剪定110番 トップページ > 剪定 > カイヅカイブキの剪定方法|丈夫で扱いやすい!基本の育て方まとめ

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

カイヅカイブキの剪定方法|丈夫で扱いやすい!基本の育て方まとめ

カイヅカイブキの剪定方法

カイヅカイブキは放置すると枝が伸びきり、見栄えが悪くなってしまいます。美しい樹形を保つためにも、こまめな手入れが必要です。

ここではカイヅカイブキの適切な剪定方法や育て方、病害虫、増やし方などもご紹介します。正しい手入れのやり方を覚えて、カイヅカイブキを元気に美しく育てましょう。

カイヅカイブキの特徴

カイヅカイブキの特徴

カイヅカイブキは、葉がうねるように上へ伸びていく姿が特徴の木です。カイヅカイブキという名前の由来は、大阪府にある貝塚という地名からつけられたといわれています。おもな特徴は以下のものです。

  • 日当たりのよい場所が好き
  • 寒さに強い
  • ごみごみした場所(街中など)や乾燥、塩害に強い

カイヅカイブキは日当たりや風通しのよい場所を好みます。また寒さや乾燥への耐久性が高く、空気が汚染された場所でもよく育つので、道路の分離帯や庭の生け垣などによく使用されます。

剪定は5~6月頃がおすすめ

カイヅカイブキの剪定時期は新しい芽が出始める春頃が適しています。とくに若木の場合は暖かくなると新しい芽が増えるので、5月頃に芽摘みが必要です。

6月頃には枝や葉の伸びが止まるので、剪定はこの時期におこなうのがおすすめです。不要な枝を減らして葉を切りそろえ、樹形を整えましょう。

【剪定方法1】高さを調節する剪定

カイズカイブキは木全体に葉が残るように剪定します。剪定する高さを決めるときは「ばか棒」とよばれる、高さを寸法するのに適した長さの棒を使うのがおすすめです。

ばか棒を幹にあてて高さを測ったら、測った部分のてっぺんから約10cm下を切断してください。切断した枝よりも上に葉だけが残るので、残った葉は全体の形をそろえるように切り込みます。

【剪定方法2】横幅を小さくする剪定

木全体の横幅を小さくするためには、数年かけてすこしずつ枝を切り戻す必要があります。枝の内側まで日が当たるように、中の方の枝を剪定してください。風通しをよくして新しい芽を育てつつ、葉を増やしましょう。数年かけて枝を切り詰めていくと、徐々に横幅が小さくなります。

剪定のやりすぎに注意しよう!

カイヅカイブキはあまりに強いストレスを与えつづけると、杉の葉のような硬いトゲ状の葉が発生する場合があります。この現象は「先祖返り」といわれます。

先祖返りが起こると、通常の葉にもどることはほとんどありません。先祖返りした葉を放っておくと拡散するので、発見したら根元から切りとりましょう。

剪定に自信がない…そんな方はプロにお任せください

カイヅカイブキをキレイに剪定するためには、剪定時期を選ぶこと、高さの測り方や横幅の狭め方を守ることが大切です。また必要以上に葉を減らすと枝が枯れてしまうので、新しい芽を育てながら剪定をおこないます。

どの枝を切ったらいいのかわからない・芽積みのやり方がわからないなど、作業に不安を感じるときは、剪定業者にぜひ相談してください。迅速に対応いたします。

カイヅカイブキを上手に育てるコツ

カイヅカイブキを上手に育てるためには、水やりや肥料を与えながら、病害虫から枝や葉を守ることが大切です。具体的なコツをご紹介します。

基本的な育て方

基本的な育て方

カイヅカイブキを上手に育てるポイントは、水やりと肥料を与える頻度にあります。それぞれの詳しいやり方を確認しましょう。

・水やり
極度に土が乾くような環境でなければ、何度も水をやる必要はありません。ただし枝が枯れると樹形が崩れて見栄えが悪くなるので、真夏など乾燥の気になる時期には土の状態をこまめに確認し、必要に応じて水をやります。

・肥料
肥料も何度もやる必要はありませんが、枝や葉の成長を促すために年2~3回は化成肥料などをあげましょう。肥料が効くと枝や葉がよく伸びるので、剪定する際に樹形をキレイに整えやすくなります。

カイヅカイブキの増やし方

カイヅカイブキは挿し木を使って増やすことができます。増殖に適した時期は2月~5月頃です。伸びきってしまった枝の先端部分を切って、挿し木として使いましょう。

枝の先端部分を10cm~15cmほど切りとり、余分な小枝や葉を取り除いてください。水を吸収しやすいように、切り口はカッターナイフなどで切っておきます。1~2時間ほど水に切り口をつけて水分を含ませたら、小鉢などに入れた清潔な土に挿しましょう。

枝を挿した後は土をギュッと押し固め、ビニール袋などをかぶせて湿度を保ってください。風通しのよい明るい場所に置き、根が出るまで待ちましょう。

カイヅカイブキの葉が変色…原因は?

