剪定110番 トップページ > 剪定ばさみの状態

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

剪定ばさみの状態

日差しが出ている時間帯はまだ暑いとはいえ、夕方になれば涼しい風が吹いてきます。
皆さんの中で、涼しい時間帯で剪定を行おうとする方がいらっしゃるのではないでしょうか?
でも、剪定は樹木の見た目をよく考えて行わなければいけません。
もし何も考えず適当に剪定を行ってしまうと、樹木の見た目が悪くなってしまうことも考えられるからです。
うまく剪定を行う為には、まず剪定ばさみの状態が関係してきます。
剪定を行う際は、まず剪定ばさみがよく切れるかを確認してみてください。
良い剪定ばさみの条件としては、以下のものがあります。

・樹木の表皮を潰すことなく切れる
・握りやすく軽々と持てる
・耐久力が強くサビが発生しない
・刃こぼれが起きにくい

もし、剪定ばさみの状態が悪いと、思うようにうまく切ることが出来ない可能性がありますし、
うまく切れないからといって、何とか切ろうと無理に力を入れてしまうと、却って切り口が悪くなってしまう場合も考えられます。
切り口が悪いと樹木が枯れてしまったり、害虫に侵されることがありますし、花の咲き方が悪くなることもあります。

ですので、もしご自分で剪定を行うのが難しければ、まず当サイトの「剪定110番」までご相談されることをオススメいたします。

庭木の伐採・剪定でお困りなら、植木屋のプロ剪定110番まで
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test