最新情報・レポート

ここでは剪定に関する最新情報やレポートを皆様に分かりやすくご紹介いたします。ご参考ください。

腐朽菌が侵入しない剪定を

剪定は木の健康のためにも欠かせない作業の一つですが、それでも剪定は木に少なからずダメージを与える作業です。適切に剪定すればダメージを最小限に留め、木もすぐに傷口を塞いでくれます。逆に誤った方法で剪定しますと、傷口が塞ぐ前に腐朽菌が入り込んでしまい、木がスカスカの空洞になり、枯れてしまう恐れもあります。そのようなことが無いように、正しい剪定を行わなければいけません。

そのためのポイントはいくつかありますが、木を切る位置についても考慮しなければいけません。
枝の根元の基部には、「保護帯」と呼ばれる、腐朽菌の侵入を防ぐ層があります。もしも枝が自然に枯れてしまったとしても、この保護帯の前で枯れが止まり、幹を保護しています。つまり剪定をする際は、この保護帯を傷付けずに行う必要があるということです。
枝の根元には、「ブランチカラー」と呼ばれる膨らんだ部分があります。剪定の際はここを切ってしまうとスッキリとした見栄えになりますが、これは切りすぎなのです。逆に枝を残しすぎますと、傷口を塞ぐのが遅くなってしまい、やはり枯れてしまうリスクが高まってしまいます。
そこで剪定は、根本の膨らんだ部分を残しつつ、幹を傷付けないようにして枝の根元付近から剪定します。すると、木の幹の組織が速やかに傷口を塞いでくれるのです。

このように、剪定は正しい知識が無ければ失敗してしまいます。仮にこのような知識を備えていたとしても剪定は難しい作業に違いありませんので、その作業は剪定のプロに任せるのがよろしいでしょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • よくあるご質問

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0120-949-075

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-075

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-949-075
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