剪定110番 トップページ > 剪定 > ハナミズキの剪定方法まとめ!時期や剪定方法まで解説します

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

ハナミズキの剪定方法まとめ!時期や剪定方法まで解説します

ハナミズキを剪定する準備

春に満開を迎えるハナミズキ。ハナミズキは剪定をしなくても枝を伸ばし、新しい花を咲かせることができます。

しかし、剪定をしないと害虫が大量に発生してしまうおそれがあります。美しく花を咲かせるのに、枯れ枝ができるとハナミズキの美しさが損なわれてしまいますよね。

しかし、ただ剪定をすればいいわけではなく、ハナミズキを美しく保つ秘訣は適正な時期にきちんと剪定をすることにあります。

ハナミズキの美しさを保つため、剪定はおこなう時期や方法などをみていきましょう。業者に依頼する際の選びかたなどもまとめてみましたので、ぜひ参考にしてください。

ハナミズキの剪定時期は冬頃がおすすめ

ハナミズキの剪定時期は冬頃がおすすめ

ハナミズキの剪定時期は冬頃がおすすめです。ハナミズキの花は4月から5月頃に満開を迎えます。夏から秋にかけて花が落ち、その後実をつけます。

そして他の植物と同様、冬は冬眠期に入り11月から2月頃は葉を落とします。この葉が落ちた時期が剪定におすすめとされています。

葉が落ちている間は花芽を比較的見分けやすくなります。春になると開花する花芽を剪定してしまうと、春になっても花が咲かなくなってしまいます。

小さな玉ねぎや球根のような丸みのある形をしている花芽を残して剪定をすることがハナミズキの美しさを保つ秘訣となるのです。

剪定に必要な道具・あると便利な道具

ハナミズキを剪定するときに必要な道具やあると便利な道具についてご紹介していきましょう。

・植木バサミ
剪定作業では一番頻繁に使用される、手のひらサイズの小さめなハサミです。直径5ミリメートル~1センチメートルほどの細い枝の剪定ならほとんど対応することができます。

・剪定バサミ
直径2センチメートルくらいまでの枝の剪定に使用されるものです。柄の内側にバネが入っているため、長時間使用していると手への負担が大きくなります。一度握って、自分の手の形になじむサイズのものを使用しましょう。

・刈り込みバサミ
両手で使うタイプのハサミです。柄の長さが伸縮するタイプもあるため、背が高くなるハナミズキの剪定にはおすすめです。

・剪定ノコギリ
ハサミでは剪定が難しい太い枝を剪定するときに使用するものです。両刃と片刃のものがありますが、剪定する枝以外の幹枝を傷つけないように、片刃のものがおすすめです。

・癒合剤
病気になったり枝が腐ってしまったりしないよう、切った枝の断面を塞ふさぐために使用します。必要に応じて癒合剤を塗るためのハケも用意しておくとよいでしょう。

癒合剤はチューブ式のものもあるので、ハケがなくても塗ることはできますが、ハケがあると塗りムラもなく手を汚すこともありません。

・脚立
ハナミズキは背が高くなるので、剪定時に脚立があると便利です。脚立を新しく購入する場合は、今後ハナミズキをどれくらいの高さまで育てたいかによって、サイズを合わせて購入しておくと、長く使用することができます。

・軍手
剪定をするときは幹枝に触れてケガをすることも少なくありません。ハナミズキの葉は触れると被れることがあるため、剪定をするときは滑り止めの付いた軍手を着用しましょう。

剪定に失敗すると枯れることも!

誤った方法で剪定をすると、枝が枯れてしまったり、春に花が咲かなかったりしてしまいます。せっかくキレイに花を咲かせるために剪定するのであれば、失敗したくないですよね。

そんな時は、確実に剪定をしてくれるプロに依頼をしましょう。プロの業者であれば剪定はもちろん、病気や枯れてしまうことがないよう剪定後の処理のしっかりしてくれます。

ハナミズキを剪定する方法

キレイな花を咲かせるハナミズキですが、剪定に失敗すると花が咲かなくなるかもしれません。ハナミズキを剪定する方法はどうすればよいのでしょうか。

切り落とす枝を見極める

切り落とす枝を見極める

ハナミズキを剪定する際、剪定するべき枝は、他の枝の成長を妨げるおそれのある枝のみです。 枯れてしまっている枝や、病気の枝は健康な枝に感染しないように早めに剪定をしましょう。

