剪定110番 トップページ > 芝生の手入れをしよう!キレイに保つ方法・注意する病気や害虫も紹介

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

芝生の手入れをしよう!キレイに保つ方法・注意する病気や害虫も紹介

芝生の種類で手入れ方法・時期が変わる

ひとくちに芝生といっても、種類はさまざまで、種類によって手入れの方法や手入れをおこなう時期が異なります。

また、芝がもたらす効果は光の照り返しの防止・飛砂の防止・雨水の浸透性向上・地面の温度が上がるのを防ぐなどさまざまで、芝を張る場所の環境の向き不向きなどもあるので、芝生を張る目的や場所を明確にしておくことも重要です。

不適切な環境や、間違った育て方では芝生の寿命を縮めてしまうおそれもあるので、どんな種類があり、必要な道具や手入れは何か、効果的な手入れ時期はいつなのかなどを確認しておきましょう。

芝生には2種類ある

芝生には2種類ある

芝生は、大きく分けて暖地型芝生と寒地型芝生の2種類に分類されます。それぞれどんな違いがあるのか詳しくみていきましょう。

暖地型芝生

夏芝とも呼ばれており、その名の通り温暖な気候、25~30度での育成が適していますが、30度以上でも成長します。冬になると枯れたような茶色い色になりますが、春にはまた成長を始め、青々としてきます。

代表的なものでは「ノシバ」や「高麗芝」などがあります。

寒地型芝生

冬芝とも呼ばれており、涼しい気候、15~20度で成長し、25度以上と5度以下で成長が止まります。0度以下になっても枯れることがなく、冬でも青々とした美しい葉の色が楽しめます。

しかし、高温多湿には比較的弱く、夏枯れのおそれがあるので、暑い日が続くときは注意が必要です。代表的なものでは「ベンドグラス類」や「フェスク類」などがあります。

春には芝生が芽を出したり緑化を始めたりするので、成長を促す時期で、夏は本格的な芝生のシーズンです。梅雨もあるので、芝刈りのタイミングをのがさないようにしましょう。

また、寒地型芝生にとって夏は高温が続き厳しい季節になるので、なるべく傷まないようしっかり手入れしましょう。

秋から芝生の勢いは衰えてきますが、寒地型芝生は夏のストレスを抱えた状態なので、再生を促す手入れの必要があります。

そして冬には暖地型芝生はほとんど成長が止まり、寒地型芝生の生長を衰えます。雑草を抜くなどの作業をおこない、翌年に備えましょう。

芝生の手入れ

芝生を育てるうえでかかせない手入れ、必要な作業とそれをおこなうポイント、注意点なども覚えておきましょう。

水やり

植物を育てるうえで重要な水やりですが、頻度や量の調節は必要不可欠です。あげ過ぎは菌の繁殖につながるおそれもあるので、水不足になる前に水やりをするという感覚がよいでしょう。

芝は根が深いので、少量を何度もあげるより一度にたっぷりあげるのが効果的です。だたし、乾燥している時期や天候によって調節は必要なので、状態をよく観察してあげましょう。

夜の散水は多湿の時期や気候によって菌が繁殖しやすくなるおそれがあるので、時間帯は朝がおすすめです。また、芝の範囲が広かったり、時間的余裕がなかったりする場合は、スプリンクラーの設置も効果的です。

肥料

芝生はただ張るだけで、肥料は必要ないのではないかというイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、芝にとっても肥料はとても重要です。肥料の有無で成長の具合や葉の色が変わります。

まずは肥料の形状です。液体のものと粒状のものがありますが、粒状のもののほうが、栄養素の成分が多く含まれているのでおすすめです。

初めて肥料を使用するという場合は、芝生専用のものがよいでしょう。種類によって異なる散布時期や量の目安もわかりやすく記載されていますので、散布の際に迷うことがありません。

