剪定110番 トップページ > 最新情報・レポート > 庭木・サルスベリの剪定時期と方法|こぶの切り方のコツや百日紅の手入れ&鉢植え・庭植えでの育て方を紹介

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

庭木・サルスベリの剪定時期と方法|こぶの切り方のコツや百日紅の手入れ&鉢植え・庭植えでの育て方を紹介

百日紅とも呼ばれる植物、サルスベリ。そんなサルスベリはさまざまな色のきれいな花を咲かせ、また育て方も比較的簡単であることから庭木として人気です。しかし、きれいな花を咲かせたり健康に育てる上ではある手入れが大切となります。 その手入れが、サルスベリの剪定。そこで本記事では、育て方や日々の手入れについてはもちろん、サルスベリの剪定についてを中心に解説していきます。すでに育てている方、これから育てることを検討している方はぜひ参考にしてくださいね。
庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

1.サルスベリの剪定の必要性&剪定時期

サルスベリには剪定がなぜ必要なのでしょうか。その理由を、剪定をおこなうのに適した時期とあわせて、ここでは解説していきます。

サルスベリの特徴から見る剪定の必要性

サルスベリを育てる上でなぜ剪定という手入れが必要なのか、それはこの植物の持つ特徴を知ることでわかります。そんなサルスベリの特徴は以下のとおりです。
【サルスベリの特徴】 ・名前は、木登りが得意なサルが登っても滑って落ちてしまうほど樹木の表面がツルっとしている、ということが由来 ・生育が旺盛で、樹高が6m~7mほどにまで高くなる ・春~秋にきれいな暖色系の花を咲かせる ・花は同じ幹でも開花時期が異なるため、長期間楽しむことができる ・風水上では樹木の表面の特徴から、落ちる・下がる、といった言葉を連想させてしまうため、庭木として植えることは縁起が悪いといわれている

サルスベリは、上記のような特徴を持っています。なお、このなかで剪定の必要性に関係するものは、樹高です。 庭木として育てる上では、あまり大きくなりすぎるとその後の手入れなども大変になってしまいます。また、台風などの強風によって倒れてしまうこともあるかもしれません。 さらに、サルスベリは芽吹きがよいため枝や葉が混みあってしまうこともあります。このような状況になってしまうと、風通しが悪くなって病気や害虫が発生してしまうこともあるのです。 このような理由から、サルスベリは剪定を必要とするのです。

サルスベリの剪定に適した時期

サルスベリが剪定を必要とする理由はわかっていただけたでしょう。そこで、早速剪定をしようと考える方もいるかもしれませんが、この手入れは正しい時期におこなう必要があります。 サルスベリの剪定は、夏と冬の年に2回おこなうのがよいとされています。具体的な剪定時期は以下のとおりです。
【夏】 まず剪定をおこなうべきなのが、7月~8月頃の開花が始まった時期です。これは、夏剪定と呼ばれます。 【冬】 冬は、サルスベリにおいては落葉期です。12月~3月頃に剪定をおこなうのがよいとされています。これを冬剪定といいます。

なお、サルスベリを剪定する上では手入れをしてはいけない時期もあるため注意が必要です。その時期が、春先~初夏にかけての時期。 サルスベリは、この時期に伸びてくる枝の先端に花をつけます。そのため、このタイミングで剪定をしてしまうと、花を咲かせることができなくなることがあるのです。

2.サルスベリの剪定方法|2つの季節でおこなう「二度切り」

サルスベリの剪定方法|2つの季節でおこなう「二度切り」 サルスベリの剪定時期がわかったところで、実際の剪定方法について確認していきましょう。なお、サルスベリの剪定は季節ごとにその方法が異なるため、注意が必要です。

夏の剪定

サルスベリは、開花が始まると花が咲きすぎてしまうことがあります。これをそのまま放置しておくと、その後の花に悪影響を及ぼすおそれがあるため、整理をする必要があるのです。 この夏剪定の方法は、花つきの枝を2節ほどカットするという仕方でおこないます。これにより新しいわき芽が生えてきて、二度目の開花を楽しむことが可能です。 なお、枝が伸びすぎて日当たりや風通しが悪くなっている場合は、細い枝を切って混みあった状況を改善してあげましょう。これにより、病気や害虫の発生を予防することにもつながります。

冬の剪定

冬の剪定は、樹木の全体的な形を整えることが目的です。したがって、全体的にきれいな樹形になるように意識しながら、枝を選んで剪定をおこなっていきます。冬はサルスベリの休眠時期であるため、大きめの枝を切断してもさほど問題はありません。 ちなみに、夏と冬の二度剪定をおこなうことを、二度切りといいます。

