剪定110番 トップページ > 当サイト相談スタッフから

当サイト相談スタッフから

 紅葉の剪定は時期を選ぶことがとても重要です。紅葉はカエデ種の樹木の総称で、葉が赤くなるもの全般を言いますが、ここではカエデについて説明します。紅葉の剪定時期は初夏と落葉時期の二回で、それぞれ違った目的があります。カエデの枝葉がうっそうと茂ってくる6月から7月にかけて一度目の剪定を行います。このときは、重なっている枝を落として風通しを良くし、中まで日が当たるようにすることが目的...

 つつじの剪定は、花が咲き終わった後の5〜6月頃が最も適した時季です。6月半ばから7月にかけてツツジは花芽がついてしまうため、この花芽がつくまでに剪定を済ませなければなりません。花が咲き終わった後に刈り込みを行うことにより、樹形を良くする事ができ、その結果庭を美しく見せる事ができます。つつじの剪定に関して、お悩み・お困りのことがありましたら、ぜひ当社窓口までご相談ください。24...

 バラの剪定に関するご質問も増えています。バラは品種によって冬と夏、秋の合計3回剪定時期があります。枝を切ることで新芽が伸びて成長する植物なので、剪定の仕方によって枝の成長や花の付け方をコントロールしながら栽培を行います。伸ばした枝も3年程度の年月が経つと花を付けにくくなるので、古い枝を切って常に新しい枝を育てることで毎年美しい花を楽しむことができます。バラの剪定や栽培は専門知...

 花芽を大切にしたいツバキのような樹木は、庭の印象をも左右するため、剪定においては専門家の豊富な経験がお役に立ちます。椿の剪定にあたっては、実際にどのような状態であるか、実地でお客様の御要望通りに作業が出来る的確な判断力と技術力を持った専門家が対応させて頂きます。私どもにご相談頂ければ、椿の剪定の専門家が、最良のアドバイスをさせて頂きます。ご相談と料金の見積もりまでは無料※1の...

 庭に植えたい果物の木といっても人それぞれ好みがあると思いますが、たとえばりんごを庭で自家栽培したいと考える方は多いのではないでしょうjか。りんごを育てるとなると、その重要なお手入れの一つとして剪定作業があります。美味しいリンゴを収穫するにはりんごの木を剪定して、枝や葉全体に日光が当たり、また風もしっかりと通るようにすることが大事なのです。また剪定をしなければ木はどんどん大きく...

 リンゴの剪定についてのお問い合わせも多くいただいております。りんごは果樹の中でも庭木として人気があり、春には可愛らしいピンクと白の花、夏の終わりには赤や緑の果実がお庭に彩りを添えてくれます。しかし、美しい樹勢を保ち、実りのよい木にするためにはリンゴの剪定が不可欠です。品種や樹齢によって剪定の時期や方法が異なるので、むやみに剪定をすると大切な木が育たなくなってしまったり、切り口...

 「庭の木の枝が伸びすぎてしまい自分では剪定することが難しい」「足腰が弱ってきたので、高いところに登ることが危なくなったのでお願いしたい」「木が大きくなりすぎてしまい道路にはみ出てしまったので切ってほしい」など様々な剪定の依頼をいただいております。当社は、日本全国どこでも対応しておりますので、ご安心ください。また、ゆずの剪定に関するご相談も大歓迎です。ゆずは、食卓のアクセントや...

 みかんの剪定についてのお問い合わせも多くいただいております。みかんは育て方がそれほど難しくなく、実が生りやすいので庭木として大変人気がある果樹です。しかし、みかんの剪定をせずに放置したままにしておくと枝が四方八方に伸びてしまい、一つ一つの実が小さくなってしまったり、害虫や病気の原因になることもあります。そのため、みかんの木の形を美しく保ち安定した収穫を得るためには定期的な剪定...

 庭木の剪定のご相談につきましては、「ヤマモモの剪定をして欲しい」というお問い合わせも歓迎しております。ヤマモモが育つのは関東よりも西日本が気候条件が良いです。中国南部〜インドに自生している植物なので、暑さや乾燥に強いこと、病害虫が比較的つきにくいこと、などから庭木としても人気の高い植物です。環境が良ければ特別肥料を与えなくても20〜30mほどの高さまで成長することもあります。...

 オリーブというとオイルとして食品や美容など様々な場面で使われている植物ですが、その木は観賞用としても好まれています。オリーブの育て方のポイントとして重要なのは、品種の異なる木を2本以上一緒に受けるという点ですね。これはオリーブが自らの花粉では受粉し辛いという特徴を持っているためです。  また樹木の栽培において重要なお手入れの一つであることも多いのが剪定ですが、オリーブの場合...

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

test