コニファーの剪定は楽しむことも大切!剪定時期と方法

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

コニファーを楽しもう!コニファーの剪定時期と剪定方法

洋風な建物に似合う植物として人気のあるコニファー。日本では主にゴールドクレストのことを指します。黄金色の枝葉をしているのが特徴で、今では洋風庭園をつくる代表格です。冬にはクリスマスツリーの代用品として用いられることも多いです。

 

枯れることはないためいつまでも楽しむことができるコニファーですが、美しい見た目を維持するためには、不要な枝や葉っぱを切り落とすことが必要になります。

 

コニファーを放置しておくと、品種によっては横に広がりすぎる、縦に長くなりすぎる、葉が茶色くなるといったことが起き、大きくなると強い風や台風で倒れてしまう、またはコニファーの根が張って水道管が壊れてしまったというケースもあるそうです。コニファーは針葉樹の一種です。放っておくとどんどん大きく生長しまうため、剪定しながら育てるのが良いでしょう。

 

コニファーの剪定時期と剪定方法

コニファーを楽しもう!コニファーの剪定時期と剪定方法

 

コニファーの剪定時期として、梅雨の前と夏季の後が適しています。剪定の時期によっても剪定の方法が若干異なるため、時期に合わせた剪定方法を紹介します。

 

・3~5月
刈り込んでも生長に支障が少ない時期であるため、短く刈り込んで大胆に量を減らす「強剪定」をおこないます。強剪定は「休眠期に枝を深く切ることで、生長期に戻ろうとする」という木の力を引き出す剪定方法です。枝元から剪定をおこなうことで、木全体を若返らせます。休眠期におこなうのは、枝の切り口が乾燥しやすく、切り口から病原菌が入り込む危険性が少なくなるためです。

 

2年以上の枝で、枝元が混み合っているものを選び、セラミック製のハサミで切り取ります。全体の枝すかしを終えたあとは、手で葉を摘み取り、樹形を整えます。この時期にしっかり剪定しておけば秋の剪定は樹形を整える程度で問題ありません。

 

・9~10月初旬
コニファーは暑さに弱いため、7月下旬~8月の真夏に剪定をおこなうことは避けます。先端がピンと伸びた葉を手で摘み取って形を整えていきます。無理にちぎり取らずとも、軽く摘み取ることができます。力を入れないと摘み取れないときは摘み取る箇所を変えるか、時期が早いことが考えられます。摘み取れない場合は時期を遅らせて摘み取るようにします。長く伸びた枝があれば、ハサミで切り取ります。

 

▶剪定のポイント
コニファーの剪定は手でおこない、ハサミを使う場合はできるだけセラミック製のハサミを用いるようにします。コニファーの多くは金属を嫌う傾向にあり、金属製のハサミで枝を切り取ると枝が茶色く変色してしまうためです。大きく生長したコニファーを剪定したい場合は、大まかな剪定をハサミでおこない、最後の刈り込みは手で一枝ずつ摘み取っていくのがよいです。

 

周りの葉を残しながら、残った葉で切り口を隠すように切っていきます。このとき、樹形を整えるだけではなく、樹形の内部の枯れ葉もきれいに取るようにします。イメージ的には葉っぱを摘み取る、枝を抜くという形でおこなっていきます。円錐形を崩さないように、葉先を1センチほど摘み取ります。木全体のバランスとボリュームを見ながらすべての葉先を丁寧に摘むようにします。

 

▶剪定の注意
ただし、大きく育ったものをひとつひとつお手入れしていくのは膨大な作業量と時間がかかります。そのため、時間が無い方は業者に頼むのも一つの手です。業者の場合、作業効率を重視して刈り込みバサミや電動バリカンなどを使用することも多いですが、目的によって剪定方法を変えることが容易にできてしまいます。「生長を止めたい」「切り戻したい」と目的によって異なる剪定でも、失敗したらどうしようという不安はありません。

 

切る場所を間違えるとどんどん大きくなってしまったり、逆に二度と新芽が出なくなってしまったりするコニファー。「こんなふうにするつもりなかったのに」と後悔する前に、素直に業者に頼んでおくのが良いのかもしれません。

 

コニファーのデザイン性の高さと楽しみ方

さて、お庭や景観を彩るグリーンとして最も流通しているコニファー。針葉樹としての形が利用され、今ではクリスマスのモミの木の代用品としても人気が広がり定番になりました。コニファーのデザイン性の高さが、昨今ガーデニング業界では注目を浴びています。

 

コニファーの樹形は円錐形が一般的ですが、そのほかにもロケット形、円筒形、円柱形、球形、半球形、枝垂れ系、匍匐(ほふく)系、盃状(はいじょう)系など品種によってもさまざまあります。これらの樹形を組み合わせることにより、変化に富んだ庭をプロデュースすることが可能になります。

