剪定110番 トップページ > 剪定 > レッドロビンは剪定で決まる!健康で真っ赤な葉に育てるお手入れ法

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

レッドロビンは剪定で決まる!健康で真っ赤な葉に育てるお手入れ法

レッドロビンの赤は剪定で決まる!

レッドロビンはベニカナメモチともいい、新芽の赤い常緑広葉樹です。寒さにはやや弱いですが、萌芽力が強く生長が早いため、おもに生垣として栽培されています。

ただし、定期的に剪定しなければ雑に大きいだけの木になってしまうので注意が必要です。ここではどのようにして赤く美しい生垣を保てるのかをご紹介いたします。

また、記事の後半ではレッドロビンを健康に育てるコツや、手入れを業者に依頼する際の注意点などをお伝えしていきます。

レッドロビンは剪定によって赤く色づく

レッドロビンは剪定によって赤く色づく

レッドロビンが赤いのは新芽のみで、そのまま生長すれば葉は緑になります。では、どうして赤いまま保たれている生垣があるのでしょうか。

それは、定期的に剪定をおこなっているからです。葉が緑になるタイミングで剪定をおこなうことで、随時新芽が出るという状態になるため、赤い葉を保つことができるのです。

生垣として栽培している場合、生長を放っておくと形も崩れてしまうため、見た目の美しさを保つうえでも定期的な剪定は必要になります。

剪定は年に3回おこなおう

レッドロビンの剪定は年に3回おこなうのが理想的です。時期としては3月~4月、6月、9月の春から秋にかけての3回です。

春は生長の早い時期なので、想定よりも低めに剪定し、生長したらちょうどよくなるくらいに大胆な剪定をしてもよいでしょう。初夏は、花が終わったころに余分に伸びてしまった枝を剪定しましょう。

秋は、冬に備えて不要な枝を落として形を整え、必要なところに栄養がいくように調節して剪定するようにしてください。

正確に上記の時期におこなわなければならないということはないですが、真夏や冬の剪定はいくら強いレッドロビンでも、暑さや寒さで枝が弱ってしまうおそれがあります。避けたほうが賢明でしょう。

レッドロビンの剪定方法

実際に剪定をおこなう場合、何が必要でどのようにおこなえばよいのか、ご紹介いたします。

剪定には刈り込みバサミか剪定バリカンを使用します。美しい生垣には整った形も重要なので、平行になるようにまずは上部を整えます。

不要な太い枝が出てきた場合は、剪定バサミで落としても大丈夫です。初心者の方は、ゆっくりと機械を動かすだけのバリカンを使用すると作業がしやすいでしょう。

また、形を整えることはもちろん大切ですが、余分な枝を落としているだけでは「レッドロビンの下がスカスカになっている」という事態になりかねません。

というのも、レッドロビンは上に上にと伸びていく性質があるので、上にばかり葉が茂ってしまうことがあるのです。どのくらいの高さに保つかを決めておき、それ以上は伸ばさないように管理していきましょう。

剪定に自信がないときはプロに相談!

よく見かけるレッドロビンの生垣ですが、自分でお手入れしようと思うとこまめな剪定が必要で、意外と面倒なものです。そんなときは、プロに剪定をお願いしましょう。木の状態を見て、最適な方法で美しい生垣にしてくれますよ。

レッドロビンを健康に育てるコツ

赤く美しい生垣を保つには、剪定をおこなうことが必要です。しかし、いくら見た目がキレイでも、健康に生長していなければ意味がありませんよね。

レッドロビンを健康に育てるために必要なものや注意すべきことを、確認しておきましょう。

日光によく当てる

日光によく当てる

レッドロビンは、日当たりの悪い場所で育ててしまうと、枝が細くなってしまい、密度の高い状態になりません。日光は植物の生命を支える大切な栄養源になるので、日当たりのよい場所で栽培しましょう。

また、下に横にと根の生長も早いため、植えるときは50センチメートル間隔でおこなうようにしてください。

肥料を与える

レッドロビンは強い木ですが、しっかりと根付くまでは油断禁物です。最初のうちは余裕をもって肥料や水やりをおこないましょう。根付いてしまえば降雨だけで十分なので、ひどく乾燥しているときのみ、水やりをしてください。

しっかりと根付いても肥料は必要です。土に窒素が多く含まれていると、新芽の赤色が鮮やかに色づかないおそれがあるので、秋には緩効性化成肥料、冬には植物を原料にした有機肥料“油かす”を与えましょう。

伝染病による落葉の被害に注意!

