ビワ剪定どうやる?剪定時期と必要な作業を紹介します

2017.11.27

ビワの剪定時期と剪定方法

果樹として栽培されることの多いビワは収獲するのが何よりの楽しみです。大きく生長してしまうビワを放置すると、収獲がしにくくなるためお手入れが必要です。枝葉が育ってしまったビワは、強い剪定をしたくなってしまいますが、適当に切ると実がつかなくなってしまうこともあるようです。美味しいビワを味わうためには、ビワについての知識をつけて、正しい時期に剪定することが大切です。以下に詳しく見ていきます。

 

1年のサイクルとビワの剪定時期

ビワの剪定時期と剪定方法

 

ビワの実がつかなくなってしまったという事態を避けるためには、剪定時期に注意します。まずは、ビワの1年サイクルを見ていきます。

 

▶ビワの一年


6~8月   ・・・花芽がつく
11~2月    ・・・開花
3月中旬~4月・・・果実ができる
5~8月   ・・・収獲

 

適期はさまざま言われていますが、ビワのサイクルを踏まえると、剪定時期は花後~実がなる3月中旬までに行うのが望ましいです。間引く程度の軽い剪定であれば、実がついたときに行うのも手です。実がついているので、誤ってその箇所を切ってしまうことはありません。分岐点から枝を1~2本残す程度に間引きます。


また、実の付きをよくしたいときは、10月ごろにつぼみを間引くのが有効的です。2~3年実を付けた枝も切り取ります。いずれの時期におこなう剪定でも、実の付きと寒さに弱いビワの特性を考慮して、強剪定は避けましょう。

 

ビワの剪定の主な作業と方法

ビワの剪定は風通しをよくするために行います。剪定の主な作業は、枝などを間引くことと、切り詰める作業です。間引くのは、大きく伸びた幹や混み合っている枝が対象です。植えてある場所を考えてビワの幹に陽が当たるようにします。

 

切り詰めは何年かに分けて少しづつ行うようにします。一気に行うと枯れの原因になります。ビワの枝の幅や樹高が高くなってくるのは、4年ほど経ったビワです。4年を過ぎたころからこれらの作業を行うようにしましょう。

 

間引きの前には樹形をしたてる作業が必要ですが、種類によって仕上げ方が違います。まっすぐ枝が上に生える種類のビワは、幹を2~3メートルの高さで切りおとし、横に広がっている枝は3~4本が左右入れ違いになるようにしていきます。枝が横に生える種類は、盃の形になるように2~3本の枝で作っていき、高さが1.8~2メートルくらいになるように切ります。

 

ビワ剪定はさまざまな方法があって難しい!解決するには?

ビワの剪定は実つきを考えると、剪定をしなくても良いとも言われています。しかし、ビワは放置すると、8メートルもの高さになってしまいます。自宅で育てる場合、ビワは枝が大きくなるので見た目的にも気になりますし、何より収獲をすることが困難になります。自宅の庭でビワを楽しむためには、剪定をしていく必要があると言えます。

 

ビワ剪定は強剪定をしてはいけないけど加減がわからない
実付きへの影響が心配
品種によって仕立て方法が違うため難しい
高所での作業になるため不安だ

 

このようなときは、一度剪定のプロに相談されてみてはいかがでしょうか?ご不安な点にしっかりと応えてくれます。

 

ビワを剪定してもらうときの料金

ビワ剪定の難しさを感じて、業者に依頼するというケースもあります。ビワは食べることが楽しみで育てているという方は、とくに業者にまかせたほうが安心と言えます。そこで、まず知りたいのが料金です。ビワ剪定にかかる料金がどのように決まっていくのか、料金を知るのに大切な見積もりについて紹介していきます。

ビワ剪定費用の計算方法は2通り

ビワを剪定してもらうときの料金

 

ビワの剪定にかかる料金は、主に2通りの計算方法で割り出されます。

一つ目は、作業する人数や時間で計算されるパターンです。この計算方法は、あくまでも作業を行う人を基準にしてあります。多くは、作業人数✕作業時間で計算されるので、作業範囲が広く時間がかかるほど料金が上がることになります。

 

二つ目は、作業する木に対して計算されるパターンです。この計算方法では、木の本数や高さを基準にしています。本数が多くなるほど、高さが高くなるほど料金が上がることになります。

 

具体的な料金を知るには、見積もりが便利

業者によって、どちらの計算方法を採用しているかは異なります。そのため、ホームページなどを見てみても、自分で料金比較をするのは困難です。そこで便利なのが、見積もりをとることです。

 

見積もりをとることで、具体的な金額がわかる、サービス内容の確認ができる、場合によっては見積もり時に業者と話ができるなどのメリットが多くあります。複数の業者に見積もりを依頼すれば、同じ条件下での料金・サービスの違いが明らかになります。剪定依頼で迷ったら、まずは見積もりからはじめてみましょう。

 

ビワ剪定でお悩みのときにはいつでもご相談ください

ビワ剪定を依頼するための第一歩ともいえる見積もり。
当サイトでは、みなさまが安心してご利用いただけるように、以下のサービス体制を設けています。

 

・見積もり・調査は無料
・見積もり後の追加費用はなし
・見積もり後のキャンセル可

 

見積もりをとる段階では料金が発生しません。またご納得いただいて施工に入るため、とりあえず見積もりしてみて検討いただいてもかまいません。安心・気軽にご利用できるように努めていますので、いつでもご相談下さい。

 

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0120-949-075

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-075

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-949-075
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
test