剪定110番 トップページ > 剪定 > 松の剪定方法|自分でおこなうための時期とお手入れ法のチェック

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

松の剪定方法|自分でおこなうための時期とお手入れ法のチェック

松の剪定について

庭木の松、伸びていませんか?松剪定は、見栄えを保つだけでなく、病害虫の予防をすることもできます。剪定は、木にとってとても重要なお手入れのひとつなのです。ここからは、松剪定についてご紹介します。

松の種類と剪定する時期

松の種類と剪定する時期

松の木は、日本庭園にはなくてはならない庭木のひとつです。松には、たくさんの種類がありますが、庭木として人気があるのは、アカマツ、エゾマツ、クロマツ、ゴヨウマツ、ダイオウマツ、トドマツ、ハイマツです。庭木の松を健康に育てるためには、剪定が必要です。松剪定は、春と秋の年2回おこないます。

松の剪定道具

松剪定をおこなうには、次のような道具が必要です。

・剪定ばさみ

枝を切るときに使用するはさみです。ホームセンターなどで購入することが可能です。剪定ばさみにはさまざまな大きさがありますが、自身の指先から手首までのサイズのものを選ぶと疲れにくいでしょう。

・植木ばさみ

草花の剪定や細い枝を切るときに使用するはさみです。軽いものを選ぶと手が疲れにくくおすすめです。

・剪定用のこぎり

はさみでは対応できないような太い枝を切るときに使用します。一般的なノコギリと比べ、切り落とす枝以外を傷つけないように幅が細くなっています。選ぶときのポイントは、軽いもの、握りやすいものであるかどうかです。これらの条件を満たしたものを選ぶと、剪定作業をしていても疲れにくいでしょう。

・ゴム手袋

松の葉は先がとがっているため、手を保護するために使用します。手に合った大きさで指先が動きやすいものを選ぶとよいでしょう。

・脚立

高い場所の枝を切るときに使用します。剪定場所まで十分に届き、足場が安定するものを選ぶとよいでしょう。

・養生シート

剪定を始める前に、切った枝が落ちそうな場所に敷くことで、剪定後の掃除が楽にできます。養生シートがなければレジャーシートでも代用が可能です。しかし切り落とした枝葉から分泌される松ヤニによって、シートがべとついてしまうので注意しましょう。

・ゴミ袋

切り落とした枝葉を入れます。市区町村によってはゴミの分別方法が違うので、お住まいのゴミ回収ルールで、処理をしましょう。

・汚れても大丈夫な服

剪定中は、衣類に松ヤニが付いてしまいます。松ヤニは、洗濯をしてもなかなか落ちません。松剪定をするときは、専用の衣類を用意しておくとよいでしょう。

松の剪定方法

剪定は、年2回おこないます。4~6月におこなうのは、新芽を手で摘む「みどり摘み」と呼ばれる剪定方法です。10~1月におこなうのは、木の形を整える「すかし」「もみあげ」です。これらの剪定方法について詳しくご紹介します。

・みどり摘み

春、新芽が出る時期におこなう剪定です。松は、1本の枝から新芽を5~6本出すことがあります。新芽をそのままにしておくと木の形が変わってしまい、見栄えが悪くなるため、新芽を摘みます。伸ばしたくない枝の新芽は、すべての新芽を、伸ばしたい枝の新芽は、2~3本残して手で折りましょう。残した新芽は、1/2~1/3の長さに切りそろえます。丸く茶色の花芽がある場合は、残さずすべてとりましょう。

・すかし

秋におこなう剪定で、葉が多く密集している部分の量を減らす方法です。すかしをおこなうことで、下側の枝も日当たりがよくなります。ポイントは、力強く伸びている枝をできるだけ切り落とし、枝と枝が重ならないようにすることです。まっすぐ伸びた枝は木の外観を損ねるため切り落としましょう。

・もみあげ

古い葉をはさみを使わず、手で引き抜くようにして取り去ります。もみあげをおこなったあと、まだ枝葉がこみあっている部分があれば、すかしをおこないましょう。もみあげをすると必要な部分を古い枝を取り去ることができるだけでなく、毛虫などの害虫駆除ができます。

松剪定方法は、一般の樹木の剪定と比べると手順が多く、葉があたるとチクチクと痛く大変です。剪定時期や剪定方法を間違えてしまうと木の成長が止まってしまうだけでなく、枯れてしまうおそれもあるため注意が必要です。

