最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

シマトネリコを綺麗に剪定するポイント

"観賞用の木を植えている家庭が多いと思いますが、その中でもシマトネリコはよく見かけます。庭木としても鉢植えでも育てることのできるシマトネリコはとても丈夫で育てやすく、観葉植物として人々に親しまれています。
しかし、シマトネリコはあまりに大きくなりすぎるために注意しなければいけない点も多いようです。こまめな剪定を心がけましょう。
綺麗に剪定されたシマトネリコはとても綺麗で涼やかな美しい見た目になります。このページではシマトネリコの剪定方法などを中心にご紹介します。これからシマトネリコを植えようと考えている方はぜひ参考にしてください。
きれいに剪定する方法は?




観葉植物として人気のシマトネリコ

沖縄、東南アジアなどを原産国とするシマトネリコは、大きいもので15メートルを越えるものもあると言われています。 観葉植物としてはもちろん、一部の地域では庭木や街路樹としても植えられることもあり、各地で見かけることも多いのではないでしょうか。
お店や住宅に観賞用として飾るだけでも、涼しげな印象を与えることが期待でき、人気の観葉植物といえます。
初夏には白い花を咲かせ、美しさも兼ね備えている植物といえるでしょう。
原産国の気温が比較的暖かいので、厚さには強く丈夫な樹木と言われていますが、反面寒さには弱いとの情報もありますので、寒冷地での育成は好ましくないかもしれません。
一本の幹で生えている単幹仕立てのタイプと、複数の細い幹が並び一つの形に成り立つ株立ち仕立てのタイプがあり、場所や目的によって選ばれています。
比較的手入れが簡単と言われていますが、土や水、日当たりなどの影響も十分受ける可能性があるので、鉢植えであっても、庭木であってもしっかり手入れが必要です。


シマトネリコ剪定の大切さ

シマトネリコは、成長スピードが早く放置していると葉が茂りやすく、樹高もすぐに高くなってしまうので、定期的に剪定する必要があります。
シンボルツリーとして大きなシマトネリコを植えることは、有効かもしれませんが、近隣住民への迷惑を考えると、トラブルを避けるためにも剪定をすることをおすすめします。
余分な葉を間引くことで害虫予防にもなりますし、風通しを良くして環境改善、見た目の美しさのためにも、剪定が必要なのです。
注意しなければならないのは、シマトネリコの剪定のタイミングです。
基本的に一年中剪定は可能ですが、最適な時期を把握することによって、より美観が得られる可能性があり、腐敗などのトラブルも避けられるかもしれませんので、しっかり確認していきましょう。

シマトネリコが初夏に咲かせる花が見たいという方は、6~7月辺りは避けるのがいいかもしれません。
多くなりすぎた葉や、見た目を整えるだけでも、11月~1月頃の冬期は、剪定後の切り口から新芽が生えてこない可能性があるので、避けたほうが良いでしょう。
樹形を整える大掛かりな剪定は、切り方や形を整える方法など、ある程度技術が必要とされているので、なるべく知識を持った剪定のプロに任せることをおすすめします。


剪定のポイント

剪定のポイント
ここではシマトネリコを剪定するためのポイントをまとめてみましたので、確認していきましょう。 軽く枝を切り落とすだけでも、きれいな切り口を意識しなければ、うまくいかない可能性もありますので、注意しましょう。

1.ハサミは適切なものを使用する

他の植物にも言えることですが、剪定に使用するハサミは適切な物を選択するべきです。
手間を省くためにノコギリや汚れたハサミを使用することで、シマトネリコの成長を妨げる原因となる恐れがあり、病原菌の侵入を促すことにもつながってしまうかもしれません。
樹木も切り口は特にデリケートだといわれているので、リスクを回避するためにも、剪定に使用する機材は常に清潔で適切なものを選ぶことが大切です。

2.一度に大量に切らない

葉が大量に生えすぎてしまったからといって、一度に大量の葉を切り落とすことはおすすめできません。
樹形が崩れやすいとされ、切り口が複数あることで剪定箇所がシマトネリコの腐敗原因になる可能性もあります。
理想としては、定期的に余分だなと思った箇所だけ切り落としていくことでしょう。

3.剪定後の病気を癒合剤で防ぐ

うまく剪定できたとしても、剪定後のケアを怠っていたら、腐敗や病原菌、最悪の場合シマトネリコを枯らしてしまうことがあるので注意しましょう。
剪定後の切り口に市販でも売っている癒合剤を使用することで、枯れることを予防でき、病原菌の侵入も防ぐことができるでしょう。


株立ちを整えるのも重要

余分な葉を間引いたり、樹形を定期的に整えるだけではなく、株立ちを整えることも意識しなければなりません。 根本から複数の幹が生えている状態にある株立ちですが、あまりにも幹の数が多いと、外観に重たい印象を与えてしまうかもしれません。
外観に好印象を与えるために必要な株立ちは、どのように整えたらよいのか、気になる方のためにご紹介します。

■中心の大きな幹に注目してみる

シマトネリコを真上から見たときに、中心に一本大きな幹があります。綺麗に形を整えるコツとしては、中心の幹を囲うようにイメージするのがよいでしょう。
とはいえ剪定するのが難しいかもしれませんので、剪定のプロに任せるのが最も確実な方法と言えます。

■おかしい方向に向かって生えている幹を剪定する

完璧に形を整えることが難しい場合は、明らかにおかしな方向に向かって生えている幹だけを剪定するのも有効です。おかしな方向に向かって生えている幹は、他の幹の方向も狂わせてしまう可能性があるので、放置はおすすめできません。
庭木やお店においては、近隣住民やお客様をケガさせてしまう恐れがあるので、お困りの際はすぐにシマトネリコの知識に長けたプロに相談しましょう。お客様のお悩みに回答してくれます。


まとめ

観賞用やシンボルツリーとして、多くの場所で植えられているシマトネリコは、成長スピードが早く葉が生い茂り過ぎたり、大きく成長しすぎる可能性があります。
そのため定期的な剪定が必要ですが、適切な道具、切り方などを熟知していなければシマトネリコを枯らしてしまったり、病原菌に感染させてしまう恐れがあるので、むやみにできないかもしれません。
適切な剪定をするためにも、不安な作業は自分だけでやろうとせず、剪定技術を持ったプロに任せるのが有効です。その他ご質問などがありましたら、まずは当サイトまでお問い合わせください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0120-949-075

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-075

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-949-075
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