剪定110番 トップページ > ゴールドクレストの剪定時期と方法!美しく見せるポイントもご紹介

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

ゴールドクレストの剪定時期と方法!美しく見せるポイントもご紹介

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

ゴールドクレストの特徴と剪定方法

ゴールドクレストとは、モントレーイトスギという樹を、園芸品種として改良した常緑針葉樹です。円錐で樹高が高いという見た目から、クリスマスツリーとして用いられることが多くあります。

ガーデニングとして植える人も多く、その人気から日本で広く販売されています。

しかし、ゴールドクレストはその樹高の高さや葉の密度から、日本の気候に向いてない品種ともいわれているのです。そのため、ゴールドクレストを育てていくためには、しっかりとした手入れと剪定が必要になります。

ここでは、ゴールドクレストの剪定方法から、美しく見せるためのポイント、剪定業者に依頼したときの費用相場までをご紹介します。

ゴールドクレストの特徴

ゴールドクレストの特徴

ゴールドクレストを育てていくうえで、ゴールドクレストの特徴を知っておくことが大切です。特徴を知っておくことで、適切な環境で育てることができます。

ゴールドクレストの特徴としてまず挙げられるのが、樹高です。ゴールドクレストは生育が早く、植えてから数年で4m程度まで成長し、そこから最終的に20mを超える高さに達することもあります。

次に特徴として挙げられるのが、暑さと湿気に弱いという点です。ゴールドクレストは寒さに強い植物ですが、一方で暑さと湿気には弱いという特徴があります。

とくに、ゴールドクレストは葉同士が密着して生えているため、葉の内部の風通しが悪くなり湿気が発生してしまいがちです。ほかにも、根を張る深さが浅い、剪定をおこなった後の再生力が強いといった特徴などがあります。

なぜ剪定が必要なの?

ゴールドクレストは、根の張り方が浅く樹高が高いという特徴から、台風などで倒れてしまうおそれがあります。また、木の上部が重くなることで全体のバランスが悪くなり、それほど強くない風で倒れてしまうこともあります。

そのため、ゴールドクレストが倒れづらくなるように、しっかりと剪定をおこなう必要があるのです。また、ゴールドクレストは暑さや湿気に弱いという特徴があります。剪定には全体の枝や密着している葉を整えて風通しをよくするという目的もあります。

ゴールドクレストの健康面だけではなく、見た目の美しさや景観を損なわないためにも剪定は必要だといえるでしょう。

剪定は3~6月が適している

ゴールドクレストの剪定は年に1回か2回程度が適しています。1回目の剪定は、おもに3月~6月が適切な時期となっています。

ゴールドクレストは暑さと湿気に弱いという特徴をもっているため、本格的な夏の時期となる7月~8月に備えて、大幅に剪定しておく必要があるのです。

3月~6月にしっかりと剪定をおこなうことができれば、2回目の剪定は9月~10月におこなうのがよいでしょう。9月~10月におこなう剪定は、1回目と異なり、軽く全体を整える程度で問題ありません。

剪定の種類と方法

一口に剪定といっても、細かい作業から大がかりな作業まで、さまざまな種類と方法があります。ゴールドクレストを剪定するにあたって、目的にあわせて剪定の種類と方法を選ぶことが大切です。

誤った方法を選んでしまうと、ゴールドクレストの見た目はおろか、枯らせてしまうおそれもあるのです。そこで、以下に剪定の種類と方法について、いくつかご紹介します。

葉先を手で摘む方法

伸びた葉先を整えたいという場合は、葉先の先端1cm程度を指やハサミを使って、摘んだり切り取ったりしてください。細かい作業になりやすいので、全体のバランスをよく観察しながら整えていきましょう。

高さを抑える方法

ゴールドクレストの主幹の高さを抑えたいという場合は、株の主軸部分を止めておきたい高さで切ってください。これによって主幹が伸びすぎるのを抑えることができます。

それゆえに、切った主軸の先端部分が丸くなってしまうので、周りの枝や葉も整えておきましょう。

伸びすぎたときの方法

伸びすぎてしまった枝や不要な枝を整えたいという場合は、希望の位置まで切ってください。このとき、新芽がついていない枝に関しては、根元から切ってしまっても問題ありません。

ゴールドクレスト剪定は、基本的に手とハサミを使用しますが、以下で説明する点にご注意ください。

ゴールドクレストはハサミが苦手!

ゴールドクレストは金気を苦手としているため、ハサミを使って剪定をすると、切った部分が茶色や赤褐色といった色に変色してしまうおそれがあります。

とくに葉は金気に弱いため、ハサミを使ってしまうと変色してしまうことが多いです。そのため、ハサミを使わないと剪定が難しいところ以外は、できるだけ手を使って剪定するようにしてください。

剪定が難しいと感じたらプロに相談してみよう!

