最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

樹形を作り込みたい方におすすめ、強剪定できるドウダンツツジ

庭木のお手入れの中で剪定作業が好きな方は多いと思います。自分の手で樹木の形を美しく整えるのは楽しい作業です。しかし、剪定作業は時期ややり方を間違えると庭木に大きなダメージを与えることになってしまいます。剪定を楽しみたい場合は剪定に強い樹木を選ぶと良いでしょう。ドウダンツツジは剪定に強くおすすめです。
ドウダンツツジは見た目にも特徴があり、春には小さな白い花を咲かせ庭の景観を優しい雰囲気にしてくれますし、秋には葉を真っ赤に染める紅葉を楽しめます。
今回はそんなドウダンツツジの特徴や育て方について説明したいと思います。



ドウダンツツジ

■真っ赤な紅葉と白い花が特徴的なドウダンツツジ


四季折々の魅力があるドウダンツツジは、ガーデニングを好む方から大変人気があると言われている植物です。派手さはありませんが、優しげな雰囲気を感じられる花を付けることが特徴です。性質上とても丈夫で、比較的手入れしやすく初心者の方にもおすすめの植物と言えます。

春には、スズランのような白い花を下向きにつけます。初夏の時期から新芽を出し、秋には葉が真っ赤に紅葉すると言われています。

西日本に自生し、開花期の姿が星空を連想させる落葉樹の一つに数えられています。また、比較的樹形がまとめやすいことから、生垣などで頻繁に植えられることが多いです。

ドウダンツツジの育て方


庭に美しい外観を与えてくれるドウダンツツジは、適切に育てなければなりません。
剪定時期を誤ってしまうと、翌年に花を咲かない可能性もあります。

では、ドウダンツツジを育てる際にどんなことが重要なのか、見ていきましょう。


育て方のコツ


・植える場所
日陰では枝が密生せず、秋の紅葉が色づかない可能性があります。できるだけ日当たりのいい場所で育てるのがいいでしょう。耐寒性が強い植物と言われ、冬期には防寒対策もほとんど必要としません。

夏の高温時だけは注意が必要で、直射日光を極力避け、西日の当たりにくい場所に植えるのがよいと言われています。

・水や肥料
地植えであれば、頻繁に水をやる必要はないでしょう。しかし、乾燥に弱い植物なので、雨が振らない日が続いた場合は、パークチップやワラなどで乾燥を防ぐ必要があります。

鉢植えの場合は、腐葉土など栄養豊富な土を使用し、水やりの際はしっかり乾燥させてから水をあげましょう。根が腐る恐れがあるため、水のあげすぎには注意が必要です。


■ドウダンツツジの増やし方


庭の外観を向上させるために、ドウダンツツジをもっと増やしたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。

その場合は、剪定後の枝を部分的に切り落とし、挿し木として利用すれば、数を増やすことも可能です。

具体的にどういったことに注意するべきなのか、見ていきましょう。

枝を切り取る際は、ハサミを使用せずとも、手でもぎとる方法も有効とされています。時期的には新しい枝が十分に生えた、6月頃がいいでしょう。

冬期に行う場合は、なるべく前の年から伸びた枝を選び、2~3月頃に行うべきです。
ハサミで枝を切り取る際は、切り口の清潔なものを使用し、芯に病原菌が侵入しないように配慮しましょう。

挿し木にする枝は、なるべく太くてしっかりした枝を選び、直射日光の当たらない風通しの良い場所で保管するのが大切です。

約1ヶ月程度で根が生え、その後はしっかり育てるために、鉢植えから地植えに植え替えることをおすすめします。

鉢植えのままでは、ドウダンツツジの成長を妨げ、十分に成長しない可能性があるので注意しましょう。

適切なタイミングや、保管場所に気をつける必要があるため、不安な場合は剪定の知識が豊富なプロに相談するべきです。


■花が咲かないときは


開花期になっても花を咲かせない場合は、様々な原因が考えられます。

以下でドウダンツツジが花を咲かせない理由をまとめましたので、しっかり原因を確認していきましょう。

・剪定時期の誤り
春に花を咲かせた後、ドウダンツツジには新芽が生えてくると言われています。しかし、誤ってつぼみや新芽を落としてしまうと、翌年に花が咲かない恐れがあります。
また、比較的成長が遅い植物であるため、短期間に何度も剪定してしまうと、切り込み過ぎて開花に影響が出ると言われています。

・病害虫に侵されている
比較的丈夫で病害虫がつきにくい植物と言われていますが、何の対策もしなければ葉が侵食されてしまう恐れがあります。

乾燥と高温の環境で発生しやすいと言われるハダニやアブラムシなどは、ドウダンツツジの生育の妨げとなる恐れがあります。
薬剤による処理が難しい害虫と言われていますので、大量発生する前にこすり落としてあげましょう。

・肥料不足や肥料の過多
他の植物と同様に、肥料のあげすぎにも注意が必要です。肥料を過剰にあげすぎると、根の中の水分が奪われてしまう恐れがあります。
逆に、水分がなくなり乾燥してしまうと、十分に成長せず花が咲かなくなる原因にもなり得ます。


■ドウダンツツジの剪定方法


ドウダンツツジの剪定をお考えの方は、正しい剪定方法をしっかり確認するのが大切です。用途や時期によって剪定方法も変化し、それぞれに対応したやり方を熟知する必要があります。

ここでは、ドウダンツツジの剪定方法について解説していきますので、しっかり確認していきましょう。

・自然に育てる場合
ドウダンツツジの自然な形を楽しみたい場合は、花が咲き終わった6月頃に行うのがいいでしょう。

自然な形を楽しむためには、込んだ枝や枯れ枝などを抜く程度に留めることをおすすめします。

頻度は、年に2回ほど剪定するのがいいでしょう。落葉期や初夏に行うのが有効とされ、剪定の際は、つぼみまで切り捨てないことに注意しなければなりません。

・刈り込む場合
樹形を仕立てるほどの剪定は、新芽を落とさないよう注意する必要があります。この場合も、年に2回行うのが理想とされています。

落葉期には強く刈り込み、初夏には軽く揃える程度など、時期に応じて剪定の加減を調節する必要があります。
誤った剪定を行い、成長を低下させてしまう恐れがあるため、強い剪定は技術のあるプロにまかせるべきでしょう。

・剪定の時期
伸びすぎた枝は、定期的に剪定する必要があります。その際、時期をしっかり把握しなければ、ドウダンツツジの成長に影響がある恐れがあります。

基本的には、春すぎの5~6月あたりに行うのが適期でしょう。新芽をつける前に行うことで、翌年の花芽をつけると言われています。

花を咲かせることよりも、樹形を整えることを重視する場合は、多少時期を無視し行うこともできるようです。

まとめ


ドウダンツツジは、春には美しい花を咲かせ、秋には紅葉を楽しむことができます。しかし、目的によって剪定方法もことなり、時期や方法の見極めや技術を必要とするときもあります。

基本的には丈夫な植物ですが、全く対策をしていないと、病害虫が葉を蝕むことも考えられます。

誤った方法により、花をつけないといったトラブル、病害虫の被害を避けるためにも、庭木の取扱いに長けたプロにまかせるのが理想と言えます。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0120-949-075

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-075

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-949-075
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