刈り込み・芝刈り

芝がしっかりと根付いたら、定期的に芝刈りをおこないましょう。日本芝と呼ばれる種類のものは、メンテナンスの時間が確実に取れる場合は低めに、あまり何度も時間を取れない場合は長めに刈り、西洋芝と呼ばれる種類のものは長めに刈るのがおすすめです。

芝には葉や茎が増える「生長点」があり、その部分を刈ってしまうと、芝が枯れてしまうことがあります。また、放置して芝が長くなると「生長点」の位置も上がるため、芝刈りをおこなう際に「生長点」を刈ってしまうリスクが上がります。

さらに、芝の密度が上がりにくく、害虫のすみかにされてしまうおそれもあります。

除草

芝の間に雑草が生えて見栄えが悪くなったり、雑草に栄養を奪われてしまわないように、除草作業も怠らずにおこなってください。

芝を張った年は、芝が薬剤の影響を受けやすい状況なので、手で雑草を抜くのがおすすめですが、いつまでも手では時間も労力もかかり非常に大変です。

そこで活躍するのが除草剤ですが、除草剤ならなんでもよいというわけではありません。中には芝をも枯らしてしまうものがあるので、雑草だけを枯らす除草剤を選ぶ必要があります。

目的によっても選ぶものが変わります。除草剤には予防を目的としたものと、生えてしまったものを枯らすことを目的としたものがあります。目的の違いをよく確認して購入しましょう。

芝生を補強・キレイに保つための手入れ

芝をキレイに保つためには、芝刈り・除草だけでは不十分です。強く長持ちする芝に育てるために必要な工程も覚えておきましょう。

サッチング

刈り取った芝の残りや枯れ落ちた葉が分解されることなく積み重なることで芝の間にできる層をサッチといい、そのサッチを取り除くことをサッチングといいます。

サッチは放置しておくと、通気性と水はけが悪くなり、芝の成長に悪影響を及ぼします。さらに、降雨により雨を含むと保水し、病原菌の繁殖につながることも問題です。

熊手やサッチングマシーンなどを利用して、定期的にサッチングをおこないましょう。

目土入れ

目土は、表面のデコボコや切り芝のマットを使用した際の目地埋め、芝の成長の促進、サッチの分解促進など、さまざまな役割を果たしてくれます。

種類は大きく分けて3つの種類があります。

  • 排水性と保湿性に優れ、もっともポピュラーな《粒状》
  • きめ細かく、隙間を埋めるのに最適な《砂状》
  • 有機物が多く含まれ、成長促進によい《黒土》

粒状のものはホームセンターで簡単に見つかりますが、潰れてしまうと十分な効果が発揮されないので、人が歩く場所での使用は適しておらず、砂状のものは芝生の隙間を埋める目地埋めに最適です。

そして最後の黒土は、価格も比較的良心的で、栄養が多いので、メンテナンスよりは芝生を育てるときに使用するのがおすすめです。

このように、使用目的や使用する場所によって向き不向きがあるので、どこになんの目的で使用するのかを決めてから購入するとよいでしょう。

作業する時期はとくに決まりはなく、鑑賞するだけの庭なら、年に何度も目土を入れる必要はないので比較的導入しやすい手入れだといえます。

ただし、目土入れは芝全体の高さが上がってしまうというデメリットもあります。その点が気になる方は、ほかの方法でキレイな芝を保ちましょう。

エアレーション

一見するとキレイな芝でも、徐々に土が固まったり、取り除ききれないサッチが溜まったりすると、根に栄養がいかなくなってしまいます。

そこで有効なのが、芝生に穴を開け、新しい土壌を充填することで、排水性や通気性を改善し、長くキレイな芝生を保つエアレーションという方法です。

春と秋の年2回、抜いた土の回収や、新しい土壌の充填、仕上げの水やりは丁寧におこないましょう。

スライシング

スライシングとは、成長した芝生に切り目を入れる作業です。古い根を切り、土をほぐすことで、土の排水性と通気性を改善します。通気性の改善により、地中の微生物も活発に働くようになるので、サッチや古い根の分解も促進されます。