剪定で切るべき枝は「不要枝」

サルスベリの剪定の基本は、不要な枝を切り取って樹形を整える、ということです。これは夏剪定でも冬剪定でも同じことがいえます。 とはいえ、不要な枝とはどのような枝なのか、と思われる方もいるかもしれませんね。ここでは、そんな不要な枝について確認していきましょう。
【不要枝の例】 徒長枝:上に向かって真っすぐ伸びている枝 逆さ枝:他の枝と生えている向きが異なる枝 ひこばえ:根元から生える枝 胴吹き枝:幹から直接生える枝 平行枝:同じ方向に平行に生える枝 下がり枝:下に向かって生える枝 交差枝:交差して絡み合っている枝

上記が不要な枝の例です。なお上記のもの以外でも、樹形を乱している枝などがあれば、それらも剪定の対象の枝となります。また剪定をおこなう上で、枯れ葉や枯れ枝などがある場合は、作業の邪魔になるためあらかじめ落としておくとよいでしょう。

3.不自然なこぶの剪定方法|こぶを作らないためには

サルスベリを育てているなかで、何度も同じところで剪定をおこなっていくと、その箇所にこぶができることがあります。なかには、このこぶを生かすこともあるようですが、自然樹形として仕立てたいという方も多いようです。 なお、このサルスベリのこぶは剪定で取り除くことができます。ここでは、そんなこぶへの対処についてご紹介していきます。

こぶの剪定では切り口の保護も忘れずに

サルスベリのこぶを剪定で取り除く方法は、そのこぶができている部分より下で枝を切る、という仕方でおこなってください。つまり、枝の付け根の方で切るということです。 なお、こぶを剪定で切り取った後は、その切り口の保護を忘れずにおこなうことも大切となります。剪定後の切り口は樹木にとっては傷口になるので、そこから雑菌などが侵入することもあるのです。そのため、作業後は癒合剤を塗っておくようにしましょう。

こぶを作らないための剪定のコツ

サルスベリにこぶを作りたくないという場合は、定期的におこなう剪定であることに注意すれば、作りにくくすることができます。そのあることが、剪定のたびに同じところで切らないようにする、ということです。 すでにお伝えしていますが、こぶは何度も同じところを剪定して切ることでできます。そのため、これをおこなわないように剪定をすればよいのです。また、剪定のたびに少しずつ切る場所をずらしながらおこなう、という方法でもよいでしょう。

心配なら剪定110番でプロの業者に依頼しよう!

ここまででご紹介してきた通り、サルスベリの剪定は自分でおこなうことも可能です。 しかし自分でおこなう場合、切るべき枝がわからなかったり失敗してしまったりすることがあるかもしれません。また正しい剪定をおこなわないと、花が咲かなくなってしまったり、最悪の場合枯れてしまったりすることも。 そのため、正しい剪定で大切な庭木を手入れしたいという場合は、プロの業者に依頼するというのも手ですよ。とはいえ、業者を探すことが手間だと感じる方も多いはず。 そんなときは、当サイトの剪定110番をご利用ください。剪定110番では1,500以上という業者のなかから、お客様に最適なプロをご紹介することが可能です。 また業者の数からも全国対応が可能となっている他、剪定110番ではお急ぎの場合でもお問い合わせいただけるよう24時間365日電話での受け付けに対応をしています。 現地調査を含めた見積もりは無料となっているので、サルスベリの剪定を業者に依頼しようか検討されている方はまずは一度ご連絡ください。
庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

4.庭木としてのサルスベリの育て方|花を咲かせるためのコツ

庭木としてのサルスベリの育て方|花を咲かせるためのコツ サルスベリの剪定は、その樹形を整えるために非常に大切な作業です。また、花を楽しむためという目的に対しても効果的な手入れといえます。 なお、サルスベリの花をより楽しみたいという場合はもちろん健康に育てるためには、基本的な育て方についてもしっかりと知っておくことが大切です。そこでここでは、そんなサルスベリの育て方を解説していきます。

サルスベリは鉢植えか庭植えのどちらがおすすめ?

そもそもサルスベリを庭木として育てる上では、庭植えにするか鉢植えにするか、ということで悩む方も多いかもしれませんね。結論からいうと、サルスベリは庭植えで育てることがおすすめです。 というのも、すでにお伝えしている通りサルスベリは、生育が旺盛で樹高が高くなるため。そのため、基本的には庭植えで育てていくようにしましょう。 なお、育て始めたばかりであれば鉢植えでも問題はありません。また、そこまで大きくならない品種であったり盆栽として楽しんだりするという場合は、鉢植えで育てることもできます。

日々の手入れ方法

では実際に、ここからはサルスベリを育てる上での日々の手入れ方法についてご紹介していきます。

育てる環境

まず、サルスベリを育てる上で大切となってくるのが、環境です。 サルスベリがすくすく生長するためにも、日当たりのよい場所で育てるようにしましょう。1年をとおして、太陽が当たりやすい場所に植えることがおすすめです。 とくに、花をしっかり咲かせたい場合は、日陰に植えることは避けるようにしましょう。

