剪定の注意点

剪定作業を行う際、思った通りにうまく行えなかったり、予期せぬトラブルに見舞われてしまったりしてしまうような経験はありませんか?ついつい切りすぎてしまうのもよくある内容と言えるでしょう。剪定はとても奥深い作業となりますので、実に多くの方がこの様な問題に悩まされているのです。そんな時は剪定を行う前に、作業方法や注意点などをしっかりと把握し、安全対策にも気を使った環境の元で剪定を行う事が出来れば、この様な問題に悩まされる必要はなくなります。ここでは剪定で気をつけなければいけないポイントや、日々の作業を効率化させるお役立ち情報などをご紹介させて頂きます。業者の方が行っている意外な改善方法などを知る事でも、快適な環境作りを手に入れる近道となるでしょう。

安全確保は作業効率にも影響があります!

剪定を行う前にまず確認しなければならないのは、あらゆるケガや事故から身を守る事です。ホースやコードなどはしっかりと八の字巻きをしたりする事で足に引っ掛けてしまうような事故を防げるようになります。また、高所作業は強風が吹いている場合は危険性が非常に高くなってしまいますので、焦らず後日に改める必要があります。無理な態勢で作業を続けてしまえば手首を痛めてしまいますので、小さな状況判断でも誤ってしまえば、後になって大きな後悔を経験してしまう可能性があります。

被害事例 注意点と対策
転落事故

足場の確保

しっかりと足場を固定出来るように念入りに確認を行い、転落する事がないように万全な環境作りを行う必要があります。

高木の注意点

・ポプラ  ・カイドウ
・杉の木  ・ワシントンヤシ

これらの樹木は大きく育つ特徴を持っておりますので、転落事故にはより注意しなければいけません。また、植栽のカンバ類につきましてもこれらと同様の事が言えます。
対策として有効なのは安全帯の使い方などをしっかり把握し、着用する事です。樹木と作業者の距離を一定に保ってくれるので、優秀な剪定道具の1 つとされています。

腱鞘炎

腱鞘炎の原因は?

腱鞘炎は長時間関節に負担をかける事によって、腫れや痛みを引き起こしてしまう症状です。剪定作業を行う際は十分に気をつけなければならないケガに該当します。

重要なポイント!

適度に休憩を取り、関節を休ませる必要があります。また、道具を変えたり位置調節を再確認する事でも負担を和らげてくれる効果があります。万が一腱鞘炎の症状が見られた場合は、無理せずに作業を中断し、病院で診察して貰う事をオススメ致します。
患部の状況によって冷やすか温めるか対策方法が変わりますので、間違った治療法を行ってしまうとかえって症状を悪化させてしまう恐れがあります。

有毒・
アレルギー

有毒植物

園芸用の植物や高木などでも、実は強い毒性を持っている種類が幾つかあり、これらを知らずに剪定してしまうと中毒症状を引き起こしてしまう可能性があります。

毒性を持つ植物

・ヌルデ  ・キョウチクトウ 
・アセビ  ・パールアカシア

代表的な例として、これらの種類は毒を持っているため個人で剪定を行うのは非常に危険を伴う作業になります。吐き気を催してしまったり、アレルギー症状や喘息を発症させてしまう事も考えられますので、知識と技術力の高い業者の方などにお任せするのが無難と言えるでしょう。

上手な剪定を行う秘訣!

剪定は事前準備や作業中の注意点だけではなく、切り落とした後の「切り口」についても丁寧に処理を行わなければなりません。事後処理を行っているかどうかだけでも効果の違いは目に見える程変化するのです。切り口には保護剤を塗る事で、長期間安心する事の出来る樹木の管理が行えるようになります。最後の最後で失敗してしまわないためにも、切り口の処理について重要なポイントをご紹介させて頂きます。

切り口の処置が必要な理由

処理を行うことで得られる効果
処理を行うことで得られる効果のイメージ

・樹形の美しさを保ち、長期間保護してくれます。
・腐敗、 老朽から樹木を守る効果があります。
・害虫や微生物に狙われにくい環境作りが行えます

目的に合わせた癒合剤

癒合剤は切り口に塗る事で雨水や風から保護してくれる役割を持っています。総じて大きな違いはありませんが、盆栽専用の物など種類や目的によっても多少の違いがあります。枝の切断後にはすぐに塗る事が大切とされておりますので、事前に癒合剤についても準備する必要があります。

切り口の処置が必要な理由

こんな物でも代用できる!

癒合剤は、一般のご家庭にある「木工用ボンド」と「墨汁」を断面に塗る事でも同様の効果が得られるようになります。成分に大きな違いがありませんので、緊急の場合にはこの様な方法でも対処する事が可能となります。しかし注意点としましては、あくまで本来の用途とは別の使い方になりますので、後日癒合剤をきちんと使用するようにしましょう。

癒合剤の使い方

1. 切り口に癒合剤を塗ります。
2. ハケなどで全体に付与させます。
3. 最後にアルミホイルをかぶせて完了です

癒合剤の使い方のイメージ

剪定には注意しなければいけない点が多く、様々な道具を駆使して作業を行わなければなりません。これだけの労力をかけ、万が一ご自身が納得出来ない結果になってしまえば、それは大きな不満として現れてしまうのではないでしょうか。剪定についてご自身で行う場合やそうでない場合につきましても、共通して言える事は業者の方にアドバイスを頂く事です。作業方法や注意点、ご自宅の環境特有の問題点などを教えて頂き、どれだけ効果に違いがあるのか実感する事で、今後の有効的な対策に近づく事が出来ます。皆様も心から安心する事の出来る剪定作業を求め、快適な暮らしを実現されてみては如何でしょうか。

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0120-949-075

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-075

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-949-075
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
test