剪定110番 トップページ > 当サイト相談スタッフから

当サイト相談スタッフから

 「ミニバラの剪定はいつしたらいいの」「剪定はどの枝を切ればいいの」「去年、剪定したら花が咲かなくなった」「せっかく成長した枝を切るのがもったい」「どの枝を切ったらいいのかわからない」など、ミニバラの剪定に関するお問い合わせを多くいただいております。剪定は、今後もりっぱな株に育って良い花を咲かせるためにとても重要なものです。枯れた枝や傷んだ枝を取り除くことにより、枝葉に太陽の光...

 お家でガーデニングや庭木としてもよく見かけるモッコウバラですが、季節ごとのお手入れに関してお悩みはありませんか?バラの中でも一段と華やかで美しい印象を持つモッコウバラですが、その育て方については少し配慮しなければなりません。日当たりや土の状態、水やり、さらには害虫の駆除もしっかりと行う必要があります。そして、季節ごとにはモッコウバラの剪定をしておくべきです。モッコウバラの剪定...

 私共のところには「自宅を祖父から受け継いだのですが、庭にある植物の正しいお手入れ方法がわからないので代わりに手入れをしてほしい」「自宅で大切に育てているつるバラのお手入れ方法がよく分からないので、代わりにつるバラの剪定や誘引作業を行ってほしい」「自宅の庭で育てているしだれ梅が伸び放題になって見た目によくないので、きれいにお手入れをしてほしい」などの相談をお客様から多く頂いてい...

 私共のところには「ベランダの鉢で育てているラベンダーを庭に移しかえたいので、手伝ってほしい」「自宅の庭に生えている梅の木が道路にはみ出そうなくらいに伸びているので、お手入れをお願いしたい」「自分で育てているブーゲンビリアの剪定を上手く行う自信がないので、代わりにお願いしたい」などの相談をお客様から多く頂いています。上記のように、いろいろな庭木や観葉植物の手入れに関して相談を頂...

 庭木でお手入れがさほど必要が無いツツジはとても重宝ですが、花芽の付き方について詳しくないと、翌年の開花に影響が出る剪定を行う事が多く、この場合は専門家に任せれば安心です。開花後にどのような手入れをするかなど、一定の時期に実施するべき作業は、熟練の経験が必要になります。このような時、私どものツツジの剪定の専門知識がお役に立ちますので、ぜひご相談ください。お客様のご要望をお聞きし...

 私共の所へは、ポインセチアの剪定についてのお問い合わせも頂いております。ポインセチアという花はクリスマス時期の花の定番品種となっていますが、原産地はメキシコ西部です。ポインセチアには赤い部分(苞と呼ばれる花を包んでいる部分)があり、ここの部分を切ると白い樹液が出てきます。この白い樹液をメキシコの人たちは解熱剤として利用していたそうです。ポインセチアの剪定のポイントは、弱い枝を...

 ソヨゴは風に吹かれて葉がそよぐ姿や音が名前の由来になったとも言われています。近年お庭のシンボルツリーとしても大変人気のある常緑木の一つで、ソヨゴの剪定についてのご相談やお問い合わせを多くいただいております。ソヨゴの木はある程度は自然に任せても成長します。成長自体はとてもゆっくりですが、大きいものでは5メートルを超える高さにまで育ちます。また根が浅めということもあり、あまり大き...

 ハナミズキの樹高は放っておくと10〜15mほどにもなります。歳とともに枝葉を横に広げる傾向があるので、お庭作りの際に他の樹木と仲良く共存させたいのであれば、広いスペースが確保出来る場所に植えるか、剪定することが必要になってきます。ハナミズキは放っておいても自然にまとまった姿をとってくれるので、基本的には剪定の必要がなく、育て方も簡単です。しかし、庭木用に使う目的であれば、広い...

 洋風の雰囲気が楽しめるコニファーは、緑色が鮮やかで1年を通して楽しむことができますから、芝生などと合わせて最近人気を集めています。コニファーは、常緑の針葉樹を指しており、タイプはさまざまです。形でいうと、丸いものや卵型のもの、縦長のものやグランドカバーに使用するものもあります。また、葉の色も黄色っぽいものから、緑色や青色っぽいものもあります。コニファーの剪定では、それぞれの樹...

 「剪定方法がわからない」「育て方のコツが知りたい」「剪定の時期が知りたい」など、このようなクレマチスの剪定のお問い合わせ増えています。クレマチスの剪定は花の咲き方で3つのタイプがあり、剪定方法に違いがあります。クレマチスの剪定は花後と冬の2種類があります。できれば、購入するときに品種名が記載された開花株を買うことをおすすめします。品種がわかれば、花の系統がわかるため剪定が楽に...

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

test