剪定110番 トップページ > 腐葉土の作り方

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

腐葉土の作り方

枝を剪定してしまいますと、多く出てしまう葉と枝。
どうやって処理をすればよいか困りますね、
ゴミとして処分するには費用がかかってしまいますし、
燃やしてしまうとダイオキシンが発生してしまうと・・・
そんな時に腐葉土作りはいかかでしょうか?
広めの敷地に落ち葉を放置できるスペースがあれば簡単にです。
まず、落ち葉を掃きためてむしろで覆っておけば、水をかけたり雨などで蒸れて発行しますが半年ほどかかります。
葉が茶色を通りこして黒くなるとそれが腐葉土です。
ですが、放置するスペースが難しい場所は、大きなプラスチック鉢を用意して拾い集めた落ち葉を鉢に
詰めれるだけ詰め込み、その上に重石を置いてください。重石がない場合は、レンガやブロックでも大丈夫です。
あとは、先ほど同様に半年間の放置のみです。
置き場所は雨が直接あたらない場所がいいでしょう。
腐葉土にはマルチング材として株元に置いていいですし、市販の腐葉土同様、
土に埋め込んでも大丈夫です。

庭木の伐採・剪定でお困りなら、植木屋のプロ剪定110番まで
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test