薔薇の剪定は時期が重要です!正しいお手入れとその目的

2017.11.21

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

薔薇の剪定をする目的と剪定方法

薔薇の剪定は、ほかの植物と同様に樹形を整えるために行いますが、よりキレイな花を咲かせることも目的となります。剪定を行わずに放置してしまうと、花が付きづらくなったり、害虫の被害に遭いやすくなります。

 


薔薇を長く育てるほど手間がかかると言われていますが、その美しさを楽しむためなら手間を惜しまないという方も多いのでは?そこで、薔薇の手入れの仕方や剪定方法などを紹介していきます。

時期によって変わる薔薇の育て方

時期によって変わる薔薇の育て方

 

薔薇は年間を通じて手入れが必要です。通年の手入れのなかでも、大切な作業を説明していきます。

 

・夏の手入れ
四季咲きの薔薇に必要なのが「夏剪定」です。地域の温暖差よって差はでますが、9月上旬が適期と言われています。全ての枝が対象で、外芽の上で切り落とします。伸びだしたシュートも切っておきましょう。

 

・冬の手入れ
春に良い花を咲かせるために、とても大切なのが冬の剪定です。適期は、地域によって変わりますが2月と言われています。大胆に枝を切ってかたちを整えることが大切です。蕾がある場合は、摘み取るのがポイントです。

 

・花後の手入れ
咲いた花はいつまでも楽しみたいものですが、あまり長く咲かせておくと次の開花に影響がでてしまいます。花びらの痛みが見られたら、五枚葉の付け根の目に沿って、斜めに1ミリメートルくらい上を切る作業が必要です。

 

・梅雨明け後の手入れ
温度の上昇を避けるために行います。鉢の表面をピートモスなどで覆い、板などを使って直射日光を遮ります。

 

・毎日の水やり
鉢植の場合は、毎日夕方に1回水を与えます。雨の日は行いません。
庭植の場合は、月2回程、とくに梅雨前後の時期は水をたっぷり与えます。梅雨の間は不要です。

 

品種によってかわる薔薇の剪定方法

薔薇は種類によって剪定方法が変わるのが、難しさの一つです。ここでは四季咲きの薔薇、つるバラ、ミニバラを例に紹介していきます。

 

・四季咲きの薔薇
秋からも開花を楽しめるハイブリッド系などの四季咲きの薔薇は、基本的には切り戻したり、すく作業になります。シュートの剪定は基本的には行わなくても良いとされていますが、幹が太すぎるもの、伸びすぎている場合は切っておきましょう。

 

・つるバラ
ベーサルシュートがよく伸びるつるバラは、2年ごとに数本変える必要があります。ベーサルシュートは、後に株を構成する枝、親枝になります。生えてくる新しい枝を育てつつ、古くなった親枝は根元から切る作業を続けていくことがつるバラにとって大切です。剪定は、1月が適期です。

 

・ミニバラ
ミニバラはしっかりとした剪定は必要ないと言われています。手入れが比較的ラクなのが特徴ですが、全体のかたちを整える、枯れた枝を取り除くなど必要な手入れはかかさないようにしましょう。

 

手軽にきれいな薔薇を育てるには?

薔薇の剪定は、花を咲かせるために必須の作業です。このほかにも剪定は、うどん粉病などの病気やアブラムシをはじめとした害虫を防ぐ、樹形を維持するという目的もあります。

 

庭を彩る薔薇は、いつまでもきれいな姿を維持したいものです。しかし、このために重要な剪定を、手間がかかるなどで避けている方もいらっしゃることでしょう。
しかし、お手入れの一部を業者に任せることで手軽に薔薇を楽しむという方法もあります。手軽にきれいな薔薇を育てるために、業者の力を借りてみませんか?

 

自分で育ている方で「花がきれいに咲かない」「花が咲かない年がある」といった状態でお悩みの方のご相談もお待ちしております。

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

薔薇の剪定に必要な料金と依頼できる内容

薔薇の剪定を業者に依頼する場合、気になるのが料金です。薔薇剪定の料金は、どのようにして決まることが多いのか、以下で確認していきます。環境や条件も異なる薔薇剪定の正確な金額を知るには、見積もりが必要です。見積もりのときに確認したい注意点も見ていきましょう。

 

また、薔薇の剪定業者が行ってくれる主な作業内容を知ることで、業者に依頼するメリットを考えていきます。

薔薇剪定にかかる料金の見積もり例

バラ剪定にかかる料金の見積もり例

 

薔薇の剪定でかかる料金の基本的な考え方は、【作業料】+【出張料】+【材料費】です。
このなかの作業料は、各業者の料金プランによって変わります。料金プランは、主に3つあります。

 

・1時間あたりの作業で決まる場合
1時間単位などで金額が変わる仕組みです。1日あたりの料金になることもあります。時間は、木立性の薔薇の場合は1時間あたり5~10株程度の剪定が目安です。依頼する本数が少なければお得になりやすいと言えます。

 

・高さ・本数によって決まる場合
本数や高さなどの作業面積で料金が決まる仕組みです。薔薇の本数が多くて時間がかかりそうというときは、時間を気にしなくて済むためこのタイプの料金設定をオススメします。

 

・スタッフの人数によって決まる場合
人件費が影響する仕組みです。対応してくれるスタッフの人数と時間が多いほど、料金は高くなります。指定された時間内と人数で、どこまで剪定が完了するのかあらかじめ確認するのがいいでしょう。

薔薇の剪定業者に依頼できる内容

手入れをこまめにする必要がある薔薇ですが、薔薇の剪定業者はどこまで対応してくれるものなのか、以下に例を挙げます。

 

  • 薔薇の剪定
  • ・薔薇の誘引
  • ・生長サイクルに合わせたお手入れ
  • ・薔薇に関する相談やアドバイス
  • ・薔薇を使ったお庭づくり

 

薔薇の剪定業者は、剪定だけでなくさまざまな面でサポートしてくれる心強い味方と言えます。薔薇を育てるにあたって全体的に不安なことが多い、アドバイスをもらいたいなどの希望があるかたは、業者を頼るとメリットは大きそうです。

正確な費用を知りたいときは見積もりを依頼

業者による薔薇剪定を依頼する際に、必ず行いたいのが見積もりです。見積もりを取ることで業者を比較できる、より低価格でおこなってくれる業者を見つけることができるため、利用者にとってメリットが多いです。
薔薇の剪定は、作業や株の量によって料金が変動するため、正確な料金を知りたいときは見積もりを依頼した方が確実です。さまざまな料金タイプの業者をピックアップして、料金を比較してみるといいでしょう。

 

気を付けたいのが、料金だけに注目しないことです。サービス内容にも目を向けて、必要な作業が金額内に全ておさまっているかを確認します。剪定後の枝の処分、出張料などが料金に含まれていないこともあるので、注意しましょう。あとは、無料で見積もってくれるかにも注目です。見積もり後に料金をとられる…ということがないように、事前に確認しておきましょう。

 

当サイトでは、無料の現地調査とお見積りで対応しています。見積もり後のキャンセルも可能なので、料金比較のために気軽に利用できます。また、見積もりをしたあとに追加料金が発生することがないので、安心しておまかせください。

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0120-949-075

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-075

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-949-075
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
test