また、徒長枝(とちょうし)という幹や主枝からまっすぐに伸び出した勢いのよすぎる枝、正常に伸びている枝と交差する交差枝や幹に向かって逆方向に延びる逆さ枝があります。これらの枝も、放置すると樹形を乱すことになるので、枝元から切り落としましょう。

芽が向いてる方向を確認する

剪定をする前に芽の向いている方向を確認しましょう。横向きか斜め上に向いている芽の先で剪定をします。上向きや下向きの芽で切ると、枝が折れやすかったり元の方から徒長枝が発生してしまいます。

高さを調整するときは強めに剪定する

ハナミズキを剪定するときは、仕上げたい高さよりやや低めに剪定をしておくと、葉が茂り花が咲くときにちょうどよい高さになります。

主幹は、決めた高さ付近で枝分かれしている部分のすぐ下で剪定をします。主幹の剪定ができたら次に、枝を剪定して形を整えます。細い枝は付け根から剪定をしましょう。

また、花芽と葉芽を見分け、花芽がなるべく残るように剪定をします。花芽は小さな玉ねぎのような丸い形をしたものです。

葉芽は先が尖っているので葉が落ちている冬場は比較的見分けやすくなります。少し離れた場所から全体像を確認しながら剪定をするとよいでしょう。

癒合剤で切り口を塞ぐ

切った枝の断面をそのままにしておくと、切り口がふさがるまでそこから水や養分が出てしまいます。すると木が弱まり、雨水や雑菌が切り口から入って病気になったり枝が腐ったりするおそれがあります。

雨水や雑菌の侵入を防ぐために殺菌効果のある癒合剤を使用しましょう。癒合剤は水を通しにくい成分でできているため水分や養分が放出することを抑えてくれ、抗菌作用のものを使用すれば雑菌などからも守ってくれます。

業者に頼むことも視野に入れよう

ハナミズキは強く剪定しすぎてしまったり、剪定の時期を間違えたりすると、花が咲かなかったり枯れてしまったりします。ご自分で剪定をする自信がない場合は、プロに依頼するのが確実です。

また、高く成長しすぎたハナミズキの剪定をご自身でおこなうのは、落下などケガのおそれがあり危険です。そういった場合も業者に依頼するのがおすすめです。

ハナミズキの剪定に自信がない場合は業者に頼もう

ハナミズキの剪定を業者に依頼する場合、どのような判断で業者を選べばよいのでしょうか。

ハナミズキが大きくなる前に依頼しよう

ハナミズキが大きくなる前に依頼しよう

剪定を業者に依頼した場合、高さにあわせて料金を設定している業者が多く、高さが高い方が料金が高くなります。ハナミズキは生長が早いため、早めに依頼をするとよいでしょう。

料金を見積ってから依頼するか考えるのもアリ

業者に依頼するか悩んでいる場合は、見積りを依頼し、その金額によって依頼するか決めてもよいでしょう。無料で見積りを取ってくれる業者がほとんどです。

また見積りを依頼する際は、現地調査をおこなってくれる業者の方が正確に料金を見積ってくれるためおすすめです。

適正な価格を見極める方法

1社にしか見積りを依頼しないと、その金額が適正な金額かどうかがわかりません。そのため業者に見積りを依頼するときは、いくつかの業者に依頼する方がよいでしょう。

また、見積り金額には作業代の他、調査費用や見積り費用、出張費用が含まれている場合もあります。明細がうやむやだとトラブルの原因にもなります。

見積り金額の詳細や、追加料金がないかなども確認し、はっきりしている業者を選ぶとよいでしょう。

日ごろのケアも大切にしてあげよう

ハナミズキの手入れは剪定だけではなく、肥料をあげたり、雑菌や病害虫予防をするなどさまざまなものがあります。美しさや健康を維持するためには、日ごろのケアも大切となります。

弊社では剪定のみならず、日ごろのケアに対してのご相談やご質問にも対応しております。気になったときにいつでもご連絡いただけるよう、24時間365日お電話を受け付けております。ぜひお気軽にご相談ください。

0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test