用土

サルスベリを育てる際、土に関しては基本的には市販の培養土で問題ありません。もしも自分で土を準備するという場合は、腐葉土と赤玉土を混ぜたものを使用しましょう。なお庭植えの場合は、水はけがよい場所を選ぶことがポイントです。

水やり

水やりに関しては、鉢植えと庭植えでの仕方が少々異なります。 庭植えにおいて、植え付けてから時間がそれほど経過していないという場合は、土の表面が乾いているときに水やりをおこなってください。なお、植え付けてから1年以上経過したら基本的に水やりは必要ありません。 一方鉢植えでは、土の表面が乾燥しているときにたっぷりと水やりをおこないましょう。また、夏の暑い時期に水切れを起こしてしまうと花つきに影響するため、注意が必要です。

肥料

肥料に関しては、サルスベリを植え付ける際に土にしっかりと含ませるようにしましょう。直接庭植えにする場合は、堆肥(たいひ)と呼ばれる動物のフンや落ち葉などで作られた肥料を使います。一方鉢植えの場合は、ホームセンターなどで売っている植物用の肥料を使うとよいでしょう。

植え付け&植え替え

サルスベリを植え付ける際は、庭植えと鉢植えのいずれにおいても土の温度が低すぎない、春または秋といった時期におこなうのが適切です。なお前述のとおり、土にはあらかじめしっかりと肥料を混ぜておくようにしましょう。 また鉢植えの場合は、植え替えという作業が必要となってくるため、忘れないように注意が必要です。2年に1度くらいのペースでおこない、より成長させたい場合は大きな鉢に植え替えてあげましょう。ちなみにサルスベリを小さく育てたい場合は、今までと同様のサイズの鉢でも問題ありませんよ。 植え替え時期としては、開花が終わった10月頃か開花直前の3月~4月頃が適切です。なお、鉢植えで育てる場合もサルスベリは剪定を必要とするので、忘れないようにしてくださいね。

挿し木での増やし方

サルスベリを剪定して、切った枝がもったいないと感じたら挿し木をおこなってみましょう。サルスベリは、挿し木をおこなうことで増やすことが可能なのです。 挿し木をおこなう時期としては、春か真夏が適期となります。 実際の方法は、まず20cmほどの長さのサルスベリの枝を挿し穂として用意します。その枝の切り口を約1時間乾燥しないように水に浸けて、これを半分以上が埋まるように土に挿し込みましょう。その後は、根が出てくるまで定期的に水やりおこなうだけで完了です。 サルスベリの挿し木は上記のように比較的簡単におこなうことができるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

5.サルスベリを育てる上での注意点|病気&害虫

ここまでで、サルスベリの剪定を中心に、日々の手入れ方法などをご紹介してきました。これらを意識することで、庭木としてしっかりとしたサルスベリを育てることができるでしょう。 なお、これは植物全般にいえることですが、病気や害虫に対しては注意が必要です。サルスベリは比較的病気や害虫に強い樹木ですが、それでも被害にあってしまうことがあります。そこでここでは、とくに注意すべき病気と害虫を確認しておきましょう。

病気

サルスベリに発生しやすい病気には、以下のようなものがあります。

うどんこ病

サルスベリの葉が少し白っぽくなっていたら、うどんこ病を疑いましょう。うどんこ病になってしまうと、葉の表面が白く覆われてしまい、生長に必要な太陽光を取り入れることができなくなってしまいます。また、カビ菌が繁殖する原因にもなるのです。 対策としては、感染箇所を早めに取り除くということがあげられます。患部を剪定すれば、病気の拡大を防ぐことができるでしょう。

すす病

サルスベリの葉や幹が黒っぽくなっていたら、すす病にかかっている可能性があります。これは、すす病菌というカビが繁殖して発生する病気です。 すす病になってしまった場合は菌の増殖を防ぐために、患部を取り除いた後、殺菌剤を塗布しておくようにしましょう。

褐斑病(かっぱんびょう)

葉に褐色の丸い斑点が出現しだしたら、褐斑病かもしれません。褐斑病になってしまうと、葉が枯れたり落ちたりしてしまいます。 そのため、発見したら早急に患部を除去することが大切です。なお、発症してすぐの段階であれば、薬剤を塗布することで病気の拡大を防ぐこともできます。

害虫

サルスベリに発生しやすい害虫には、以下のようなものがあります。

カイガラムシ

サルスベリの枝や幹にブツブツしたものが見えたら、それはカイガラムシかもしれません。カイガラムシはサルスベリが弱ったり枯れたりする原因になるので、見つけた場合はすぐに対処をおこなうようにしてください。歯ブラシなどで擦り落とすか、専用の薬剤を使用するよいでしょう。

