剪定110番 トップページ > 剪定の強弱

最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

剪定の強弱

剪定は枝を切る度合いによって「強い剪定」と「弱い剪定」の2つに分類されます。
「強い剪定」を行った場合、元に戻ろうとする木の力が強く出るため、剪定を行った枝から勢いのある強い枝が多く生えてきます。一方「弱い剪定」の場合、枝の先を整える程度なので、生える枝の勢いや伸びはそこまで強くなりません。

剪定には適した時期がありますが、強い剪定の場合は特に注意が必要です。
落葉樹は冬(休眠期)に行うと樹木への負担が少なく済み、常緑樹のは寒さで傷まないよう春以降に行います。
また、真夏の強い剪定は幹の日焼けに繋がってしまう場合があるので、避けたほうがよいでしょう。

庭木の伐採・剪定でお困りなら、植木屋のプロ剪定110番まで
通話
無料
0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
0120-949-075 0120-667-213
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問
test