ゴールドクレストを健康的に育てていくためには、剪定が欠かせません。しかし、自分で剪定をおこなうのが難しいと感じている方も多いのではないでしょうか。そんなときは、剪定のプロに相談をしてみましょう。

自分でゴールドクレストの剪定をおこなうと、本来切ってはいけない枝や葉を切ってしまったり、うまくバランスを整えられなかったりということもありえるでしょう。

しかし、剪定のプロであればゴールドクレストの剪定に必要な知識と経験をもったスタッフが、剪定をおこなってくれます。

また、こういう風に剪定してほしいという要望があれば、依頼者の要望にあわせた剪定方法を提案してもらえるでしょう。「ゴールドクレストの剪定をおこないたいけど、自分ではいろいろと不安……。」という方は、ぜひ一度、剪定のプロに相談してみてはいかがでしょうか。

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

ゴールドクレストを美しく見せるポイント

ゴールドクレストは、その独特な形からガーデニングはもちろんのこと、クリスマツツリーなどにも用いられるほど人気の植物です。

しかし、ゴールドクレストの見た目を美しく保つためには、さまざまな点に注意しながら育てる必要があります。そこで、以下にゴールドクレストを美しく保つための注意点や、美しく見せるポイントなどについてご紹介します。

風通しよく水はけのよい場所で育てる

風通しよく水はけのよい場所で育てる

ゴールドクレストは非常に湿気に弱い植物なので、湿気が溜まらないように、できるだけ風通しがよく水はけのよい場所で育てることが大切です。

ゴールドクレストに湿気が溜まってしまうと、内側からどんどん枯れていってしまい、健康にも見た目にも大きな影響を与えてしまいます。

とくに、夏場は湿気が溜まりやすい季節なので、より意識して風通しのよい場所へと移動させておきましょう。

病害虫の被害を防ぐ

ゴールドクレストに限らず、植物を育てるうえでは病害虫に注意する必要があります。ゴールドクレストは、比較的ほかの植物よりも病害虫に強い植物となっていますが、油断はできません。

ゴールドクレストがかかりやすい病気には、赤さび病があります。ゴールドクレストが赤さび病にかかってしまうと、葉や枝の先が赤色に変色して枯れてしまいます。

もし、赤さび病にかかった葉や枝を見つけたら、変色した葉と枝を摘み取って、ほかの健康な葉と枝にうつらないようにしましょう。

ゴールドクレストが被害を受けやすい害虫には、ハダニやカイガラムシといった種類が存在します。ハダニは、温度が高く乾燥した場所を好んでいるため、ときどきゴールドクレスト全体に軽く水をかけて発生を抑えてください。

一方でカイガラムシは、葉や枝が密集していて風通しの悪い場所を好むため、定期的に密集している葉や枝を摘み取って、風通しをよくすることで発生を抑えることができます。

枯れ葉や枝を取り除く

ゴールドクレストは、葉が密集して生えているため、葉が密集している内側に枯れ葉や枝が溜まっていることがあります。

この溜まった枯れ葉や枝を取り除かずに放置してしまうと、害虫の住処として利用されたり、風通しが悪くなって湿気が溜まってしまったりと、悪い影響を与えてしまうのです。

そのため、定期的に葉が密集している箇所を確認して、枯れ葉や枝が溜まっているようであれば、取り除いておきましょう。

ゴールドクレストをきれいに仕立てる

ゴールドクレストを美しく保つための注意点が理解できたら、次にゴールドクレストを美しく見せるためのポイントについてご紹介します。

ゴールドクレストを美しく見せるために重要なのが、ゴールドクレストの仕立て方です。ゴールドクレストは、仕立て方によって見え方に大きく違いが出ます。ここでは、以下に代表的な2つの仕立て方をご紹介します。

スタンダード仕立て

スタンダード仕立てとは、伸びた主幹の上部に枝と葉を茂らせることで、存在感のある見た目を作る仕立て方のことです。別名トピアリー仕立てとも呼ばれ、ゴールドクレストの中では、人気の高い仕立て方となっています。

スタンダード仕立ての魅力としては、上部のみに枝と葉を茂らせるので、ゴールドクレストの下枝が枯れてしまっていても問題ないという点です。これによって下枝が枯れてしまっている場合でも、美しい見た目を作ることができます。

スパイラル仕立て

スパイラル仕立てとは、主幹を覆うように枝と葉をらせん状にする仕立て方のことです。独特な見た目が特徴的で、インパクトのある見た目にしたいという方におすすめの仕立て方です。

しかし、枝と葉をきれいならせん状にするには、ゴールドクレスト全体のバランスを見ながら剪定をおこなう技術が必要となります。

また、きれいならせん状にするには、剪定後にゴールドクレストが生長する必要があります。そのため、スパイラル仕立てのために剪定をおこなうのであれば、ゴールドクレストの生長がはじまる3月がおすすめです。

