剪定110番 トップページ > 自分で剪定を行なうのは危険です

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

自分で剪定を行なうのは危険です

剪定とは余分な木の枝を切り取って、木の見映えを整える作業のことをいいます。剪定を行なうと木の風通しが良くなって、木の健康を促進することにもなります。近年はDIYが流行しているため、自分で剪定を行なってみようと考える人が多くなっているようですが、剪定は自分でするには難しい作業であるといえます。剪定に使われる枝切りばさみや剪定ばさみ、剪定のこぎりは市販されているので、それらを購入すれば誰もが剪定を始められます。しかし、剪定は木の知識が欠かせない作業で、誤った剪定をすると木の元気を無くしてしまうことになりかねません。一口に木と言ってもさまざまな種類のものがあり、木によって剪定に適した季節や剪定を行なう度合いが異なっています。木の形を悪くするいわゆる忌み枝と、通常の枝を間違って切ってしまうと余計に木の形が悪くなります。知識無しに剪定を行なってしまうと、かえって木を傷つけることになってしまいます。また、剪定は木の枝を切る必要があるので、高い位置での作業が欠かせません。はしごや脚立の使い方を誤ると、思わぬ怪我をしてしまうことがあります。このように、剪定は自分で行なうには簡単ではない作業であることがわかります。剪定は業者に任せましょう。

庭木の伐採・剪定でお困りなら、植木屋のプロ剪定110番まで
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問

Warning: Use of undefined constant php - assumed 'php' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/rizzlescon/rizzlescon.net/public_html/wp-content/themes/sentei_2018/footer.php on line 510
test