カイヅカイブキの葉が変色している場合、根腐れをおこしているおそれがあります。カイヅカイブキは水はけの悪い土地ではうまく育ちません。土の水分が多いときは、水はけのよい土地に木を植えかえましょう。

かかりやすい病害虫

カイヅカイブキは放置すると病気にかかったり、害虫の被害を受けたりすることがあります。こまめに葉の状態をチェックすることが大切です。

【病気】

・赤星病
赤星病はサビ病とよばれる病気のひとつで、葉の表面に黄色やオレンジ色の斑点ができるのが特徴です。この斑点が大きくなると、葉の裏側から毛のようなものが出てきて、先端から胞子を飛ばします。

カイヅカイブキ自体にはこれ以上の被害はありませんが、この胞子はナシやリンゴ類の木に感染して果実の成長に被害を及ぼします。そのためカイヅカイブキを植えるときは、近くに果実園がないことを確認しておきましょう。

【害虫】

・ハダニ
ハダニは体長1mm以下の小さな虫です。葉の裏側に寄生し、葉の養分を吸いとります。ハダニに養分を吸われた葉には、吸引の痕として白っぽい斑点があらわれます。ハダニは放っておくとどんどん繁殖するので、見つけたら粘着テープなどで引きはがしたり、水をかけて洗い流したりしましょう。

・カイガラムシ
カイガラムシも葉や枝にくっついて木の養分を吸いとる、やっかいな虫です。体長1mm程度と小さく、白っぽい見た目をしています。カイガラムシも見つけ次第、水で洗い流すか、歯ブラシでこすり落とすなどして駆除しましょう。

カイヅカイブキのお手入れで困ったときは…

カイヅカイブキを元気に育てるためには、こまめな手入れが必要です。葉に異常が出ていないか、害虫などがくっついていないかどうかなど、随時チェックする必要があります。

もしカイヅカイブキの状態に異常がみつかったとき、どのように対処すればいいのかわからなければ剪定業者に相談してみましょう。

剪定を業者に依頼すると?

カイヅカイブキの剪定を自分でおこなうのに不安があるときは、剪定業者に相談するのがおすすめです。業者に依頼するメリットや業者の選び方などを知り、納得のいく業者を選びましょう。

業者に依頼するメリット

業者に依頼するメリット

剪定を業者に依頼するメリットはいくつかあります。おもなメリットは以下のとおりです。

  • 失敗するおそれがない
  • 美しく仕上げてくれる
  • 素早く剪定をおこなってくれる
  • 後片付けまでやってくれる

剪定を自分でおこなうと失敗するおそれがありますが、プロの業者に依頼すれば、そのような心配はいりません。素早くかつ美しく剪定してくれるので、安心して任せることができます。

こんな業者に依頼しよう!

剪定をプロの業者に依頼するなら、なるべく安心して作業を任せられる業者を選びたいものです。信頼できる業者を見極めるポイントは、おもに以下になります。

  • 挨拶などの対応がきちんとしている
  • 作業実績が豊富である
  • 育て方などの相談に乗ってくれる
  • 見積りに不自然な点がない

対応してくれるときの雰囲気や態度のよさはもちろんのこと、作業実績の有無など、さまざまな観点から業者を選ぶことがポイントです。よりよい業者選びの目安として覚えておきましょう。

剪定の費用相場

剪定費用の詳細条件は業者によって異なりますが、料金がかかるおもなポイントは木の大きさや作業時間の長さなどです。料金は日当制と時給制の場合があります。

  • 日当制の場合:職人ひとり当たり約10,000~30,000円
  • 時給制の場合:約2,000~3,000円

おおよその剪定料金を知るために、作業に必要な職人の数や作業にかかる時間など事前に聞いておくとよいでしょう。見積り金額の参考になります。

剪定費用を安く抑えるコツ

剪定費用の相場はある程度どの業者でも決まっています。とはいえ、現場の作業工程や時間などによって金額が大きく変動することもあるのです。すこしでも剪定費用を抑えるために、以下の2点をおこないましょう。

  • 剪定で出たゴミを自分で処分する
  • 複数社から相見積りをとる

剪定作業中に出た葉や枝などのゴミを業者に引き取ってもらうと、その分の追加料金がかかります。なるべくゴミの処理は自分でおこないましょう。

また複数の業者から見積りをとることで、最安値を提示してくれる業者を見つけることができます。もちろん価格交渉することも可能なので、ぜひ相見積りをとりましょう。

まずは見積りをとってみましょう

カイヅカイブキの剪定を業者に依頼するといっても、どの業者を選べばいいのか迷うこともあるでしょう。当サイトなら、いつでも無料で見積り相談を受け付けています。

  • 24時間365日いつでも対応
  • 無料の見積り・調査をおこなっている
  • 見積り相談だけでもOK
  • 見積り後のキャンセルOK
  • 相見積りOK

剪定のご相談は365日いつでも受け付けています。剪定に関して心配ごとがあったら、お気軽にご相談ください。剪定のプロがていねいに対応いたします。

0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test