スライシングの目的は根の新陳代謝を図ることなので、芝生の成長がはじまったころにおこなうのが効果的です。

芝生が枯れる原因は?対処法と芝張りについて

枯れた芝生を見たことがあると思いますが、芝生が枯れる原因はいくつかあります。6つの原因をまとめたので、参考にしてください。

【時期】
暖地型芝生は冬になると枯れますが、春からまた成長を始め、夏には青々と茂る種類なので心配する必要はありません。

【芝刈り】
芝刈りで生長点まで刈ってしまった場合は、そのまま枯れてしまうことがあります。この場合は、芝生の張替えをする必要があります。

【購入前の状態】
ホームセンターなどで購入した時点ですでに傷んでいる場合もあります。

何らかの事情で根が傷んでいたり、すでに枯れてしまっているものが置かれていることがあるので、購入時にはホームセンターでの芝の保管日数や、平積みにして潰れていないか、変色している芝が混ざっていないかなど、芝の状態を確認するとよいでしょう。

【除草剤】
先ほど触れましたが、除草剤にはさまざまな種類があります。雑草の光合成を阻害したり、栄養が行き渡らないようにする成分が含まれているものもあります。

しかし、芝の成長を妨げるものや、除草の効果が芝にまで及んでしまうものなど、芝に合わない除草剤を使い続けていると雑草だけでなく芝まで枯れてしまいます。

【病気】
気候の変化などにより、病原菌が発生・繁殖し、それによって枯れてしまう場合があります。病気そのものではなく、それを放置したことによって枯れてしまうこともあるので、手入れの際は注意しておこないましょう。

【害虫】
害虫に葉が食べられたり、その食べられた箇所から病気になったりして枯れることもあります。

殺菌剤の散布や芝の状態の見極めなどで予防・改善できるものもありますが、進行して手が付けられないものや、効果のある薬がない場合は張替えが必要です。芝の状態を確認し、適切な処置をおこないましょう。

芝生の管理で困ったらプロに相談

芝生の種類は数多く、手入れの時期や適切な方法や回数が異なります。せっかく芝生を張ってキレイな庭にしたのに、手入れ不足で枯れさせてしまうのは非常にもったいないことです。

「手入れをする時間がない」「高齢のため自分で手入れできない」「面倒だからやりたくない」という人は、業者に相談してみてはいかがでしょうか?

芝生での病気や害虫によるトラブルを紹介

芝生のトラブルをご存知ですか?芝生を育てるうえでも、ほかの植物を育てるのと同じように起こるトラブルがあります。

一部が剥げてしまっていたり、枯れてしまっている芝生をみたことがあるのではないでしょうか。それらは芝生の病気や、害虫などによるもので、放っておいたら見栄えも悪くなり、せっかく育てた芝生が台無しになってしまいます。

そこで、病気・害虫・その他のトラブルに分けて症状と対策をみていきましょう。

芝生の病気と対策方法

芝生の病気と対策方法

芝生の病気は年間を通して発生し、とくに多いのが春~秋にかけてです。芝生がかかる病気とはどのようなものか、いくつかご紹介します。

ラージパッチ

暖地型芝生に発生する病気で、さまざまな大きさのパッチができ、徐々に範囲を広げていきます。芝生の色がオレンジになり、内側が枯れているのが特徴です。

主に排水不良の土壌や、窒素が多施用されている土壌で発生します。ラージパッチの菌は根元に発生するため、農機具や芝刈りを通じて、刈り取った芝の菌が発生している部分が飛び散ることにより、飛び地で感染するおそれもあるので注意が必要です。

ラージパッチが発症した場合、植物の病気の予防と治療両方の効果がある「ベントーレ水和剤」や、芝生や球根の病気に対して消毒や殺菌の効果がある「オーソサイド水和剤」などの殺菌剤の散布が必要になります。