 

お庭のエクステリアに一本、コニファーが立っているだけでも映えますよね。イベントの時などに利用してねじれた樹形をつくったり、クリスマスの時などにはツリーの代用、お正月には門松の代用として飾りつけしたりするのも良いでしょう。ただし、コニファーの剪定時期としては主に寒い時期の作業になります。またほとんどが手作業になるため、根気と時間が必要になってきます。作業に手間がかかるといった時はやはり業者に頼むのが一番です。

 

コニファーをもっと楽しみたい!そんなときは業者の手を借りましょう

品種ごとに、剪定の方法、頻度、設置環境などが変わってきます。そのため、適切でない管理方法を選択してしまうと思わぬ悲劇を招いてしまうこともあります。見た目にこだわるならば、剪定はきちんとしなければなりません。逆に言えば、手間をかけた分だけきれいに育ってくれる木、とも言うことができます。

 

単に木としての役目だけでなく、飾り付け次第でシーズンごとに違った顔を見せてくれるのもまたコニファーの良いところです。その個性を存分に活かすためには、適切な剪定とお手入れが必要不可欠です。時期に合わせてコニファーを楽しみたいなら、業者に頼んでみてはいかがでしょうか。

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

コニファーを剪定してもらうときの料金

では、コニファーの剪定を業者に頼んだ場合、どれくらい費用がかかるのでしょうか。そして、何によって料金が決められるのか、見ていきましょう。

 

コニファー剪定の費用・計算方法を確認しましょう

コニファーを剪定してもらうときの料金

 

剪定費用の考え方は2通りあります。
1つ目は、職人さん1人1日あたりの工賃、または1時間あたりの工賃といった、日当制・時給制の考え方です。
2つ目は、庭木1本あたり、生垣1mあたりいくら、といった、単価制の考え方です。

 

・日当(時給)制
日当制の場合、地域にもよりますが、職人1人1日当たりの相場が決められています。地方から都会にいくにつれ、料金設定が高くなっていく傾向にあります。

 

・木の本数や高さに応じた料金設定
庭木1本あたりいくら、という考え方の単価制ですが、庭木の本数や高さによって単価が変わります。
生垣の場合は高さと幅によって、植込みの場合は面積によって決める業者が多いようです。

 

あらかじめ剪定する量で料金が設定されているため、作業時間によって料金は変わることはありません。

 

コニファーを植木として植えている場合はスタンダードな料金になることが多いと思いますが、3mを超えている場合は、超過料金が発生する場合もあります。見積もりは無料でおこなってくれる業者がほとんどであるため、詳細な料金が気になる方は、お気軽に頼んでみてください。

 

放置をしないことが剪定料金をおさえることに繋がります

また、ケースによって剪定料金が高くなってしまうこともあります。


・樹高が育ちすぎてしまった
コニファーの特徴として、高くなりすぎてしまう点があげられます。もともと針葉樹で、放っておくと4m~5mの大木にまで生長します。5m以上もの高さになってしまえば自身での剪定が厳しくなるのはもちろん、剪定業者もバケットがついた車を持ち出しかねません。そうなると剪定料金も大きく跳ね上がってしまいます。

 

・内部の枯れた葉が害虫問題を引き起こした
コニファーはその構造上、内部に枯れ葉が溜まりやすいといった特徴があります。したがって虫が住みつきやすくなっており、中にはスズメバチが巣を作っていた、というケースもしばしばあります。放置されすぎて内部に害虫が発生していたとき、その害虫駆除も業者が請け負うことになるため、料金が高くなってしまいます。

 

樹高が高すぎたり害虫駆除の作業が必要になったりするとその分料金が上がる傾向にあるため、こうなってしまう前に適切な処置が必要です。また枝葉の量によってもゴミ処分の追加料金を求められることもあるため、できるだけ早い段階で依頼しておくことをオススメします。

 

コニファーの剪定でお悩みのときにはいつでもご相談ください

さて、いかがだったでしょうか。華やかなエクステリアに欠かせないコニファー。シーズンを彩る代表的な植物ですが、その美しさを保つには適切な処理が必要なことが分かっていただけたと思います。ただ放っておくだけではもったいないばかりか、思わぬ被害が及ぼされることもあります。

 

庭木は植えて終わりではありません。やっぱり不安だ、という方は、こちらで無料の調査と見積もりを行っています。年中無休なのでイベントシーズンでもお役に立てると思います。コニファーの剪定にお悩みのときは、ぜひご相談してみてください。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0120-949-075

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-075

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-949-075
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
test