松のお手入れ方法

松を大きく育てるには、十分なスペースが必要です。また日当たりがよいというのもポイントです。そのほかにも大切なお手入れ方法についてご紹介します。

・水やり

植え付けてから2年未満の若い株は、しっかりと根を張ることができるように水をたっぷりあげます。2年以上たった地植えの株は、水やりの必要はありません。

・肥料

松は、やせた土地でも育つ木です。そのため、たくさんの肥料は必要ではありません。1~3月に株元に肥料をやります。肥料は、発酵した有機肥料がおすすめです。

・害虫

松には、多くの害虫がつきます。葉につく害虫には、マツカレハ、マツノクロホシハバチ、マツノキカキカイガラムシなどがいます。幹につく害虫には、マツノキクイムシ、マツノムツバキクイムシ、マツキボシゾウムシなどが挙げられます。放っておくと松の木を食いつくされてしまい、あっという間に枯れてしまうなんてことも。大切な松を守るためには、発見次第早めの対応が必要です。幹に穴がある、こぶなどがある、葉が茶色に変色している場合は、要注意です。すぐに害虫駆除をおこないましょう。

・植え替え

植え替え時期は、2~4月がよいでしょう。何年も育った松の木を植え替える場合は、根がしっかりと張っているため、植え替えをおこなう1年~1年半前から下準備をおこなわなければなりません。下準備とは、根の処理です。方法は、根の周囲の土を掘り、太い根を1/3ほど切ります。

土を戻し、切った部分から新しい根が出てくるのを待ちます。植木屋などで売られている株は、すでに処理がされているためすぐに植え替えることができます。

松の剪定は難しい?

松剪定は、一般の剪定にくらべると難易度が高いといえるでしょう。その理由は、切り落とす枝を見分けるのが難しいからです。また切り口から分泌される松ヤニも、剪定時には厄介です。松ヤニがはさみなどの道具についたままにしておくと切れ味が悪くなってしまうため、拭いたり、磨いたりしなければなりません。

また尖った葉がチクチク手に刺さるのも痛く、不快です。このように松剪定は、剪定に技術や経験がないとなかなか大変なのです。

松の剪定をしたいときはぜひご相談ください

剪定作業は、慣れていないと大変な作業です。大変なだけでなく、大きな松の剪定の場合は高所作業となるためケガの危険もあります。また慣れていない人がおこなう剪定と専門家がおこなう剪定は、仕上がりも違います。自身でおこなうのは難しいと思ったら、業者に依頼してみては、いかがでしょうか?

松の剪定にかかる費用と業者の選び方

松剪定を業者に依頼するには、どんなことに気をつけるべきでしょうか?ここからは、松剪定にかかる料金と業者選びについてご紹介します。

業者依頼したときの費用相場

業者依頼したときの費用相場

松剪定を業者に依頼すると費用はどれくらい必要なのか気になりますよね。料金や相場についてご紹介します。

・内訳

剪定料金=基本料金+作業費+ごみ処理費となります。自宅までの出張費用は、基本料金に含まれている場合がほとんどです。見積もり費用や調査費用は、料金に含まれている場合と別途必要となる場合があり、これらは業者によって違います。

・計算方法

料金体系は、時間で計算する方法と庭木の本数で計算する2つがあります。時間で計算する方式では、職人1人につき1日ごとの「日当制」と1時間ごとの「時給制」があります。

本数で計算する場合は、その松の大きさや、枝の数、松の木の種類などで違ってきます。

・相場

松剪定の相場は、1本につき15,000~20,000円です。剪定費用を少しでも安くしたいときは、切り落とした枝葉の処分を自身でおこなうことでゴミ処理費を節約することができます。

日当制の相場は15,000~30,000円、時給制の場合は1時間あたり2,000~3,000円が相場のようです。

さきほども紹介したように、木の大きさや枝ぶりなどで作業にかかる時間が違ったり、害虫被害をうけている場合は駆除が必要となるため、一概には言えません。そのため事前に見積りをとってみることで、大体の施工費用を把握することができるでしょう。

信頼できる業者の特徴

松剪定を業者に依頼するときは、しっかり業者を選ぶことが大切です。業者を選ぶときに大切なポイントは、次の通りです。

  • ・見積り書がわかりやすいこと
  • ・口コミがよいこと
  • ・どんな作業をするのか事前に説明してもらえること
  • ・こちらの要望や希望をきちんと聞いてくれること
  • ・アフターケアがしっかりしていること
  • ・受付対応がよいこと
  • ・対応が早いこと
  • ・知識や経験、実績がたくさんあること
  • ・剪定以外でも庭関係の相談にのってくれること
  • ・親切な対応であること
  • ・追加料金が発生するときは、丁寧に説明してくれること

このように、見栄えのよい松剪定をするのは、技術だけでは十分とはいえません。家の庭に人を入れるということは、信用できる人でなくてはなりません。また後から追加料金が必要にならないようしっかり見積もりしてもらうというのも大きなポイントです。せっかくの松剪定を失敗しないよう、信頼ができる業者を選びましょう。

もし業者選びにお困りなら、弊社にご相談ください。弊社では、ご相談やお見積りは無料でおうけしております。お支払いの際は、クレジットカードもご利用いただけます。まずはお気軽にご相談ください。

庭木の伐採・剪定でお困りなら、植木屋のプロ剪定110番まで
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test