ダラ―スポット

日中の寒暖差が激しくなるような時期に発生する病気で、線状の菌糸とくぼんだ円形状の小さいパッチができます。初期症状では緑色がまだらになり、赤茶色に変色します。

さらに、進行すると地下部まで侵され、土が見える裸の状態になります。病原菌は複数あるとされていますが、特定されていません。

定期的に刈り込みをしたり、朝露を避けるため、散水を夜ではなく朝におこなうとよいでしょう。また、窒素量をコントロールすることによって発生の予防になります。

ダラースポット病は早春~晩秋までと発生期間が長く、発生頻度も高い病気です。薬剤をローテーションして耐性を避けるのもひとつの手になります。

ブラウンパッチ

高温・多湿な寒地型芝生に発生する病気で、特徴や症状はラージパッチと同様です。主に排水不良や通気性の悪い土壌、窒素肥料過多になると発生します。

高温・多湿を避けるため、芝を低く刈り、風通しのよい環境にして、窒素肥料の与えすぎに注意しましょう。

また、すでに発生してしまっている場合は、初期段階で消毒・殺菌効果のある「オーソサイド水和剤」や予防・治療効果のある「ウィルド顆粒水和剤」などを散布することをおすすめします。

さび病

葉にさびのような粉状のものが付着する病気で、5月~6月と10月~11月の年に2回ピークがあります。

さび病には「黄さび」「黒さび」「冠さび」「葉さび」など種類があり、深刻な病気ではありませんが放置しておくと枯れてしまうおそれもあるので、みつけたら対策をおこなうのがよいでしょう。

肥料の栄養バランスを考え、通気性を確保することでさび病の発生リスクは抑えられますが、芝の種類や状態によっては殺菌剤の散布が必要です。発生初期の場合は「サプロール乳剤」などを薄めて散布するのが効果的です。

ピシウム病

白いもやもやしたクモの巣のような糸が張る病気で、夜間湿度が高い日の翌朝に突然発生します。不定形の退色部があらわれて枯れ死してしまいます。

150以上の種類がある中で、30~40種類が病原菌を持っており、代表的な症例が「赤焼病」と「雪腐病」です。

「赤焼病」
25度以上の熱帯夜が続いたあとの降雨や、台風のときなど、高温多湿状況がそろったときにのみ発生し、1~2日で芝生が全滅します。

「雪腐病」
積雪下で病原菌が繁殖し、融雪直後に黄色から灰色がかった茶色の芝が、パッチとしてあらわれます。北海道や日本海側などの寒い地域でよくみられる病気です。

※複数の病原菌が原因で発症しますが、ピシウム菌の仲間が原因となるのは褐色雪腐病です。

繁殖を防ぐため、排水に努めるのが賢明です。

ゴルフ場などの広範囲に芝生がある場合は、大型の送風機などで加湿を防いでいます。

しかし家庭の庭には不向きなので、菌を死滅させ繁殖を防ぎ、雨が降っても効果の消えない「ランマンPフロアブル」や病原菌の侵入阻止と保護殺菌作用のある「クロステクト水和剤」など薬剤の散布がおすすめです。

そして、耐性がついて効果がなくなるのを避けるため、複数の薬剤を切り替えながら使用するのがよいでしょう。

芝生の害虫と対策方法

芝生は病気だけでなく、害虫によって傷んでしまうこともあります。どんな害虫が発生するのか、代表的な3種類の害虫をご紹介します。

・シバツトガ
年に3回、5月~10月に発生する蛾の幼虫で、梅雨明け以降は被害が拡大します。夜に活発に活動し、さまざまな種類の芝につきます。

・スジキリヨトウ
シバツトガ同様、1年に3回、5月~10月に発生する蛾の幼虫で、梅雨明け以降に被害が拡大します。日中は土の中に潜み、夜に出てきて葉や茎・根を食害します。

