剪定110番 トップページ > アオダモは軽い剪定でOK!栽培環境や基本的な育て方をまとめました

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

アオダモは軽い剪定でOK!栽培環境や基本的な育て方をまとめました

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

アオダモの剪定方法

堅さと強度、そしてしなやかさから、バットの素材として有名なアオダモは、日本各地の山に自生している落葉高木です。白い花をつける木なのですが、同じく白い花を付けるシマトネリコによく似ています。

初心者でも育てやすいといわれている木ですが、栽培に適した環境や剪定の方法などはご存知ですか?せっかく育てるのなら、長く楽しみたいものです。アオダモがどんな木なのか、詳しくみていきましょう。

アオダモってどんな木?

アオダモってどんな木?

アオダモはシンボルツリーとして人気があり、存在感のある美しい木です。北海道から九州までさまざまな地域で育ち、白い斑点のような模様と、水に濡れると樹皮が緑青になるのが特徴です。生長が遅く、あまり手間もかからないので初心者にも人気があります。

栽培環境としては、日当たりがよく水はけのよい場所を好みます。日当たりが強すぎると暑さで枯れてしまうおそれがありますが、夏にあまり日に当たらないと、今度は秋の紅葉した姿がみられなくなることもあるので覚えておきましょう。

アオダモ剪定の必要性

アオダモは放っておくと15メートルもの大きさに生長します。大きくなりすぎた木は管理が大変なだけでなく、風通しが悪くなったり、手入れが行き届かずに病気になってしまったりするおそれがあります。

ゆっくりと生長するので、こまめに剪定をする必要はありませんが、適度な高さを保つための剪定は必要になります。

剪定時期は10~2月頃

春は青々と葉を広げ花を咲かせます。剪定をおこなうのは落葉期である秋~冬がよいでしょう。大胆に枝を落とし、スッキリさせることも可能です。

軽く枝を透く剪定でOK!

大胆にといっても、大きく形を変える必要はありません。不要な枝を取り除けばよいのです。その不要な枝というのが、根元から伸びるヤゴやひこばえ、交差している枝、勢いよく上に向かって伸びている徒長枝などです。

見栄えが悪くなるほか、必要な場所に栄養がいかなくなってしまうおそれもあります。

プロなら「正しく」「確実な」剪定ができます!

アオダモの剪定は、自然な形に整えるのが最適です。しかし、自分ではどのように枝が伸びているのがアオダモにとって自然なのか分からない、という方もいるのではないでしょうか。

そんなときはプロにおまかせください。必要な枝を残し、自然な形に整えてくれます。

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

アオダモの育て方のコツ

あまり手間のかからない木とはいわれていますが、やるべきお手入れはあるのです。剪定の必要性は分かっていただけたでしょうか。

では次に、育て方や注意しておきたい病気と害虫についてご紹介いたします。

アオダモの基本的な育て方

アオダモの基本的な育て方

アオダモは植物ですから、当然水と肥料が必要です。それぞれ必要な量や種類はどうなっているのでしょう。

水やり

アオダモは乾燥に強く、しっかりと根付いてしまえば基本的には降雨のみで十分育ちます。ただし、根元に雨が当たらないような場所に植えてしまった場合や、真夏の乾燥で落葉したときは、降雨だけでは不足しているということも考えられます。

基本的に土が乾いているようであれば、水やりをおこなってください。

肥料

肥料もたくさん与える必要はありません。発育が悪いときや、冬場に有機肥料を与える程度で問題ありません。

注意すべき病気と害虫

病気や虫に強いアオダモですが、まったく影響を受けないわけではありません。では病気と害虫には、どのようなものに注意が必要なのでしょうか。

【病気】

・褐斑病(かっぱんびょう)
褐斑病とは、葉に褐色の斑点ができる病気です。症状が進行すると斑点の範囲が広がり、やがて葉が枯れ落ちます。糸状菌というカビが原因で起こります。湿度が高くなると原因となる糸状菌が活発に活動するため、風通しをよくしておくと予防になります。

