剪定110番 トップページ > 当サイト相談スタッフから

当サイト相談スタッフから

 私共のところには「自宅の庭の雑草を抜きたいのですが、時間や人手がなくてできないのでプロの方に作業を依頼したい」「自宅に植えてあるアジサイが大きくなりすぎてしまったので、きれいに整えてほしい」「自宅の庭で育てているヤマボウシの枝が伸びすぎているので、ヤマボウシの剪定をお願いしたい」などの相談をお客様から多く頂いています。上記のように、私共は伸びすぎてしまった庭木の剪定、お庭の手...

 サルスベリの剪定は、年に二度程度行います。一度目は、花が終わった10月下旬ごろとなります。この際、花殻を放置してしまい、実を付けてしまうと、木が弱って翌年の開花に影響が出る可能性が高いです。花が終わった後の10月下旬に剪定することによって、一緒に花殻を取り除いてしまいます。二度目は11月から3月頃にかけての落葉後です。花が終わった後の剪定では整えきれなかった枝をきちんと整える...

 庭木や造園さらに園芸でも密かな人気のあるシマトネリコですが、夏場は涼しさを演出してくれるので大変人気があるものです。シマトネリコの剪定の時期は、秋頃になります。また、シマトネリコとセットで植えられている樹木にサルスベリもありますが、シマトネリコがすっきりした印象を与えるのに対し、サルスベリは華やかな印象を与えてくれます。そんなシマトネリコの剪定とサルスベリの剪定を考えるなら、...

 私共のところには「一人暮らしの部屋に置いている観葉植物をきれいに剪定してほしいのですが、料金はどのくらいですか」「一人暮らしをしている母が庭の手入れが大変で困っているようなので、専門の業者の方に剪定をお願いしたい」「庭にあるカエデの木が大きくなり過ぎて道路にはみ出すようになり、近所の人の迷惑にもなりますので剪定して頂きたい」「公園のモミジが咲き乱れているので、モミジの剪定を頼...

 春には桜のお花見、秋には紅葉が私たちの目を楽しませてくれます。紅葉(こうよう)の代表格といえば、やはりモミジとカエデですが、実は学術的にはどちらもカエデ科のカエデ属に分類されており、モミジ科という分類はありません。そして、園芸や盆栽の世界では、葉の切れ込みの数が5つ以上のイロハモミジやヤマモミジ、オオモミジをモミジと呼び、それ以外の切れ込みが3つのトウカエデなどをカエデと呼び...

 私共のところには「庭にあるツツジのお手入れ方法が分からないので、代わりにきれいに整えてほしい」「隣との生垣として植えられているツゲが荒れた状態になってしまったので、つげの剪定をお願いしたい」「観葉植物として育てているパキラの剪定方法が分からないので、業者の方にきれいに剪定してほしい」「庭全体が荒れ果てた状態なので、まずは見積もりに来てほしい」などのお客様からの相談を多く頂いて...

 一軒家に住むなら庭は花でいっぱいにしたい。そんな風にお思いの方も多いと思いますが、そうした庭に植えたい花の中でも高い人気を集めているもののひとつといえばやはりバラではないでしょうか。バラの咲き乱れる庭なんて素敵ですよね。ただバラを実際に栽培するとなると大変なのがお手入れです。バラ栽培に重要なお手入れは沢山ありますが、そのひとつが剪定です。薔薇の剪定は良い花を咲かせるために重要...

 日本の春のイメージと言うとやはり桜ではないでしょうか。春の桜の名所はお花見をしに沢山の方が訪れますが、中にはご自宅のお庭に桜の木があるという方もいらっしゃるでしょう。そのような方はご自宅に居ながら桜を愛でる事ができますが、そのためには普段からしっかりとお手入れをする必要があります。桜と言うとソメイヨシノが代表的な品種ですが、それ以外にもたくさんの種類があり、鉢植えで育てること...

 蝋梅は1〜2月に花をつける樹木で、鑑賞に適している美しい植物です。名前の通り蝋の細工品のような黄色い花を咲かせ、梅・水仙・椿と共に雪中の四花と呼ばれています。園芸を嗜まれる方にも人気がありますし、生花・茶花などとしてもよく使われます。園芸品種として出回っているのはソシンロウバイという全ての花弁が黄色の品種です。耐寒性があり、初心者でも育てやすい植物なので、庭木として植えられて...

 私共のところには「自宅の庭を祖父から譲り受けたのですが、わたしには植物についての知識に自信がないので、プロに任せた場合の費用がどれほどかかるのか教えてほしい」「最近、自宅の庭が荒れ放題になっており手入れができない状態なので、出来るだけ安い予算で庭を整えてほしい」「庭に果樹を植えたいので、その手伝いをしてほしい」「自宅で育てているしだれ梅の剪定を自分でやる自信がないので、プロの...

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

test