アブラムシ

黄緑色の小さな虫が葉の裏などにいた場合、それはアブラムシである可能性が高いです。アリを呼び寄せたり、病原菌を媒介したりすることもあるので、一刻も早い駆除が求められます。アブラムシは次から次に繁殖するので、薬剤を使用する場合は持続効果が高いものを選ぶとよいでしょう。

うまく育たない&害虫で困っている→剪定110番で解決

本記事でご紹介してきたサルスベリの剪定時期や方法、また手入れで育てていても、花が咲かなくうまく育たなかったり害虫が大量発生してしまったりすることもあるかもしれません。 そんなお悩みをお抱えの場合は、プロの業者に相談することがおすすめです。プロの剪定業者なら、葉に発生した害虫を駆除してくれるほか、きれいに花が咲くようにあらゆる対策をおこなってくれます。 なお、業者選びに困ったら当サイトの剪定110番をぜひご利用ください。剪定110番であれば1,500以上という業者のなかから、サルスベリに関する知識と剪定技術を持ったプロをご紹介することができるはずですよ。 ご相談や現地調査、見積もりは原則無料となっているので、まずは剪定110番の無料相談窓口にお問い合わせください。
庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

6.剪定を依頼する費用と業者の選び方

費用はどれくらい?

サルスベリの剪定を業者に依頼する場合、気になるのがそのお値段ですよね。ここでは、剪定を依頼する際の費用についてご紹介します。よりよい業者の選び方についても解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

費用はどれくらい?

庭木の剪定は、業者によって【日当制】で費用を算出する場合と、【単価制】で費用を算出する場合があります。それぞれの費用相場は以下のとおりとなります。

【日当制の場合】

1日あたり15,000円~30,000円程度×人数

【単価制の場合】

3メートル未満の木の剪定:3,000円~5,000円程度

5メートル未満の木の剪定:6,000円~8,000円程度

7メートル未満の木の剪定:15,000円~20,000円程度

それ以上の木の剪定:別途見積り

失敗しない業者選びの秘訣

せっかく費用をかけて業者に剪定を依頼するのであれば、なるべく信頼できる業者にお願いしたいものですよね。業者選びに失敗しないためには、以下のポイントを押さえることが重要です。

・見積りがわかりやすいこと
業者の中には、あえて見積書の内容を不明瞭にしておき、あとから追加料金を徴収してくるようなところもあります。そういった業者を避けるためにも、はじめからわかりやすい見積りを提示してくれる業者を選びましょう。

・不安なことに相談に乗ってくれること
はじめて剪定を依頼する場合、業者に聞きたいこともたくさんあるはずです。そうした相談にきちんと耳を傾けてくれる業者を選びましょう。

・対応が丁寧であること
電話での受付対応などから業者の質を判断するという方法もあります。対応が丁寧であれば、しっかりと社員教育が施された会社であるということ。電話をかける際は、そのあたりもきちんとチェックしておきましょう。

・剪定作業の実績が豊富であること
実績が豊富であるということは、多くのお客様から信頼されているという証でもあります。業者を選ぶ際は、一度業者のホームページなどに掲載されている過去の実績を確認してみるとよいでしょう。

まずは相談してみましょう

日本にはたくさんの剪定業者があります。「複数業者を比較して、よりよい業者に依頼したい」と思っていても、すべての業者を比較するのには大変な労力が必要です。

そんなときは、ぜひ一度弊社「剪定110番」にご相談ください。弊社は加盟店として全国に多数の剪定業者を抱えており、お客様のご要望に合った業者をご紹介することが可能です。

また現地調査・お見積りは無料ですので、「料金だけでも確認したい」というお客様も大歓迎です。ぜひお気軽に弊社の無料相談窓口までご連絡ください。

【中木の剪定・お手入れに関する記事はこちら】

カイズカイブキを剪定するときのコツ。一定の間隔でこまめに処理を!
カイヅカイブキの剪定方法|丈夫で扱いやすい!基本の育て方まとめ
ヒイラギの剪定をしよう!初心者でも大丈夫?手間のかからない樹木
エゴノキ剪定|方法と正しい育て方・日頃の手入れについても解説
ブラシの木の剪定方法と時期はいつ?元気に育てる6つのコツ
カイドウの剪定方法|花を咲かせる正しい剪定・お手入れ方法をご紹介
【ヒサカキの剪定方法】育て方や花のにおいについても解説します
西洋ニンジンボクの剪定|お手入れ方法やハーブとしての活用について
山椒の木の剪定マニュアル|目的・時期・方法・上手な育て方ポイント
スモークツリーの剪定は毎年必要!煙のような見た目を楽しむコツとは

庭木の伐採・剪定でお困りなら、植木屋のプロ剪定110番まで
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問