・根腐れ
日に当たりすぎて土が乾燥したり、水はけが悪く根元がじめじめしていると起こる病気です。乾燥の場合は水やりを、水はけが悪い場合は土壌の調整をおこないましょう。

【害虫】

・カミキリムシ
カミキリムシは、幼虫が幹の中に潜んで枝や幹を食べてしまうことがあります。被害が大きいと、食べられた場所から先の枝が壊死してしまうこともあります。

・テッポウムシ
株元に穴が開いていたら、テッポウムシの可能性が高いでしょう。発見したら薬剤を撒くか、針金などを差し込んで、穴の中の幼虫を駆除してください。

アオダモの増やし方

アオダモは種まきと挿し木で増やすことができます。

種まき

アオダモの種は10月ごろに採取できます。種が乾燥してしまうと発芽率が下がるため、すぐに播くようにしましょう。もしすぐに播かない場合は、乾燥しないように保管してください。

挿し木

挿し木には剪定で切り落とした枝を使用します。挿し木前に2時間ほど水につけてから、挿し木用の土に挿しましょう。

アオダモのお手入れがうまくいかないときは…

水と肥料のバランスや病気への注意など、気を付けなければいけないと分かっていても、お手入れは大変です。

自分でお手入れする時間がない方も、剪定だけは頼みたいという方も、弊社の無料相談窓口にいつでもご相談ください。

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

アオダモ剪定をプロに依頼したらいくらかかる?

依頼の際に気にされることが多いのが費用です。何に費用がかかるのか、いくらかかるのかなどが気になるのではないでしょうか。

ここではアオダモの剪定をプロに依頼する際の費用やポイントをご紹介いたします。

剪定にかかる費用相場

剪定にかかる費用相場

業者によって、高さのみ・高さと幅・品種名など料金分類の仕方はさまざまですが、だいたい10,000円前後を予算として考えておくとよいでしょう。ただし、作業の時間で料金を決めている業者の場合は、費用の計算方法が異なりますので覚えておきましょう。

また、枝などのゴミの処分を依頼した場合は追加料金が必要になります。

費用を安く抑えるコツ

費用はできるだけ安く抑えたいと思いますよね。では、どうすれば少しでも抑えられるのか考えてみましょう。

複数の業者から相見積りを取る

1社しか見ていないと、その金額が適正なのか判断ができません。複数の業者に見積りを依頼し、内容と金額をそれぞれ比較して検討してみましょう。

枝の処分を自分でおこなう

剪定は枝を落とす作業だけでなく、枝の処分やその運搬費なども見積りに含まれている場合があります。その分を自分でおこなえば、多少なりとも費用を抑えることは可能です。

どんな業者に依頼するべき?

業者にはそれぞれ特徴があります。気に入った特徴があるところに依頼してみるのがよいのではないでしょうか。

明確な見積り

見積り内容を見て判断するのなら、見積りに不明瞭な点がない業者がよいでしょう。

豊富な実績

職人の経験値が気になる方は、作業件数の多い業者がぴったりです。業者のホームページ等で確認することができるので、一度目を通しておきましょう。

丁寧な対応

対応の内容が重要とお考えの方は、電話対応や現地調査の対応などから、丁寧な印象の業者を選択するのがおすすめです。

細かな気遣い

いろいろと相談に乗ってほしいという方は、「気になる点はございませんか?」などと声をかけてくれるような、気遣いを感じられる業者を見つけましょう。

まずは見積りを取ってみよう!

業者選びは失敗したくないですが、自分では何から始めていいか分からないという方もいるのではないでしょうか。そういった方は、まず見積りから始めてみましょう。

弊社では、24時間365日いつでも相談を受け付けており、数多くの業者の中から依頼する業者を選択していただけます。見積り無料の業者をご希望でしたら、そのような対応も可能ですので、ぜひご利用ください。

庭木の伐採・剪定でお困りなら、植木屋のプロ剪定110番まで
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test