相談ください。

ゆずの育てかたと収穫時期

ゆずを育てるうえで大切なのは剪定と摘果だけではありません。ここからは、水やりや病害虫対策といった普段のお手入れ方法をご紹介していきます。あわせて、実を収穫した後のオススメの活用法もご紹介しますので、ぜひお試しください。

基本的なゆずの育てかた

ゆずの育てかたと収穫時期

まずは、日々の水やりや肥料についてお伝えします。ゆずは日当たりのよい場所を好むので、庭植えするときはよく日が当たる場所を選びましょう。また、鉢植えの場合は日当たりのよい場所に置くようにしましょう。

水やりは、水切れを起こさないようたっぷりあげることを意識してください。肥料は、庭植えの場合3月と10月、鉢植えの場合はそれに加えて6月にあげるとよいでしょう。

ゆずは冬に花の芽をつけるので、冬を乗り越えるために必要な養分を与えるための冬前の施肥は、とくに忘れずにおこないましょう。

鉢植えの場合は植え替えをしよう!

鉢植えでゆずを育てているのなら、2年に1回くらいを目安に新しい土を用意して植え替えましょう。なぜなら、土は古くなると悪くなってしまうからです。長い間同じ土を使っていると、水はけが悪くなったり土の中に害虫が発生していたりすることもあります。

水はけの悪い土だと根が水につかりすぎて腐ってしまい、ゆずが枯れてしまうかもしれません。また、ゆずが成長して鉢のサイズが合わなくなり、根がきゅうくつなのもよくありません。

植え替えに適した時期は2月~4月ごろです。根についた古い土を落として新しい鉢に移動させましょう。

ゆずを狙う病害虫に注意!

ゆずによく発生する害虫のひとつがマモグリバエ(エカキムシ)です。葉っぱを食べてしまう悪い虫で、食べた跡が絵のように見えることが特徴です。マモグリバエのほかにも、カイガラムシ、アブラムシ、カミキリムシといった害虫も発生するかもしれません。

害虫は植物の葉を食べたり汁を吸ったりするだけでなく、病気のウイルスを運んでくるかもしれないので要注意です。害虫を見かけたら、殺虫剤を利用したりブラシでやさしくこすり落としたりして、決して放置しないようにしましょう。

【青ゆずと黄ゆず】それぞれの収穫時期

ゆずは、収穫時期によって、青ゆずと黄ゆずの2種類にわけられます。

・青ゆず

青ゆずの収穫時期は8月ごろからです。青ゆずはさわやかな風味が特徴的なので、うどんなどの薬味として使用するのがオススメです。

・黄ゆず

黄ゆずの収穫時期は11月ごろからです。冬至のゆず湯といえば、黄色のゆずを思い浮かべるかたも多いでしょう。

ゆずのオススメ活用法!

上記以外にも、ゆずのオススメの活用法はたくさんあります。ゆずのもたらすうれしい効果についてもふれながら、オススメの活用法をご紹介していきます。

・ジャムやはちみつ漬け

ゆずにはビタミンCなどの栄養素が豊富に含まれています。果肉はもちろん、皮や種にも栄養があるので、実をほとんど丸ごと食べられるジャムやはちみつ漬けにするのがオススメです。

・ゆず風呂

ゆずをお風呂に入れてつかることで、体が温まる、血行がよくなる、よい香りでリラックスできるといった効果があります。ただ、皮膚の弱い人は、ゆず風呂に入ったときにかゆみや刺激を感じるかもしれません。そのような人は残念ですが、ゆず湯はあきらめたほうがよいでしょう。

・保存方法

収穫したてのゆずをすべて、すぐに使い切ることは難しいでしょう。活用法とあわせて、保存方法もお伝えします。

●冷蔵の場合

ゆずを冷蔵保存するときは、乾燥しないように新聞紙で包みましょう。冷蔵庫で3週間ほど保存できます。

●冷凍の場合

ゆずの果肉を冷凍保存したいときは、ラップに包んで密閉できる容器に入れます。使うときは自然解凍しましょう。ゆずの皮を冷凍保存したいときは、皮の内側の白いすじをできるだけ取り除いてからラップに包み、密閉できる容器に入れます。

使うときは、冷凍のまま刻んで薬味として利用するのがオススメです。

ゆずの木の管理が難しいときは!

ゆずの実にはさまざまな活用法と、うれしい効果がありますが、おいしいゆずを収穫するためには日々のお手入れが大切です。とくに剪定は重労働ですし、水やりや肥料といったお手入れをきちんとおこなうことは意外と大変です。

ゆずの木の管理が難しいときは、剪定だけでもプロに任せたり、お手入れ方法をプロにアドバイスしてもらったりしてはいかがでしょうか。“剪定110番”では、剪定はもちろん、草むしりや水やりといったお手入れについても相談していただけます。

剪定業者はどう選べばよい?

お庭のお手入れ・管理が難しいときは、無理せず業者の手を借りるとよいでしょう。しかし、たくさんある業者の中からひとつにしぼるのが難しい方や、費用面が気になるという方も多いのではないでしょうか。そのような方に向けて、ここからは、剪定業者の選びかたについてご紹介していきます。

自分にあった業者選び

自分にあった業者選び

まずは、ご自分が業者にどんなことをしてほしいのか考えてみてください。

  • ・木を1本だけ剪定してほしいのか、植え込みや生垣の剪定もお願いしたいのか
  • ・特殊な木(松などの剪定が難しい木や、かなり背の高い木)を剪定してほしいのか
  • ・剪定以外に草むしりや害虫対策などもおこなってほしいのか
  • ・依頼前にじっくり無料で相談したいのか、依頼から作業完了までスピーディーにすませたいのか

あなたがおこなってほしいと思っている作業によって、選ぶべき業者は違います。それぞれの業者には得意とする分野がありますし、サービスの内容も違います。まずはあなたが業者にしてほしいことをよく考えてみてください。

その後あなたの希望にぴったりのサービスを提供してくれる業者かどうかを、ホームページを見たり、無料相談を利用したりしてチェックしてみましょう。

剪定にかかる費用相場

剪定の料金体系には、時給制(職人1人あたりいくら)と単価制(木の高さごと)があります。松などの剪定が難しい木は高度な技術を持つ職人さんにしてもらうのがオススメです。ゆずの木の場合、庭を美しくするというよりは適度に枝をすかしたり、短く整えたりしたいという人が多いでしょう。

  • 1~3メートル:1,000円~5,000円
  • 3~5メートル:5,000円~10,000円
  • 5~7メートル:10,000円~20,000円

費用に幅があるのは、木の高さ以外にも左右のサイズによって変動したり、出張費が含まれていたりいなかったりするからです。費用についてくわしく知りたい方は、業者に見積りを出してもらうとよいでしょう。

見積り内容をしっかり確認

見積りを出してもらったら、その見積り額で確定なのか、追加費用がかかることもあるのかはしっかり確認しましょう。そのほかのわからないこともしっかり質問し、きちんと納得できてから依頼してくださいね。

“剪定110番”では無料で相談・見積りのご依頼を受け付けています。植木1本の剪定から、背の高い木、害虫対策など、お庭に関するお悩みはなんでもご相談ください。

0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test