・コジコガネ
5月~10月に発生し、秋にもっとも被害が出るコガネムシの幼虫です。芝の根の先端あたりに生息し、根を食い荒らした結果、乾燥害などの被害をもたらします。

紹介した害虫は、すべてMEP乳剤の散布で駆除・対策が可能です。

その他トラブルにも要注意

病気や害虫のほかにも、注意すべき点を3つご紹介します。

まずは水不足です。高温多湿は病原菌の温床ですが、あまりに気にし過ぎて水不足になってしまうと、成長に必要な水分さえもなくなってしまいます。葉の色が黒ずんできたり、葉が細く丸まってきたら水不足の合図です。

ほかに、軸切りにというものもあります。先ほどから話に出てきている「生長点」、この部分を刈ってしまうことを軸刈りといいます。軸刈りされた芝は成長が旺盛な時期なら復活する可能性もありますが、たいていはそのまま枯れてしまいます。

最後に変色です。薬害や肥料不足、病気や芝刈りのミス、軸刈りなどをおこなってしまった結果起こることです。青々と茂っているはずの時期に変色した芝を発見したら、原因を特定し素早く対処しましょう。

芝トラブルを徹底解消するならプロに相談

ざっとご紹介しただけでも病気、害虫、水不足など芝のトラブルはたくさんあり、その原因もさまざまです。

ご自宅の芝にトラブルが起きたとき、どんなトラブルが起こっているのか、原因は何か、自分にできる対策は何があるかなど、芝について詳しく調べなければわからないこともあるでしょう。

万が一にも間違った対策をおこなってしまわないよう、プロに相談してトラブルの原因から対策まで、徹底的に解消してもらいましょう。

弊社では、24時間365日対応の無料相談窓口を設けておりますので、いつでもお気軽にご相談いただけます。

プロに相談すると費用はどれくらい?

「やっぱりプロにお願いしたい!」と思ったとき、気になるのは費用面ではないでしょうか。相談したいけど、費用が高かったら…と心配することのないように、何にどんなふうに費用がかかるのか、確認しておきましょう。

業者に依頼するのにかかる費用相場

業者に依頼するのにかかる費用相場

芝の手入れは、作業の内容や範囲によって異なります。主に必要になるメンテナンスは以下の通りです。

  • 芝刈り
  • サッチング
  • エアレーション
  • 目土入れ
  • 枯れた芝の張替え
  • 病気や害虫、除草対策の薬剤散布

各作業1平方メートルあたり数千円~対応の業者はありますが、最低受注金額が決まっており、広さで計算すると安いはずの作業がかえって高くつくということもあるので、金額の確認は怠らないようにしましょう。

また、個別の作業ではなく、年間メンテナンスをおこなう業者もあります。その場合は、年に何回作業があるか、作業内容は何があるかなどを事前に確認しておくことをおすすめします。

業者を選ぶならココに注目!

業者に依頼する際には、自分が何を重視しているかを明確にして選択するのがよいでしょう。

・評判のよい業者に依頼したい
実際に業者を利用した方の口コミがあります。どんな点がよかったか、どんな対応をしてくれたかなど、利用者目線の意見が判断材料になります。

・とりあえず見積りだけでもしたい
依頼することを決めていない、いくつかの業者で悩んでいるなどの理由で、とりあえず見積りだけ知りたいという方は、無料見積りをおこなっている業者がよいでしょう。

・費用面が気になる
作業当日になって、詳しく話を聞いてみたら「想像よりも高い!」なんてことのないように、見積りや現場確認の時点で依頼後の追加料金が発生しないと確約してくれる業者をおすすめします。

そのほか、芝生だけではなく、お庭のことに広く詳しい業者や対応可能地域が決まっている業者もあります。お悩みに合うお近くの業者がすぐ探せるのも弊社の強みです。ぜひご活用ください。

0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test