お手入れが大変だと感じたときは

ゴールドクレストを健康的に美しく保つためには、定期的なお手入れが欠かせません。しかし、仕事でなかなかお手入れができないことや、お手入れの方法があっているのか不安だという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんなときは、剪定をしてくれる業者にお手入れを依頼してみてはいかがでしょうか。

自分でゴールドクレストのお手入れをおこなうことも大切ですが、方法を誤ってしまうと、ゴールドクレストを枯らせてしまうおそれがあります。業者であれば、ゴールドクレストの特徴を理解しているスタッフが、しっかりとお手入れをしてくれるでしょう。

また、お手入れだけではなく、見た目を美しくしたいといった場合でも、きれいにゴールドクレストを仕立ててもらうことも可能です。

そのため、「スタンダード仕立てやスパイラル仕立てに興味はあるけれど、自分で剪定するのは不安」といった方でも、安心して希望の仕立て方を依頼することができます。

ゴールドクレストのお手入れに困っている方はもちろんのこと、美しい見た目に仕立ててほしいと希望の方は、ぜひ業者に依頼してみてはいかがでしょうか。

庭木一本からのご依頼もOK!
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

ゴールドクレスト剪定にかかる費用相場

実際にゴールドクレスト剪定を業者に依頼しようとした場合、費用が気になるという方が多いのではないでしょうか。ゴールドクレスト剪定にかかる費用は、業者によってさまざまです。

そこで、以下にゴールドクレスト剪定の費用はどのようにして決められているのか、頼れる業者を選ぶにはどうすればいいのかをご紹介します。

どれくらい費用がかかる?

どれくらい費用がかかる?

ゴールドクレスト剪定にかかる費用には、2つの計算方法があります。1つ目の方法が、日当制(時給制)です。日当制は1時間あたりを2,500円前後で計算して、費用が算出されます。

1日あたりで計算した場合、地域や場所によっても異なりますが、おおよそ20,000円前後となる業者が多いでしょう。

2つ目の方法が、単価制です。単価制は作業をおこなう樹木1本あたりでいくらかかるのかを計算して、費用が算出されます。そのため、庭木や植込みといった植え方の違いや、樹木の大きさや高さによって費用が異なります。

庭木の場合、低木で3,000円前後、高木で16,000円前後の業者が多いでしょう。

また、上記の2つの計算方法には、どちらも追加で剪定以外に費用がかかることがあります。剪定以外にかかる費用とは、おもに剪定で発生したゴミの処分費用となっています。ゴミの処分費用はゴミの量によって計算され、安くて500円前後から高くて8,000円前後の業者が多いでしょう。

頼れる業者の選び方!

では、実際にゴールドクレスト剪定を業者に依頼する場合、頼れる業者を選ぶにはどのような点に注目すればよいのでしょうか。頼れるゴールドクレスト剪定業者を選ぶ場合、以下のポイントをチェックしてみましょう。

  • 口コミの評判はどうか
  • 電話対応がしっかりしているか
  • 費用が適正であるか
  • サービス内容に問題がないか

まず、確認しておきたいのが口コミです。口コミを見ることで、実際にその業者で依頼をした人の意見を、第三者の目線から参考にすることができます。注目して見ておきたいのが、実際におこなったサービス内容や、追加で費用がかかっていないかなどです。

もし、口コミの評判がよくサービス内容や費用にも納得できるのであれば、頼れる業者である可能性があります。しかし、口コミは不特定多数の人が匿名で書き込めることも多く、中にはイタズラでウソの情報が書かれているおそれもあるので、しっかりと情報を見極めるようにしましょう。

次に頼れる業者を選ぶ方法として、実際に業者へ相談してみるのがおすすめです。実際に業者へ電話で相談することで、相手がしっかり相談を聞いてくれているか、対応が適切であるかどうかなどを確認することができます。

相談の中で実際にかかる費用や、サービス内容なども確認することもできるので、まずは相談からはじめてみるのもよいでしょう。

まずは見積りをしてみよう!

ゴールドクレスト剪定を依頼する業者を選ぶことができたら、まずは見積りをとっておきましょう。見積りをとっておくことで、費用相場との比較や実際にかかる費用を把握することができます。

業者によっては、現地調査から見積りまでを無料でおこなってくれることもあるので、一度確認しておきましょう。

剪定110番であれば、現地での無料見積りはもちろんのこと、最初に提示した見積りから追加料金をいただくことはありません。

また、24時間365日の電話対応となっておりますので、お客様のご都合にあわせてご連絡いただけます。見積りの日程に関しても、お客様の日程にあわせておこないますので、安心してご相談ください。

お客様からの相談をお聞きしたうえで、ご要望にあった剪定業者を手配させていただきます。ぜひ、ゴールドクレスト剪定を検討されているという方は、当社の剪定110番までお気軽ご連絡ください。

庭木の伐採・剪定でお困りなら、植木屋のプロ剪定110番まで
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test