ほかにも注意しなければならないことがあります。それが病気です。レッドロビンは人間と同じように感染症にかかることもあるので、かからないように注意して育てましょう。

・ごま色斑点病
レッドロビンの代表的な病気で、新芽や葉に黒っぽい斑点ができ、徐々に枯れていきます。感染力が強く、放っておくと生垣が全滅するおそれもあるので、この病気の発症を見かけたら、すぐにその部分を取り除き、殺菌剤を散布しましょう。

・ほかの予防すべき病害虫
カイガラムシやアブラムシなどの害虫にも注意が必要です。カイガラムシは動かずに葉にとどまっている虫なので、ブラシでこすり取りましょう。

アブラムシは新芽に発生し、汁を吸って芽をしおらせてしまいます。赤くて美しい生垣を作るうえでは、非常にやっかいな虫です。見つけ次第駆除してしまうのがよいでしょう。

病気や害虫は、湿度が高かったり、風通しが悪くなると発生しやすいものです。栽培環境を整えて病気や害虫を発生させないようにし、万が一発見した場合は殺菌剤を散布するなど、適切な処置をおこないましょう。

お手入れが不安なときは業者に依頼しよう!

ご紹介したもの以外にも、レッドロビンが感染する病気はまだまだ存在します。中には、発生すると治療ができない病気もあります。赤く美しい新芽を出し続けるには、こまめにレッドロビンの状態を確認し、都度の適切な手入れが必要になるのです。

こまめな作業が面倒・苦手という方はプロの力を借りましょう。弊社では24時間体制でお客様からのご相談を受け付けておりますので、早急に対応が必要な場合でもご利用いただけます。

レッドロビンのお手入れを業者に依頼する3つのポイント

自分でのお手入れが大変、面倒なことをしたくないという方はプロに依頼することが賢明ですが、費用を気にされる方も少なくありません。

ここでは、レッドロビンのお手入れを業者に依頼する際のポイントをご紹介いたします。

【1】業者の費用相場を知っておく

【1】業者の費用相場を知っておく

剪定作業は、木の高さなどによって内容が異なります。レッドロビンの場合、生垣にすることが多いので、長さ1メートルあたり1,000円~2,000円前後が費用の相場です。そのほか業者の出張費や枝の処分費なども加算された合計金額が、剪定の費用になります。

また、仮に剪定を一日かけておこなってもらった場合は、日当制が採用される業者もあります。作業に関わる人数にもよりますが、おおよそ15,000円~30,000円ほどが相場です。作業内容によって費用は変わりますので、事前の見積りは必ず取るようにしてください。

【2】信頼できる業者探し

人によって業者に求めていることはさまざまです。まずは自分が何を望んでいるのかを明確にしておきましょう。

業者の評判が気になるのなら、口コミを参考にするとよいですし、相談内容がざっくりしているなら、しっかり相談にのってくれて、丁寧な説明がある業者がよいでしょう。

また、急ぎの場合は即日対応可能など、迅速な対応をおこなってくれる業者を選ぶ必要があり、費用面が重要なら、見積り対応がしっかりした業者がおすすめです。

【3】見積りをおこなう

いくつか業者選びのポイントをご紹介しましたが、上記のことを考えても、初めからひとつにしぼるのは難しいでしょうし、得策ではありません。納得のいく条件で依頼ができるように、3社ほどに相見積りをしてもらうことをおすすめします。

弊社では対応可能エリアの業者から見積りの比較がおこなえます。もちろん見積りは無料でおこなわせていただきます。お電話は24時間365日対応しておりますので、どうぞお気軽にご利用くださいませ。

庭木の伐採・剪定でお困りなら、植木屋のプロ剪定110番まで
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test