剪定110番 トップページ > 当サイト相談スタッフから

当サイト相談スタッフから

 黒松は盆栽としても人気のある品種です。一般に松の樹の手入れは難しいと言われていますが、それはおそらく松の樹は一本一本個性があり、その樹木ごとにお手入れの仕方を考えてあげないと上手くいかないからです。黒松の剪定についてお悩みがあれば、私共の所へご連絡頂ければ最適な業者を紹介させて頂きます。黒松の剪定のポイントは、春に新芽の摘み取り作業を行う所から始まります。そして、秋〜冬の時期...

 ソテツの剪定に関する質問も多くいただいております。ソテツは庭木の中でもそれほど手間がかからず簡単に育てられる植物ですが、剪定して古い葉を落としたり形を整えたりするお手入れは必要です。ソテツの剪定をしないで放置していると、見た目が悪いだけでなく古い葉が幹を隠してしまい、湿気が外に逃げられず害虫が発生したり根腐れを起こすこともあります。剪定をして古い葉を落とすことで初夏に新芽が伸...

 庭木として人気のあるサツキやツツジ。しかし放っておいて枝が伸び放題になってしまうと、その美しさも台無しです。伸び放題の枝は美観を損ねるだけでなく、通行の妨げや近所迷惑にもなりかねません。きれいな状態を保つためには定期的な剪定が必要です。サツキやツツジは一般的に4〜5月頃に花をつけますが、花が終わったあと、6月中旬〜7月頃にはもう翌年の花芽が作られ始めます。ツツジやサツキの剪定...

 料理に入れるハーブとして育てたり、境界垣として植えたりするのに利用されるローズマリーですが、収穫や手入れのためにローズマリーの剪定を行なったところ「低木のはずなのに大きくなりすぎてしまった」という話を耳にします。なかなか丈夫な植物なので、切っても切っても枝分かれしてどんどんボリュームが出てしまい「もう手におえない!」という方へ、我々があなたの疑問質問にお答えします。自力でロー...

 モッコクの剪定についてのご質問も多くいただいております。モッコクは庭木の中でもお手入れが非常に難しい部類に入ります。成長の遅い樹木なので、間違った剪定をするとなかなか修正がきかず、不格好に育ってしまいます。しかし剪定をしないでいると枝が四方八方に伸びて手がつけられなくなり、カイガラムシなど害虫の住み家になってしまったり、カビが発生する恐れもあります。モッコクの剪定は経験を積ん...

 春先に可愛らしい黄色の花を咲かせるミモザは手軽に育てられるので人気の庭木です。しかし、手入れをしないと荒れてしまうのでミモザの剪定に関するご質問が大変多く寄せられています。ミモザの剪定をしないで放置していると根が庭じゅうに伸びてしまい、他の庭木に影響を与えたり、ミモザの近くにある花壇の花が日光をじゅうぶんに得られず育たなくなってしまいます。アカシアも同様で、美しい樹勢を保ち、...

 私共のところには「自宅の敷地内の松の木が大きくなりすぎてしまったので、専門の業者にお手入れを依頼したい」「自宅で育てている梅の木の枝が伸びすぎて台風で倒れてしまいそうなので、危険でないようにきれいに整えてほしい」「桜の木が道路にかかって交通の妨げになっているので、何とかしてほしい」「自宅で園芸として育てているサルスベリを丈夫に育てたいので、百日紅の剪定をお願いしたい」などの相...

 シチューなどの風味付けに用いられるローリエとして知られる月桂樹。常緑樹で育てやすく、立ち姿が美しいこの木をお庭に植えているお家は多いのではないでしょうか。最近ではガーデニングの寄せ植えの材料として、またはハーブ苗として小さな苗も見られるようになりました。近頃この月桂樹の剪定のお問い合わせが増えています。買ったときは小さかったのに思いがけず大きく育ってしまったということもありま...

 鮮やかな緑の芽吹きに始まり、小さな壺型の花が鈴なりに咲く花期、秋には燃えるような紅葉、冬の落葉と一年を通して目を楽しませてくれるドウダンツツジ。丈夫で育て方も比較的楽なドウダンツツジは、庭木や生け垣にも人気があります。ドウダンツツジの剪定に適した時期としては強剪定が11月~12月、弱剪定が5月~6月とされています。剪定の時期や加減を誤ると、紅葉を楽しめなかったり、春の花つきが...

 ガジュマルの剪定に関してましても、私共にお任せください。ガジュマルはクワ科の樹木で、熱帯地方で盛んに生育しています。見た目は気根(地中から空気中に出る植物の根っこ)が幹の途中から生えているという姿をしています。 日本では街路樹や垣根として植えられていることが多いです。街路樹や垣根として使われる植物は、害虫が少ないことや排気ガスに強いこと、など周りの環境に生育を簡単には左右さ...

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

test